タグ別アーカイブ: ウェブ時代をゆく

ウェブ時代をゆく

ガーナ日本人補習校へ娘を連れて行くのが土曜日の日課。ふと、日本人補習校の図書室の本棚を眺めていたら、「ウェブ進化論」で有名な梅田望夫氏の本「ウェブ時代をゆく」を発見。以前読んだことがあったが、改めて読んでみた。2007年の本ながら、今読んでもすごく面白い。日本の大学生とか社会人若手に向けての本だと思うけど、ICT4Dの観点から読んでいても、とても参考となるキーワードに出会えたので、紹介したい。

  • 「オプティミズムに支えられたビジョン」
    梅田氏は、Webの進化(Web 2.0)をとてもプジティブに捉えている。Webの発展には、正の面と負の面の両方があるけれど、梅田氏は以下のように述べている。
    「オプティミズムの姿勢で物事に対峙しなければ、想像は生まれない」、「新しい事業を積極的に未来志向で捉え、挑戦する若い世代を励ましつつアドバイスを与えることの出来る『知的で明るい大人』が増えなければ、未来の想像は出来ない。未来は能動的に変えることが出来るものだが、そのエネルギーはオプティミズムが支えるのだ。(P13−14)」

この点に非常に好感が持てる。そして、ちょいと自分自身の姿勢について反省した。このブログでもそうだが自分はICT4Dについて考えるときに、ついつい批判的になってしまう傾向がある。マンチェスター大学での勉強も基本的には、「ICT=万能なソリューション」じゃないですよ!要注意!ってなメッセージが強かったので、ICT4Dプロジェクトを見ると自分も常に課題や落とし穴を探すことに気を取られがちに…。
でも、そればかりじゃいかんと反省。昨年度、神戸情報大学院大学でICT4Dの講義を持たせてもらったが、ルワンダからの留学生に「失敗事例ばかりでなく、成功事例ももっと取り扱ってほしい」と言われたのを思い出した。『知的で明るい大人』になれるよう、オプティミズムな視点をもっと出していかねば。

  • オプティミズムの根拠となるインターネットの技術的正確(P14)
    梅田氏は上記のオプティミズムを支持する根拠として以下5つのネットの特徴をあげている。そして、これらの特徴は、途上国開発にインターネットが大きな役割を果たすという根拠にもなると感じた。
  1. ネットが「巨大な強者」(国家、大資本、大組織・・・)よりも「小さな弱者」(個人、小資本、小組織・・・)と親和性の高い技術であること。
  2. ネットが人々の「善」なるもの、人々の小さな努力を集積する可能性を秘めた技術であること
  3. ネットがこれまでの「ほんの一部の人たち」にのみ可能だった行為(例:表現、社会貢献)をすべての人々に解放する技術であること
  4. ネットが「個」の固有性(個性、志向性)を増幅することにおいて極めて有効な技術であること
  5. ネットが社会に多様な選択肢を増やす方向の技術であること

上記を眺めてみると(そして、ネットに限定せずに携帯電話等のICT全般として考えてみると)、1の点については、途上国においても、携帯電話やネットは弱者をエンパワーするツールであるし、2や3の点については、Kivaのようなクラウド・ファンディングによって、途上国の小規模ビジネスに寄付や投資を出来る仕組みがあったり、4や5の点については、ネットにMITなど有名大学の授業が公開されたり各種情報がタダで入手出来ることで、途上国でも時間と距離の制約を飛び越えて、勉強したり情報収集するチャンスが増えた、というように考えることが出来る。

自分がICT4Dに魅かれた一番の理由は、途上国の人々も「かっこいい」モノ・事が好きだから、という点からだったけれど、こうして改めて考えると、ICTの途上国開発への貢献というのは必然であることがわかる。

  • オープンソース・プロジェクトの成功要因(P66)
    上記の2の点に絡んで、オープンソースの話が出てくる。「オープンソース・プロジェクトで成功するものと、失敗するものの差は?という疑問に対して、「成功するかどうかは、人生をうずめている奴が一人いるかどうかですね」とシリコンバレー在住のハッカー石黒邦宏が答えたエピソードが紹介されていた。

このオープンソース・プロジェクトの成功要因は何なんだろう?と自分も以前悩んだことがあった。それは、FOSS4Dの論文を書いたときのこと。そのときはバシッとした答えが見つからなかった感があったけど、Linuxのリーナス・トーバルズやRubyのまつもとゆきひろのように自分の人生をかけてそのプロジェクトに打ち込めるリーダーがいれば成功する、という上記の回答はとても腑に落ちた。ICT4Dプロジェクトにおいても強いイニシアティブを持ったリーダー(Champion)の存在が重要という指摘はされているが、それと同じことだ。

上記の点以外でも沢山ためになる学びがあったのですが、長くなるのでここまでで。でも、最後に自分自身がWeb2.0の恩恵を受けたと思える事例を紹介したい。上記のネットの技術的正確の3や4の点である。

自分はこのICT4Dプログを2009年に開始して、不定期&文章クオリティもまちまち、というスタイルながらコツコツと継続してきた。その結果、ブログを通じてこの分野で活躍する方々とも知り合いなれたし、以下のチャンスをもらうことが出来た。

必ずしもブログをやっていたからという理由だけではなく、本業のJICAの仕事に絡んだ講演などもあるが、ブログを書いていなかったら、こういった機会はなかったと思う。今回、梅田氏の本を読み返しつつ自身の経験と照らし合わせて、Web 2.0、ICTの可能性を改めて実感。こういったWeb 2.0、ICTの可能性・便益を途上国の人々にも提供する手助けが出来るよう頑張ります〜

青年海外協力隊のときのこと(続き)

前回のトピックに続き、青年海外協力隊のときのことを書いてみたい。

当時(2003~2005年)やりたかったけれど出来なかったことの1つに、インターネットのメリットを同僚に伝えることがある。単純に操作を教えるのではなく、ネットを活用して得られる無限の可能性があることを伝えたかった。この目的のために、当時、自分が試みたことは、同僚と供にネットで学校の図書館に本を寄付してくれそうな団体を見つけて応募することだった。「book」、「donation」、「Africa」といったキーワードで検索して、途上国への本の寄付を実施しているイギリスのNGOを見つけ、申請書をダウンロードし申請してみた。同僚には申請書を記入するために当時の図書館にあった本の種類・数を調べてもらったりと動いてもらったが、残念ながら本の寄付を得ることは出来なかった。また、ネットを通じて全く知らない人とも交流するきっかけを作れることを伝えたくて、同僚とともに掲示板を設けた学校紹介Webサイトを作製しアップしたりもしたが、結局、書き込みがあったのは自分が書き込みをお願いした他国で活動する協力隊の友人からでしかなかった。

このような試みを通じて、同僚は、自分が伝えたいこと(ネットを使うための操作ではなくて、メリットや可能性)を多少は理解してくれたかもしれない。しかしながら、結果としては何の利益(本を得るとか)も得ることが出来なかった。最終的にはネット料金の問題があり、学校でネットを長時間利用することが出来なかったため、それ以上の活動は出来ずに終わった。具体的なメリットを得るまで、この様な活動を継続してみたかったと悔いが残る。

一方、最近、エチオピアの自分の活動先であった地方高校でも、教師用のPCルームが出来て、ネットが無料で出来るようになったと聞く。今、自分がまたそこに行ったら何が出来るか?とふと考える。「ウェブ進化論」で有名な梅田望夫は「ウェブ時代をゆく」という本で、ネットは「知の高速道路」であると述べている。ネット上で、MITなどの有名大学の講義が無料で聴けたり、Google Booksで様々な本が読めたり、FacebookやTwitterやらで共通の関心をもつ研究者やエンジニアと議論出来たり、etc. やる気になれば、何でも学べる機会がネットで提供されており、短時間でかなりの知識を得ることが出来ることを、「知の高速道路」と例えている。もし、今、また協力隊で派遣されたなら、このような「知の高速道路」としてのネット利用を、エチオピアの同僚達・生徒達に教えてみたい。

しかしながら、ネットが無料で出来るようになっても、ゲームに熱中している同僚達の様子をその後の協力隊員から聞いている。「知の高速道路」があっても、そこには「知」以外のものが沢山あるわけで(それ故にネットがこんなに普及したのだろうし)、やはり大事なのは自身のやる気である。当時、仲が良かったエチオピア人青年は、「この貧しい国は一部の政治家や金持ちに良い様に出来ていて庶民には希望がないし、さらに、この小さな町には面白味も希望もない」と言っていた。希望がないから道が開けないのか、それともやる気がないから道が開けないのか・・・? ネットが「知の高速道路」という道を提供したら、希望に満ちた将来が彼らにも開けるのか・・・?