世界初!ドローンでのデリバリーサービスはルワンダで

とうとうドローンを使った配達サービスが開始されました。しかもアフリカで!
The world’s first commercial drone delivery service has launched in Rwandaというニュースによると、米国のZiplineというロボット・ドローン製造の会社がUPSの資金面での支援($1.1 million)を受けて、ルワンダでの配達サービスを開始したとのこと。契約相手はルワンダ政府。田舎の医療施設へ輸血用の血を届けた映像が上記のもの。出産後に血が足りなくて亡くなってしまう産婦が多いルワンダ。看看護婦さんがSMSで輸血パックを発注すると、約30分でドローンが届けてくれるという。スゲー。

気になる値段は、明確な数字は公表されていないようだが、同じ距離をバイク便で配達するの同等とのこと。今後はワクチンなども配達対象になっていくようだ。

このニュースでは他のアフリカ諸国のドローン利用状況も説明しており興味深い。ケニア政府はテロ防止の観点から2015年1月に商用でのドローン利用は禁止。ガーナ政府は全てのドローンは、登録しライセンスを得ることを必須にし、違反した場合の厳しい罰則を作ろうとしている。ナイジェリア政府も同様のライセンス制度を検討中。南アフリカ政府は18歳以上なら遊びでドローンを飛ばすのはOKだが、商用となるといろいろな手続きが必要としている。

単純にスゲーというだけの投稿ですが、アフリカはテクノロジーの導入において先進国にひけを取らない独自路線を行っている点は嬉しい限り。一方、サービス提供は米国企業ということで、仕方ないけどちょいと残念。アフリカ発の企業がこういうサービスを展開し始めるともっと良いなあ。

世界初!ドローンでのデリバリーサービスはルワンダで」への4件のフィードバック

  1. Ozaki Yuji

    ドローンの利用については、2016年10月12日付・AP発ITmedia掲載の記事もありました。ルワンダでの本案件についての言及もあります。
    http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1610/12/news063.html

    記事の中で、『最大の懸念の1つは、地上の人たちが、自分たちが攻撃を受けているのではと誤解することだ。』とコンゴで活動している人からの意見がありましたが、地域によっては確かにそういうこともあるでしょうね。

    返信
  2. ピンバック: 日本企業によるドローンを使った医療物資空輸サービスがザンビアで | ICT for Development.JP

  3. ピンバック: ドローンで地雷撤去 | ICT for Development.JP

  4. ピンバック: ドローンを飛ばしているのは誰? | ICT for Development.JP

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中