カテゴリー別アーカイブ: Outsourcing

UNDP人間開発報告書2015からのICT4Dトピックス(その1)

最近、UNDP人間開発報告書「人間開発のための仕事」(2015年度の日本語版)を読んだ。第3章の「変化する仕事環境」という章に、思いのほかICT関連のトピックスが含まれていて面白かったので、2回に分けて内容を紹介したい。今回はこの報告書に書かれていたICT4D関連の事例をいくつか紹介し、次回はICTが仕事環境に及ぼす影響的なトピックスを紹介したい。

「技術革新」とか「デジタル時代の仕事」といった副題のついた内容のなかから面白いと思った点を以下記載します。まずはどんだけICTが世界(特に途上国)にも普及しているのか?という点。

  • 世界の携帯電話加入契約者数は、70億件を超え23億人がスマホを利用し、32億人がインターネットに繋がれている。(P101)
  • サハラ以南アフリカでは、2013年時点で3億1100万人だった携帯電話の』利用者数が2020年には5億4000万人にまで増える見通し。(P102, GSMS2014から)
  • 国際通話におけるスカイプの割合は、2005年の5%未満から2013年には約40%まで増加した。(P102, マッキンゼー調査から)

次に、ICT(携帯電話)の効果についてのざっくりした事例。

  • インドでは、農家や漁師が携帯電話を使って天候情報、気象情報の入手、卸値の比較をするようになり、収益が8%増加する一方で、情報へのアクセス向上により消費者価格はあ4%低下した。(P102)
  • ニジェールでは携帯電話の利用によって国内各地の市場における穀物の価格差が10%縮減した。(P102)
  • マレーシア、メキシコ、モロッコなど、さまざまな国において、インターネットを利用する中小企業は取引費用と市場参入障壁の縮減により、全体の平均値で生産性が11%上昇した。(P103)
  • 開発途上国におけるインターネットアクセスが先進国と同等の水準になれば、合計2兆2000億米ドルの国内総生産(GDP)と1億4000万人超えの新規雇用(うち4000万人はアフリカ、6500万人はインドにおいて)が生み出されるとの推計もある。開発途上国における生産性は長期的に25%押し上げられる。(P104)

続いて、クラウドソーシングの話からインパクソーシング事例を2つ。以前このブログでも紹介したSamasource以外にも上手く成功している事例があるんだなあ。3つめはおまけ。

  • Cloud factoryは、ケニアとネパールに約3000人の登録者を抱え、登録者の厚遇を通じてのサービス向上に取り組んでいる。(P107)
  • MobileWorksも同様の方針をとり、2010年にLeadGenusというプラットフォームを立ち上げ、50カ国にフルタイムの働き手を数百人抱えている。同社は退役軍人から難民まで不利な立場におかれた集団や社会的に排除されている集団に的を絞っている。(P107)
  • 国連ボランティアのオンライン・ボランティア・サービスは、2014年の数字で1万887人のボランティア(うち60%が女性)が自らの技能を通じて開発に関する仕事に貢献することを仲立ちした。(P111)

そして、3Dプリンターの話。

  • 世界最大級の3Dプリンター共有サービスの1つは、110カ国にある9000台の3Dプリンターをつないで時間貸しをしている。(P93)(どこの会社かまで書いてないけど、世界156カ国にある2万9000台の3Dプリンターを運営する3Dハブズという会社のことかと憶測。この会社のサービスについては、Newsweekのニュース「3Dプリンターがアメリカの製造業を救う」が面白い!)
  • 3Dプリンターで義肢を製作する世界初の3Dラボが南スーダンにある。この「プロジェクト・ダニエル」は、爆撃で両腕を失った少年ダニエル・オマーに義手を提供するために2013年に始まった。(P94) 冒頭の動画はこの「プロジェクト・ダニエル」紹介動画です。すげーな、3Dプリンター。

以上、事例紹介でした。「人間開発のための仕事」というテーマだけに、こういうテクノロジーがどう仕事に影響を与えるのか?というのが本題で、上記の事例はその前段的な位置づけ。1年前の報告書だけど新しい発見もあり面白かった。きっと今ならドローンについての記載も載るだろうな。

次回は、技術革新によって、従来の資本集約型・労働集約型の仕事から知識集約型の仕事へ変化してくことで、途上国の人達は仕事を失うのか?的な議論を紹介します。

オンライン・アウトソーシングの現状と課題とは?

7、8年前、マンチェスター大学のICT4D修士コースに留学中の話。修学旅行的な感じでインドに行った際、ホテルにシングルの部屋が足らず、クラスメイトのネパール人と相部屋になった。自分が数時間外出して部屋に戻ると、彼が自分のノートPCを使っている。

「あ、勝手に使ってゴメン!簡単なプログラミングの仕事を請け負ってたんだけど、俺のPCはなんか調子が悪くて。締め切り間近だったんで、申し訳ないが勝手にお前のPCを拝借させてもらったよ〜」

とのこと。そのときは「へー、こいつインドに来てまで仕事してんだなぁ。でも、勝手に人のPC使うなよ・・・(エロ動画とか見たんじゃないか?)。」と思いました。今思うと彼は2007年頃からオンライン・アウトソーシングで収入を得ていたんだと思います。

さて、昔話はさておき、世銀でICT&EducationコンサルタントをしているSaori ImaizumiさんがWDR2016 “Digital Dividends”の内容にも絡んだとても示唆に富んだ興味深いブログを書いていたので紹介します。「How is online outsourcing changing employment opportunities?」というタイトルで内容は、オンライン・アウトソーシングの現状と課題についてのもの。詳しくは直接読んでもらいたいので、以下、自分がなるほどと思った点のみの紹介です。

オンライン・アウトソーシングの現状は?

2009年には年間$700millionの市場規模しかなかったのが、今や約$1billion規模に成長している。いわゆるジョブ・マッチングをするためのプラットフォーム数は2013年の時点で少なくとも145のサイトがあり、今も増加中。有名どころは、Freelancer (登録者数約17millon)やUpwork(登録者数約9.7millon)。

主要な面子はどんな国?

2014年のある調査によると、Upworkに吸収されたoDeskというプラットフォームでの仕事を発注する側の主要な国Top5は、アメリカ、イギリス、フランス、ドイツ、イスラエルであり、一方、仕事を受注する側の登録ユーザ数Top5は、アメリカ、フィリピン、ロシア、バングラデシュ、イギリス。バングラデシュが入っているところに思わず目が行く。

儲かってるの?

oDeskの賃金

Source: Agrawal, Ajay, John Horton, Nico Lacetera, Elizabeth Lyons. 2013. “Digitization and the Contract Labor Market: A Research Agenda.” NBER Working Paper No. 19525. Cambridge, MA.

発注する側は安く仕事を請け負ってくれる人を探せるのがメリットであり、且つ、この手の仕事はIT単純労働が多いと思うと、受注してどんくらい儲かっているのかが気になりますが、このブログでは上記のデータを紹介しています。oDeskの賃金と各国の最低賃金の比較の表。これら2つの賃金が全く同じなら斜めの直線上に各国の点がプロットされるわけですが、見てみるとバングラ、ベトナム、インド、ケニアなどの途上国は、特に斜めの直線からかなり上に位置しています。つまりoDeskからの仕事は途上国の人ほど自国の賃金との比較で何倍もの賃金を貰えるということ(例えば、バングラの人は自国の最低賃金(約$0.10)の40倍の約$4.00の賃金を貰える)。

オンライン・アウトソーシングは途上国への裨益を拡大していく?

自宅で出来るという点で女性にもやりやすいオンライン・アウトソーシングは、途上国の人々に雇用の機会を与え、途上国の人々へ裨益していくと期待したいけれども、それには以下の課題が…

  1. そもそも安定したインターネット環境や個人のスキルが高くないと仕事が受注出来ない(結局、インフラや教育レベルなどのアナログ・コンポーネントが重要という前回前々回のトピックと同様)
  2. オンラインで発注出来る仕事は限定的
  3. やはり発注者は自国のエンジニアに発注しがち
  4. 言語の壁
  5. スムーズに支払いを受け取れる送金システムが途上国に整っていない

どれも全てそのとおりという指摘。単純にオンライン・アウトソーシングの発展が途上国にもどんどん裨益して行くとは言えなさそうです。

以上が「How is online outsourcing changing employment opportunities?」の内容紹介でした。

これまでこのブログでも何回かオンライン・アウトソーシング(の形態の一つとしてより途上国を対象にしているインパクト・ソーシングとかソーシャル・アウトソーシング)について取り上げて来ましたが、やっぱり課題としてあるのは、受注するエンジニアがIT単純作業レベルからどうレベルアップして行くのか?という点。レベルアップしないと結局価格でより低賃金の途上国のエンジニアに仕事が流れて行く「Race to the bottom」に陥ってしまう。そうならないためにはやはりレベルアップするための施策が必要と改めて感じます。例えば、以前の投稿で書いたような、個人としてではなく、組織としてのアウトソーシング受注を狙って、組織として受注した仕事を国内で細分化してアウトソーシングする(自国内でその組織から個人へのアウトソーシングをする)ようなこと。バングラとかまだ低賃金で仕事が取れるメリットを活かせるうちに、そういうことを戦略的にやっていかないと、そのうち国の発展とともに賃金も上がり「Race to the bottom」に負けてしまうのではないか?と感じます。