アフリカ言語がGoogle Translateに登場

このところ、ブログ書いてませんでしたが、久々に復活。

9月3日の記事ですが、Google Africa Blogによると、Google Translateのサービスにスワヒリ語とアフリカーン語が加わったとのこと。既に訳50言語がこのサービスで取り扱われているけれど、アフリカの言語が加わったのは初めて。

最近、ウガンダのモバイルSMSサービスとか、Google Booksにスワヒリ語も登場するなど、アフリカでのネット上のサービス向上を耳にする機会が増えてきた気がします。そういえば、もう4,5年まえにエチオピアにいたとき、Windowsのエチオピア語(アムハラ語)版が開発されているとかいう噂を聞いたが、その後、どうなったのだろうか?

ICT4Dとは関係ありませんが、ちょっとエチオピア関係で宣伝。
10月24日に東京広尾のJICA地球広場にて、「エチオピア・ナイト2009」というイベントがあります。
エチオピア料理(インジェラ)やワインとともに、エチオピアの音楽やダンスが楽しめますので、ご興味あれば是非どうぞ。
詳細はここから見ることが出来ます。

アフリカ言語がGoogle Translateに登場」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: アムハリックでメールが書ける! « ICT for Development.JP

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中