カテゴリー別アーカイブ: Uncategorized

バングラデシュ・ルワンダ・アメリカ・日本のコミュニケーション文化の違い

こんにちは、Kanotです。これまでバングラデシュ(3年)・アメリカ(2年)・ルワンダ(3ヶ月)と住んでみて、それぞれの国・組織でコミュニケーション文化がだいぶ違ったので、備忘録も兼ねて、それを書いてみようと思います。(注:筆者の個人的な経験に基づきまくってます。

1. バングラデシュ(政府系の場合)2012/8 – 2015/8まで滞在

携帯電話での通話がコミュニケーションの大半を占める。政府・民間などの所属にかかわらず、基本的には全て携帯での電話が重要視される。仕事でも当たり前のようにお互い携帯電話番号を交換し、あまり急ぎでない内容でも電話をかける。SMSもEメールも政府関係者は見ているかよくわからないのであまり使わない。固定電話は品質が悪いので、あまり使わない。電話以外の方法で政府関係者とアポを取るのは困難。携帯電話をマナーモードにしない人も多く、年中どこかでピロピロ鳴っている。ミーティング中でも電話が鳴れば、だいたい「Sorry」とか言いながらも出る。それによってミーティングが中断することは頻発。

2. ルワンダ(商工会議所の場合)2017/5 – 2017/7まで滞在

携帯電話の通話の比重が大きいものの、バングラデシュほどではない。その一方、WhatsApp(LINEのようなアプリ)の使用率が非常に高く、ビジネス関係の連絡もWhatsAppのチャットで連絡を取ったりする。メールやSMSも使われてはいるが、リアルタイムでやり取りできるWhatsAppの方がスムーズに行くケースも多い。ミーティング中でも電話が鳴ったら「Sorry」と言いながら取り、ミーティングが中断するのはバングラデシュと一緒。

3. アメリカ(大学の場合)2015/8-2017/8まで滞在

メールの比率が圧倒的に高い。親しい同僚以外はお互いの携帯電話番号は知らないことも多いが、メールで非常にフランクにコニュニケーションを取る。社交辞令や挨拶などは省いて用件だけを書く一行メールも多く、チャットのようにメールがどんどん交わされていく。初対面の人からでも「Dear XX」ではなく「Hi XXX」みたいなメールが届くフランクさ。ミーティング中は携帯電話はマナーモードにしておくのがマナー。メールやSNSがコミュニケーションの中心なので、会議中に電話が鳴ることは少ない。

4. 日本 (政府系の場合)2012/5まで滞在

コミュニケーションの基本はメール。電話はそれを補助する形で使われることが多い。特徴的なのは、メールがとても冗長で、部下や友人でもない限り、「XX様・XXさま・XXさん」から始まり、「お疲れ様です・お世話になっております・お元気ですか」といった挨拶を挟み、「よろしくお願いいたします」で締めると言った謎の定型パターンが存在する。それに沿わないと「あいつはビジネスの基本もわかってない失礼なやつだ」と思われる。オフィスでは携帯電話はマナーモードにするのがマナー。ミーティング中は鳴っても基本的には出ない。

 

以上、自分の個人的な経験をまとめてみましたが、このように国や組織によってコニュニケーションの仕方が大きく異なるというのは非常に面白いですね。仕事を円滑に進めるには、こう言ったコミュニケーション文化への理解は大事と思います。なお、民間や政府・大学などの分野によっても大きく異なると思いますし、滞在した時期も違うので、「この国はこうだ!」と一般化するつもりは全くありません。あくまで筆者の個人的な体験をまとめただけですので、あしからず。

「【最後のフロンティア-アフリカ】Start-Upセミナー:ICTを活用した最新ビジネス」開催のお知らせ

博多で行われるイベントの紹介です!
前回の投稿で紹介したJICAの民間連携スキームをつかってザンビアでドローンによる物流革命を起こそうとしているエアロセンス社や、このブログでも紹介させてもらったことがあるルワンダでオフショア開発をしているレックスバート・コミュニケーションズ社が登壇します。

以下、JICAのWebサイトからコピペです。

  • 日時:
    2017年7月18日(火曜日)
    (セミナー)16時-17時30分(開場:15時30分)
    (交流・名刺交換会)17時30分~18時
  • 会場:
    The Company
    (福岡市博多区祇園町8-13 第一プリンスビル 1F)【会場地図
  • 主催:
    JICA九州

21世紀最後のフロンティアとも言われるアフリカにおいて、ICT等の最先端技術を活用したビジネスが目まぐるしいスピードで発展しています。日本からは遠いイメージのアフリカですが、「10億人市場」とも言われ、世界からも新たな市場として注目されています。特に、携帯電話・スマートフォンが急速に普及したことから、金融をはじめ携帯電話を活用した新たなサービスが多く開発される等、アフリカにおけるスタートアップも盛り上がりを見せています。もちろん日本においても、活況を見せるアフリカで新たな市場機会を獲得しようと進出している企業も増えています。

今回、「グローバル創業・雇用創出特区」であり、イノベーション・ハブ「FUKUOKA Growth Next」設立で更に創業・起業が加速化している福岡において、特にICTを活用した海外での新規事業を検討したいと考えている企業等を対象に、ICT分野のスタートアップでも注目されているアフリカについて、その市場の魅力やビジネスの可能性を紹介するセミナーを開催します。

今回のセミナーでは、アフリカですでに事業化に着手している日本企業2社より、これまでの取り組みやアフリカならではのビジネス事情について、またアフリカにおけるICT分野の専門家からは現地のICTビジネスの最新動向や特徴等について紹介します。また、アフリカの魅力を更に身近に感じていただけるよう、パネルディスカッションでは参加者の方々とも双方向で意見交換する機会も設けています。

日本からでは情報が得にくいアフリカにおけるICTをとりまくビジネス環境や現地ニーズ等について詳しく知る絶好の機会ですので、関心のある多くの方々のご参加をお待ちしております。

【プログラム】
15:30     開場
16:00~16:05 開会挨拶
16:05~16:25 JICAから概論プレゼンテーション 「アフリカのICT関連ビジネス動向(サブ・サハラアフリカ諸国を中心に)」
JICA国際協力専門員 内藤智之

16:25~17:05  ICTを活用した事例紹介
エアロセンス株式会社
「日本のドローン技術でザンビアに物流革命を起こす!」
取締役 嶋田 悟氏

レックスバート・コミュニケーションズ株式会社
「アフリカのICTハブを狙うルワンダで起きている最新のムーブメント」
代表取締役社長 田中秀和氏

17:05~17:25  発表者によるパネルディスカッション
17:25~17:30  JICA民間連携事業の紹介
17:30~18:00  交流・名刺交換会

【定員】30名
【参加費】無料
【申込締切】2017年7月11日(火)
【申込方法】JICAのWebサイトをチェックして下さい

JICAの民間連携スキームからICT4Dプロジェクトをピックアップしてみた

ども、ガーナから帰国してから日本のスピード感についていけず、ここ最近ブログ投稿をさぼっていたTomonaritです。今、ルワンダにいるKnotに負けじと投稿しようと思います。

さて、上の動画は、日本の会社「エアロセンス社」のドローンを用いた物流サービス普及促進事業(ザンビアでの保健医療分野の新たな物流インフラの構築)の一コマ。ドローンが飛んで行くことろは何故か興奮しますね。これ、JICAの民間連携スキームという制度を使っているものなんです。民間企業からのアイデアを募って、その中からいくつかアイデアに資金援助をする「民間連携」スキームなるものがJICAにあります。「資金援助っていくら?」とか「どういう条件なの?」いう点については、JICAのWebサイトを見てもらうことにして、ここでは「ICT4Dプロジェクトはどれくらい採択されているのか?」という点に注目。以下、複数ある民間連携スキームの毎に、どんなICT4Dプロジェクト(中には太陽光発電の案件も含めちゃってますが)が採択されているかをJICAのWebサイトからピックアップしてみました。

民間技術普及促進事業

BOPビジネス連携促進

中小企業海外展開支援事業-基礎調査-

中小企業海外展開支援事業-案件化調査-

中小企業海外展開支援事業-普及・実証事業-

以上、5種類の民間連携スキームにおいて採択されたICT4Dプロジェクトをまとめてみました。正直、自分が思っていたよりも多くのプロジェクトが採択されており、どれもタイトルを見る限りはとても面白そう。遠隔教育とかe-Learningって昔から永遠のテーマなんだなぁ…と感じたり、やっぱりアフリカは少ないなぁと感じてます。エアロセンス社のように、イノベーティブな取り組みを途上国で行う企業が増えたら面白いですね。

ルワンダの起業家たちの不思議なところ

ルワンダに来て1ヶ月が経った、Kanotです。写真はルワンダの起業家が集うInnovation HubであるkLabです。

これまでITセクター開発としてバングラデシュ・ベトナム・フィリピン・中国などアジアを中心に経験して来たせいか、ルワンダのITセクター開発には「なんか不思議だなぁ・・」と思うことが頻繁にあります。

その一つが起業家たちの考え方です。これはおそらく隣国のケニア・ウガンダなどとも大きく異なると思います。

これまで何人かIT系の学生起業家や実際にビジネスをやっている人たちにあって来ましたが、驚くほど「金銭的な成功欲求が少ない」という印象を持っています。アメリカにこれまで2年いた私のイメージでは、起業家というのは、何かしら成功したい!有名になりたい!金持ちになりたい!社会にインパクト与えたい!という非常に強いモチベーションを元にリスクを背負って起業にしていて、ある程度のアグレッシブさを備え持っている人たちでないと成功することが難しい世界という印象です。

ところが、ルワンダの起業家の多くは、とても謙虚で、「社会のためになることをしたい」「国を良くしたい」というモチベーションが個人的な成功欲求より高い人が多い印象です。もちろんアメリカの起業家も「社会のために」と言うと思いますが、(私の感覚的な問題ですが)その程度はルワンダ起業家の方が遥かに高いと感じています。

この社会に優先度を高く置くと言う考え方自体はとても尊敬すべきもので、本田宗一郎や松下幸之助などが社会を良くしようと引っ張って来た日本の起業家に感覚的に近いのかもしれません。その一方で、もう少し儲けや成功欲といったものがないと、成長スピードなどの点でインパクトが弱くなってしまうのではと感じるのも正直なところです。

政府が起業を積極的に推進していることもあり(なんと起業手続きは6時間で完了!)、多くの人が「起業家」として活動しているルワンダ。日本の高度経済成長期のように、個人の儲けより社会のために、国のためにと成長していった軌跡を辿ることができるのか。それともグローバリゼーションと弱肉強食のIT業界で、アグレッシブな他国の起業家たちに飲み込まれていってしまうのか、非常に興味深いです。

また何か思いついたら書いてみようと思います。

情に報いると書いて「情報」=information

今日、とても面白い話を聞いたのでわすれないように。

まずは、前段。

これまでの投稿で何度か、dataとかinformationは受け取る人の教育レベルや経験によって、その人にとって有益にもなるし無意味にもなる、というようなことを書いてきた。だからICTを使って情報を配信しただけでは、必ずしも全員が恩恵を受けられるわけじゃない。このコンセプトは、Heeks教授の”4A model”というモデルが分り易い。

A4 Model

Source: Heeks, R. (2002) “iDevelopment not eDevelopment:Special Issue on ICTs and Development”, Journal of International Development, 14(1), 2002, 112, which has been published in final form at: http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1002/jid.861/abstract

Dataは単なる数字や単語の塊であり、それだけでは意味をなさない。そのDataにアクセス出来て(←例えば、スマホでインターネットを使ってアクセスするには、スマホというデバイスやインターネットを使えるだけのお金やスキルが必要)、Assessすることが出来て(←その数字や単語の塊が何を意味するのか?を分析・理解するためには教育や経験が必要)、Apply(Adapt)することが出来て(←自分の仕事や生活に当てはめて、そのDataを有益に活用するアイデアに気づくためにも教育や経験が必要だし、さらに、それを「有効活用しよう!」と考える意識・思いが必要)、そこまで出来て初めて単なる数字や単語の塊であるDataが有益な意味を持つInformationになる。そして、その有益な情報に基づいて、自分にメリットのあるActを取ることが出来る(←そのためは、時としてお金や時間や体力などが必要)。ということを上記の4A modelは示している。

要するに、受け取り手側の教育レベルや経験、能力によりけりということ。これは、「結局、アナログ・コンポーネントが重要」という世銀のWorld Development Report 2016の内容とも同じ趣旨だ。

んで、今日聞いた面白いこととは、日本語でInformationは「情に報いる」書いて情報ということ。Informationにこの日本語訳を当てはめた人は、上記で述べた「有効活用しよう!」と考える意識・思いが必要」という点を理解していたのだろうと驚き。

Informという単語は、「知らされたもの→知識、考え→情報」というような語源を持つらしいのですが、informという情報発信側主体の単語の名詞形に、情報の受けて側の視点から日本語に訳した方はスゲーなーと感心してしまいました。

ソマリアを知ろう ~元通信大臣が語るICT事情、迫りくる飢饉そしてソマリアの未来~

かなり急なお知らせですが、3月30日(木)に、DMM.Africaにて「ソマリアを知ろう ~元通信大臣が語るICT事情、迫りくる飢饉そしてソマリアの未来~」というイベントがあると友人から聞きまました。あまりにグッと来たので、もう日がないながら以下、紹介しちゃいます。

 ソマリアと聞いて皆さんなにを思い浮かべるでしょうか? アフリカの角とよばれる場所に位置するソマリアは、多くの日本人にとって馴染みが深いとは言えない国です。あたらしい政権が発足し、日本との正式な国交が樹立し、様々なソマリアと日本を結ぶビジネスが始まっている昨今、みんなで一度ソマリアの人の話を聞いてみませんか?

 ソマリアのICT事情のこと、ソマリアの干ばつと飢饉のこと、そして何よりも大事なソマリアの未来のこと。ソマリア政府の通信大臣を務め、様々な立場からICTによってソマリアを活性化しようと尽力してきたモハメド・イブラヒム氏が緊急来日。皆さんの好奇心に真摯に答えます。

  • 日時:3月30日(木)15:00〜17:00 (開場は14:30〜)
  • 場所:〒106-6224 東京都港区六本木三丁目2番1号 住友不動産六本木グランドタワー DMMグループ総合受付24階

    地図 – https://goo.gl/maps/m3W5ZBn7XoJ2

  • 参加費 :無料
  • 参加登録 :以下のフォームから

https://docs.google.com/a/kcgrp.jp/forms/d/e/1FAIpQLSda2yp_LMjY3b4iIGlWPlC5ESuuBQQ-NJQ8gNkSjub2AJjHRw/viewform

  • 諸注意 :通訳のご用意はございません
  • 当日は名刺2枚をご持参ください
  • 1Fの受付にて、担当者が入館証をお配りします

ご関心のある方、行ってみてはいかがでしょうか?

ちなみに、「あのエロ動画のDMM.comが、ソマリアって…?!ん、よく見ると”.Africa”になっとる?」という方は、こちらのニュースを見てみて下さい→アフリカ市場で事業を創造せよ!あのDMM.comが新プロジェクトに挑む若者を募集中!

せどり@ガーナ

%e8%87%aa%e7%94%bb%e5%83%8f

どうもTomonaritです。ガーナ生活がピッタリ3年経ち、とうとう今日、日本へ帰国する日を迎えました。折角なのでガーナ生活の最後はガーナネタで締めたいと思います。

ちょうどここ最近、日本への引っ越しで色々と荷物を整理をしていました。同様に帰国などで不要品を整理する同僚や友人と話していたら面白いことを聞いたのでご紹介。

ガーナに住む外国人が不要品を処分するときに良く使っているのがaccraexpat.comというWebサイト。いわゆるヤフオク的なサイトで、使わなくなった家財道具、洋服、車などを希望販売価格、連絡先、写真等とともに掲載し、サイトをみて欲しい人が直接売主に連絡して交渉・売買を行うというもの。結構多くの外国人が利用してる。

最近、このサイトを利用している知り合い何人かに聞いた話では、アイテムを掲載するとガーナ人からの問い合わせがガンガン来るらしい。時には掲載して数分以内に来る問い合わせも。問い合わせ内容の多くは「んで、いくらまけてくれるの?」というもの。しかし、中には「何でも買い取るから、何かあれば今後、優先的に連絡してくれませんか?」的な人も。

一方、外国人ではなくガーナ人が主に利用している同様のWebサイト(例えば、tonaton.comなど)もある。興味深いのは、外国人御用達のaccraexpatよりもガーナ人が主に利用しているWebサイトの方が全体的に掲載されているアイテムの価格が高いという点。同様のアイテムでもガーナ人が主に利用しているWebサイトのほうが何故か高い値段が付けられているというのだ。

この理由は、外国人は基本的に価格交渉なしという前提で価格を付けたり、また、引っ越しで不要なので二束三文でもOKという価格を付けているのに対して、ガーナ人は価格交渉をされる前提で価格を決めているから。

そして、ガーナでも「せどり」で設けている人達がいる様子。前述したように、「何でも買い取るから、何かあれば優先的に連絡して下さい」的な人達は、自分が欲しくて買い取るのではなく、外国人が使用しているアイテム(自国から持って来ているモノなど結構良いものもある)を二束三文で買い取って、ガーナ人向けのWebサイトで利益を乗っけた価格で販売しているようなのだ。

ガーナの首都アクラに住んでいると、町ゆく人達の多くがスマホを使っているし、ネットもサクサクなので、こういう話を聞いても非常に納得感がある。でも、ガーナに来る前に聞いたら結構ビックリしただろうなぁ、などと思う。アフリカのICT普及の波は多くの日本人の想像以上に拡大・深化しているんだと改めて感じた、という話でした。

全然関係ないですが、冒頭の自画像は職場のガーナ人同僚が記念品としてくれたもの。どっからどうみても中国人だなぁ…(笑)でもありがとう(涙)