ミャンマー通信免許の外国企業への開放

バングラデシュの新聞に、お隣ミャンマーの記事が載っていた。

タイトルは「Myanmar poised for telecoms boom」。

記事の要約は以下の通り。
ミャンマーでは回線が弱いことやローミングが効かないことなどから、Blackberryやiphoneは機能を発揮できないのが現状である。
そんな中、政府もようやく通信状況改善に本腰を入れ始めた。そして海外の企業に通信事業の許可を与えるべく入札を開始。日本、オーストラリア、ドイツ、アメリカなど10カ国から11企業がリストに挙がっている。

ミャンマーの通信事業に日本企業も参入すべく動いてるというこの記事。日本からのミャンマー詣では続いているようだが、規制の関係などで実際に進出する企業は少ないと聞く。この日本企業がどこの会社なのかはわからないが、ミャンマー国がお墨付きをつけているこの事業、ぜひとも受注してもらいたいものである。

ミャンマー通信免許の外国企業への開放」への4件のフィードバック

  1. M.Miyazaki

    NTTコミュニケーションが参入したみたいですよ。
    日経に載ってました。下記は産経ですが・・・↓
    http://sankei.jp.msn.com/economy/news/120904/biz12090422160040-n1.htm
    他にもNTTドコモが国際ローミングサービスを開始したみたいです。
    http://www.itmedia.co.jp/promobile/articles/1209/19/news117.html

    背景には総務省がNTTグループと共同で対ミャンマーへの大規模なICT(通信)プロジェクトをしかけているみたいですね。
    JICAさんが絡んでないとなるとJTECさんあたりがやっているんでしょうね。
    http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20120907/421467/

    返信
  2. Kanot 投稿作成者

    >M.Miyazakiさん
    詳しい情報ありがとうございます。SIerであればNTTデータが進出・・と思いましたが、現地向けSIではないですね。また、Docomoの件についても、パケットは対象外となってますね。この国ほんとに携帯データ通信が脆弱なんですよね。。。そして最後のJICAが絡んでいるかどうか、わかりません。今は本部を離れてしまったのでその辺りは未確認のまま、情報発信しておりますので、ご了承ください。

    返信
  3. ピンバック: エチオピアICTセクターの可能性は? | ICT for Development.JP

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中