カテゴリー別アーカイブ: 日本

AI時代に大切なのは?

SDG4

東洋経済オンラインで、AIを使った学習塾「Qubena(キュビナ)アカデミー」が取り上げられていました。先日、エチオピアのアジスアベバでもAIを取り入れた学習用タブレットの試行がなされていると紹介しましたが、日本でもかなり進んでいるようです。

Qubenaアカデミーでは、生徒は塾に来てタブレットを使って勉強をするスタイル。その問題の出し方はAIが考えており、生徒が問題を間違えると、その間違え方をAIが分析し、つまづいたところが分るようになる問題が続々と出題され、それを解いていくと最初に間違えた問題も出来るようになるというもの。一方、間違えない子はどんどん難しい問題へステップアップできる。なんと「学習スピードを7〜10倍にまで高められる」らしい!(超ざっくりな説明なので、詳細は上記リンクから元の記事を見てもらうと、もっと「スゲぇーなー…」という感じが伝わると思います)。

特に自分が面白いと感じたのは、この会社の社長さんが塾という形態に拘っている点。このやりかたなら「先生いらないじゃん?」と思うのですが、社長さん曰く、講師は生徒のやる気を出したり、メンタル面をサポートする「コーチング」の為に生徒の傍らに寄り添う必要あるという。確かに科目を教えるという「ティーチング」は AIに任せられるが、「コーチング」は生身の人間が必要だろう。

いきなり生活感溢れる話題になりますが、我が娘(小学校1年生)もおだてないと宿題をしないです。そして、漢字が分らないうちの奥さん(←エチオピア人なんでね)が傍らで「へー、こんな難しい漢字も書けるんだね。すごいねぇ!ママは読めないよ〜」とおだてる役をやってそれなりに上手く娘の気分をノセてます。

「モチベーションを上げる」という点で最近読んだ尾原和啓氏の「モチベーション革命」という本の記載を思い出しました。以下、引用です。

“AIによって世の中はいかに変わるのか。作業的に、効率的に、合理的に仕事を進めるうえでは、人間はもうロボットには勝てないでしょう。しかし、世界を変えるような新しいサービスや画期的なイノベーションは、1人の人間の偏愛によってしか生まれません。
これからは、この偏愛こそが人間の価値になる時代です。好きなことをやり続けることこそが最大の競争力になるのです。”(第2章「偏愛こそが人間の価値になる」より)

合理的、作業的なことは人間はAIには勝てないが、「なぜか自分だけが頑張る意味が持てる」という偏愛によるモチベーションは、人間にしかなく、それが人間の強みだという話が書かれています。

最初の話に戻ると、今後、先生に求められるスキルは、教え方のスキルじゃなくて、子供の関心をどんどん延ばして、色んなことにチャレンジするモチベーションを上げるというコーチングになっていくのだと言う点はとても納得(これまでもコーチングは先生のOne of themのスキルだったはずだし)。

「詰め込み教育」から「ゆとり教育」に変わり、その反動でまた最近は「詰め込み教育」の傾向にあるけれど、AIが学習スピードを早めるくれるなら、「詰め込み」の学習量で知識を高め、且つ、「ゆとり」が目指した「生きる力」を育む時間もとれるようになるのではないか、とAIによるポジティブな影響に期待したい。

AIによって職を奪われるというネガティブ論もあるけれど、教育分野に限らず、やらないといけないけど面倒な仕事はAIにお任せし、やりたい仕事に集中出来るようなるというのが、理想的なAIの活用方法だと思う。ただ、そのためには自分のなかで「やりたい仕事」が明確にあるのが前提条件なので、「偏愛によるモチベーション」を大切にしなければ・・・!と思う訳です(←自分自身への自戒も含めて)。

メルマガ解除と男女の別れ(UI/UX編)

別れたがってる人にしつこく接しても、自分の評価を下げるだけ。すっぱり別れた方が今後のためには良い。

こんばんは、Kanotです。日本に帰って来て以来、メールマガジン(メルマガ)や広告メールの登録解除が面倒すぎて、いちいちイライラしています。メール配信を止めるために、メール下部にある「登録解除」をクリックすると、ログインが求められ、渋々ログインして、ようやくメール登録解除が終わったら、不要な「メルマガ解除しました」メールが送られて来ます。

これは日本では当たり前の光景ですが、世界的にも当たり前なのでしょうか?

否です。アメリカのほとんどのメルマガは、下部にある「unsubscribe」をクリックすれば、ログインを求められることもなく、すぐに登録が解除できます。もちろん「解除しました」メールなんて送られてきません。

この違いは何なのでしょう?私はこの差は文化などではなく、デザイン、特にUI/UX(User Interface/ User Experience)にしっかり投資をしたかどうかの差な気がしています。

日本のサイトで登録解除が複数ステップなのは、以下のような理由かと思います。

  • せっかくお金かけて獲得したユーザを離したくない
  • 引き止めたというエビデンスを残したい
  • これがよいデザインと思っている
  • ログイン時の他人のなりすましを防ぐ
  • 何も考えてない(昔からこのデザイン)

確かにこれらも企業の視点では一理あります。しかし、ユーザの気持ちになって考えると、メルマガ解除したい人の心理は、ほぼ以下のような感じかと思います。

メルマガを止めたいと思ってる時点で、もう受信したくないと決めているのに、「登録解除」リンクをクリックしてもログインを求めるとか、ホント面倒だ(パスワードわからない時なんかはキレそうになる)。そして、ログイン後も迷子になり、なんとか登録解除ページを探し出したとしても、追い討ちをかけるのが「解除しました」メール。こんなメール不要だよ。もう二度と登録しない!

これを男女の関係に例えるとこんな感じでしょう。

もう別れる意思は固まって電話してるのに、本人確認とか、ほんとしつこい(「合言葉が違います」なんて言われた日にはキレそうになる)。そして、なんとか説得して別れることに成功して電話を切っても、追い討ちをかけるのが「私たち別れました。認識合ってますよね?」メールが来る。こっちから言い出したんだから、わかってるっちゅうねん。二度と付き合うか!

つまり、言いたいことは、メルマガ解除したがってる人に抵抗することは、このくらいセンスのないことで、ただ企業イメージを下げるだけで何一ついいことはないと思います。

むしろ、リンクをクリックして一発でメルマガ解除できたら、「なんだ、いいやつじゃんか!」とその企業の好感度は上がると思います。今時の技術を使えば、メルマガのリンクにユーザ情報を暗号化して埋め込むなんて朝飯前で、リンク一発解除も簡単に実装できます。

つまり、本気でユーザの使い勝手と企業イメージを考えたら、こういったデザインはありえないと思います。にも関わらず、このデザインが残ってるのは、日本企業がUI/UXを軽視してる現れじゃないかと思わざるを得ません。

アメリカでは、いまUI/UXは旬の分野で、企業は多大な投資を行っています。日本の企業がこういった見えにくいところで海外の企業に置いてかれている気がして心配です。

私見に溢れた投稿である点はご容赦ください・・・。