デジタル・バングラデシュの達成状況

Current progress of Digital Bangladesh in 2014

現在のバングラデシュ与党であるアワミリーグの政権公約の一つであるデジタル・バングラデシュ、その達成状況に関する記事がDaily Star誌にあったので紹介する。このスローガンは2021年という政府の中所得国家入りの目標年次と合わせたものであり、すでにその半分が達成済みとのこと。

・デジタルセンター(主にはUISC(Union Information Service Center)と呼ばれる)
一番大きな成果としては、図にあるような数の地方部におけるデジタルセンター設立である。これらのセンターではインターネットに加えてコピーやパソコンを使った研修、求人情報、モバイルバンキング、一部行政手続き(出生登録)などが行える。今後はこういった施設を地方部の情報ハブとしてインキュベーションセンターなどへの活用も考えている。
具体的な数字としては、1億2千万回は出生登録や求人情報検索に利用され、100万人以上がコンピュータ研修を受講、200万人以上が海外の仕事検索、9万人以上がモバイルバンキングを利用などがある。

携帯電話の3Gが広まりつつあり、それなりのリテラシーのある人は地方部でも情報は取れるようになってきてはいるものの、パソコンの普及率は非常に低く、政府がこのようなセンターを作ることは現在のバングラデシュでは効果的と考える。

他にも以下のような成果(実施中含む)が載せられている。
・政府関連手続き簡素化のための、500のモバイルアプリケーションの開発、電子署名の導入
・中国のサポートを得た国内Wifi網整備
・農村を拠点としたICT・語学クラブの設立
・100万人以上がコンピュータの研修を受講

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中