Digital Green

Digital GreenというNGOがICTを活用してインドの農村支援を行なっている。農業×ICTというと、携帯電話を活用して市場情報等の共有を行うといったプロジェクトがすぐ思いつくが、Digital Greenの支援は映像がメインである。有益な農法情報などを農民に普及するために、映像を使う。その映像も単に先進国や農業研究機関が作成した視聴覚教材的なものではなく、現地の農民を出演・主演させて作成するものである。この点が面白い。農村部の人々も、「お隣のAさんが出てる映像なら見てみたい」と思うだろうし、出演する方も、単なる受身でいるよりも紹介する知識の習得により熱心になるだろうと思う。

途上国の人々が単なる情報の受け手である状態から、自ら情報の作り手となってきたのが、ICT4D分野の昨今の流れ(ICT4D1.0からICT4D2.0への変化)ですが、Digital Greenの取組みは、まさにその通り。実はこの活動、2008年頃にインドのMicrosoft Researchを訪問したときは、Digital GreenはMicrosoftが実施しているパイロットプロジェクトの位置づけだった。それが、スピンオフしてNGOとして単独の活動となった。当時は、動画を撮って集会所みたいなところで住民に見せているこの活動よりも、携帯電話を使って情報配信をするプロジェクトの方が新鮮味があった。しかしながら、デジカメで誰でも動画が撮れて、Youtubeで動画が簡単に共有出来て、さらにスマートフォンで簡単に閲覧出来る今の時代、動画を使ったプロジェクトにむしろより可能性を感じる。Digital GreenのWebサイト見てそんなふうに思った。

Digital Green」への2件のフィードバック

  1. Kanot

    バングラでも田舎や貧困層での字が読めない人へのアプローチというのは非常に重要で、そうするとやはりいかに可視化するということですよね。これまでは、わかりやすい絵だったりマンガだったりというのが選ばれて来ましたが、映像の時代がきたんですね。確かにスマホだと簡単ですもんねぇ。

    返信
  2. ピンバック: m-Agriculture成功の鍵は、どれだけ人が介在出来るか? | ICT for Development.JP

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中