タグ別アーカイブ: セミナー

公開セミナー「オープンイノベーションと開発」

フィリピン3Dプリンタ

フィリピンで3Dプリンタで作られた 地元業者向けの石けんの型(JICA研究所Webサイトより)

JICAで開かれる公開セミナーのお知らせです。
以下、JICA研究所のウェブサイトからの抜粋です。関心のある方は参加してみてはいかが?

20159月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030年アジェンダ」でも、ICT利用の拡大とグローバルに人や組織がつながることが、人類の進歩を加速し知識社会を発展させると期待されています。具体的に「持続可能な開発目標(SDGs)」では、目標 8(成長と雇用)、目標 9(インフラと工業化、イノベーション)、目標17(実施手段・パートナーシップ)で、科学技術イノベーション(STI)の促進が取組み目標として掲げられています。

開発途上国の経済・社会開発では、新たなアプローチによる発展が求められています。従来型の工業・産業形成路線とは異なる、ソフトウェアやサービスのイノベーションを軸とする「オープンイノベーション」が、新たな可能性を発揮すると期待されています。特に市民レベルで展開されているデジタル工房「ファブラボ」は、「オープンイノベーション」の一形態であり、地域開発と産業開発の促進に大きな可能性を秘めていると見られています。「オープンイノベーション」は草の根レベルにとどまらず、製造業やサービス産業における企業間、企業・ユーザー間、産学官間でも起こり得ます。

このような背景から、JICA研究所は、20159月に「オープンイノベーションと開発」研究会を発足させ、開発経済学およびイノベーション分野における国内を代表する有識者に御協力頂き、4回の研究会を開催してきました。研究会での議論と今後の発展可能性に関するアイディアをまとめた成果品ペーパーをドラフトしたのを機に、公開セミナーを開催し、広く一般参加者からもフィードバックをいただく機会を設けたいと思います。

日時:2016年3月23日(水)
場所:JICA市ヶ谷ビル 6F 600会議室
参加費:無料
プログラム(予定):

  • 930 受付開始
  • 1000 開会挨拶 (JICA研究所長 畝 伊智朗)
  • 10:0510:25 プレゼンテーション「オープンイノベーションとファブラボ(仮題)」
  • 10:2510:40 プレゼンテーション「オープンイノベーションと開発(仮題)」
  • 10:4011:00 プレゼンテーション「JICA事業へのインプリケーション(仮題)」
  • 11:0011:55 パネルディスカッション
    「オープンイノベーションが途上国にもたらす可能性」
    モデレーター: 会津泉(多摩大学)
    パネリスト(予定、五十音順):
    実積寿也(九州大学)、田中辰雄(慶應義塾大学)、田中浩也(慶應義塾大学)
    徳島泰(慶應義塾大学)、山田浩司(JICA)、渡辺智暁(国際大学)
  • 11:55 閉会挨拶 (JICA研究所長 畝 伊智朗)

申込方法:下記のサイトから申込下さい
http://jica-ri.jica.go.jp/ja/announce/post_270.html

以前、自分が企画した公開勉強会「インターネットと今後の途上国開発の関係を考える」にもゲストとして来て頂いた会津先生や、FabLabの第一人者の田中先生など、自分も日本に居たら参加したいところですが、残念ながらガーナにいるので無理です・・・。
そう言えば、JICAで「開発途上国における情報通信技術の適用にあり方に関する調査」という調査が行われて2015年10月に報告書が完成され、ウェブでも公開されています。網羅的にJICAとICT4Dを捉えている報告書なので、この分野に関心のある方には一読することをオススメします。

 

ICT4Dセミナー ~情報通信技術が開発援助の世界を変える~ @JICA関西

ICT4DセミナーinJICA関西

JICA関西で上記のイベントがあります。「バングラデシュでドラゴン桜」で有名なe-Educationと、ICT4Dイノベーション修士コースを開設する神戸情報大学院大学が独自の取り組みを紹介します。そして、自分も登壇させてもらい、ICT4Dについてこれまで学んできたことやJICAプロジェクトの紹介をします。これまでも、SVP東京さん日本エチオピア協会さんのイベントでICT4Dについての話をさせてもらいましたが、今回は今までで一番時間をもらったので、来ていただいた方達と一緒になって、ICT4Dプロジェクトの課題などを議論出来るような内容にしたいと考えています。関西方面でICT4Dに関心のある方には、是非、お越し頂けれと願っています!

ICT×障害者支援に関するセミナー

 前回の投稿で紹介した「ICT×障害者支援」の公開勉強会@JICA(2月28日)に続いて、同じ分野でのカフェ・セミナーのご案内です公開勉強会の講師と同じ米国ミシガン大学のJoyojeet先生によるセミナーです。ご興味ある方は是非!(ちなみに、2月28日の更改勉強会もまだ申込み可能です)。

バリアフリー・カフェセミナーのご案内
日時: 2012年3月1日(木) 午後3時~4時半
場所: 東京大学駒場IIキャンパス 先端研14号館1階カフェ
講師: Joyojeet Pal博士(ミシガン大学講師)
題目: Technology in the Developing World
(途上国におけるテクノロジー)

要旨:
これまで技術製品は世界人口の10%程度を占める先進国にいる富裕層向けのものばかりであった。途上国を含め,残り90%の人々が構成する莫大な市場に向けた技術開発およびそれを実現するためのイノベーションが現在求められている。一方,携帯電話のようにすでに途上国の地方を含め世界中に浸透する技術がある。また,インドやベトナムのように情報技術を柱に研究開発の先頭に立とうとする新興国も登場してきた。本セミナーでは,先端の医療技術を極めて安価にかつ多数の人に提供することに成功したインドのAravind Eye Hospital等の例を交え,先端科学技術を途上国に広める上でカギとなる要素について,これまでの研究結果を交えて紹介する。

※ 参加申込みは不要です。当日どなたでもご自由にご参加ください。

講師略歴:
1996年 ムンバイ大学経済学部卒業
2002・2004年 カリフォルニア大学バークレー校大学院修士課程修了
Group in Asian Studies
School of Information Management and Systems
2008年 カリフォルニア大学バークレー校大学院博士課程修了
Department of City and Regional Planning
2008年 ワシントン大学Dept. of Computer Science and Engineering
Postdoctoral Research Associate
2009年 コロラド大学ボールダー校ATLAS Institute
Professional Research Associate
2010年 ニューヨーク工科大学Department of Technology Management
Visiting Assistant Professor
2011年 ミシガン大学アンアーバー校School of Information講師
この他,Sun Microsystems (2002),Microsoft (2003),Hewlett Packard (2004),Ricoh Innovations (2006),Global CSR Associates (2006, 2007)など,多数のグローバル企業との研究にコンサルタントとしてこれまで携わる。Microsoft社が「Mouse Mischief」の名称で製品化した研究開発では,その中心的役割を果たした。この技術により,PowerPoint教材を複数のマウスで生徒が共有してインタラクティブに学ぶことが可能となった。UNやUNESCOが主催した途上国向け技術に関する国際会議等にて多数の招待講演を行う。

ICD4Dについてのセミナー・シンポジウム情報

以前tomonaritの投稿に、ICT4Eの会議がタンザニアで2011年にある、と投稿がありましたが、
そういえばどのくらいあるんだろう・・・
日本ではないのかな・・・
と思って自分の分かる範囲でちょっと調べてみました。

1.日本
 どうも情報が少なく、近年では行政関連のものしか見つかりませんでした。

  • ICT国際協力セミナー(2010年5月、東京)
    こちらは総務省主催でICT分野の国際協力というドンピシャなテーマで行われたセミナーです。私は参加できなかったのですが、またあったらぜひ参加したいですね。
  • APEC 電気通信・情報産業大臣会合(2010年10月、沖縄)
    アジア大洋州地域のICT関連大臣の会議があるようです。この会議自体は政府ハイレベル向けでしょうけど、このイベントに併せて催しが沖縄であるとかないとか・・
  • 災害・危機管理ICTシンポジウム(2009年、横浜)
    ICTと国際協力というテーマではありませんが、ツールとしてのICTということであればこのシンポジウムのように幾つかありそうでした。

2.世界
 こちらは色々なところでイベントがあるようです。

  • ICTD2010(2010年12月、イギリス)
    UNESCOが支援しているICTと開発についての会議です。今回で4回目とのことで(過去はアメリカ、カタール、インド)、世界中の関連学者が集って発表・議論をする場になっているようです。
  • EA-IGF(2010年8月、ウガンダ)
    こちらは東アフリカにおけるインターネット関連の会議です。East Africa Internet Govenance Forum。この会議のように、途上国におけるICTの会議というのは開発がテーマではなくても、自動的に開発につながるものになりますよね。
  • CPR-south(2010年12月、中国)
    アジア大洋州地域のIT政策について学者たちが論ずる場として今年で5回目になります。昨年はスリランカで今年は中国(西安)です。私も参加するかもしれません。
  • その他
    ちょっとURLは見つかりませんでしたが、2010年9月に、マレーシアでASEAN主催の「ICTと地域開発」といったテーマのシンポジウムをやるという情報があります。

もっと日本でも官民(政府、NGO、民間企業など)問わず情報共有できる場が生まれてくるといいですね。