カテゴリー別アーカイブ: FOSS

ウェブ時代をゆく

ガーナ日本人補習校へ娘を連れて行くのが土曜日の日課。ふと、日本人補習校の図書室の本棚を眺めていたら、「ウェブ進化論」で有名な梅田望夫氏の本「ウェブ時代をゆく」を発見。以前読んだことがあったが、改めて読んでみた。2007年の本ながら、今読んでもすごく面白い。日本の大学生とか社会人若手に向けての本だと思うけど、ICT4Dの観点から読んでいても、とても参考となるキーワードに出会えたので、紹介したい。

  • 「オプティミズムに支えられたビジョン」
    梅田氏は、Webの進化(Web 2.0)をとてもプジティブに捉えている。Webの発展には、正の面と負の面の両方があるけれど、梅田氏は以下のように述べている。
    「オプティミズムの姿勢で物事に対峙しなければ、想像は生まれない」、「新しい事業を積極的に未来志向で捉え、挑戦する若い世代を励ましつつアドバイスを与えることの出来る『知的で明るい大人』が増えなければ、未来の想像は出来ない。未来は能動的に変えることが出来るものだが、そのエネルギーはオプティミズムが支えるのだ。(P13−14)」

この点に非常に好感が持てる。そして、ちょいと自分自身の姿勢について反省した。このブログでもそうだが自分はICT4Dについて考えるときに、ついつい批判的になってしまう傾向がある。マンチェスター大学での勉強も基本的には、「ICT=万能なソリューション」じゃないですよ!要注意!ってなメッセージが強かったので、ICT4Dプロジェクトを見ると自分も常に課題や落とし穴を探すことに気を取られがちに…。
でも、そればかりじゃいかんと反省。昨年度、神戸情報大学院大学でICT4Dの講義を持たせてもらったが、ルワンダからの留学生に「失敗事例ばかりでなく、成功事例ももっと取り扱ってほしい」と言われたのを思い出した。『知的で明るい大人』になれるよう、オプティミズムな視点をもっと出していかねば。

  • オプティミズムの根拠となるインターネットの技術的正確(P14)
    梅田氏は上記のオプティミズムを支持する根拠として以下5つのネットの特徴をあげている。そして、これらの特徴は、途上国開発にインターネットが大きな役割を果たすという根拠にもなると感じた。
  1. ネットが「巨大な強者」(国家、大資本、大組織・・・)よりも「小さな弱者」(個人、小資本、小組織・・・)と親和性の高い技術であること。
  2. ネットが人々の「善」なるもの、人々の小さな努力を集積する可能性を秘めた技術であること
  3. ネットがこれまでの「ほんの一部の人たち」にのみ可能だった行為(例:表現、社会貢献)をすべての人々に解放する技術であること
  4. ネットが「個」の固有性(個性、志向性)を増幅することにおいて極めて有効な技術であること
  5. ネットが社会に多様な選択肢を増やす方向の技術であること

上記を眺めてみると(そして、ネットに限定せずに携帯電話等のICT全般として考えてみると)、1の点については、途上国においても、携帯電話やネットは弱者をエンパワーするツールであるし、2や3の点については、Kivaのようなクラウド・ファンディングによって、途上国の小規模ビジネスに寄付や投資を出来る仕組みがあったり、4や5の点については、ネットにMITなど有名大学の授業が公開されたり各種情報がタダで入手出来ることで、途上国でも時間と距離の制約を飛び越えて、勉強したり情報収集するチャンスが増えた、というように考えることが出来る。

自分がICT4Dに魅かれた一番の理由は、途上国の人々も「かっこいい」モノ・事が好きだから、という点からだったけれど、こうして改めて考えると、ICTの途上国開発への貢献というのは必然であることがわかる。

  • オープンソース・プロジェクトの成功要因(P66)
    上記の2の点に絡んで、オープンソースの話が出てくる。「オープンソース・プロジェクトで成功するものと、失敗するものの差は?という疑問に対して、「成功するかどうかは、人生をうずめている奴が一人いるかどうかですね」とシリコンバレー在住のハッカー石黒邦宏が答えたエピソードが紹介されていた。

このオープンソース・プロジェクトの成功要因は何なんだろう?と自分も以前悩んだことがあった。それは、FOSS4Dの論文を書いたときのこと。そのときはバシッとした答えが見つからなかった感があったけど、Linuxのリーナス・トーバルズやRubyのまつもとゆきひろのように自分の人生をかけてそのプロジェクトに打ち込めるリーダーがいれば成功する、という上記の回答はとても腑に落ちた。ICT4Dプロジェクトにおいても強いイニシアティブを持ったリーダー(Champion)の存在が重要という指摘はされているが、それと同じことだ。

上記の点以外でも沢山ためになる学びがあったのですが、長くなるのでここまでで。でも、最後に自分自身がWeb2.0の恩恵を受けたと思える事例を紹介したい。上記のネットの技術的正確の3や4の点である。

自分はこのICT4Dプログを2009年に開始して、不定期&文章クオリティもまちまち、というスタイルながらコツコツと継続してきた。その結果、ブログを通じてこの分野で活躍する方々とも知り合いなれたし、以下のチャンスをもらうことが出来た。

必ずしもブログをやっていたからという理由だけではなく、本業のJICAの仕事に絡んだ講演などもあるが、ブログを書いていなかったら、こういった機会はなかったと思う。今回、梅田氏の本を読み返しつつ自身の経験と照らし合わせて、Web 2.0、ICTの可能性を改めて実感。こういったWeb 2.0、ICTの可能性・便益を途上国の人々にも提供する手助けが出来るよう頑張ります〜

LinkedInのVolunteer Marketplace機能開始から考えるICT4D

LinkedInVolunteer

LinkedIn が新しいサービスを開始したというニュースを見た。Volunteer Marketplaceというサービスで、ボランティア業務が検索可能になるというもの。CSR的な目的や職探しをしていない人達でもLinkedInを使うようにしてユーザを引き付けるなどの意図があるようだ。自分はあまりLinkedInって使っておらす、LinkedInでは既にそういうことはやっていたのかと思っていたので、このニュースを聞いて「へー、今までやってなかったんだ」と少し驚いた。そして、そういえば、似たようなサービスをやっているWebサイトがあったなぁと思い出した。

ウィリアム・イースタンリーの「傲慢な援助」に、そのWebサイトは紹介されていたGlobalgiving.comである。このブログでも「Gameと国際協力」というポストで以前少しだけ紹介したことがあったけど、改めてご紹介。

一言で言えば、様々なプロジェクトに対する資金集めのクラウドファンディングのWebサイトである。掲載されているプロジェクトに寄付出来る点は当たり前だけど、Globalgiving.comではGift Cardを送るサービスもやっている。例えば、10ドル分を贈り物として友人に送り、その友人が10ドルをGlobalgiving.comに掲載されているプロジェクトのどれかに寄付出来るといったものだ。なかなか面白い。

そして、LinkedInのニュースで何故思い出したかというと、Globalgiving.comではWebサイトからお金を集めるだけではなく、プロジェクトにボランティアとして参加するためのボランティア業務の募集も沢山掲載されている点が特徴的だからだ。どんなボランティア業務があるのかパッと見てみたら、現地の活動を支援するボランティアもあれば、現地に行かずともFacebookやTwitterでの活動を支援を行うSocial Media Volunteerなんてのもある。

「傲慢な援助」での紹介を読むと、「援助の出会い系サイト」という比喩が使われており、資金集めだけでなく専門家と援助の仕事をマッチングさせるような点が結構強調されいるけど、実際にGlobalgiving.comのサイトや紹介ビデオ(上記)を見ると、そこの部分はそれほど力が入っているわけじゃないのかな?と思う。ボランティア業務の紹介も、Volunteermatch.orgという別サイトへのリンクとなっているし。

先日取り上げたFacebookのDonate now機能やLinkedInのボランティア業務検索機能といったように、途上国援助に関わるためのハードルはICTによってどんどん低くなって来たなぁ、と感じる。これは間違いなくICT4Dの大きな効果の1つだと思う。人(ボランティアのマッチング)と金(クラウドファンディング)は確保できる仕組みが出来てきたから、次はモノか? 「売ります・買います」サイトみたいのの世界版・・・、なんか違うな。さて、次はどんな新しいサービスが出てくるのか?もっともっと途上国援助に関わるためのハードルを下げられるような仕組みや、以前このブログに書いたアイデア(下記のもの)のような取組みも出てくるかな?

KivaのようにP2Pで途上国と先進国の個人が繋がる仕組みが当たり前になっている。FOSS4Dの分野でも、ニーズのあるソフト開発案件がリスト化されてて、参加したいと思う技術者(先進国、途上国問わず)が「参加する」投票をして、ある一定のリソースが確保されたらプロジェクト開始みたいな、Kivaのソフト開発プロジェクト版のようなサイトが登場して来たら面白そうだ。また、これまで途上国開発に参加していなかったアクターの参加が可能となることのインパクトは大きいし、個人レベルで途上国と先進国の人達が共同作業をする場が出来たら、それは単なるFOSS4Dという枠を超えて、途上国開発のあり方自体に変化をもたらす素晴らしいことだと考えられる。

新しい価値観を伝えること

IMG_6565

10月上旬から神戸情報大学院大学(KIC:Kobe Institute of Computing)にて、客員講師という立場でICT4Dについての授業を持たせてもらった。昨日、最後の授業を終え、秋学期が終了。毎週日帰りで神戸まで行くのは正直結構キツかったものの、すごい良い経験をさせてもらえ、今回の機会を与えてくれたKICと、週1回職場を不在にすることを承認してくれた職場の上司に感謝、感謝です。

授業内容では、主に自分がマンチェスター大学のICT4D修士コースで学んだこと(Richard Heeks教授のフレームワークなど)を中心に、JICAでの経験(日本のODAにおけるICT分野の事例など)や、エチオピアでの経験、仕事やこのブログを通じて知り合えた諸先輩から教えて貰ったことなどを、アフガニスタンとルワンダからの留学+日本人学生に伝えてきた。

90分×15コマの1コースに、伝えたいことを盛り込んだので、ほぼ毎回時間をオーバーしてしまい学生さんたちにはご迷惑をかけてしまったかなと思う。不満を言わずに付き合ってくれた学生の皆さんにも感謝です。

そして昨日の最後の授業では学生から最終課題に関するプレゼンをしてもらった。ケニアのM-PESA、アフガニスタンのM-Paisa(Paisaっていうのはアフガニスタンの言葉で「お金」という意味。PESAがスワヒリ語の「お金」なので、同じ理屈のネーミング)、OLPC、e-Government、防災警報システム、といったテーマについて、各自が調べた内容を発表してくれた(上の写真)。

また、スペシャルゲストとしてJICA国際協力専門員、ICT系開発コンサルタント、民間ICT企業の方々などにもご参加いただき、有意義なコメントを頂くことが出来た。ゲストの皆さん、どうもありがとうございました!そして、ゲストの方々にもプレゼンをしてもらったのだが、とりわけ東大の青木さんによるFabLab活動のプレゼンは先進的でとても興味深いものだった(下の写真)。

IMG_6567

学生とゲストのプレゼン&それに関する議論を通じて、「価値観をどう伝えるか(理解してもらうか)」というのが、ICT4D、途上国ビジネス一般にいえる共通課題であると感じた。
アフガニスタンのM-Paisaのプレゼンからは、(アフガニスタンという国の背景もあり)国民のなかにはモバイルバンキングという仕組み自体を信用しない層が少なからず存在するといった課題(=つまりモバイルバンキングという見えない送金の仕組みを理解・信頼してもらうことが出来るか?)や、OLPCのプレゼンからは、Windows製品 vs OSS(オープンソース・ソフトウェア)という議論(=先進国よりもWindows製品が市場を圧巻している途上国でOSSを採用することの是非など)が盛り上がった。また、FabLabについては、このムーブメントが発展しているのは、モノづくりの新しい価値観が先進国・途上国を問わず広く受け入られているからだと感じる。

また、ちょっと前に知人を通じて、See-Dコンテストのメンターをやりませんか?とお声がけいただき、メンバーなるものをやらせてもらった。See-Dコンテストは、日本の技術力と途上国のニーズをつなげ、途上国が抱える課題を解決する製品をより多く生み出すことを目的としたプロダクト&ビジネスコンテスト。以前、このブログで紹介した東ティモールでの格安運送サービス「TranSMS」もSee-Dコンテストから生まれている。そこで色々なチームのビジネスプランを聞かせてもらう機会を得ることができた。担当したチームの方々にどこまで自分が貢献できたかは正直あまり自信がないものの、この経験でも非常に多くを学ばせてもらった。

色々なビジネスアイデアを聞いていると、共通している課題は、やはり「新しい価値観をどう理解してもらうのか」という点。これまでなかったサービスを受入れてもらう(お金を払ってもらう)には、それが必要である。KICの授業でJICAバングラデシュ事務所のKanot(このブログの管理人の一人)に、バングラデシュでJICAが支援したバスカード導入プロジェクトについて紹介してもらった。そのときも、これまで現金でしか運賃を払ったことがない人達(乗客も運転手側も)に、どうやってスイカとかパスモみたいなカード利用のメリットを理解し受入れてもらうかが一つの課題であったという話になった。他の途上国開発プロジェクトを例にすれば、これまで手洗いの習慣がなかった人達に、公衆衛生について理解してもらうとか、蚊帳を使うことがなかった人達に蚊帳の効果・価値を理解してもらうとか。もっと別の例を挙げると、コーラって見た目おいしそうに見えないのに、あれをここまでポピュラーなドリンクにしたコカコーラ社とペプシ社はすごいと思う。飲めば美味しいのはわかるけど、あの黒い液体は、コーラを全く知らない人から見たら、飲みたい意欲はわかないんじゃないだろうか。

ここ最近の経験を通じて、この「価値観をどう理解してもらうのか?」って点に非常に興味が出てきた。特に新しいサービスを提供するICT4Dの分野では、この重要性は高いと感じる。さて、自分がKICで教えた講義では、学生の皆さんにちょっとでも新しい価値観を提供出来ただろうか。今まで知らなかったモノの見方や考え方を少しでも伝えることが出来ていたら良いけど、どうだったかな。

アフリカのFOSS開発者数は4,527人?

ICTWorksに面白い投稿があったので備忘録的に載せておきます。

フリー・オープンソース・ソフトウェア(FOSS)の開発をWeb上で世界中のプログラマ達が協働作業として行っているプロジェクトがありますが、そのためのプラットフォームとして最も活用されているのが「GitHub」というプラットフォーム。自分はこのあたりのソフトウェア開発については非常に知識が乏しいのですが、Webで見てみると、このGitHub上では、コードの更新作業が効率的にできたり、開発者同士のコミュニケーションを促進するようなSNS的な機能もあったり、と他の同様のプラットフォームより一枚上手のことが出来るようです。詳しくは、以下のTech Crunchのサイトに分かりやすい説明があります。
http://jp.techcrunch.com/2012/07/15/20120714what-exactly-is-github-anyway/

さて、今回ICTWorksで紹介されていたのは、下の地図。GitHubユーザがアフリカにどれだけいるかを示しています。

GitHub User in Africa

GitHub User in Africa

アフリカにはこのGitHubユーザが4,527人という数字が出ていて、それは全世界のGitHubユーザ数の0.12%ということになる(0.12%と左側に記載されているのは、この数字)。「アフリカでソフトウェア開発やっている人はこんなに少ないのか!?」という疑問がICTWorksで述べられているが、この地図を作成した Matt Berg 氏よりコメントで、「単純にユーザのプロフィールで滞在地がアフリカになってるユーザを拾った数字なので、正確性には欠ける。ロンドンに住むアフリカ人プログラマはカウントされていないし、逆に、アフリカにいるアメリカ人はカウントされちゃってます」という説明が。

信ぴょう性は別にして、それでも見てみると面白い。ユーザ数は、以下の通り。

1位:南アフリカ(34.60%)
2位:エジプト(16.32%)
3位:ケニア(9.75%)
4位:ナイジェリア(6.50%)
5位:チュニジア(5.68%)
6位:モロッコ(4.99%)
7位:ガーナ(3.70%)
8位:アルジェリア(2.73%)

なんとなくどこかで見たようなランキングだなぁと思ったら、以前このブログでも紹介したアフリカのFacebookユーザ数上位8カ国とまったく同じ面子でした。
【Facebookユーザ数】
1位:エジプト(13,010,580)
2位:南アフリカ(5,534,160)
3位:ナイジェリア(5,357,500)
4位:モロッコ(5,250,340)
5位:アルジェリア(4,322,820)
6位:チュニジア(3,436,720)
7位:ケニア(1,886,560)
8位:ガーナ(1,465,560)

アフリカといってもアラブ系を除くと、南アフリカ、ナイジェリア、ケニア、ガーナあたりが、やっぱりICTサービスがこれから盛り上がる(すでに盛り上がっている)ってことなんだろうなぁと思えるデータでした。

以前の投稿でFOSSの開発プロジェクトを通じて、途上国と先進国の協働が出来れば良いなぁという事を書きましたが、「援助する側・される側」という関係ではなく、「対等に協働する場」としてのFOSS開発プロジェクトに期待したいです。

FOSS4Development 本の紹介

以前、このブログで書いた途上国におけるFOSS(Free and Open Source Software)の活用についての論文が、本に掲載されたのでご報告。 “Free and Open Source Software and Technology for Sustainable Development” という本の第3章に載りました。


その他の章をまだほどんど読んでいないので、本全体としての内容は良く理解していないのですが、FOSS4Dというテーマで、FOSSビジネスやピースコープでアフリカの学校で活動した方の経験談、ケーススタディなど、かなり幅広い内容になっているようです。ご興味のある方はご連絡下さい。お貸ししますよ。 そして、自分の章の内容について、9月にチュニジアのOSS2012で発表したプレゼン資料を以下に掲載します。ご参考まで。

 

今は子育て&お仕事が忙しく、なかなかまとまったレポートを書くような時間を取れないのですが、また、ICT4Dをテーマに論文投稿に挑戦したいと思います。また、アイデア集めて本ブログにも投稿していきたいと思います〜

Global Hackathon

Hackathonというイベントをご存知だろうか。
ハッキングとマラソンを合わせた造語で、一定の期間に一定のお題の元にマラソンのようにアプリケーション開発を競うというイベントである。

具体的には今回はSanitation Hackathonというタイトルで、ドナーなどが感じている衛生分野の課題をアプリケーションを通じて解決するアイディアを競うというイベントになる。

ここバングラデシュでは、2012年11月末にこのイベントがあり、現在参加者を募っている。
主催は世界銀行で、GoogleやYahooといった企業も協賛している。

http://www.hackathonbd.com/

参加するためには、チームを作り、エントリーをする。学生がメインターゲットということもあり、指導教官もメンターとして記入する必要がある。もちろん現役のITエンジニアも参加可能。

学生やITエンジニアのプログラミング能力とアイディアを、チーム対抗イベントとして盛り上げる、さらには衛生、貧困問題まで解決してしまおうという非常に面白いイベントと思う。

私も結果発表の場には参加することも検討しているし、おそらく優秀なアプリケーションは企業やドナーが資金援助して実際の貧困問題に取り組むことになる可能性もあると思う。

まさにICT for developmentである。

FOSSビジネスについて

OSS2012@チュニジアに行ってきました(写真は自分のプレゼンじゃないです)。ICT4D分野に興味を持ちつつも、FOSSというテーマについてはそれほど関心がなかったのですが、今回の会議に参加してみて、改めてFOSSも非常に奥の深いテーマなのだと実感しました。会議では、Google、マイクロソフト、Samsungからの発表者もいて、民間企業もこの分野には関心が高いのだと改めて感じました。あまり多くのセッションに出席したわけではないのですが、いくつか出たセッションを通じて感じた点を以下ご紹介。

複数のセッションのテーマでビジネス×FOSSというテーマが取り上げられていました。特にこの分野ではアフリカやカリブ諸国といった途上国という背景でのFOSSビジネスについての発表がありました。

確かにFOSSはライセンス料の問題がないし、オープンソースなのでビジネスを始めるハードルが低いと言える。なんとなく初期費用が少なくて済むICT分野での小規模ビジネスで、さらにFOSS関連のビジネスならば、途上国のICT産業を盛り上げるドライバーになる可能性は考えられそう。とはいえ、問題はある。
FOSSは一部のサーバ製品を除いてはあまり普及していない。そのため、「普及していない→(FOSSユーザ企業が少ないので)ビジネスにならない→(ビジネスにならないので)FOSSを扱うベンダーが誕生しない→(FOSSベンダーが少ないので)FOSSユーザ企業が増えない→普及していない」というスパイラルが存在し、これが問題である。一部の国では、政府がFOSS利用を推奨する政策(政府自身がFOSSユーザとなるなど)をとっている国もあるが、途上国では政府がFOSSを利用するように推奨しても、対応可能なベンダーが限られていれば、普及も限られてしまう。結局、ICT産業においてどうやってFOSSビジネスクラスターを育成・熟成出来るかが途上国でのFOSSを利用のポイントである。今回、その解決策については、政府の政策次第という話しか聞けなかったが、これが上手いこと出来れば途上国のICT産業発展においてFOSSビジネスが果たす役割は大きく、また、これまで先進国にはなかったモデルとして発展したら面白いと感じた。

これまでFOSSというテーマは技術的分野だと思っていたけれど、途上国のFOSS利用というのは、このように政策的な要素が強いということに気づけた点をはじめ、この分野の日本人研究者の方々とお知り合いになれたことなど、今回の会議に参加出来て非常にためになりました。