新興国で携帯電話サービス事業を展開する日本企業 YOYOホールディングス

Candy

先日、国際開発ジャーナルを見ていたら、「ネットの力で新興国を変える」というタイトルで、YOYOホールディングスという会社の取組が紹介されていた。

どんな事業をやっているかというと、フィリピンをベースにCandyというリワードプラットフォーム運営事業を展開している。これは、携帯電話やPCを通じて送られた広告メールやアンケートに答えてくれたユーザに、報酬として無料通話クレジットを提供するというサービス。

“20代の女性が携帯電話で自分の名前など個人情報を登録すると、5ペソ(約12円)分の通信料が無料になった。続いて送られた広告主の名前をメールで打ち返せば、さらに10~20ペソ分が無料になる。”(2014年1月4日付 日経新聞の記事から)

フィリピンで2013年㋆にサービス開始し、2014年1月時点ではすでに6万人のユーザ数を獲得しているという。特に若者のあいだでの携帯電話普及が進んでいるフィリピンでは、受け入れられたサービスとい言えるだろう。今後は、フィリピン同様に携帯電話普及が進んでいるタイやインドネシアに事業展開を図っている。

代表の深田氏は、モバゲーで有名なDeNA出身ということもあり、色々なメディアでも取り上げられている。 例えば、以下のサイトにサービス内容の概要紹介などがある。

そして、YOYOホールディングスについて、ネットで情報収集していたら、非常に面白いブログを見つけた。 「大事なのは金か、志か。」というタイトルのこの投稿は、誰もが思う「BOPビジネスとか社会起業家ってカッコいいな。でも、生活もあるしハイリスクは取れないなぁ・・・」という点について書いてある。ビジネスモデルの斬新さとか緻密さにも増して、起業家の思いや決心ってのが凄いと改めて感じる内容でした。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中