カテゴリー別アーカイブ: Uncategorized

【公募】ルワンダ ICTイノベーションエコシステム強化プロジェクト専門家

こんばんは。Kanotです。JICAの公募で珍しくICT関連の専門家情報が出ていますので、お知らせです。

ルワンダ ICTイノベーションエコシステム強化プロジェクト 業務調整・サブチーフアドバイザー

私も今年に入って既に5回、ルワンダICT関連の投稿をしていますが、今ICT4Dでは最もホットな国の一つであるルワンダへの長期派遣になります。すでにチーフアドバイザの山中さんは赴任しており、その補佐や調整業務を行うことになるようです。ご興味ある方、ぜひご応募ください。

【ご参考:過去の私のルワンダ関連投稿】

 

第4回オフ会(2017年12月2日)(満員御礼)

こんばんは、Kanotです。先日アナウンスさせていただいた、2017年12月2日(土)の「第4回オフ会」について、なんと15名を超える参加希望をいただいています。ありがとうございます!民間から大学、そして公的機関まで国内外で活動している色々なバックグラウンドの方が集まるようで、大変楽しみです。

当日は、私から留学中に学んだ最近のICT4D関連のトレンドを紹介しつつ、メインは皆でざっくばらんに意見交換したり、知り合いになったりできるような場にしたいと思っています。

(11/13 追記)おかげさまで満員御礼になりました!!

会場的にまだ数名分余裕がありますので、締め切りを延長したいと思います。ご興味ある方は、以下のリンクに申し込み方法等の詳細がありますので、そちらからお申し込みいただけたらと思います。

↓詳細と申し込みはこちらから↓
第4回オフ会(兼 Kanot帰国祝い)のお誘い

お待ちしております!!

 

第4回オフ会(兼 Kanot帰国祝い)のお誘い 

ICT4Dオフ会

このブログを書いている執筆者の一人Kanotが約2ヶ月前にアメリカ留学(専攻は勿論、ICT4Dです)から帰国したので、帰国祝いを兼ねて、3年ぶりのオフ会を企画することにしてみました〜!自分も3年間ガーナ在住だったので、本当に久しぶりです(第3回オフ会は、2013年12月でした)。

以下、興味のある方、既にお知り合いの方、全然知らない方、誰でもウェルカムですので、参加表明のご連絡、お待ちしています!
なお、JICAとは無関係の個人としての企画ですので、お間違えなく!

下記が日時です。
########################################
[日時] 12月2日(土) 18:00頃~
[場所] 都内某所(メールいただいた方にお伝えします)
[内容(案)]
18:00頃~21:00頃 冒頭、Kanotからミシガン大学ICT4D博士課程留学の話をしてもらいつつ、軽くお酒を飲みながらざっくばらんなディスカッション(「ディスカッション」というと凄いちゃんとしたことをやるような響きですが、とてもユルい感じの懇親会です)
[対象者]
ICT4D(情報通信技術を使った途上国開発)に携わっている方、興味がある方
########################################

ICT × 途上国開発という分野での、人脈形成や情報交換の場にできればと思っています。といても異業種交流会的な場じゃなく、もっとカジュアルな感じですので、お気軽にご連絡ください。

≪参加方法≫→応募締め切りました
幹事連絡先(takehyo★gmail.com  ←★を@に変えて下さい)まで下記事項をご記入の上、11月11日(土)12時までにご連絡ください。場所決めのため、とりあえず切りよく11月11日を締め切りにします。でも、「かなり参加したいんだけど、都合がつくか微妙…」的な方も、その思いを気軽にご連絡下さい。
————-キリトリ始め————-
名前:
電話番号:
メールアドレス:
参加する 参加しない
※会費は5千円位の予定。
備考: 聞きたい話、議論したい話題などありましたら自由に記述ください
————-キリトリ終わり————-

それではメールお待ちしております~

ICT4D Guide

ICT4D Guide

「ICT4D Guide」なる文献がWebで誰でもアクセス可能になっていました→リンクはここ。作成したのは、 Gabriel Krieshokという方。経歴を拝見すると、Peace CorpとかUSAIDとかミシガン大学とかをクライアントに持ち、ICT4D分野での調査やアドバイザリーサービスをされている方のよう。

「ガイド」というタイトルだけども、0から100までの全てを事細かに網羅した辞典のようなものではなく、広く浅くICT4Dのトピックをまとめている感じ。

でも、ICT4D関連Webサイトのリストはかなり充実している!このリストだけでも、結構使える。単純に情報を得るためじゃなく、ICT4D分野での職探しをするさいにも使えるリストだと思う。また、ICT4D関連ブログとして、このブログでも色々なネタの元となっているICTWorksを始め、かなり多くのサイトが詳細されている(残念ながら、このICT4D.jpブログは紹介されてませんが…)。

一見の価値有りです。さらに今後も読者のフィードバックを得つつ改訂されていく感じなので、改訂に貢献することも出来ます。自分も何か貢献できないかなぁ。

JICA研究所によるレポート「SDGsに向けたデータ革命」について

スクリーンショット 2017-09-20 1.21.06

JICA研究所が「Harnessing the Data Revolution to Achieve the Sustainable Development Goals: Enabling Frogs to Leap」というレポートをアメリカのCenter for Strategic and International Studies (CSIS)との共同研究の1つとしてリリースした。詳細は、JICA研究所のWebをチェックしてみて下さい。

とりあえず斜め読みしてみた。以前このブログでも何度か取り上げているように、携帯電話の使用状況を始め途上国でも取得可能なデータは増えた。この報告書でも衛星からの情報や携帯電話使用にかかる情報などが例示されており、そんなビッグデータを途上国開発に有効活用するための課題や提言などが書かれていた。

データ有効活用への課題として一番納得感があったのは、政府人材のキャパシティだ。以前の投稿「Structural Data Justice(データ活用の妥当性)」でも書いているが、やはりデータはデータでしかなく、それを利用する人間のキャパ次第。技術力的なキャパだけではなく、データを取ったが故に見たくない現実(自分や政権に不利になる情報)が見えてしまったときに、正直に公開するのか、隠蔽するのか?といったモラル的なキャパも含まれる。これはデータだけでなくICT一般に言えることだと思う。

また、レポートを読んでいるなかで感じたのは、本当に途上国政府は使えるデータを取得出来るのか?という点。レポート内ではあまり触れられていなかったが、データはやっぱりGoogleやFacebookを始めとする欧米企業のほうが圧倒的に持っていて、途上国政府が保有可能なデータはあまりなく、衛星情報等の限られた(もしくは役に経たない)データしか政府は入手できないのかも知れない。

さらにもう一つ感じたのは、データありきの考え方が浸透しすぎると、データが取れない(もしくは取りにくい)場所への支援が減るのではないだろうか?という点。そいう土地や場所のにこ本当に貧しい生活をおくっているのにだ。レポートには、貧しい77の国において2016年から2030年までSDGs達成にかかるデータを取得するには、約170億ドルが必要という記載がある。これだけ金を掛けてデータ取得に取り組むと、開発計画策定やモニタリングをするためのデータ取得が、いつしか目的化してしまうのではないかと懸念する。その結果、「この村はデータが取れないから支援は止めて、その分データが取れる隣町へ支援しよう」といった判断がなされてしまう可能性はないだろうか。

ただ、それでもこの分野に秘められた可能性は高いと感じる。どういった動きになっていくのだろうか。

バングラデシュ・ルワンダ・アメリカ・日本のコミュニケーション文化の違い

こんにちは、Kanotです。これまでバングラデシュ(3年)・アメリカ(2年)・ルワンダ(3ヶ月)と住んでみて、それぞれの国・組織でコミュニケーション文化がだいぶ違ったので、備忘録も兼ねて、それを書いてみようと思います。(注:筆者の個人的な経験に基づきまくってます。

1. バングラデシュ(政府系の場合)2012/8 – 2015/8まで滞在

携帯電話での通話がコミュニケーションの大半を占める。政府・民間などの所属にかかわらず、基本的には全て携帯での電話が重要視される。仕事でも当たり前のようにお互い携帯電話番号を交換し、あまり急ぎでない内容でも電話をかける。SMSもEメールも政府関係者は見ているかよくわからないのであまり使わない。固定電話は品質が悪いので、あまり使わない。電話以外の方法で政府関係者とアポを取るのは困難。携帯電話をマナーモードにしない人も多く、年中どこかでピロピロ鳴っている。ミーティング中でも電話が鳴れば、だいたい「Sorry」とか言いながらも出る。それによってミーティングが中断することは頻発。

2. ルワンダ(商工会議所の場合)2017/5 – 2017/7まで滞在

携帯電話の通話の比重が大きいものの、バングラデシュほどではない。その一方、WhatsApp(LINEのようなアプリ)の使用率が非常に高く、ビジネス関係の連絡もWhatsAppのチャットで連絡を取ったりする。メールやSMSも使われてはいるが、リアルタイムでやり取りできるWhatsAppの方がスムーズに行くケースも多い。ミーティング中でも電話が鳴ったら「Sorry」と言いながら取り、ミーティングが中断するのはバングラデシュと一緒。

3. アメリカ(大学の場合)2015/8-2017/8まで滞在

メールの比率が圧倒的に高い。親しい同僚以外はお互いの携帯電話番号は知らないことも多いが、メールで非常にフランクにコニュニケーションを取る。社交辞令や挨拶などは省いて用件だけを書く一行メールも多く、チャットのようにメールがどんどん交わされていく。初対面の人からでも「Dear XX」ではなく「Hi XXX」みたいなメールが届くフランクさ。ミーティング中は携帯電話はマナーモードにしておくのがマナー。メールやSNSがコミュニケーションの中心なので、会議中に電話が鳴ることは少ない。

4. 日本 (政府系の場合)2012/5まで滞在

コミュニケーションの基本はメール。電話はそれを補助する形で使われることが多い。特徴的なのは、メールがとても冗長で、部下や友人でもない限り、「XX様・XXさま・XXさん」から始まり、「お疲れ様です・お世話になっております・お元気ですか」といった挨拶を挟み、「よろしくお願いいたします」で締めると言った謎の定型パターンが存在する。それに沿わないと「あいつはビジネスの基本もわかってない失礼なやつだ」と思われる。オフィスでは携帯電話はマナーモードにするのがマナー。ミーティング中は鳴っても基本的には出ない。

 

以上、自分の個人的な経験をまとめてみましたが、このように国や組織によってコニュニケーションの仕方が大きく異なるというのは非常に面白いですね。仕事を円滑に進めるには、こう言ったコミュニケーション文化への理解は大事と思います。なお、民間や政府・大学などの分野によっても大きく異なると思いますし、滞在した時期も違うので、「この国はこうだ!」と一般化するつもりは全くありません。あくまで筆者の個人的な体験をまとめただけですので、あしからず。

「【最後のフロンティア-アフリカ】Start-Upセミナー:ICTを活用した最新ビジネス」開催のお知らせ

博多で行われるイベントの紹介です!
前回の投稿で紹介したJICAの民間連携スキームをつかってザンビアでドローンによる物流革命を起こそうとしているエアロセンス社や、このブログでも紹介させてもらったことがあるルワンダでオフショア開発をしているレックスバート・コミュニケーションズ社が登壇します。

以下、JICAのWebサイトからコピペです。

  • 日時:
    2017年7月18日(火曜日)
    (セミナー)16時-17時30分(開場:15時30分)
    (交流・名刺交換会)17時30分~18時
  • 会場:
    The Company
    (福岡市博多区祇園町8-13 第一プリンスビル 1F)【会場地図
  • 主催:
    JICA九州

21世紀最後のフロンティアとも言われるアフリカにおいて、ICT等の最先端技術を活用したビジネスが目まぐるしいスピードで発展しています。日本からは遠いイメージのアフリカですが、「10億人市場」とも言われ、世界からも新たな市場として注目されています。特に、携帯電話・スマートフォンが急速に普及したことから、金融をはじめ携帯電話を活用した新たなサービスが多く開発される等、アフリカにおけるスタートアップも盛り上がりを見せています。もちろん日本においても、活況を見せるアフリカで新たな市場機会を獲得しようと進出している企業も増えています。

今回、「グローバル創業・雇用創出特区」であり、イノベーション・ハブ「FUKUOKA Growth Next」設立で更に創業・起業が加速化している福岡において、特にICTを活用した海外での新規事業を検討したいと考えている企業等を対象に、ICT分野のスタートアップでも注目されているアフリカについて、その市場の魅力やビジネスの可能性を紹介するセミナーを開催します。

今回のセミナーでは、アフリカですでに事業化に着手している日本企業2社より、これまでの取り組みやアフリカならではのビジネス事情について、またアフリカにおけるICT分野の専門家からは現地のICTビジネスの最新動向や特徴等について紹介します。また、アフリカの魅力を更に身近に感じていただけるよう、パネルディスカッションでは参加者の方々とも双方向で意見交換する機会も設けています。

日本からでは情報が得にくいアフリカにおけるICTをとりまくビジネス環境や現地ニーズ等について詳しく知る絶好の機会ですので、関心のある多くの方々のご参加をお待ちしております。

【プログラム】
15:30     開場
16:00~16:05 開会挨拶
16:05~16:25 JICAから概論プレゼンテーション 「アフリカのICT関連ビジネス動向(サブ・サハラアフリカ諸国を中心に)」
JICA国際協力専門員 内藤智之

16:25~17:05  ICTを活用した事例紹介
エアロセンス株式会社
「日本のドローン技術でザンビアに物流革命を起こす!」
取締役 嶋田 悟氏

レックスバート・コミュニケーションズ株式会社
「アフリカのICTハブを狙うルワンダで起きている最新のムーブメント」
代表取締役社長 田中秀和氏

17:05~17:25  発表者によるパネルディスカッション
17:25~17:30  JICA民間連携事業の紹介
17:30~18:00  交流・名刺交換会

【定員】30名
【参加費】無料
【申込締切】2017年7月11日(火)
【申込方法】JICAのWebサイトをチェックして下さい