アジア太平洋地域のオフショア先トップ10

アジア太平洋地域のオフショア先トップ10が米ガートナーによって発表された。その10カ国は、オーストラリア、中国、インド、インドネシア、マレーシア、ニュージーランド、フィリピン、シンガポール、タイ、ベトナム(アルファベット順)。このニュースによると・・・・

  • インドを中国が追っている構図
  • 賃金Upや政治上の問題(テロなど)の影響によりインドのシェアは縮小気味
  • マレーシア、フィリピン、ベトナムなどが台頭
  • コストとセキュリティがトレードオフの関係
  • 日本企業にとっては、日本語対応がキーであり、ベトナムやタイが日本語教育を強化、etc

オフショアというと、ぱっと思いつくのはインドと中国、そしてシンガポールだったけれど、マレーシアやベトナム等もこの分野に進出しているらしい。途上国が先進国とビジネスをしていく上では、やはり政治情勢や政府の対応が重要だと感じる。インフラ整備や海外企業誘致政策から技術者レベル向上のための教育制度まで、全て政府が主導権を握っているから。さらに、今後は環境対策なども基準となって来るだろうし。ICT4Dというと、ICTを利用した教育やビジネスにフォーカスが向きやすいけれど、ICT政策支援というのが実はかなり大きな意味を持っているのだろう。

また、途上国・新興国のIT産業が発展すれば、日本企業にとっても、日本語対応のコールセンターやデータセンター向けのアプリケーションなどの市場が拡大し、国内IT企業にとっても好都合だ。これまで、あまりこういった視点でICT4Dを見ていなかったけれど、今後は途上国・新興国のIT産業開発についても、チェックしていかねば。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中