タグ別アーカイブ: エチオピア

ガーナでwifiルーターを買ってみた

wifiルーター 186セディ(≒7500円)

wifiルーター 186セディ(≒7500円)

ガーナでインターネットをどうしようかと思っていたのですが、まぁ、最も手っ取り早い方法なので、プリペイドカードでチャージ出来るwifiルーターを買って使うことにしました。早速、ショッピングモールにあるVodafoneに行って写真のwifiルーターについての説明を聞く。最初に4GBデータ通信分のチャージがされていて、金額は186セディ(≒7,500円)とのこと。4GBのデータ通信って、どんくらいなのかがイマイチ想像出来ず、お店のお姉さんに聞いてみると、「Very very much!」との回答・・・。まぁ、そんなもんだよね、と思い購入。

Samsungの携帯 130セディ(≒5,200円)

ついでに妻の携帯電話も購入。iPhoneとかGALAXYなんかも売ってたけど、安いのでOKってことで写真のものを買ってみた(ホントは50~100ドルの怪しいスマホを買いたかったのですが、それらしきものをすぐには見つけられず断念・・・)。当たり前のようにSIMカードは2つ入るようになってる。そして、SIMカードもVodafoneのものを購入。以前このブログでも書いたように、エチオピアでSIMカードやらUSBモデムを買ったときには、エチオピアテレコムのオフィスに行って約半日がかりの作業でしたが、ガーナでは超簡単。パスポートとか身分証明書(自分はiPhoneのなかに写真データがあったので、それ見せたらそれでもOKでした)見せたら、それでOK。上記のwifiルーターも含め、その場でチャッチャっとやってくれて、すぐに使えるようになった。混んでたので待ち時間入れても30分かからないくらい。

家に帰って、wifiルーターを開封し、iPadやらPCやらでインターネットをしてみると、驚くほど快適!流石に日本の環境ほどではないが、Youtubeもそれなりに見られる。これには驚いた。早速、妻は日本の友人とViberでおしゃべりを楽しんでいました。ICTの発達はすごいもんだなぁ。

最後にガーナの携帯電話事情についてちょっと触れておくと、シェアの多い順に、MTN、Vodafone、Tigo、Airtel、ってな感じです(下記円グラフ)。ITUの統計によると、2012年に普及率100%超え(100.99%)を果たしている。上記のようにチャッチャッとSIMが購入出来たりするので、Subscriptionは簡単に増えたんじゃないかと思う。勿論、100%超えと言っても、一人で複数社のSIMを持っていたりするので、地方含めて国民全員が携帯を持っているって訳じゃないですが、エチオピアの22.37%(同じITUの統計の2012年度の数字)と比べると凄い進んでいる。

面白いのは、Vodafoneが2008年に国営のガーナテレコムを買収している点。「ガーナを知るための47章」によると、

“ガーナテレコムは、携帯電話の普及や国営企業ゆえの採算度外視の経営で弱体化していたのだが、9億ドルでボーダフォンに買いたたかれてしまい、ガーナ国内でも物議をかもした。しかし、給与や待遇面が向上したので、労働者は総じて歓迎ムードだという。” 

アクラの国際空港に降り立ったときから、Vodafoneの広告がやたら目についたけど、なんとなく納得。

ガーナ携帯シェア(2013年12月) Ghana National Communication AuthorityのWebサイトから

ガーナ携帯シェア(2013年12月) Ghana National Communication AuthorityのWebサイトから

青年海外協力隊訓練所③ + 2035年までに途上国は無くなる?

ガーナへの転勤を目前に引越し準備中のTomonaritです。昨日、エチオピアつながりの友人に壮行会を開いて頂き、久しぶりにエチオピア料理をたらふく食べました。エチオピア料理を食べながら友人と、「20年後も今のような援助は続くのか?」ってな話をしました。

トジョウエンジンに“世界の貧困”の間違った固定概念を壊す! ゲイツ財団の年次レターの中身を全てご紹介というタイトルで、ゲイツ財団が主張する「世界の貧困は改善されつつあり、2035年までに途上国と呼ばれる国は無くなる。」という説明が日本語で掲載されています。

この説明を読むと、「確かに・・・」と思える点は多くあります。自分が初めてエチオピアへ行った2003年から比較するとエチオピアもこの10年でとても発展したと思います。一人当たり名目GDPで比較すると、約120USD(2003年)から約533USD(2013年)になってます。アジスアベバも当時はエレベータがある建物は1つしかなかった(自分の知る限り)けど、今では写真のようなガラス張りのショッピングモールが山ほどあるし。勿論、都市部と地方部の格差は依然として大きいけれど、2035年までには「途上国」じゃなくなっているかもしれない。

一人当たりの名目GDP(USドル)の推移 - 世界経済のネタ帳

2013年9月アジスアベバ

20年後は、貧しい国を援助するというスタンスの援助は紛争中の国とか以外にはほぼなくなり、地球温暖化対策とかエネルギー問題とか感染症対策などの地球規模で対策を要する課題に絞られていくのかなぁと思ったりします。あと、日本企業のマーケット開拓、日本経済活性化に資する援助ってのも。一言でいえば、支援する側 vs される側の援助じゃなくてWin-Winの関係となる国際協力・連携になるのだろうと。すでに日本人が「途上国=支援される側」とイメージしている国でも、その国の人達はそんなふうに思っていない(援助を「もらう」のではなく、どの国との連携を強めようか?という援助を「選ぶ」立場であると思っていたりする)という国は沢山あると感じます。

ICT分野で考えてみると、よりその活用の場が増えてくる気がする。道路がない国に道路を作るとか、学校がない地域に学校を作る、といったようなゼロを1にするプロジェクトでは、1にするのが目的だからICT活用の場は限られるけれど、ETCを使って道路の利用効率を上げようとか、遠隔教育やデジタル教材やタブレット端末を使って教育の質を上げようといった1を10にするようなプロジェクトなら、ICT活用の場が増えるだろう(それをODAでやるのか、民間企業がビジネスとしてやるのかは状況次第)。

こんなことを考えつつ、引越し準備をしていると青年海外協力隊の訓練所で書いたレポート(以下)がまた目についた。こんな視点もあったなぁ、と忘れていた視点も思い出しました。

***ここから「国際関係と日本の国際協力」レポート***

2月24日(月)にジャーナリストで茨城大学人文学部教授の杉下先生により、「国際関係と日本の国際協力」というテーマにつき貴重なお話を聞かせて頂きました。杉下先生のお話は、

  1. 平和構築プロセスにおけるODAの位置(アメリカの対イラク攻撃に関する話題から始まり、なぜODAが必要なのかという点を非常にわかりやすくお話ししていただけました)。
  2. 日本のODAの現状と役割(日本のODAが国際社会でどういった評価・成果をあげているのか、また今度はどういった方向へ力を注いでいくべきなのかについて、NGOとODAの関係なども含めお話していただきました。
  3. 世界の経済協力政策における最近の動向(最近の話題を簡潔にまとめてお話しいただきました。自分は開発学や国際政治等を学んでこなかった人間なので、杉下先生のお話を聞き、自分も協力隊として任国へ行く前に、ある程度のことは勉強しておくべきだと改めて思いました。)

以上の3点につき、多岐にわたるお話を聞くことが出来、大変参考になりました。

特に、杉下先生は協力隊が日本のODAの中でも、非常に重要な役割を果たしているとお話してくれました。杉下先生のお話では、開発途上国の不満がまだ小さい段階で援助・協力をすることで、大きな不満が爆発する予防になっている、そして協力隊こそが、その小さな不満を解消することが出来るとおっしゃっておりました。私はその意見を聞き、非常に参考になりました。

私が協力隊へ参加することになったとき、まわりの人達からは賛成意見も反対意見もありました。反対する人のなかには、「協力隊の技術レベルが低い」とか「協力隊で草の根的な活動をしたところで、しょせん草の根、大した成果はあがらない」と言ったネガティブな意見を言う方もすくなからずおりました。私自身も協力隊に関するいろいろな本や資料を読み、確かにそういった意見があるのは否めないなぁと感じておりました。

しかしながら私が協力隊への参加を決めた理由は、たとえ協力隊としての活動が成果のあがらないもので終わってしまうかもしれないにしても、そういった厳しい環境の中で自分を試してみたいという思いからでした。逆に言えば、自分を試してみたいという気持ちが強く、国際協力やODA事業に関わる人間として、どういった役割を果たしたいのかといった理念やODA事業の詳細などをあまり知らない人間でした。

杉下先生のお話を聞き、協力隊が日本のODA事業のなかでどういった役割、そして成果をあげているのかが良く理解できました。これからの自分の活動が大きな視点でとらえたときに、国際平和の構築・維持に大きくかかわっている、紛争の予防となっているのだという自信を持つことが出来ました。

最後に、杉下先生が協力隊に対するネガティブな意見に対して、どのように感じておられるのか? 協力隊事業においてもっと改善すべき点は何なのか?等、質問したい点もあったのですが、時間の関係で質問出来なかったのが残念でした。

***ここまで***

自分の協力隊での活動が世界平和に貢献出来たのかは謎ですが、少なくともエチオピアの片田舎に親日派が増えたのは間違いないなぁ(笑)

エチオピアの遠隔教育 その後②

昨日の続きです。

マムラカロード外観

2003年から2年間、青年海外協力隊で活動したデッセイという地方都市の学校(上の写真)に訪れました。全然ボロくなっておらず、きれいなままでなんだか安心しました。早速、通称「プラズマ」と呼ばれている遠隔教育について、元同僚の先生に聞いてみました。

マムラカロード1

上記の写真の左上に移っているのがプラズマディスプレイのケース。鍵がかかってて、使うときだけあのケースから横にスライドさせてディスプレイをもっと中央に持ってきて使う。「今も活用されている?」という質問に対しての返事は、「Yes」でした。コンテンツが配信されている科目ではちゃんと使われているとのことで、故障して使われていないとう雰囲気はなかった。とはいえ、IT教科は、この遠隔教育を使わない数少ない教科の一つであり、自分が質問したIT教科の先生がどこまで現状を把握しているかは?ですが、それでも「故障して使ってない」という回答でなかったのは嬉しい。

さらに、「Plasma Control Room」なる部屋(下の写真)に訪問。

プラズマコントロールルーム

「この部屋で校内の遠隔教育のシステムを管理しているんだ」との説明。2003~2005年の自分がいた当時はなかったなぁ。具体的に何しているのかを聞いたところ、首都アジスアベバから配信される授業をダイレクトで各教室で見ていると、停電やこの学校や地域特有の理由で授業がなかった場合、その日の授業が受けれないまま次の授業を受けることになるので、そうでなく、この学校内ではPlasma Control Roomから授業を配信するように試みているとのこと。下の写真のような授業DVDを使って配信することで首都からの配信スケジュールに左右されない授業進行が可能になる。

遠隔教育DVD

この学校は先進的な取組としてこういったことをしているそうで、他の学校ではここまでやっているわけではないという。モデル的にこの学校で上手くいったら、他の学校にも展開出来るという話でした。確か、5年前くらいに他の地域の学校でも、首都から配信されたコンテンツをハードディスクに保存して同じようなことをしていると聞いたが、それはどうなったのか・・・?とか、なんでもっと早く(むしろ当初から)DVDでコンテンツ配らなかったのか・・・?と疑問に思いつつも、活用されていて良かった。

そしてついでにということで、インターネットルームも見せてもらいました。British Councilの支援で教員向けインターネット環境が構築されて、数名の教員がケニアでの研修に参加したという。ちなみに、自分の元同僚(写真)も参加してました。

インターネットルーム

インターネットをどう使うか?(以前、先生達はゲームをダウンロードしてハイスコアを競うことに熱中したり(ハンパなく真面目に競ってました・・・)、転職情報を入手したり、と教育の質の向上とは無関係なことにネットを使っていた・・・)という課題はありますが、なかなかこの学校はICT環境は恵まれている方なんだろうと思います。

最後に、昔自分が教えていた懐かしのコンピュータルームへ(下の写真。椅子が散乱しているのは、PCを使わない別の会議で使ったため)。それなりに当時のPCもまだ現役で残っていたものの、砂埃がすごい。二階建ての二階だけど、みんな土足なので結構砂ぼこりが。PCルームに入るときはスリッパに履き替えましょう的なことが出来れば良いが、そういう習慣はない(お掃除のおばちゃんは結構頻繁に来てくれるけど)。

PC教室1

PC教室2

先日の遠隔教育は上手くいっていないとの話とは異なり、この学校では遠隔教育が活用されている点は嬉しい発見でしたが、それでも改めて日本から来てPCルームを見ると、こんなに埃っぽかったことに驚き。機器が故障しないように管理出来るかなぁという点は不安が残ります。遠隔教育とかインターネットとかのコンテンツの議論の前に、まずは精密機械の管理方法を徹底しないといけないという、非常に初歩的な点が最も気になりちょっとモヤモヤしつつ、懐かしの学校を後にしました。

エチオピアの遠隔教育 その後①

エチオピア遠隔教育

昨日に続き、エチオピア里帰りでのことです。

バハルダールという地方都市で青年海外協力隊として活動する方に、「エチオピアの遠隔教育は上手く活用されているのか?」という点を伺ってみました。エチオピアの遠隔教育(School-Net)については何度かこのブログでも触れていますが、簡単にいうと、首都アジスアベバから教育テレビ的な動画を各地の中学・高校へ配信するもの。全国500以上の学校の教室にプラズマディスプレイが設置されて、それで生徒は見ています。主要教科(当初は6科目でした)がカバーされており、実験道具などがない田舎の学校でも、画面を通じて実験の様子を見ることが出来たりするので、教材の充実度や教員の質など都市部と地方部の格差をなくすことが出来、2003年に導入されました。詳しくはこちらをご覧ください。

さて、その隊員の方の回答はというと、

ほとんど使われていないと思います

とのこと。

その方が知る限りでは、故障が原因で現在は使われておらず、時にPCとつないでパワーポイント等を見せるスクリーンとしてプラズマディスプレイが使われている程度という。うーむ、非常に残念な結果に・・・。故障の原因は、エチオピアの不安定な電源供給にあるようで、電圧の変動によって電源系が故障するパターンが多いと思われるとのこと。納得。誰もが懸念するストーリーが実際に起きていたとは…。

さらに、遠隔教育とは別のプロジェクトでは、援助機関が学校内ネットワーク構築を支援し、PC、ハブ、ルータなどの機器を用いて校内LANを構築しインターネットも整えたものの、プロジェクト期間(=インターネット費用もプロジェクトがカバー)が終了すると、学校がインターネット費用を払えないということでネット環境がなくなったり、機器が故障して使えなくなったりということも起きていると話してくれました。(勿論、中には学校がインターネット費用を払い続けている学校もあるけれど、)やはり、機器だけ供与してもダメってことを絵に書いたような話。

一方、故障した機器を修理するスキルがある教師がいないのか?と思いきや、必ずしもそうとも言えないよう。スキルがあっても、わざわざ残業して直したところで自分の給料は変わらないので、敢えてやろうという姿勢もないともいえる。これは自分が協力隊として活動していたときにも感じた点で、「問題は変わらないなぁ」と感じた。機材だけでもダメ、予算面の問題、人材育成しても必ずしも持続性が担保できるとも限らない…、と結局、ICT4Dプロジェクトと言っても、ICTで解決出来ない点がネックになるのは普遍的な課題。ICT4Dプロジェクトというタイトルを被りつつも、どこまでそれ以外に食い込んだ支援をするのかが重要なのだと改めて感じました。

上記の貴重な話を聞かせてもらった翌日。自分はかつて協力隊時代の任地デッセイへ行きました。当時の配属先の学校では遠隔教育としてプラズマディスプレイが20~30台くらい導入されていたので、もし同じ状況だとしたら、とても残念だと心配しつつ、当時の配属先の学校へ行って見ました。故障中なのか、それとも活用されているのか・・・?(「エチオピアの遠隔教育 その後②」へ続く)

エチオピアICTセクターの可能性は?

BBC

今週はもうエチオピア特集的になってきました。BBCニュースでエチオピアのICTビジネスの可能性について書かれた記事「Ethiopian’s tech hopefuls」ってのありました。エチオピアの可能性は他国と比較して高いのか、それとも低いのか?

自分の知り合いでも何人かエチオピアでビジネス(ICT分野じゃないですが)を立ち上げることを検討したり、実際に実施したりした人がいます。その誰もが「法規制やお役所仕事のために非常にやりにくい」ということを言っていました。このBBCの記事でもその点は指摘されています。それ以外にICTに特化したところでも、やはり以下のようなネガティブ要因が指摘されてました。

  • エチオピアのテレコムセクターはいまだに政府独占でサービスレベル低い(事務所にインターネット引くにも一カ月以上待たされるとか)
  • インターネット普及率は1%以下
  • 携帯普及率でも17%
  • Apple StoreとかGoogle Playにもアクセスできない
  • Skypeのビジネス利用が禁止されてる(以前、このブログでも紹介しました)
  • ICTセクター最大の顧客は政府であり、民間・一般市民のICT利用はまだまだ
  •  World Economic Form’s Global Competitiveness Report 2012-2013ランクは144ヶ国中130位・・・。

と、このようなネガティブ要因があり、アプリ開発のようなスモールビジネスから始める起業家にとっては、なかなか成功するのが困難。それでも、ポジティブな要因も。

  • 人口増加中で今は8500万人。人口でいけばアフリカ第二のマーケットに。
  • 2004年より10%以上の経済成長率を維持
  • それなりにお金持っている中間層の増加
  • まだ誰も手を付けていないビジネスがまだまだある(現状では、あったら良いサービスが足りないものだらけということ)

というわけで、BBCではiHubなどと同様のビジネスインキュベーションに取組んでいるiceaddisとう会社を紹介してました。上記の写真がそのオフィス。かっこえー。

と、このような記事を読んでいて、ふとミャンマーと似てる点を感じた。ご存知の方も多いですが、ミャンマーは2011年3月にセインテイン大統領を首班とする新政権が発足してから民主化が進み、アメリカの経済制裁が解かれ、急速にインフラ整備を中心に発展をしている。ICTセクターを見ると、エチオピア同様に政府系通信事業者が独占状態であったが、民営化を進める方針であり、通信事業者ライセンスの国際入札を行い、この6月にノルウェーとカタールの通信事業者が落札している。今後、この外国2社がICTセクターに参入することで一層のICTインフラ&サービスの改善が期待できる。ミャンマーの目標は現在10%程度の携帯電話普及率を2016年までに80%近くまで持ってこうというかなり強気なもの。このブログでも紹介したように、日本のIT企業もポスト中国、ポストベトナムのオフショア開発拠点としてミャンマー進出を行っている。日経コンピュータでも特集が組まれて「最後のフロンティア」なんて呼ばれてました。

ミャンマーの話が長くなりましたが、要するに、これまで国営通信事業者に独占され、市場が成熟してないだけに、どっかでスイッチが入る(ミャンマーの場合は新政権発足)と、可能性が爆発するという点でエチオピアにも可能性があるのではということ。むしろ現状が低いだけに、伸びしろが多い。さて、2年ぶりの現地訪問でどんな変化があるか、楽しみです。

FabLabはエチオピアにもあるのか?

昨日に続くエチオピア関連ネタです。以前、FabLabについて投稿しました。途上国も含めて世界中にFabLabがあります。んじゃ、エチオピアにもあるんかな?と思ってググってみたら・・・。

あった!

Untitled-1

首都アジスアベバにあることがわかりました。今回のエチオピア訪問時に言って見ようかと思っています。どんな感じのモノ作りしているのだろうか。何か「これは!」と光るネタがあったら面白い。

そんなときには、こんなビジネスコンペにトライしてみようか。

40億人のためのビジネスアイデアコンテスト そのアイデアは世界をちょっと変えるかも

開発コンサルタント会社のアイ・シー・ネット株式会社が実施するビジネスコンペ。応募締切は11月10日。豪華な顔ぶれの審査員のなかに、おっ、andu ametの鮫島さんが!このブログでも紹介したことがあるエチオピアの革製品ビジネスで奮闘している友人です。ちなみに自分、先日、六本木ヒルズにある期間限定のandu ametショップで店番ボランティアを半日してきました。ミャンマー出張から帰国して六本木ヒルズに行ったら、エアコンが床から冷気が出る仕組みになっていることに何故か非常に感銘を受けました。半日いたけど、それが一番記憶に残ってる…。

さて、この一週間毎日ブログを更新してみました。約5年間やっているブログで一週間続けて更新したのは初めて。e-Education三輪さんのブログで、「楽しいから続けるのではなく、続けるから楽しくなる」という話を読んで「なるほど~」と思ったのがきっかけ。エチオピア旅行中は毎日更新は不可能かと思いますが、出来る限り頑張ってみようかと思います。

OLPC @エチオピア

negroponte.3x616

明日からエチオピアへ行ってきます~。2年ぶりの訪問でエチオピアがどう変わっているかを見られるのが楽しみ。と、いうわけでエチオピアのことについて書きます。エチオピアのICT4D関連情報を見ていたら、結構知らないことが多かった・・・。なかでもOLPCの取組でBBCでも取り上げられるような実験的取組が行われていたとは・・・。

もう一年前の話ですが、それは、エチオピアの学校も電気もない道路標識すらない田舎町(首都アジスアベバから50マイル=80Km位離れた村を2つ選んで)で、約20名の子供達(小学校1年生位)にOLPCタブレットが入った箱をあげるというもの。取扱説明とか指導とはまったくなしの状態。箱すら閉じたまま。英語だと「Drop off」って書かれていたので、まさに「ポンと置いてきただけ」という感じ。そこで、子供たちがそのOLPCタブレットをどう使うのかを定期観察するという実験。どう使うのかのモニタリングは、週一で訪問した担当者がOLPCタブレットからSIMカードを抜いて、データをとって、この一週間でどんなアプリが使われたかの情報収集をするという方法。

で、結果はどうか?というと、箱から出してOLPCタブレットの電源ボタンを発見しOnするまでに4分。試行錯誤をしつつ5日後には47種類のアプリを使うほどに。アルファベット学習用アプリやお絵かきアプリをつかって自己学習することが出来るようになったという。ニコラス・ネグロポンテ氏はこの結果に満足気。世界中で学校に行けない子供1億人には、こういうツールが必要だという持論を言ってます。

この実験について、BBCでもWebでも、実験としてこのようなことをする点に倫理的な観点から異議を唱える声なんかもあります。自分はそういう観点ではなく、学校に行けない子供にとって教育の機会を提供する方法として、この方法が良いのかがわからない。完全に否定派というわけではないのですが、OLPCはあくまでもOne of themの教育ツールなんだと思います。これがあれば学校いらず、教師いらずというものではなく。そしてこのプロジェクトが小学生低学年を対象にしている点に、なんとなく「小学校のうちから、タブレットに向かって一人でコツコツ勉強するよりも、外行って遊んで来い!」的な、「東京メトロでスマホいじっている制服姿の小学生に違和感を感じる」的な、思いがするんです。この点は単に保守的なだけかな・・・。

ただ、教師不足なら教師を増やす、学校不足なら学校を作るってのがシンプルなソリューションですが、そう出来ないからICTを活用しているという状況も理解するし、大きな可能性も感じます。
昔から賛否両論のOLPC。でも、一時期のブームに終わらずに継続的な取組として、約40ヶ国に合計300万台ものPC、タブレットを配布している点は素直に評価出来ると思ってます。アムハラゴ語のキーボード(下記)も作ってるし!エチオピアに行ったらどっかで購入してみたい気もします。

Ethiopic-B3