カテゴリー別アーカイブ: SDG

AI時代に大切なのは?

SDG4

東洋経済オンラインで、AIを使った学習塾「Qubena(キュビナ)アカデミー」が取り上げられていました。先日、エチオピアのアジスアベバでもAIを取り入れた学習用タブレットの試行がなされていると紹介しましたが、日本でもかなり進んでいるようです。

Qubenaアカデミーでは、生徒は塾に来てタブレットを使って勉強をするスタイル。その問題の出し方はAIが考えており、生徒が問題を間違えると、その間違え方をAIが分析し、つまづいたところが分るようになる問題が続々と出題され、それを解いていくと最初に間違えた問題も出来るようになるというもの。一方、間違えない子はどんどん難しい問題へステップアップできる。なんと「学習スピードを7〜10倍にまで高められる」らしい!(超ざっくりな説明なので、詳細は上記リンクから元の記事を見てもらうと、もっと「スゲぇーなー…」という感じが伝わると思います)。

特に自分が面白いと感じたのは、この会社の社長さんが塾という形態に拘っている点。このやりかたなら「先生いらないじゃん?」と思うのですが、社長さん曰く、講師は生徒のやる気を出したり、メンタル面をサポートする「コーチング」の為に生徒の傍らに寄り添う必要あるという。確かに科目を教えるという「ティーチング」は AIに任せられるが、「コーチング」は生身の人間が必要だろう。

いきなり生活感溢れる話題になりますが、我が娘(小学校1年生)もおだてないと宿題をしないです。そして、漢字が分らないうちの奥さん(←エチオピア人なんでね)が傍らで「へー、こんな難しい漢字も書けるんだね。すごいねぇ!ママは読めないよ〜」とおだてる役をやってそれなりに上手く娘の気分をノセてます。

「モチベーションを上げる」という点で最近読んだ尾原和啓氏の「モチベーション革命」という本の記載を思い出しました。以下、引用です。

“AIによって世の中はいかに変わるのか。作業的に、効率的に、合理的に仕事を進めるうえでは、人間はもうロボットには勝てないでしょう。しかし、世界を変えるような新しいサービスや画期的なイノベーションは、1人の人間の偏愛によってしか生まれません。
これからは、この偏愛こそが人間の価値になる時代です。好きなことをやり続けることこそが最大の競争力になるのです。”(第2章「偏愛こそが人間の価値になる」より)

合理的、作業的なことは人間はAIには勝てないが、「なぜか自分だけが頑張る意味が持てる」という偏愛によるモチベーションは、人間にしかなく、それが人間の強みだという話が書かれています。

最初の話に戻ると、今後、先生に求められるスキルは、教え方のスキルじゃなくて、子供の関心をどんどん延ばして、色んなことにチャレンジするモチベーションを上げるというコーチングになっていくのだと言う点はとても納得(これまでもコーチングは先生のOne of themのスキルだったはずだし)。

「詰め込み教育」から「ゆとり教育」に変わり、その反動でまた最近は「詰め込み教育」の傾向にあるけれど、AIが学習スピードを早めるくれるなら、「詰め込み」の学習量で知識を高め、且つ、「ゆとり」が目指した「生きる力」を育む時間もとれるようになるのではないか、とAIによるポジティブな影響に期待したい。

AIによって職を奪われるというネガティブ論もあるけれど、教育分野に限らず、やらないといけないけど面倒な仕事はAIにお任せし、やりたい仕事に集中出来るようなるというのが、理想的なAIの活用方法だと思う。ただ、そのためには自分のなかで「やりたい仕事」が明確にあるのが前提条件なので、「偏愛によるモチベーション」を大切にしなければ・・・!と思う訳です(←自分自身への自戒も含めて)。

ダボス会議2018 ブロードバンド普及についての2025年目標

1月22〜26日に開催されたダボス会議2018で、ICT4Dチックな話題があったので紹介。

23日、Broadband Commission for Sustainable Developmentという組織が以下をトピックとしたSpecial Programを開催したそうです。

  • How to increase the efforts put towards connecting the 52% remaining people to the internet?
  • How to fight the increasing cyber-crime and cyber-bullying?
  • How to ensure that the fourth industrial revolution technologies don’t create a digital divide?
  • How to ensure that the issue of growing gender digital divide is addressed?

そもそも、「ん?なんだ、Broadband Commission for Sustainable Developmentって?」。これはITUとUNESCOが「MDG達成にはブローバンドが大事だろっ!」ということで2010年に設立した組織。当初の名称はBroadband Commission for Digital Developmentだったのが、その後、MDGがSDGに変わったのをうけてネーミングを変更。おなじみのマイクロソフト、インテルや中国のHUAWEI、ミャンマー等にも進出しているカタールの携帯会社Ooredooなどがパートナーになっている。

この23日のディスカションの内容詳細が記載されているWebサイトはまだ探せてないのですが、Broadband Commission for Sustainable Developmentのプレスリリースによると、2025年をターゲットに以下7つのゴールが設定されたとのこと。

  1. By 2025, all countries should have a funded national broadband plan or strategy, or include broadband in their universal access and services definition.
  2. By 2025, entry-level broadband services should be made affordable in developing countries, at less than 2% of monthly gross national income per capita.
  3. By 2025 broadband / Internet user penetration should reach: 75% worldwide, 65% in developing countries, and 35% in least developed countries.
  4. By 2025, 60% of youth and adults should have achieved at least a minimum level of proficiency in sustainable digital skills.
  5. By 2025, 40% of the world’s population should be using digital financial services.
  6. By 2025, unconnectedness of Micro-, Small- and Medium-sized Enterprises should be reduced by 50%, by sector.
  7. By 2025, gender equality should be achieved across all targets.

ターゲットの年数が2025年なのは、2020年まではすでに一定の予測をしたレポートをITUが出しているからだろうか・・・?2030年はSGDの目標年だから間を取って2025年かな?

個人的にはダボス会議とか大きな国際会議で掲げられる公約や目標設定は、ホントに意味があるのかな?と疑問に感じたり、大きな会議やる費用を途上国に回せば良いのに・・・と思ったりしています。会議にかかるコストとそのベネフィットって、どうやって測っているだろうか・・・。でも、ゴールを設定することによって、「国際的に決められてるゴールなら!」と、お金が集まってくるというメリットは間違いなくあるのでしょう。

それはさておき、この手のゴールにはかなりアンビシャスな「無理ゲー」的ゴールが設定されたりしますが、昨今のテクノロジーの進歩を考慮すると、今回のゴールは比較的達成可能なゴールなのかと思います。「Sustainable Digital Skill」って具体的になんだろう・・・?と思ったりもしますが・・・。