女性主導の農村部向け情報屋サービス、インフォ・レディ

以前から気になっていたバングラデシュ国内のICTサービスに「インフォレディ(Infolady)」というものがあるのだが、ドイツのDeutsche Welleという組織が決めているGlobal Media AwardにこのInfoladyが選ばれたとのことで、当ブログでも紹介したい。

このサービスは、バングラデシュの若い女性を、情報へのアクセスが弱い農村部の住民へ情報屋として提供するというものであり、InfoとLadyは合わさってInfoladyというものである。
こう書くと、ありきたりのサービスのようだが、とてもユニークな点が含まれている。

1. イスラム教国で女性が自転車に乗って村を回るというインパクト
バングラデシュはイスラム教国であり、都市部では女性も会社勤めすることに違和感はなくなってきてるものの、田舎部ではいまだに女性の社会進出へのハードルは低くないのが現状である。その女性が自転車に乗るということ自体がこれまでなかったことであり、自転車で巡回するInfoladyは「働くかっこいい女性」というイメージを作り上げることに成功している。

2. 女性しか聞けないことがある
敬虔なイスラム教徒の中には妻を男性の目には全く触れさせない人などもおり、男性にも女性にも同じサービスを提供できるのは女性だけであり、女性差別を逆手にとったサービスを展開している。

3. パソコンとネットがあれば、よろず相談所になれる
携帯電話のカバレッジこそ9割を越えているバングラデシュであるが、あくまで通話とSMSのツールであり、インターネットは農村部ではほとんど普及していない。つまり、そのような場所でノートPCとネットと検索エンジンを活用すれば、「どんな質問にも答えられるスーパーウーマン」になれるわけである。当初は体重や体脂肪を測定し健康アドバイスをするだけのサービスだったのが、いまではよろず相談所になっており、住民の心をつかんでいる。

4. 提供サービスの柔軟性が非常に高い
ベーシックなサービス内容はあるものの、どのような付加サービスを行うかはInfolady自身に権限があり、柔軟に増減させることが可能になっている。例えば教育コンテンツを携帯している人もいれば、体脂肪計を携帯する人がいるなど。

ビジネスモデルとしては、Infoladyが農村部を巡回し、情報をもらうことに対価を払うシステムであり、体重計って2円、質問をネットで調べてあげて3円、といった具合で少額を積み重ねるまさにBOPビジネスである。実際に成果ベースであるInfoladyの平均収入はダッカの会社員の平均より高い。

こういった社会的ハンデを逆利用することでビジネスとしてしまうこと、外国企業には思いつかない発想である。ぜひ事業を発展させていって欲しいと思う。

リンク: 現地紙 Daily Star記事
http://www.thedailystar.net/beta2/news/Infolady-wins-bobs-award/

女性主導の農村部向け情報屋サービス、インフォ・レディ」への2件のフィードバック

  1. ピンバック: Grameen Applab | ICT for Development.JP

  2. ピンバック: 本の紹介「グラミンのソーシャル・ビジネス」 | ICT for Development.JP

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中