カテゴリー別アーカイブ: ドローン

ドローンを飛ばしているのは誰?

Drone in Africa

Post by Heeks

FacebookのICT4Dグループページにマンチェスター大学のHeeks教授が面白いポストをしていた。上記のものだが、”Who’s (represented as) flying the drones?”(誰がドローンを飛ばしているのか?)とある。アフリカでドローンを使ったサービスが開始されていることはこのブログでも何度か取り上げたが、こういう見方もあったとは。ちょいと皮肉ったところがHeeks教授らしい。特に、右下の写真は何か含みがあるように思えてしまう。

ついつい「ドローン!アフリカで!?」というサプライズ的な感覚が先攻してしまうが、そのサービスを展開しているのは欧米企業日本の企業だったりする。先進国の企業が規制の緩いアフリカを市場に、ドローンを使ったビジネスを展開しているということであり、現地でそういう会社が成功しているという話とはちょっと違う。

先進国企業がアフリカへ進出していること自体は悪い事ではないと思うが、その中からどれくらい現地の企業や人々が裨益出来るのか?という点がポイントだろう。以前、「消費者からプロデューサーになる道とは?」でも述べたように、アフリカの人々が先進国企業のサービスの消費者(コンシューマー)になるだけでなく、自らそこから派生するビジネスを起業出来るようなプロデューサーやイノベーターになることが望ましい。日本でいうと第二次世界大戦後に松下幸之助とか本田宗一郎とかが出て来たみたいに。

そんな風に考えているんだが、そのためにはやはり人材育成が重要、という点に行き着く。今年も10月から神戸情報大学院大学(KIC)のICTイノベーター修士コース(←学生の9割は途上国からの留学生で、特にアフリカからの留学生が多い)の客員講師をやらしてもらっている。早いもので今年で5年目だ。ICT4Dという科目を、自分がマンチェスター大学院のICT4D修士コースで学んだこととJICAでの実務を通じて学んだことをミックスしつつ教えている。そのお陰で「ICT4Dプロジェクトはどうした成功するのか?」ということを毎年この時期になると改めて考えるのだが、結局、どんだけ現地に入り込めるか?とか現地に根ざしたサービスを展開出来るかとか?、が間違いなく成功の条件だ(至極当たり前のことだけど)。また、自分が見たいのは先進国の起業がアフリカで成功する姿ではなく、現地の会社が現地ならではのICTの使い方で面白いビジネスが展開される、そんな姿だ。

今回、Heeks教授の投稿を見て、改めて自分が見たい絵を認識出来た。また、自分がKICの講師という立場で、微力ながらもその絵の実現に貢献できる場所に今いるということをとてもラッキーだと感じたのでした。今年の授業も折り返し地点、あと半分も良い授業が出来るよう頑張ろう!

ドローンで地雷撤去

ドローンを使って地雷撤去をするオランダ「Mine Kafon Drone」の試みが TABI LABOで紹介されていた。世界に1億個あるという地雷を10年以内に全て撤去するというのが目標。これワクワクするプロジェクトだなあ。

 

このブログでも以前ルワンダのドローン輸送サービスとかザンビアで日本起業がドローン輸送に挑戦している事例を紹介してますが、TABI LABOのサイトでざくざくと面白い例(LTEアンテナ搭載のドローンで地域の通信環境強化、災害時にドローンを飛ばして地図を作成、ドローンでマグロを釣り上げる、悪質ドローンを猛禽類(鷲)を使って確保!、などなど)が掲載されてました。

ドローンについては、既にルワンダではドローン専用空港が開港していたり、ここまで進んでいるのか!?と驚くことが多い。

これまでICTの効果を端的に表現するときに良く使っていたのが「Quicker, Easier, Cheaper, Better」ってな感じの単語でしたが、ここに「Safer」ってのも追加しないとな。そして、自分もドローン買ってみようかな。

Work with People, not for People

 

cof

どうでもいいですが、左手は自分の手です(笑)

もう1年以上前ですが、「消費者からプロデューサーになる道とは?」というタイトルで投稿したように、”Handbook on ICT Policy for developing countries“という本(コペンハーゲンのAalborg UniversityのProf Knud Erik Skoubyなどが編者)のchapter募集に応募したら、選考にとおりまして、やっとこさ5月末にその本が出版されました。そしてその第9章に自分の論文が載っています(初期段階から相談にのってくれたこのブログの共同運営者のKanotとMaki、サンキューです〜)。

cof

内容は、IoT、AI、ビッグデータ、3Dプリンタなどの新しいテクノロジーがアフリカの発展に及ぼす負の影響にフォーカスしたものです。便利にはなっても、最終的に一番の利益を得るのは先進国の企業であり、途上国はお金を払うお客さん&お金になるデータを提供するユーザー、という立場にしかなれない可能性が高いという点や、先進国のメーカーの工場を誘致しても、工場そのものの遠隔操作やロボット活用によって、そこからの技術移転が望めない(=中国や東南アジア諸国のような製造業の発展モデルは成り立たない)という点などのリスクに言及してます。「じゃ、どうすれば良いの?」って点については、インターネットの世界やアプリ経済においてアフリカ独自のマーケットを確立すべく自国の起業家育成(←ルワンダみたいな)や、隣国との(一国ではパイが小さすぎる国が多いので)地域経済共同体としての独自マーケット確立に注力することが重要だろうといういう意見を、インドや中南米諸国のビジネス・インキュベーション政策やイノベーション促進支援政策を引き合いにしつつ書いてます。

例えば、Nollywoodと称されるナイジェリア映画を見るためのAfrinollyというアプリがあります。Youtube等でHollywood映画が無料で見れる時代でも、やっぱりナイジェリア人はNollywood映画も見たいってこと。こんな風に新しいテクノロジーについても、独自のマーケットへのユニークなサービス展開を促進する政策あれば、負の影響ばかりではなくなるだろうという意見です。

そう言えばつい最近、(信憑性はさておき)ガーナ大学の学生がYouTubeに競合する可能性のあるサーチエンジンを開発したというニュースがガーナの新聞(「19-year-old Ghanaian student builds search engine to rival Google」)に載りました。アフリカ諸国が先進国企業へお金を払うお客さん&お金になるデータを提供するユーザーという立場ではない、別の未来を期待したいです。

また、もう一年前に書いた内容なので、今となっては例示で使った事例等にちょと古い情報が多いなと思ったりしています。そして、今から付け加えられるなら、日本のODAでも「新しいテクノロジーをどう活かすか?」について途上国支援をするべきという論点を加えたいなぁ、と思ったりしています。

日本のODAの一つの主流として「日本の経験や得意分野の技術を途上国へ!」という方向性があると思います。「質の高いインフラ輸出」はその代表。それはそれで否定はしないですが、そろそろ「日本の経験」とか「日本の技術」が活かせない課題が増えて来る気がしています。そもそもOne fits all的なソリューションが上手くハマる課題はないし、誰も経験したことのない課題に直面している(これからする)のが途上国なんだと思います。なので、必要とされているのは誰かのお古じゃなくて、自分達に合ったソリューションを一緒に考えてくれるパートナーなんだと。そして、自国の経験や技術を他国に当てはめるのではなく、ゼロから一緒に考えることの方が、面白いんじゃないかと思います。まだインフラ分野でなら「日本の経験」が必要とされる国があるけれど、将来的には状況が変わるだろうと考えると、ICT分野で誰も経験したことのない課題について一緒にソリューションを考えるというスタイルの援助をやっていくことは、援助スタイルのオプションを増やす意味でも重要かと思ったりしています。

10年以上前、青年海外協力隊の訓練所で、「Work for PeopleじゃなくWork with Peopleが大切」という話を誰かから聞いたのですが、特にICT分野ではそいうスタイルの援助に途上国のニーズがあると感じています。

「【最後のフロンティア-アフリカ】Start-Upセミナー:ICTを活用した最新ビジネス」開催のお知らせ

博多で行われるイベントの紹介です!
前回の投稿で紹介したJICAの民間連携スキームをつかってザンビアでドローンによる物流革命を起こそうとしているエアロセンス社や、このブログでも紹介させてもらったことがあるルワンダでオフショア開発をしているレックスバート・コミュニケーションズ社が登壇します。

以下、JICAのWebサイトからコピペです。

  • 日時:
    2017年7月18日(火曜日)
    (セミナー)16時-17時30分(開場:15時30分)
    (交流・名刺交換会)17時30分~18時
  • 会場:
    The Company
    (福岡市博多区祇園町8-13 第一プリンスビル 1F)【会場地図
  • 主催:
    JICA九州

21世紀最後のフロンティアとも言われるアフリカにおいて、ICT等の最先端技術を活用したビジネスが目まぐるしいスピードで発展しています。日本からは遠いイメージのアフリカですが、「10億人市場」とも言われ、世界からも新たな市場として注目されています。特に、携帯電話・スマートフォンが急速に普及したことから、金融をはじめ携帯電話を活用した新たなサービスが多く開発される等、アフリカにおけるスタートアップも盛り上がりを見せています。もちろん日本においても、活況を見せるアフリカで新たな市場機会を獲得しようと進出している企業も増えています。

今回、「グローバル創業・雇用創出特区」であり、イノベーション・ハブ「FUKUOKA Growth Next」設立で更に創業・起業が加速化している福岡において、特にICTを活用した海外での新規事業を検討したいと考えている企業等を対象に、ICT分野のスタートアップでも注目されているアフリカについて、その市場の魅力やビジネスの可能性を紹介するセミナーを開催します。

今回のセミナーでは、アフリカですでに事業化に着手している日本企業2社より、これまでの取り組みやアフリカならではのビジネス事情について、またアフリカにおけるICT分野の専門家からは現地のICTビジネスの最新動向や特徴等について紹介します。また、アフリカの魅力を更に身近に感じていただけるよう、パネルディスカッションでは参加者の方々とも双方向で意見交換する機会も設けています。

日本からでは情報が得にくいアフリカにおけるICTをとりまくビジネス環境や現地ニーズ等について詳しく知る絶好の機会ですので、関心のある多くの方々のご参加をお待ちしております。

【プログラム】
15:30     開場
16:00~16:05 開会挨拶
16:05~16:25 JICAから概論プレゼンテーション 「アフリカのICT関連ビジネス動向(サブ・サハラアフリカ諸国を中心に)」
JICA国際協力専門員 内藤智之

16:25~17:05  ICTを活用した事例紹介
エアロセンス株式会社
「日本のドローン技術でザンビアに物流革命を起こす!」
取締役 嶋田 悟氏

レックスバート・コミュニケーションズ株式会社
「アフリカのICTハブを狙うルワンダで起きている最新のムーブメント」
代表取締役社長 田中秀和氏

17:05~17:25  発表者によるパネルディスカッション
17:25~17:30  JICA民間連携事業の紹介
17:30~18:00  交流・名刺交換会

【定員】30名
【参加費】無料
【申込締切】2017年7月11日(火)
【申込方法】JICAのWebサイトをチェックして下さい

JICAの民間連携スキームからICT4Dプロジェクトをピックアップしてみた

ども、ガーナから帰国してから日本のスピード感についていけず、ここ最近ブログ投稿をさぼっていたTomonaritです。今、ルワンダにいるKnotに負けじと投稿しようと思います。

さて、上の動画は、日本の会社「エアロセンス社」のドローンを用いた物流サービス普及促進事業(ザンビアでの保健医療分野の新たな物流インフラの構築)の一コマ。ドローンが飛んで行くことろは何故か興奮しますね。これ、JICAの民間連携スキームという制度を使っているものなんです。民間企業からのアイデアを募って、その中からいくつかアイデアに資金援助をする「民間連携」スキームなるものがJICAにあります。「資金援助っていくら?」とか「どういう条件なの?」いう点については、JICAのWebサイトを見てもらうことにして、ここでは「ICT4Dプロジェクトはどれくらい採択されているのか?」という点に注目。以下、複数ある民間連携スキームの毎に、どんなICT4Dプロジェクト(中には太陽光発電の案件も含めちゃってますが)が採択されているかをJICAのWebサイトからピックアップしてみました。

民間技術普及促進事業

BOPビジネス連携促進

中小企業海外展開支援事業-基礎調査-

中小企業海外展開支援事業-案件化調査-

中小企業海外展開支援事業-普及・実証事業-

以上、5種類の民間連携スキームにおいて採択されたICT4Dプロジェクトをまとめてみました。正直、自分が思っていたよりも多くのプロジェクトが採択されており、どれもタイトルを見る限りはとても面白そう。遠隔教育とかe-Learningって昔から永遠のテーマなんだなぁ…と感じたり、やっぱりアフリカは少ないなぁと感じてます。エアロセンス社のように、イノベーティブな取り組みを途上国で行う企業が増えたら面白いですね。

こっから追記です(2017年7月24日)。尊敬するアフリカビジネスパートナーズ代表の梅本さんのツイートを見てたら、以下のツイートが…!

梅本さんツイート

そもそも本当にペイするビジネスが見込まれる事業なら、政府助成金じゃなくて、もっと使い勝手の良い資金が自然と集まるのだと想像すると、政府助成金を使っている事業の成功率が低いのは納得出来ると個人的には思ってます。しかし、上記のツイートは知っておくべきファクトですね。

日本企業によるドローンを使った医療物資空輸サービスがザンビアで

明けましておめでとうございます。ガーナのTomonaritです。あっという間に2017年になり、もうガーナに来てからほぼ3年が経過しました。そして自分がICT4Dを修士コースで勉強していた頃から既に10年が経とうとしているとは・・・。そりゃ、テクノロジーも大分変わってくるはずだなぁ、などと感じています。

そう言えば、以前の投稿「Sustainable Development GoalsとICT」で以下のように書いてました。

…そして、この「SDG ICT Playbook」を見て感じたのが、具体的なICT技術として取り上げられているものが自分がICT4Dに関心を持ち始めた10年前とは大きく変わって来たという点。モバイル、ソーシャルメディア、クラウドコンピューティング、ビッグデータ分析、3Dプリンタ、スマートシステム、衛星技術などが各ゴールに絡む各セクターでどう活用出来るかが紹介されている…

そんなふうに感じていたところ、JICAもドローンを使った途上国での事業を支援しているというニュースがあったので紹介します。詳しくは「国産ドローン、アフリカで医療支援…年内に運用」に記載されていますが、日本企業の技術を途上国の発展に活用するための支援をするJICAの制度(開発途上国の社会・経済開発のための民間技術普及促進事業)があるのですが、それを使ってエアロセンス社がザンビアでドローンによる医療物資(エイズ検査キットなど)の空輸サービス事業を展開しようとしています。上記の動画はそのエアロセンス社のドローン。

以前、「世界初!ドローンでのデリバリーサービスはルワンダで」でアメリア企業による同様のサービスがルワンダで開始されたニュースを紹介しましたが、日本企業もテクノロジー×途上国開発の分野(しかもアフリカ)に進出してきているのは嬉しいところです。

ドローン絡みでいくと、JICAが途上国から来た研修員向けに実施している「森林リモートセンシング」という研修コースのなかでも、北海道の酪農学園大学でドローンを使ったリモートセンシングの演習が行われたという記事もありました。途上国におけるドローンの活用は、一昔前には夢物語のようだったけど、あっという間に現実になったのだと感じます。

そんな中、つい先日、1月7日に自分の住むガーナで新大統領の就任式典が行われました。自分も招待されたのですが、とういうのは嘘ですが、参加した上司から話を聞いたら、式典でもガーナ国旗を付けたドローンが飛ばされたとのこと。おおっー。さらにその他にも、マスコミ関係者も撮影用ドローンを飛ばしていた様子。

確かにガーナのスーパーマッケットの広告にも、「ドローン値下げ!」みたいな宣伝があったり、職場の近所でドローンを飛ばしている光景を目にしたりするので、ガーナでもドローンがかなり浸透しているとは思っていたけど、大統領就任式典でも使われるとは。

これからは、ドローンはじめ、IoT、AI、5G、ビッグデータなど新しいテクノロジーの動向についてアンテナ高くしてかないといけないなぁと感じたのでした。と言うことで、2017年の目標は「新しいテクノロジー×途上国開発」についての投稿を意識したいと思います。