アフリカでソーラーパワーPCは売れるのか?

SOL2

ガーナ市場をターゲットに太陽光発電のノートPCが売られていたことを最近知りました。

と、いってもお店で売っているのを見たのではなく、ネットでそういう記事を目にしただけなんですが…。
2013年にカナダの会社「WeWi Telecommunications 社が、「SOL」という名前で太陽光発電のノートPCをガーナ市場で展開していたというもの。詳しくは、こちのサイトに紹介がありました。

それ以前にもサムソンなどがソーラーパワーを使ったノートPCは販売していましたが、充電にかかる時間が長すぎてあまり訴求効果がなかったという反省点を改善し、SOLは2時間でフル充電可能という性能になっているとのこと。確かに、ソーラーパネルを広げる方式なので、ノートPCの画面の裏だけがソーラーパネルになっているのと比べると、その5倍位の面積がとれている様子です。その分、充電するときには、それなりのスペースが必要だろうなぁ。

SOL気になる価格は、250~300カナダドル(約24,000~28,800円)と、思いのほかリーズナブル。

最初にガーナで売り出したということですが、どれほど売れたのかについては、情報が見つかりませんでした。でも、ガーナ政府のウェブサイトでも、SOLについて書かれており、教育大臣が教育におけるICTの重要性を述べていたり、また、SOLを免税でガーナに輸出したいというメーカーの希望に対して、電力省の人間が、「組立て向上を是非ガーナに作って雇用創出して欲しい」と返していたりと、それなりに話題になった様です。

そして、2014年にはケニア市場にもSOLが展開されており、それに関するニュースがYoutubeに上がってました。

ソーラーパワーを使ったノートPCといえば、OLPCもそうだし、物珍しさが段々薄れてきている思います。そして、やはり一番の疑問は、「売れるのか?」という点。「アフリカの田舎で電気がないとことろで電化製品が売れるわけない」という固定観念は、携帯電話の爆発的普及によって打ち壊されたのはその通り。

でも、個人的には「ノートPCがいるかなぁ?」という単純に疑ってしまう。持ち運びに難がなく、誰かと喋る(もしくはテキストメッセージを送る)という単純な携帯電話なら「欲しい」と思う人達も、エクセルやワードを使いたい訳じゃないからノートPCは要らないんじゃぁないかと。

また、インターネットを使うためなら、スマホの方が携帯電話と合わせて1台で足りるので、スマホに軍配が上がりそう。

そいなると、田舎の電気のない地域でいったい誰がノートPCを欲しいのか?OLPC同様に教育機関にはニーズがあるものの、それ以外にはないんじゃないだろうか・・・、と思ってしまうのです(そういう地域へ出張に行くビジネスマンの方がむしろニーズがありそうな気が)。

でも、こういう製品が出回って選択肢が増えるのはとても良いことだと思う。そんなことを考えつつ、これからガーナのPCショップにSOLがあるのか探してみようと思います。

アフリカでソーラーパワーPCは売れるのか?」への2件のフィードバック

  1. ピンバック: Endless インターネット接続がない途上国向けPC | ICT for Development.JP

  2. ピンバック: Endless インターネット接続がない途上国向けPC | The Povertist

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中