ルワンダでのオフショア開発がわかるサイト

以前、縁あってお知り合いになった会社「レックスバート・コミュニケーションズ」がすごく良いサイトを開設されたので、ご紹介します。その名も、「ICT Business with Rwanda 」。

レックスバート・コミュニケーションズ株式会社については、以前このブログでも紹介しましたが、ルワンダでオフショア開発をしている日本の会社です。ルワンダは内陸国で国土も小さいし、アフリカでは珍しく資源に乏しい国。そんな環境もあって、ルワンダ政府は国の発展にICTを活用することをうたっています。国中に光ファイバーケーブルを整備し、ICT環境はアフリカではかなり高いレベルにあると言えます(と、言いつつ、残念ながら自分はまだ行ったことがないのですが・・・)。ジェノサイドの影響で、知識人、有識者が国外(アメリカなども)へ移住してしまったものの、政治が安定してきた今、アメリカなどでICTビジネスに関わってきた人材が帰国し、ルワンダ国内産業の振興に一躍買っているといいます。首都キガリにはk-Labというオシャレっぽいインキュベーションセンターがあったり、ICTパークが出来たり、アメリカのカーネギーメロン大学が出来たり、先日のTICADでもICT関連イベントを開催していたりと、着々とICT立国への道を進んでいるのです。

そういえば、マンチェスター大学のICT4Dコースにもルワンダ人の女性がいました。ルワンダはジェノサイドで大量の知識人、有識者がいなくなったために、国内での若者の人材育成だけでは足りないと考え、国の政策として、インドなどの大学へ多くの留学生を送り出したそうです(欧米はお金がかかりすぎるので、多くの者はインドへ送られたという)。彼女もその一人でインドの大学を卒業し、ルワンダで社会人経験を積んだ後、マンチェスター大学に来たと言っていました。彼女は非常に真面目で頭が良く、そしてクールでした。彼女からこの話を聞いたときに、「なるほど、国を背負っているんだなぁ・・・」と彼女の勤勉さに納得がいきました。

そんなルワンダと日本のIT企業がビジネスを展開しているというはうれしい限りです。「ICT Business with Rwanda 」サイトでも、そんなルワンダ人の真面目さについて書いてありました。ルワンダ人IT技術者の人物紹介なんかもあり、面白いです。「アフリカ」と聞いて、ICTを思いつく人はまだまだ少ないですが、ある意味、こいいうサイトでアフリカの新しい一面を知る機会が増え、「アフリカ=貧困」みたいなネガティブなイメージが変わるといいなぁと思います。

 

ルワンダでのオフショア開発がわかるサイト」への2件のフィードバック

  1. Ozaki Yuji

    ルワンダもケニアも凄まじい勢いですね。実証実験とかパイロットプロジェクトの数が半端ないです。
    質を担保するためにはとりあえず量だ!という原則に則り、政府はドカドカ予算をブチ込むのではなく、技術(および真摯な人)を吸い寄せるために、それらをサクサク実証できて敷居の低い「場」の提供に努力しているようにも見えます。
    しかし、この「場」ってやつは、雰囲気やブランドネームなどの数値化しづらい要素を複合的に含んでいるものらしく、魅力を感じることのできる人にしか見えないもののようです(苦笑)。

    返信
    1. tomonarit 投稿作成者

      Ozakiさん
      “サクサク実証できて敷居が低い「場」の提供”ってのが効果的なんだろうなぁ、と感じますね。政府が公的にやるとなると、成功するのがマンデイトになり、そのために各種手厚い対策を取ったり、そのための追加投入を行うことで、スピードが遅くなり且つ失敗出来ないという重圧感が大きくなる・・・ってことになりそうな気がしますが、そうならない場の提供に積極的であるという点が、ルワンダとかケニアのイケてる理由なのかもと感じました。(非常に遅いレスですいません・・・)

      返信

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中