タグ別アーカイブ: ゲーム

ゲーミフィケーションの弊害

こんにちは、Kanotです。先日tomonaritが「ゲーム for Development」という興味深いテーマで投稿をしていたので、今回はあえてゲーム活用の問題点というテーマで書いてみたい。

教育などへのゲームデザインの活用はゲーミフィケーション(gamification)とも呼ばれ、注目されている分野の一つである。ゲーミフィケーションとは学習にインセンティブを与えることに非常に近く、ユーザ(生徒)にポイントなどの報酬を得ることによって、彼らの学習意欲を引き出そうというものである。この報酬はゲームによって様々で、ポイントなどのクラス限りで有効なものから金銭的な報酬、はたまた社会的な報酬など様々なインセンティブが考えられる。

tomonaritが紹介した世界銀行のEvokeなどは、ゲーミフィケーションの手法に加え、ユーザをワシントンに招待してアワードを授与するなどの金銭的報酬と社会的報酬を活用しているといえる。私のいる大学でも、ゲーミフィケーションを学部生向けの授業に取り入れるケースなどもあり、例えば、そのコースのゴールをボスを倒すためのポイント(ドラクエ風に言うなら経験値)を集めることとし、そのためのポイントを宿題やレポートを通じて集めるなどの手法も(試験的ではあるが)試されている。

確かにこのやり方で生徒の興味を引くことができて、宿題やレポートをこなすインセンティブにできるのであれば、教育手法の一つとして効果的とも言える。例えば、私自身もキーボードタイピングは「特打」というゲームで敵を倒すということを通じて楽しく学ぶことができたので、その効果は実感している。

ではゲームを通じた教育というのは万能なのだろうか?という点に焦点を当てた論文があるので紹介したいと思う。この論文は米国シラキュース大学のNicholson教授が書いたもので、タイトルは「A Recipe for Meaningful Gamification(有意義なゲーミフィケーションのための秘訣)」というものである。簡単にポイントだけまとめると、

人の学習モチベーションには2つの種類がある。一つは人間に本来備わっている学習意欲(内発的動機)、そしてもう一つは外部から与えられる学習意欲(外発的動機)である。このゲーミフィケーションによるインセンティブは明らかに外発的動機に該当する。

この外発的動機(インセンティブ)というのは短期的な学習効果にはよい結果をもたらすが、長期的な学習効果にはよい結果をもたらさない。むしろ長期的には悪い方向に働く可能性もある。大きな弊害としては、外発的動機が内発的動機を上書きしてしまうケースで、その場合は、人が本来持っていた内発的動機も失われてしまう。

例えば、英語を学習したいために英単語学習ゲームを始めたとしよう。最初は英語学習を目的にゲームをしていたものの、ゲーム内のポイントを稼ぐことが徐々に楽しくなってきた。その結果、何かしらの理由でポイントが失われた瞬間に、そのゲームを続ける意欲はもちろん、本来あった英語を学習するという意欲自体も失われてしまい、英語の学習が完全にストップしてしまった。といった例などがこれにあたると思われる。

つまり、ゲーム化などでインセンティブを与えることは短期的には学習意欲を引き出すのに効果的であるが、インセンティブを得れなくなった瞬間に、もともとあったはずの学習意欲もなくなるなど、長期的に見た場合に、学習が持続的でなくなってしまう懸念がある。なので、学ぶ目的が変わってしまわないようにインセンティブの与え方には注意しよう、というのがこの論文の提言である。

個人的にもこのポイントは的を得ていると感じる。ゲームに限らず、セミナーなどに参加してもらいたいがために過剰なインセンティブを与え続けると、参加の目的自体が変わってしまい、インセンティブを与え続けない限り参加してもらえなくなる、などはよくあるケースと思われる。

このようにゲーム活用の注意点は書いたものの、私はゲーミフィケーションによる意欲の刺激という点を否定するつもりは全くないので、ゲーム要素を使った開発効果の発言には興味もあるし、今後もこのテーマはフォローしていきたい。

(冒頭のImage画像はwww.forbes.comより転載)

Nicholson, S. (2015). A recipe for meaningful gamification. Gamification in education and business, 1-20.

ゲーム for Development

 

shep%e3%82%a2%e3%83%97%e3%83%aa

Africa Quest.comより

JICA(国際協力機構)がアプリゲームをリリースした。そこで働いている立場としても、結構驚きました!そのアプリは、アフリカの農業を疑似体験出来るSHEP (Smallholder Horticulture Empowerment and Promotion)というもの。SHEPというのは、農業分野での支援アプローチのことで、市場で売って儲かる農作物を作りましょう(「作ってから売る」じゃなく「売るために作る」)というもの。このアプローチを学ぶことが出来るアプリです。このアプリの詳細は、Africa Quest.com「JICAが監修!アフリカの農業を疑似体験できるアプリ”SHEP”で遊んでみた」に詳しく紹介されてるので、是非、見てみて下さいまし。

ゲームを途上国開発に役立てるというアイデアといえば、以前、「Gameと国際協力」というタイトルで途上国開発を考えるきっかけとなるゲームをいくつかこのブログで紹介したことを思い出した。その中でも世界銀行が作ったEvokeというゲームはなかなか興味深かったので、改めてちょっと調べてみた。

このEvoke (呼び起こす、喚起する、引き起こす、呼び出す、という意味)は、いわゆるARG (Altanative Reality Game:代替現実ゲーム)というジャンルのもの。アフリカにおける様々な社会問題(女性の地位向上、災害や暴動時の緊急ネットワーク構築、食料問題への対策など)に対する改善策(Social Innovation)をプレイヤー達が考えるというもの。プレイヤーは与えられた問題の解決案作成のため、チームになってオンライン上でコミュニケーション(ブログを使ったり、映像や動画を共有したりして、各自の知識や調べたことを共有する)をとり、最終的に質の高い改善案をまとめあげる、というのがゲームのゴール。当初はアフリカの若者を対象としていたが、実際は世界150ヶ国から、援助開発業界のプロや教育者など様々な人たちが参加し、最終的な登録ユーザー数は19,324人に。

ゲームは2020年の想定でアフリカ問題に関連した色々な問題が発生する。プレイヤーはその問題解決を依頼された専門家的な立場。ゲームの期間は10週間。この期間に毎週1つの課題が与えられ(問題が発生する)、プレイヤーはそれを解決するために「学ぶ」(指定されたブログポストを読んだり)、「行動」(実在するSocial InnovatorとFacebookで友達になったり、Twitterでフォローしたり、ブログの読者登録したり)、「想像」(自分でもブログを書いたり、Social Innovationプロジェクト案を提示したり)という3つのプロセスを行う。書いたブログについてはプレイヤー同士でポイントを付与出来るので、自分のアイデアがどれくらい賛同されているかもわかる。優秀なプレイヤーは世界銀行から「World Bank Institute Certified Social Innovator」に認定されワシントンD.C.での「Social Innovation Conference」に招待されたり、優秀なプロジェクトアイデアには資金がついたり、という現実世界ともリンクしたゲームになっている。

evoke1

http:www.urgentevoke.comより

ちなみに面白かったのが、一番最初の課題は、「東京都知事が米不足に困っている」というストーリーから始まる食糧危機(ナイジェリアでのトウモロコシ不作)を解決するという点。上の漫画の吹き出しを見ると、「米のストックがあと一ヶ月で底をつく」ってなことが書いてある。

A Parallel World for the World Bank: A Case Study of Urgent: Evoke, An Educational Alternate Reality Game」という論文でこのEvokeについての考察があった。その中で、ユーザ数とゲーム開発費用の話があったので紹介したい。

 

evoke%e3%83%a6%e3%83%bc%e3%82%b6

David I. WADDINGTON (2013) A Parallel World for the World Bank: A Case Study of Urgent: Evoke, An Educational Alternate Reality Game, Revue internationale des technologies en pédagogie universitaire, 10(3), pp 42 – 56.

上記は当初目標にしていたユーザ数と実際のユーザ数の比較表。そしてゲーム開発費は500,000USD (5,000万円か、結構高いね…)。ターゲットとしていたアクティブユーザ数が700ってことは、1ユーザあたり714USDのコスト。Completeできるユーザは7名ということは、1ユーザあたり71,428USD。高すぎだろ!&7人しかクリア出来ないってどういうゲームだ?という気がする。しかし実際は目標数値以上のプレイヤーが参加したというのは救いか。

この論文を読むまで知らなかったのですが、途上国開発だけではなく、教育分野でのゲーム活用というのは結構メジャーなテーマらしい。実際、Manchester Metropolitan UniversityとUniversity of Boltonが共同でARGOSI (Alternative Reality Game, Orientation, Socialization, and Induction)プロジェクトというのを2008年にやってたりする。

「効果をどう測るか?」という課題がありそうだけど、ゲームを使った啓発・教育というのは、ICTが普及すればするほど色んな可能性がある。そういえば、EvokeにはOLPC版もあるそうな。今回JICAが作ったアプリもどういう効果をもたらすのか(どう評価されるのか?)興味深いところです。

Gameと国際協力

最近、「世界から貧しさをなくす30の方法」(田中優、樫田秀樹、マエキタミヤコ 編集)という本を読んで、援助のネガティブな面や貧困がなくならない世界の仕組みなどを改めて痛感した。日本で安価なチョコレートを食べているが、その背景にはガーナのカカオ農場での児童労働があるとか、東南アジアでは日本にエビを輸出するためにマングローブ林が切り開かれてエビ養殖池になっている(タイのマングローブ林は20年間で半減)とか、といった話。映画「おいしいコーヒーの真実」を見たときのような感じ。

また、「国際協力師になるために」(山本敏晴著)という本を読んだ(面白かった。細かい内容はここでは書かないので、興味がある方は、是非、喚んでみて下さい)。その中で、著者がやろうとしていることが3つ書かれていた。その3つとは、以下の通り。A.「プロの国際協力師の養成」、B.「企業の社会的責任(CSR)の推進」、C.「賢い消費者を育てること」。そして、そのためのアプローチとして以下の3段階が紹介されていた。

  1. きっかけの提供
  2. 最初の一歩
  3. 意味のある活動の考え方の紹介

今日、テレビを見ていたら戦場カメラマンの渡辺陽一が戦場やその他の途上国ことなどを紹介していた。こういうのも、国際協力の世界に興味を持つ「きっかけ」になるのだろう。本からの情報やテレビからの情報によって、国際協力や途上国のことに関心を持つというのが、「きっかけ」としては多いのだろうと思う。24時間テレビとか。

そんななかで、今後はコンピュータゲームも国際協力に関心を持つ「きっかけ」になっていくのかなあと感じる。MIT Global Challenge というMITの学生を対象とした企画コンテストで、途上国の水問題を解決するためのオンラインゲームを開発するチームが賞を受賞した(賞のレベルは賞金が10,000USD 、7,500USD、5,000USDと3種類あって、このチームが受賞したのは5,000USDの賞)。このゲームはAQUAという名前で、タンザニアのある村をサンプルに、ゲームにその村の実際の水問題が出てきたり、その村の住民が映像で出てくる。プレイヤー達は実際の問題を改善するためにゲームを通じて寄付したり、アドバイスしたり、改善の経過をモニタリングしたりすることが出来る仕組み。Youtubeの映像を見る限りは、ゲーム自体は面白くなさそうだけど、アイデアが評価されたのかと思う。

関連して、そういえば似たようなオンライゲームの話が以前InfoDevのサイトにあったことを思い出した。Evokeというオンラインゲームだ。自分は参加していないので詳細はわからないけれど、アフリカにおける様々な社会問題(女性の地位向上、災害や暴動時の緊急ネットワーク構築、食料問題への対策など)に対する改善策をプレイヤー達が考えるというもの。プレイヤーは与えられた問題の解決案作成のため、チームになってオンライン上でコミュニケーション(ブログを使ったり、映像や動画を共有したりして、各自の知識や調べたことを共有する)をとり、最終的に質の高い改善案をまとめあげる、というのがゲームのゴール。当初はアフリカの若者を対象としていたが、実際は世界150ヶ国から、援助開発業界のプロや教育者など様々な人たちが参加し、ユーザー数は18,500人になったという。さらに、最終的に質の高い改善提案については、Globalgivingというサイトで紹介され、それを実施に移すための資金集めまで行われている。以前から、Globalgivingについてもブログに書きたいと思っていたので、ついでに紹介すると、P2Pファンディングで有名なKivaの途上国開発プロジェクト版みたいなサイト。いくつもの開発プロジェクトがリストアップされていて、自分が気に入って支援したいと思うプロジェクトがあれば、寄付出来る仕組み。イースタンリーの「傲慢な援助」のなかでも、政府を通すことで弊害が起きる公的援助に対してダイレクトな援助の方法として紹介されている(435ページ)。Evokeは今は一旦お開きになって2011年中にまた新シリーズが始まるらしいので、そのときは自分も参加してみたいと思う。

このように、今後は国際協力に興味をもつ「きっかけ」の1つにゲームも加わっていくのかと思う。とはいえ、ゲームはあくまでも「きっかけ」や「最初の一歩」。今日見た渡辺陽一のテレビでアフガニスタンの戦場で、アメリカから操縦されている無人飛行機が爆弾を投下しているシーンがあった。アメリカにある清潔なオフィスで、テレビ画面の前に座っている兵士がその飛行機の操縦に使っているコントローラは、まるでゲーム機のコントローラそのもの。ゲーム感覚で戦争やってるように見えてしまった(実はそうじゃないのかもしれないが)。
途上国開発も、現場に行って見なければ本当のことはわかりっこない。
とはいえ、AQUAやEvokeの取り組みがどう発展していくのかは興味深いところだ。

Gold Farming とICT4D

このブログでも元ネタとして良く使わせてもらっているICTs for Developmentというブログで、Gold Farmingについての記事がありました。Gold Farmingというのは、ネットゲームでのアイテムを販売することを意味する言葉。自分はゲーム自体をほとんどやらないため、正直詳しくないのですが、ネットゲームでのレアなアイテムなんかを他のユーザに販売して現金を得るビジネスがあるのは聞いたことがありました。eBayなんかのオークションサイトでゲームのアイテムが売られているようです。あと、Gold Farmingとはちょっと違うけど、ゲームのプレイヤーのレベルを上げるアルバイトなんかもある。

ゲーム会社の意向は置いておいて、このGold Farmingが途上国に済む人々が現金収入を得る手段となる可能性があるということを、ICTs for Developmentブログは指摘している。確かに、先進国でゲームのアイテムが販売されている価格と途上国での物価水準を考えると、ビジネスとして「ありえる」ような気がする。Gold Farmingと途上国開発についての研究はまだあまりされていないようですが、ICT4Dの一側面として面白いテーマだと思う。