タグ別アーカイブ: イノベーション

イノベーションはもはやmeaningless??

こんにちは、Kanotです。前回の投稿で「イノベーションてなに?日本語のイノベーションと英語のInnovationってホントに同じなの?」と書いたところ、色々な方がリアクションしてくれて非常に興味深かったので、1. 理論、2. 読者コメント、3. 米国の教授コメントとしてまとめてみました。

  1. イノベーション理論
    まず、アカデミックな世界での言葉の定義ですが、イノベーションという言葉は経済学者シュンペーターによって1911年に以下のように定義づけられたものが最初のようです。(Wikipediaより

    * 新しい財貨すなわち消費者の間でまだ知られていない財貨、あるいは新しい品質の財貨の生産
    * 新しい生産方法の導入
    * 新しい販路の開拓
    * 原料あるいは半製品の新しい供給源の獲得
    * 新しい組織の実現

    これだけ読むと、定義は非常に広く、新しい考え方を伴うものはなんでもイノベーションと呼べそうです。この後、クリステンセンによる「破壊的イノベーション」などの定義により、より斬新なものが現在のイノベーションのイメージに近づいてきている可能性もあります。

  2. 読者コメント

    T1氏:イノベーションのキモは「発想の転換」。イノベーションは破壊を伴うものであり、最適化であるKAIZENとは異なるもの。KAIZENは大企業に相性が良く、イノベーションは挑戦的な企業に向いている。

    O氏:イノベーションを軽く口にする人は特許や実用新案を期待してると思われる。また、出したその時に評価を得ているとは限らない。

    T2氏:イノベーションはKAIZENとは異なるすごいことという印象がある。欧米人でもイノベーションを凄いことと考えてる人たちはいるはず。

    T3氏:イノベーションとは、「革新的」より「非連続」、という印象。

    K氏:大洋州の孤島の村外れの共同トイレ(大きな穴)が、雨後は足下がぬかるんで危ないので、捕まって用を足せる杭を立てたら村人達に喜ばれたと聞いた。これがイノベーションの例と思う。

    皆さんコメントありがとうございました。皆認識が合ってるような、少しずつ違うような・・・。やはりイノベーションという言葉には「凄いこと」「破壊的なこと」というニュアンスが強く出ているように感じます。K氏の例はKAIZENの考え方に近いかもしれません。

  3. 米国の教授コメント
    また、せっかくなので英語話者の意見も、と思い、アメリカの情報科学の教授に同じ質問をしてみました。

    Innovationという言葉は、nov(語源としてnewの意味)が含まれてることもあり、新しい変化の事を指し、非常に広い意味を持っている。Invention >= Innovation >= KAIZENといったところか。一方、最近のbuzzwordとしてのinnovationは、any positive change(どんな前向きな変化)もinnovationと呼ぶフシがあり、はっきりいってmeaningless(意味のない言葉になりつつある)だ

  4. まとめ
    教授コメント後半の、「どんな前向きな変化もイノベーションと呼ぶフシがあり、もはや意味のない言葉になりつつある」という点は、私の違和感に対して非常に合点のいくものでした。つまり、日本と外国で使っているInnovationの定義(そもそもの意味ではなくbuzzwordとしての定義)が違う可能性があるという私の予想はある程度正しいのだと思います。ということで、私からのメッセージは、我々が国際社会で生きていく中で、buzzwordであるinnovationに出会った際は、「ムムム、さすが海外の人はすごい事いっている!やはり教育の差なのかなぁ。」などといったリアクションではなく、「はいはい。any positive changeのinnovationね。そんくらいなら俺もわかるよ。」と冷静に見ることが大事なんだと思います。

イノベーションってなに?

こんにちは、Kanotです。イノベーションって何ですか?なんか凄い事、天才たちの所業だと思ってませんか?少なくとも私はそう思ってました。(そう思ってなかった人は続きは読まなくて大丈夫です)。今回の投稿は、日本人のイノベーションに対する誤解がイノベーションの芽をつんでいるのでは、という話です。

最近よく聞くバズワードの一つに「イノベーション」があります。国連の開発目標であるSDGs(Sustainable Development Goals:持続可能な開発目標)にもイノベーションが「Industry, Innovation and Infrastructure(産業と技術革新の基盤を作ろう)」として加わるなど、国際開発業界でも注目度が上がっています。

sdg-9-nov

JICAや世界銀行などドナー界隈でもSTI(Science, Technology and Innovation)というキーワードを聞く機会が増えて来て、これまでマイノリティであったICT4Dにも、にわかに脚光が当たりつつあると感じています。

その一方で、いつも素朴な疑問として感じていたのが、「イノベーションってなんだろう?」ということです。職場で「イノベーティブなアイディア求む!」って言われても「ヒエェェ、そんな画期的な発想は凡人の俺にはできないよー。」と思うことも多く、ちょっと調べて見ました。

まずは国語辞書(Mac内蔵)で引いてみると、「イノベーション=技術革新」とあります。まずこの言葉がよくわからない。なにそれ?エジソン的なこと??そんなの僕には無理です。

次に英英辞典(Mac内蔵)。「Innovation = The action or process of innovating.」はぁ、そうですか、全く答えになってないです。

じゃあ、とinnovateを調べてみると、「make changes in something established」が最初に出て来ます。あれ、なんか随分ハードル下がったな。既にある物を変えることもイノベーションなのか

この私の誤解が確信に変わったのが、世界的イノベーション・カンパニーの1つである3Mのセミナーに参加した時です。3Mの方が、イノベーションの例として以下のようポストイットが開発された手順を説明していました(細かいところは違ってるかもしれません)。

1969年に強力な接着剤を研究していた3Mですが、うまくいかず、めっちゃ弱いノリができてしまい、失敗作としてお蔵入りしていました。そして5年後、他の研究員が「あの失敗作の弱い接着剤、ノリのついた紙として使えるんじゃ??」と閃き、それを元に開発され、1980年に大ヒットしたののが、粘着力が弱いけど貼り剥がししやすいポストイットです。

なるほど、これがイノベーションなのか。天才的なアイディアではなくとも、既存のものの見方や使い方を変えるだけで生まれる新しい発想、それも立派なイノベーションなのか、と妙に胸にストンと落ちました。

ここでやや気になったのが、日本人ってイノベーションを過大評価しているのでは?という点です。もし私と同様の誤解を多くの日本人がしていて、その中で日本人と外国人で同じ「イノベーション」という単語を使っているのだとしたら、結構危険なことだと感じます。なぜなら、ただでさえ自尊心が低い日本人、「イノベーティブなアイディア出せ」と指示されたとき、求められるのは「新しい見方・使い方」であるにも関わらず、「革新的な発想」と勘違いしていては、アイディアは出せず、イノベーションの芽を自ら摘んでしまっているのかもしれません。

私自身も、「イノベーション=革新的な発想」という考え方だけでなく、「イノベーション=既存のものの新しい見方や使い方」と理解し、自信持って「イノベーション」という言葉を使って行きたいと思います。このような誤解をしてる日本人が私だけであることを祈ります。

オープンイノベーション

ここ最近読んだ本に「WORK SHIFT」と「BoPビジネス 3.0」がある。その両方でオープンイノベーションの話があった。オープンイノベーションって言葉は良く耳にして、なんとなく知っていると思っていたけど、本を読んで具体的な事例を知り、ここまで進んでいるのか!と驚いた。

両方の本で紹介されていたInnoCentiveというWebサイトにアクセスしてみた(JNEWS.comの説明によれば、世界で最初にオープン・イノベーションの仕組みを構築したのは、医薬品メーカー、イーライリリー社の社内ベンチャー事業として2001年に立ち上げられたクラウドサイトの「InnoCentive(イノセンティブ)」と言われている)。

起業、政府、NGOが抱える解決したい課題を掲載しており、その課題の解決策を募るサイトだ。見事問題解決が出来たら、各課題ごとに設定された報奨金が貰える。サイトの記載によれば、現在、問題解決に挑戦するSolverは380,000名以上登録されている。クラウドソーシングはアイデアのある人達が資金を集める為のサイトであるのに対して、InnoCentiveは資金がある人達がアイデアを集める為のサイトであると言える。

例えば、「壁掛けタイプの薄型テレビから電源ケーブル等のケーブル類をなくす方法募集:報奨金15,000USD」とか、「携帯電話でフィールド調査時に自然データ(CO2とか)を取得する方法募集:30,000USD」などの課題があり、課題以外にも「ジョイントベンチャーのパートナーを募集」といったものまで。世界規模の大手起業やNASAまでもがアイデア募集でこのサイトを利用している。

サイトには単に課題が掲載されているだけではなく、過去のベストプラクティス、参考文献、ウェビナー(Webセミナー)の案内、など、Solver達をサポートする情報も掲載されている。

また、「BoPビジネス 3.0」には同様のサービスをまとめたリストが載っていたので、その一部を以下に紹介(BoPビジネス 3.0のP119表4−3「バリューチェーンの各段階でインパクトを生み出している関連イノベーション」より抜粋)。

  • TechScout: 研究開発の解決策のクラウドソーシング
  • IdeaConnection: アイデアの市場および問題解決
  • One Billion Minds: オンラインの(ソーシャルな)挑戦
  • Global Innovation Exchange: オープンイノベーションの市場
  • Atizo: オープンイノベーションの市場
  • ideaken: コラボレーション型のクラウドソーシング
  • Idea Bounty: アイデアのクラウドソーシング
  • Challenge.gov: 政府の問題に対するクラウドソース型解決策

以前、自分もFOSS4Dの論文を書いたときに同じようなサイトがあればおもしろいと考えてたけど、こういうサービスが既にここまで盛り上がっているとは知らなかった。以下、思ったこと3つ。

  1. このようなサービスを使って世界中の誰もが(途上国の人でも)アイデア出しに参加出来るようになったのは凄い。でも、現実的に参加出来るのは一定のスキルがある人に限られてしまうので、スキルがある人達の活躍の場が増えただけ?さらに、アイデアを実現(製品化)出来るのは一定のリソースを持つ企業だけだと考えると、ちょっと残念(まぁ、企業が金だしているんだから仕方ないけど)。
  2. 日本企業もBOP市場への進出への関心が高くなって来ているけど、この手のサイトは英語が主。インターネットの世界では国境がなくなりつつあるけど、日本人にとっては言語のハードルがある。こういうサービスが広がって行くと、日本人は途上国の優秀な人材とも競争せざるを得ない状況になる(すでにそうなっている)。娘には英語をちゃんと勉強させよう。
  3. 途上国による独自の取り組みとしては、インドや中南米を中心にその国のオープンイノベーションやビジネスインキュベーションを促進するような政策もとられており、援助機関もそういうのを支援している(JICAもルワンダでやってるし、「BoPビジネス3.0」ではドイツGIZがチュニジアで行った支援が例示されている)。この点については、別の機会に投稿したい。

Work with People, not for People

 

cof

どうでもいいですが、左手は自分の手です(笑)

もう1年以上前ですが、「消費者からプロデューサーになる道とは?」というタイトルで投稿したように、”Handbook on ICT Policy for developing countries“という本(コペンハーゲンのAalborg UniversityのProf Knud Erik Skoubyなどが編者)のchapter募集に応募したら、選考にとおりまして、やっとこさ5月末にその本が出版されました。そしてその第9章に自分の論文が載っています(初期段階から相談にのってくれたこのブログの共同運営者のKanotとMaki、サンキューです〜)。

cof

内容は、IoT、AI、ビッグデータ、3Dプリンタなどの新しいテクノロジーがアフリカの発展に及ぼす負の影響にフォーカスしたものです。便利にはなっても、最終的に一番の利益を得るのは先進国の企業であり、途上国はお金を払うお客さん&お金になるデータを提供するユーザー、という立場にしかなれない可能性が高いという点や、先進国のメーカーの工場を誘致しても、工場そのものの遠隔操作やロボット活用によって、そこからの技術移転が望めない(=中国や東南アジア諸国のような製造業の発展モデルは成り立たない)という点などのリスクに言及してます。「じゃ、どうすれば良いの?」って点については、インターネットの世界やアプリ経済においてアフリカ独自のマーケットを確立すべく自国の起業家育成(←ルワンダみたいな)や、隣国との(一国ではパイが小さすぎる国が多いので)地域経済共同体としての独自マーケット確立に注力することが重要だろうといういう意見を、インドや中南米諸国のビジネス・インキュベーション政策やイノベーション促進支援政策を引き合いにしつつ書いてます。

例えば、Nollywoodと称されるナイジェリア映画を見るためのAfrinollyというアプリがあります。Youtube等でHollywood映画が無料で見れる時代でも、やっぱりナイジェリア人はNollywood映画も見たいってこと。こんな風に新しいテクノロジーについても、独自のマーケットへのユニークなサービス展開を促進する政策あれば、負の影響ばかりではなくなるだろうという意見です。

そう言えばつい最近、(信憑性はさておき)ガーナ大学の学生がYouTubeに競合する可能性のあるサーチエンジンを開発したというニュースがガーナの新聞(「19-year-old Ghanaian student builds search engine to rival Google」)に載りました。アフリカ諸国が先進国企業へお金を払うお客さん&お金になるデータを提供するユーザーという立場ではない、別の未来を期待したいです。

また、もう一年前に書いた内容なので、今となっては例示で使った事例等にちょと古い情報が多いなと思ったりしています。そして、今から付け加えられるなら、日本のODAでも「新しいテクノロジーをどう活かすか?」について途上国支援をするべきという論点を加えたいなぁ、と思ったりしています。

日本のODAの一つの主流として「日本の経験や得意分野の技術を途上国へ!」という方向性があると思います。「質の高いインフラ輸出」はその代表。それはそれで否定はしないですが、そろそろ「日本の経験」とか「日本の技術」が活かせない課題が増えて来る気がしています。そもそもOne fits all的なソリューションが上手くハマる課題はないし、誰も経験したことのない課題に直面している(これからする)のが途上国なんだと思います。なので、必要とされているのは誰かのお古じゃなくて、自分達に合ったソリューションを一緒に考えてくれるパートナーなんだと。そして、自国の経験や技術を他国に当てはめるのではなく、ゼロから一緒に考えることの方が、面白いんじゃないかと思います。まだインフラ分野でなら「日本の経験」が必要とされる国があるけれど、将来的には状況が変わるだろうと考えると、ICT分野で誰も経験したことのない課題について一緒にソリューションを考えるというスタイルの援助をやっていくことは、援助スタイルのオプションを増やす意味でも重要かと思ったりしています。

10年以上前、青年海外協力隊の訓練所で、「Work for PeopleじゃなくWork with Peopleが大切」という話を誰かから聞いたのですが、特にICT分野ではそいうスタイルの援助に途上国のニーズがあると感じています。

公開セミナー「オープンイノベーションと開発」

フィリピン3Dプリンタ

フィリピンで3Dプリンタで作られた 地元業者向けの石けんの型(JICA研究所Webサイトより)

JICAで開かれる公開セミナーのお知らせです。
以下、JICA研究所のウェブサイトからの抜粋です。関心のある方は参加してみてはいかが?

20159月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030年アジェンダ」でも、ICT利用の拡大とグローバルに人や組織がつながることが、人類の進歩を加速し知識社会を発展させると期待されています。具体的に「持続可能な開発目標(SDGs)」では、目標 8(成長と雇用)、目標 9(インフラと工業化、イノベーション)、目標17(実施手段・パートナーシップ)で、科学技術イノベーション(STI)の促進が取組み目標として掲げられています。

開発途上国の経済・社会開発では、新たなアプローチによる発展が求められています。従来型の工業・産業形成路線とは異なる、ソフトウェアやサービスのイノベーションを軸とする「オープンイノベーション」が、新たな可能性を発揮すると期待されています。特に市民レベルで展開されているデジタル工房「ファブラボ」は、「オープンイノベーション」の一形態であり、地域開発と産業開発の促進に大きな可能性を秘めていると見られています。「オープンイノベーション」は草の根レベルにとどまらず、製造業やサービス産業における企業間、企業・ユーザー間、産学官間でも起こり得ます。

このような背景から、JICA研究所は、20159月に「オープンイノベーションと開発」研究会を発足させ、開発経済学およびイノベーション分野における国内を代表する有識者に御協力頂き、4回の研究会を開催してきました。研究会での議論と今後の発展可能性に関するアイディアをまとめた成果品ペーパーをドラフトしたのを機に、公開セミナーを開催し、広く一般参加者からもフィードバックをいただく機会を設けたいと思います。

日時:2016年3月23日(水)
場所:JICA市ヶ谷ビル 6F 600会議室
参加費:無料
プログラム(予定):

  • 930 受付開始
  • 1000 開会挨拶 (JICA研究所長 畝 伊智朗)
  • 10:0510:25 プレゼンテーション「オープンイノベーションとファブラボ(仮題)」
  • 10:2510:40 プレゼンテーション「オープンイノベーションと開発(仮題)」
  • 10:4011:00 プレゼンテーション「JICA事業へのインプリケーション(仮題)」
  • 11:0011:55 パネルディスカッション
    「オープンイノベーションが途上国にもたらす可能性」
    モデレーター: 会津泉(多摩大学)
    パネリスト(予定、五十音順):
    実積寿也(九州大学)、田中辰雄(慶應義塾大学)、田中浩也(慶應義塾大学)
    徳島泰(慶應義塾大学)、山田浩司(JICA)、渡辺智暁(国際大学)
  • 11:55 閉会挨拶 (JICA研究所長 畝 伊智朗)

申込方法:下記のサイトから申込下さい
http://jica-ri.jica.go.jp/ja/announce/post_270.html

以前、自分が企画した公開勉強会「インターネットと今後の途上国開発の関係を考える」にもゲストとして来て頂いた会津先生や、FabLabの第一人者の田中先生など、自分も日本に居たら参加したいところですが、残念ながらガーナにいるので無理です・・・。
そう言えば、JICAで「開発途上国における情報通信技術の適用にあり方に関する調査」という調査が行われて2015年10月に報告書が完成され、ウェブでも公開されています。網羅的にJICAとICT4Dを捉えている報告書なので、この分野に関心のある方には一読することをオススメします。

 

イノベーション・プライズ・フォー・アフリカ2014 ファイナリスト10名

innovation prize for africa

先日、ガーナの新聞を見ていたら、Innovationって文字が目に入りました。読んでみると、「Innovation Prize for Africa 2014」というコンペティションで、アフリカ42カ国からの約700件の応募の中から、最終的にファイナリスト10名が決定したというもの。

最優秀賞には、100,000USDの賞金、その他にも、商業性に優れた事業と社会貢献度に優れた事業にも、それぞれ25,000USDの賞金が与えらる。

どんな事業が選ばれているのか?と思い見てみると、10件中3件(下記)がICT4Dっぽい事業でした。

  • Elise Rasel Cloete (South Africa) –  GMP Traceability Management Software CC: This software is programmed to capture, store and trace data about livestock and enables data to be captured in real-time. The data is linked to the unique visual ear tag and stored on the system/remote server.(家畜の耳につけるタグを通じて家畜に関する各種情報を一元管理するソフトウェア)
  • Joshua Okello (Uganda) –  WinSenga: This innovation is a low-cost mobile phone based antenatal diagnosis kit that captures fetal heart beat sounds and provides diagnosis which is sent to the mother through SMS. The data can also be uploaded to cloud storage.(携帯電話を活用し、胎児の心臓音を拾って診断結果をお母さんにSMSを使って通知するシステム)
  • Maman Abdou Kane (Niger) – Horticultural tele irrigation: The “Horticultural Tele-Irrigation system is a technological process that allows growers to remotely control their market garden irrigation system through a mobile or landline regardless of geographic location.(携帯電話や普通の電話で、遠隔地からも灌漑設備をコントロール出来るシステム)

アフリカに行ったことがない方々からすると、上記のいずれもが、「へー、アフリカで・・・・」と思えるものじゃないかと思います。思いのほか進んでますね、アフリカ。

このコンペティションを実施している団体のコメントとして、「アフリカが直面している問題解決のためのソリューションはアフリカから誕生する(best solutions to the challenges Africans face on a daily basis can and will come from Africans themselves)」という言葉が印象的でした。

ちみなに、上記3件以外では、ガーナなどのローカルフード「フーフー(もちみたいなもの)」を短時間(8分)で作れるフーフープロセッサーなんてのものあって、それはそれで面白い。ある意味、まさにアフリカからしか誕生しないソリューションだなぁ。