カテゴリー別アーカイブ: OLPC

One Laptop for Child

ルワンダにおけるOLPCの課題

お久しぶりです、Kanotです。いきなりですが、ICT4D史上、最も賛否両論を生んだプロジェクトとはなんでしょう?

タイトルにキーワードが入ってるので既にネタバレしてますが、それはOne Laptop Per Child (OLPC)です。勝手に言い切ってしまいましたが、おそらくICT4D関係者なら異論がないのではないでしょうか。OLPCとはMITのニコラス・ネグロポンテ氏が主導した、小学校の子どもたちに$100程度で作られたノートパソコンを配り、教育に役立てるというプロジェクトです(下の写真参照)。「物をあげることが効果的か否か」というICT4Dでよく起こる議論の象徴のようなプロジェクトで、このブログでもなんと過去10回もOLPCがタイトルに含まれる投稿がありました(笑)。

IMG_1591

今回取り上げるルワンダにおけるOLPCですが、NPOの枠を越えて、国策として展開されています。ルワンダ政府が出しているICT Sector Profileによると、2015年時点で756の小学校に約25万台が配布済みです。そのOLPCについて、ルワンダで青年海外協力隊として活動しているタケダノリヒロさんがブログで取り上げていたの紹介したいと思います(現地の動画付き!)。

ルワンダノオト〜ルワンダの子どもにPCを!OLPCの現状と課題〜

今回の投稿に使っている黒板の写真もタケダさんが撮ったものです。ブログにはルワンダのOLPCの現状をまとめた動画もありますので、OLPCについてよく知らない方はぜひご覧ください。

さて、本題のOLPCの課題についてですが、タケダさんのブログでは、以下のように言及されています。

  • 教師が使い方をわかっていない。教師向け研修もあるのだが、そのトレーナー自体が使い方をよくわかっていない。
  • その結果、PCの授業ではPCの仕組みであるキーボード、マウス、メモリ、などと行った知識しか教えられない。(黒板の写真がそうですね)

この点はまさに私がルワンダ滞在中に聞いたOLPCの課題の一つです。OLPCのメリットはPCやインターネットの可能性を子どもに教えることであり、PCの仕組みを教えることだけでは、本来テクノロジーの持つ楽しさ・ワクワク感などは伝えられないと思います。その他にも私のルワンダ滞在中のヒアリングを通じて、以下のようなOLPCの課題を聞きました。

  • PCを失くすと先生の責任になるため、授業時以外は先生が保管している。これでは自宅に持ち帰って遊びを通じてPCを学ぶということができない。
  • 電気が安定しないルワンダでクラス全員でOLPCを使うということは、教師が授業前にそれらをいちいち充電するということになりわけで、教師の負担が非常に大きい。
  • OLPCにはWifi機能があるが、ルワンダの小学校でクラス全員が同時に繋げるようなWifi環境など存在せず、結局ネットには接続できない。

一方、じゃあOLPCは全く不要なのか?と言われるとそこはわからないというのが正直なところです。本ブログの「OLPCは失敗例の見本なのか? (2010/4/12, tomonarit)」投稿にもある通り、OLPCはただのツールであり、他の要素が揃わないと成果は十分に発揮できないので、現状だけを見てOLPCは失敗と言い切ってしまうのは乱暴かもしれません。つまり、先に挙げた指摘の逆を返すと、電気があってネットがあって、そして教師が正しく教えられさえすれば、OLPCは協力な教育ツールになるポテンシャルを秘めているという言い方もできないこともないので・・・。

もしこれを読んだ皆さんが途上国の現場でOLPCがうまく使われている例をご存知でしたらぜひ教えていただきたいです。

ICT4Dプロジェクト成功に必要な3つの要因とは

コートジボワール首都のアビジャン。「3G+」という看板が遠くに見える

コートジボワール首都のアビジャン。「3G+」という看板が遠くに見える

アビジャンではOrange Mobileの看板や店舗が至る所に目についた

アビジャンではOrange Mobileの看板や店舗が至る所に目についた

写真はコートジボワールの首都アビジャン。今回の投稿内容とは関係ないけど、折角なので載せてみました。

さて先日、ガーナで活動するGrameen Foundationの方々と意見交換する機会があった。保健や農業と言った分野で携帯電話を活用したプロジェクトを実施している。そこで興味深かったのは、先方のプロジェクトというよりは、Grameen Foundationの人達の説明と自分の同僚の反応との間に若干のギャップを感じた点である。一言で言えば、「ICT(携帯電話)利活用が開発プロジェクトの効果を促進する」というGrameen Foundationの人達と「果たして100%本当にそうと言い切れるのかなぁ…」という反応のギャップである。

先日このブログで取り上げた本「Geek Heresy: Rescuing Social Change from the Cult of Technology」の中から今回感じたギャップを説明するに非常に共感出来る部分があったので紹介したい。

まずICT4Dプロジェクトに大しては大きく何種類かの人がいる。

  1. Utopians: テクノロジー至上主義。どんな課題もテクノロジーが発展すれば解決出来る!という人達。OLPCのネグロポンテ氏などはこの部類。
  2. Skeptics: テクノロジーの効果を疑ってかかる人達。ICTを使ったからって物事が劇的に良くなるなんてこたぁないっしょ!という意見。(そう言えば「Techno-centric or Socio-technical?」という投稿も参考までに)
  3. Contextualists: ICT4Dプロジェクトの成功はコンテクスト(背景)によりけりだよね、という人達。上記の2種類の人達のようにどっちかに偏ってはいない。

今回、自分が感じたギャップは例えるならば、上記1. の人達と2.もしくは3.の人達とのギャップと言える。勿論、Grameen Foundationの人達も単純に1.の主義ではない(←TechnologyよりHuman Centered Approachが重要と言っていたので)のだが、単純化しちゃうと今回の議論はそのように見えた。

この手のカテゴリはICT4D関連の文献や先進国での情報システム構築プロジェクトについての文献でも頻繁に取りあげられている。自分がこの分野の勉強を始めた頃は、Contextualists的な立場が最も妥当と思っていた。しかしContextualistsの立場では、結論決まって「ICT4Dプロジェクトの成功・失敗はコンテクストによりけり」となってしまい「またそれか…」的な落胆を感じるようになった。そういう意味ではUtopiansの方が突き抜けててカッコ良い(Googleの元CEOエリック・シュミットとか)と最近は感じている。

そんな思いを感じていたところ、Toyama氏の本にToyama氏の経験則からくる「普遍的なICT4D成功要因」とも言える点が紹介されていた。それは以下の3点。

  1. 投げ出さないリーダー:最後までプロジェクト投げ出さず成功に導く、そんなリーダーの存在が不可欠ということ。そう言えば、同じことが別の文献等でも語られており、「ICT4D Champion」なんて名称で呼ばれてもいる。
  2. 良いパートナー:ICT4Dプロジェクトを実施するための現地パートナーがかなり重要。例えば、学校を対象にした教育分野ならやる気と能力がある校長先生の存在などが不可欠。
  3. やる気のあるユーザー:プロジェクトの受益者で導入するICTを使う人達にやる気や明確なニーズがないとダメ。

以上、どれも至極当たり前のようですが意外と見落としがちかと。例えば、ICT4Dプロジェクトのあり方として、「まずはパイロット・プロジェクトを小さく初めて成功してからロールアウトしよう(まず最初は1つ2つの学校に絞ってICTを活用してみて、成功したら州全部の学校に普及しよう!みたいな)」というのは良くある方法ですが、最初のパイロットが成功しても、ロールアウトに失敗するパターンがある。

最初のパイロット・プロジェクトのサイトをどう選ぶか?を考えると、ロールアウト失敗の理由がわかる。最初はやる気のある校長先生が居て、明確なニーズがある学校を選んで、さらに懇切丁寧にユーザーに現在の課題やプロジェクトのメリットを説明したりするなど、ドナーも「絶対Good Practiceにしてやろう」とリソースを集中投下出来る。でも、ロールアウトの段階になると、対象校が増えるため、中にはやる気のない校長先生だったり、懇切丁寧な説明をユーザに出来なかったり、といった状況では、1校を成功に導けたリーダーも全校を成功に導くことは困難、ということになる。そして、「成功モデルの普及」は成功条件の整った学校にしか普及出来ないことが判明する…。

結局、じゃどうすれば良いのか?という回答は簡単に得られないものの、このような視点は非常に大切。そしてこれは何もICT4Dプロジェクトに限った話ではない。

アフリカでソーラーパワーPCは売れるのか?

SOL2

ガーナ市場をターゲットに太陽光発電のノートPCが売られていたことを最近知りました。

と、いってもお店で売っているのを見たのではなく、ネットでそういう記事を目にしただけなんですが…。
2013年にカナダの会社「WeWi Telecommunications 社が、「SOL」という名前で太陽光発電のノートPCをガーナ市場で展開していたというもの。詳しくは、こちのサイトに紹介がありました。

それ以前にもサムソンなどがソーラーパワーを使ったノートPCは販売していましたが、充電にかかる時間が長すぎてあまり訴求効果がなかったという反省点を改善し、SOLは2時間でフル充電可能という性能になっているとのこと。確かに、ソーラーパネルを広げる方式なので、ノートPCの画面の裏だけがソーラーパネルになっているのと比べると、その5倍位の面積がとれている様子です。その分、充電するときには、それなりのスペースが必要だろうなぁ。

SOL気になる価格は、250~300カナダドル(約24,000~28,800円)と、思いのほかリーズナブル。

最初にガーナで売り出したということですが、どれほど売れたのかについては、情報が見つかりませんでした。でも、ガーナ政府のウェブサイトでも、SOLについて書かれており、教育大臣が教育におけるICTの重要性を述べていたり、また、SOLを免税でガーナに輸出したいというメーカーの希望に対して、電力省の人間が、「組立て向上を是非ガーナに作って雇用創出して欲しい」と返していたりと、それなりに話題になった様です。

そして、2014年にはケニア市場にもSOLが展開されており、それに関するニュースがYoutubeに上がってました。

ソーラーパワーを使ったノートPCといえば、OLPCもそうだし、物珍しさが段々薄れてきている思います。そして、やはり一番の疑問は、「売れるのか?」という点。「アフリカの田舎で電気がないとことろで電化製品が売れるわけない」という固定観念は、携帯電話の爆発的普及によって打ち壊されたのはその通り。

でも、個人的には「ノートPCがいるかなぁ?」という単純に疑ってしまう。持ち運びに難がなく、誰かと喋る(もしくはテキストメッセージを送る)という単純な携帯電話なら「欲しい」と思う人達も、エクセルやワードを使いたい訳じゃないからノートPCは要らないんじゃぁないかと。

また、インターネットを使うためなら、スマホの方が携帯電話と合わせて1台で足りるので、スマホに軍配が上がりそう。

そいなると、田舎の電気のない地域でいったい誰がノートPCを欲しいのか?OLPC同様に教育機関にはニーズがあるものの、それ以外にはないんじゃないだろうか・・・、と思ってしまうのです(そういう地域へ出張に行くビジネスマンの方がむしろニーズがありそうな気が)。

でも、こういう製品が出回って選択肢が増えるのはとても良いことだと思う。そんなことを考えつつ、これからガーナのPCショップにSOLがあるのか探してみようと思います。

新しい価値観を伝えること

IMG_6565

10月上旬から神戸情報大学院大学(KIC:Kobe Institute of Computing)にて、客員講師という立場でICT4Dについての授業を持たせてもらった。昨日、最後の授業を終え、秋学期が終了。毎週日帰りで神戸まで行くのは正直結構キツかったものの、すごい良い経験をさせてもらえ、今回の機会を与えてくれたKICと、週1回職場を不在にすることを承認してくれた職場の上司に感謝、感謝です。

授業内容では、主に自分がマンチェスター大学のICT4D修士コースで学んだこと(Richard Heeks教授のフレームワークなど)を中心に、JICAでの経験(日本のODAにおけるICT分野の事例など)や、エチオピアでの経験、仕事やこのブログを通じて知り合えた諸先輩から教えて貰ったことなどを、アフガニスタンとルワンダからの留学+日本人学生に伝えてきた。

90分×15コマの1コースに、伝えたいことを盛り込んだので、ほぼ毎回時間をオーバーしてしまい学生さんたちにはご迷惑をかけてしまったかなと思う。不満を言わずに付き合ってくれた学生の皆さんにも感謝です。

そして昨日の最後の授業では学生から最終課題に関するプレゼンをしてもらった。ケニアのM-PESA、アフガニスタンのM-Paisa(Paisaっていうのはアフガニスタンの言葉で「お金」という意味。PESAがスワヒリ語の「お金」なので、同じ理屈のネーミング)、OLPC、e-Government、防災警報システム、といったテーマについて、各自が調べた内容を発表してくれた(上の写真)。

また、スペシャルゲストとしてJICA国際協力専門員、ICT系開発コンサルタント、民間ICT企業の方々などにもご参加いただき、有意義なコメントを頂くことが出来た。ゲストの皆さん、どうもありがとうございました!そして、ゲストの方々にもプレゼンをしてもらったのだが、とりわけ東大の青木さんによるFabLab活動のプレゼンは先進的でとても興味深いものだった(下の写真)。

IMG_6567

学生とゲストのプレゼン&それに関する議論を通じて、「価値観をどう伝えるか(理解してもらうか)」というのが、ICT4D、途上国ビジネス一般にいえる共通課題であると感じた。
アフガニスタンのM-Paisaのプレゼンからは、(アフガニスタンという国の背景もあり)国民のなかにはモバイルバンキングという仕組み自体を信用しない層が少なからず存在するといった課題(=つまりモバイルバンキングという見えない送金の仕組みを理解・信頼してもらうことが出来るか?)や、OLPCのプレゼンからは、Windows製品 vs OSS(オープンソース・ソフトウェア)という議論(=先進国よりもWindows製品が市場を圧巻している途上国でOSSを採用することの是非など)が盛り上がった。また、FabLabについては、このムーブメントが発展しているのは、モノづくりの新しい価値観が先進国・途上国を問わず広く受け入られているからだと感じる。

また、ちょっと前に知人を通じて、See-Dコンテストのメンターをやりませんか?とお声がけいただき、メンバーなるものをやらせてもらった。See-Dコンテストは、日本の技術力と途上国のニーズをつなげ、途上国が抱える課題を解決する製品をより多く生み出すことを目的としたプロダクト&ビジネスコンテスト。以前、このブログで紹介した東ティモールでの格安運送サービス「TranSMS」もSee-Dコンテストから生まれている。そこで色々なチームのビジネスプランを聞かせてもらう機会を得ることができた。担当したチームの方々にどこまで自分が貢献できたかは正直あまり自信がないものの、この経験でも非常に多くを学ばせてもらった。

色々なビジネスアイデアを聞いていると、共通している課題は、やはり「新しい価値観をどう理解してもらうのか」という点。これまでなかったサービスを受入れてもらう(お金を払ってもらう)には、それが必要である。KICの授業でJICAバングラデシュ事務所のKanot(このブログの管理人の一人)に、バングラデシュでJICAが支援したバスカード導入プロジェクトについて紹介してもらった。そのときも、これまで現金でしか運賃を払ったことがない人達(乗客も運転手側も)に、どうやってスイカとかパスモみたいなカード利用のメリットを理解し受入れてもらうかが一つの課題であったという話になった。他の途上国開発プロジェクトを例にすれば、これまで手洗いの習慣がなかった人達に、公衆衛生について理解してもらうとか、蚊帳を使うことがなかった人達に蚊帳の効果・価値を理解してもらうとか。もっと別の例を挙げると、コーラって見た目おいしそうに見えないのに、あれをここまでポピュラーなドリンクにしたコカコーラ社とペプシ社はすごいと思う。飲めば美味しいのはわかるけど、あの黒い液体は、コーラを全く知らない人から見たら、飲みたい意欲はわかないんじゃないだろうか。

ここ最近の経験を通じて、この「価値観をどう理解してもらうのか?」って点に非常に興味が出てきた。特に新しいサービスを提供するICT4Dの分野では、この重要性は高いと感じる。さて、自分がKICで教えた講義では、学生の皆さんにちょっとでも新しい価値観を提供出来ただろうか。今まで知らなかったモノの見方や考え方を少しでも伝えることが出来ていたら良いけど、どうだったかな。

GoogleがRaspberry piを日本の学校に無料提供

Raspberry Pi2

Google、10代向けに「ゼロからプログラミング」ワークショップ Raspberry Piで初歩学ぶ」とのニュースを見ました。ほほう、そんな取組がなされていたとは。このRaspberry Piについては約2年半前にこのブログでも紹介してましたが、その後、先進国、途上国を問わず結構売れている様子。25USDという価格から途上国では学校に導入されるプロジェクトもいくつか行われている。例えば、スワジランドの例がこちらに掲載されていました。カメルーンのケースはこちら

Raspberry Pi

このニュースを見て、ぱっと頭に浮かんだのは、「リバース・イノベーション」。途上国向けの製品が、日本でも使われるようになったのかぁ・・・と。でも、おっと、別にRaspberry PiはOLPCのように途上国にだけ向けて作られたものではなく、先進国も含む全ての児童にプログラミングを学ぶ機会を与えるために作られたのだったと、自分が2年半前に書いたブログを読んで思い返した。

そして、なんとなくRaspberry Piと途上国についてネットサーフィンしていたら、面白い記事をみつけた。ICTWorksの“6 Reasons Why Africa Needs Raspberry Pi More Than OLPC”という記事。OLPCよりもRaspberry Piのほうが途上国に向いているという理由が書いてある。その中でひときわグッときたのは、

“The illiterate of the 21st century will not necessarily be those who can’t read or write but those who can’t read or write code.”

という言葉。ルワンダのICT政策(Vision2020)とケニアのICT政策(Konza city vision 2030)のなかに見られる共通点を示すフレーズとしてこれが使われていた。もともとは、”The illiterate of the 21st century will not be those who cannot read and write, but those who cannot learn, unlearn, and relearn.” by Alvin Toffler (21世紀型のバカとは、単に読み書きができなことではない。むしろ、「学ばない」「学んだことに固執して過去に引きずられる」「学んだことを時代の文脈に即して再定義できない」人を指す言葉だ。アルビン・トフラー)というフレーズ。これの後半を、those who can’t read or write code(プログラムコードが読み書きできない人)としている。面白い。

そして、こういうことをルワンダやケニアのICT政策が示唆している点に感心した。日本の児童にプログラミング(や論理的思考)の楽しさ教えるためにGoogleはRaspberry Piを無料提供してこのような取組をしているけれど、同じような発想がICT政策にもすでに組み込まれていたとは。ある意味、政策の「リバース・イノベーション」とも考えられる・・・かな? と考えながら、Raspberry Piを購入して見たくなってきました。

OLPC使ってる?

olpc-mit-laptop

引き続き、エチオピア里帰り紀行です。

首都アジスアベバの小学校(生徒数は1000人くらい)で活動するある青年海外協隊員の方に、「OLPCって使ってる?」と聞いてみました。

「OLPCを手にしている児童を数名見かけたことはあるが、授業などで使っているのは見たことない。そして、倉庫に山積みになっている段ボールのなかにOLPCが入っている、と思われる」

との返事でした。
先日の遠隔教育システムに続いて、残念ながら使われていない様子・・・。まぁ、先日の遠隔教育のように、学校によって状況はまちまちなのだろうけど、少なくても、OLPCが供与されて学校全てで有効活用されているってわけではないのだろう。

そもそも学校の授業は教科書に沿ってカリキュラムが作成されているため、OLPCを学校の何の授業で使うのか?という点に疑問があるという意見も。この点については、OLPCの思想は、児童が勝手に一人で自宅で使っても学習出来るというものであるので、学校や授業という場での使用を前提としなくても良いのかもしれない。

でも、その点をお伝えしたところ、「でも、自宅でもPCを使うような環境にないんじゃない?」との意見も。おおっ、確かに・・・。エチオピアの普通の家には、勉強机とかがない。PCを使うようなテーブルとイスもない。膝丈くらいのテーブル&ソファのセットとか、部屋のほとんどはベッドで埋まってるとか、そんな感じ。なので児童は、床にノートを置いて文書を書いたりしています。PCならベッドの上や膝の上でも使えないことはないけど、それでも結構やりにくいだろうな。そう考えると、学校じゃなく自宅でPCを使うという想定も、あまり適切でないのかもしれない。

とても良い気づきを協力隊の皆さんに頂きました。そして、妻の実家に戻り、それまでTV&小物置き場となっていた机(←昔、自分がPC用に使ってた勉強机)の上をかたずけ、甥っ子が座って勉強できるようにしてみた。甥っ子が床でノートを書いていたので、「ここ使ったら良いよ」と言って見ました。が、甥っ子は「もう終わったから」と勉強机を使ってくれず・・・。なんか違和感あんのかな?

甥っ子

ちなみに、今回、甥っ子(13歳)に妻がノートPCをあげてきた。アムハラ語で書かれた基本的なマニュアル本も1冊一緒に。次回(一年後かなぁ)訪れるときまでに、PCが使えるようになってたら嬉しいけど、どうかな。

OLPC @エチオピア

negroponte.3x616

明日からエチオピアへ行ってきます~。2年ぶりの訪問でエチオピアがどう変わっているかを見られるのが楽しみ。と、いうわけでエチオピアのことについて書きます。エチオピアのICT4D関連情報を見ていたら、結構知らないことが多かった・・・。なかでもOLPCの取組でBBCでも取り上げられるような実験的取組が行われていたとは・・・。

もう一年前の話ですが、それは、エチオピアの学校も電気もない道路標識すらない田舎町(首都アジスアベバから50マイル=80Km位離れた村を2つ選んで)で、約20名の子供達(小学校1年生位)にOLPCタブレットが入った箱をあげるというもの。取扱説明とか指導とはまったくなしの状態。箱すら閉じたまま。英語だと「Drop off」って書かれていたので、まさに「ポンと置いてきただけ」という感じ。そこで、子供たちがそのOLPCタブレットをどう使うのかを定期観察するという実験。どう使うのかのモニタリングは、週一で訪問した担当者がOLPCタブレットからSIMカードを抜いて、データをとって、この一週間でどんなアプリが使われたかの情報収集をするという方法。

で、結果はどうか?というと、箱から出してOLPCタブレットの電源ボタンを発見しOnするまでに4分。試行錯誤をしつつ5日後には47種類のアプリを使うほどに。アルファベット学習用アプリやお絵かきアプリをつかって自己学習することが出来るようになったという。ニコラス・ネグロポンテ氏はこの結果に満足気。世界中で学校に行けない子供1億人には、こういうツールが必要だという持論を言ってます。

この実験について、BBCでもWebでも、実験としてこのようなことをする点に倫理的な観点から異議を唱える声なんかもあります。自分はそういう観点ではなく、学校に行けない子供にとって教育の機会を提供する方法として、この方法が良いのかがわからない。完全に否定派というわけではないのですが、OLPCはあくまでもOne of themの教育ツールなんだと思います。これがあれば学校いらず、教師いらずというものではなく。そしてこのプロジェクトが小学生低学年を対象にしている点に、なんとなく「小学校のうちから、タブレットに向かって一人でコツコツ勉強するよりも、外行って遊んで来い!」的な、「東京メトロでスマホいじっている制服姿の小学生に違和感を感じる」的な、思いがするんです。この点は単に保守的なだけかな・・・。

ただ、教師不足なら教師を増やす、学校不足なら学校を作るってのがシンプルなソリューションですが、そう出来ないからICTを活用しているという状況も理解するし、大きな可能性も感じます。
昔から賛否両論のOLPC。でも、一時期のブームに終わらずに継続的な取組として、約40ヶ国に合計300万台ものPC、タブレットを配布している点は素直に評価出来ると思ってます。アムハラゴ語のキーボード(下記)も作ってるし!エチオピアに行ったらどっかで購入してみたい気もします。

Ethiopic-B3