タグ別アーカイブ: バングラデシュ

本の紹介「グラミンのソーシャル・ビジネス」

グラミンのソーシャル・ビジネス

大杉卓三、アシル・アハメッド著「グラミンのソーシャル・ビジネス」という本の紹介です。大杉先生とは神戸情報大学大学でお会いして、そのときにこの本を頂きました(どうもありがとうございます!)。大杉先生といえば九州大学などで日本でグラミンとの連携を牽引する第一人者として知られていますが、流石、いろいろと「グラミン=マイクロファイナンス」だけじゃない視点から興味深い情報満載でした。

グラミンの取組は、ICTに絡まない活動(例えば、グラミン・ダノン(ダノンヨーグルトの仏ダノン)とか、日本との連携で言えば、グラミン・ユニクロやグラミン・雪国まいたけ等)も多くありますが、自分自身の備忘録的に、この本からICT関連の取組を以下まとめてみました。

  • グラミンフォン

言わずと知れた携帯電話事業。グラミンフォンはテレノール、グラミン・テレコム、丸紅、ゴノフォンが出資して誕生した。この本を読むまで、ノルウェーのテレノール(←最近はミャンマーの通信事業者に参入するって話題で良く耳にします)や日本の丸紅が出資していたということを知らなかった。しかも株式の61%をテレノールが保有しており、グラミン・テレコムは38%だったとは。
グラミンフォンの取組は「ビレッジ・フォン・プログラム」や「ビレッジ・フォン・レディ」、このブログでも以前紹介されている「インフォ・レディ」など良く知られているので説明は不要かと。面白いのは、「ビレッジ・フォン・レディ」の発送は、牛を携帯に置き換えたという点。マイクロファイナンスで資金を借りて牛を購入し、牛乳を売って返済するというモデルの牛が携帯になったということ。ICTを使ったサービスといっても「牛→携帯」の置き換えがアイデアになっている。他にもこういう視点で新しいICTサービスが出来そうな気がする。
その他にも、「コミュニティ・インフォメーション・センター」というテレセンター的な事業もやってる。(グラミン・テレコムとグラミン・コミュニティも共同で「グラミン・インフォメーション・キオスク」ってのをやっている)

  • グラミン・シャクティ

太陽光発電システムなどの販売をしている。1464支店を持ち1万1000人を雇用している。また、グラミン・テクノロジー・センターでは、女性を対象に太陽光発電システムの部品製造やメンテナンス等の技術指導を行い雇用創出を実施している。ソーラーパネルには日本の京セラ製品が使われているという。
知らないところで日本企業の製品が頑張っているんだなぁ。

  • グラミン・インテル・ソーシャル・ビジネス

CPUメーカーの米インテルとの合併企業(2009年設立)。インターネットや携帯電話を使ったソーシャル・ビジネスをインドとバングラで展開。母子保健のプロジェクト等を実施しているという。
インテルといえば、Classmate PCとかOLPCからの撤退(Classmate PCと競合しちゃうからね)といったようにICT4D分野でのアクターの一者であるものの、あまりパッとしないイメージでしたが、グラミンとの合併企業もやっていたとは。

  • グラミン財団テクノロジー・センター

ICTを活用した貧困削減についての研究所。AppLabというプロジェクト(Application Laboratoryの略)をウガンダ、ガーナ、インドネシア、ラテンアメリカ、カリブ海地域で展開。AppLabは、モバイル・アプリやサービスの開発を行って、地域の開発課題へのソリューションを提供しようとしている。以前、このブログでもウガンダのプロジェクト例「Community Knowledge Worker」を紹介してましたが、農業分野以外にも、モバイル・マネー、ヘルスケア、マイクロフランチャイズ(小規模企業支援)、といった4分野でプロジェクトを行っている。
特にヘルスケア分野では、今度自分が行くガーナの例が取りあげられていたので紹介したい。
MOTECというプロジェクトで、妊婦を対象とした情報配信&カルテ情報管理を行っており、USAIDやゲイツ財団などの支援を受けている。また、ガーナでは世銀の母子保健プロジェクト「Every Woman Every Child」の助成金で、携帯を活用した母子保健ソーシャル・ビジネスモデルの開発も行っているという。

以上、本からの情報をICT4D絡みでまとめてみました。
これからガーナに行くので、意外とガーナでも活動されているというのが個人的には最も関心が高いところ。こういう取組がどういう結果になっているのか実際に知ることが出来たら面白そうです。

しかし、知れば知るほどグラミンの凄さをに驚きます。この本を読んでみて、自分もそれになり知っているつもりでいたのですが、それでもかなり知らないのだということに気づかせてもらいました。

日系コンサルがバングラにて人材育成ビジネスを開始

最近エチオピア関連が続いているので、負けじとバングラデシュネタをアップ。

バングラビジネスパートナーズという日系の企業が、バングラデシュの教育機関とタッグを組み、海外で活躍出来るIT人材育成をビジネスとして行うことを調印したという記事を紹介する。

http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20131002/508502/?ST=china

JICAの行っているIT資格試験プロジェクトのことにも触れていただいており、今バングラデシュにはこのようにIT人材を育てたいという日本人、バングラデシュ人に日本語教育を行いたいという日本人、そして我々のようにIT資格を導入しようとする日本人と集まってきている。皆ITというキーワードで日バの架け橋とろうという思いは同じであり、うまくWin-Winで連携して行ければと思う日々である(もちろんこの記事の岡崎さんとも何度か意見交換済み)。

バングラ×IT×日本の情報のハブになりたいと日々思っているので、このキーワードで来バされる方がいましたら、ぜひご連絡・JICA事務所へご来訪いただければと思います。(連絡先はブログ著者紹介のページにあります。)

ついにバングラデシュに3Gが到来

ついにバングラデシュに3G到来!

日本ではやれLTEだやれ4Gだと言われているが、ここバングラデシュはまだ第二世代である(日本でいうiモード時代)。その電波でスマホを使うのは宝の持ち腐れ以外の何物でもなかった。

そのバングラデシュ、これまで何度も3Gの話が出ていたのだが、政府の提案するライセンス料の高さに民間企業がボイコットを続けており、膠着状態に陥っていた。

それがようやく妥結となり、めでたく大手四社が年内にも3Gを導入することとなった。この3Gの周波数帯ライセンスを買うために大手四社が払った総額はなんと500億円にも上る。この額、一体どこに行くのであろうか。年末と言われる選挙資金に流れないことを祈るのみである。

前置きが長くなったが、私は3Gの全国規模での導入は、開発という観点ではとんでもなく大きな影響を与えうると考えている。

まず、1億5,000万人の人口のうち、まだインターネットにアクセスしているのは800万人であり、ほとんどが携帯通信である。スマホの普及と共にこれが爆発的に増加し、大きなビジネスチャンスが生まれる。

地理的な観点でも、都市部ではWimaxなどのブロードバンドも普及しているが、地方部ではまだまだネットワークは細い。当然ADSLも光ファイバーも来ていない。そこに3Gが入るということは、一気にブロードバンド化が実現する。携帯だけでなくパソコンもこの3G電波を使うことになる。

つまり、SMSだけの地域にストリーミングが発生し、リッチコンテンツがダウンロードできるようになり、SkypeなどのTV電話ができるようになる。

これは教育、保健などの分野ではメディア教育、遠隔医療など大きな可能性を秘めたものになるし、ビジネス分野でも民間企業のソフト•アプリ分野の進出を後押しすることになる。

iモードからスマホへ。3G導入によって何が起きるのか、今から楽しみである。

バングラデシュに交通ICカード導入(その1)

現在バングラデシュにて初の試みとして交通ICカード(SUICAやPASMOのようなもの)を導入しようという動きがあり、JICAがプロジェクトを実施している(私が担当)。これまでJICAが行ってきた種類の支援とはやや異なり、ビジネスベースでの進出を検討していた民間企業とタッグを組んでのプロジェクトを行うという形である。最近メディアへの露出も増えてきており、このブログでも紹介しておこうと思う。

まず、昨年いっぱい実施していたプロジェクトの概要としては、バングラデシュの国営バス会社にSPASSと呼ばれるICカード(Felicaタイプ)を試行的に導入するというものであった。
<SPASS>
pct_index_5

パートナーとなったのが、日本のソフトウェア企業である(株)N-wave。きっかけとしては、社員として雇っていたバングラデシュ人を通じて既に国営バス会社のチケット販売を受注していたN-wave社がICカードへ広げるアイディアを持っていたことと、JICAがダッカの交通事情に問題意識を持っていて、そこがうまくマッチしたと言える。

プロジェクトの現場・イメージについては、日本で報道された番組が分かりやすい。

このプロジェクトの面白い点としては、バングラデシュ初のICカードということもさることながら、意外なその結果にある。バス会社への試行導入をして数ヶ月、プロジェクトメンバーから意外な報告があった。

その内容は「バスの利用人数は導入前後で変わらず・平均利用区間も変わっていないのに、ICカード導入バスの売り上げが増えているんです。」ということ。

どういうことかわかるだろうか。

これまではチケット売り場(売店)でチケットを買い、バス乗車時に車掌に渡して乗っていた。しかし、一部の人はチケット売り場でチケットを買わず、車掌に(通常料金よりやや安い)現金を渡していて、その金はそのまま車掌や運転手のポケットマネーに消えていた。この行為がICカードを導入したためできなくなり、多くの人が通常料金を払うようになったことにより売り上げが急増したということである。

つまり、ICカードを導入したことにより、顧客の利便性向上のみならず、汚職対策という二次的な効果がでたのである。

そういった結果が数字として出たことにより、バス会社も本格的な導入を検討することになり、JICAによるプロジェクト終了後もビジネスベースでN-wave社に業務委託を行い、現在も国営バスでのICカード運用を続けている。

JICAとしてはこれで終わりではなく、バングラデシュのデファクトスタンダードとして利便性の良い交通システムを導入しこの劣悪な交通状況を改善すべく、そして日本の技術であるFelicaを浸透させるべく、次の手を打っている。

鉄道、高速バス、モノレール、統合精算機関設立と道(夢)はまだまだ長い。

今後の動きについては、その2、で述べようと思う(時期は未定。現在立ち上げ中のプロジェクトの成果が出た頃??)。

オンライン決済は国境を越えない?

バングラデシュの新聞にWalleto(http://walleto.com.bd)というオンライン決済サービスの記事があった。カード決済なんていまや国も関係なくできるじゃないか、欧米企業には勝てまい、と思って読んでみると、色々な事情があることがわかった。

おそらくWalleto社が提供する、「HPに簡単な手続きでオンライン決済システムを入れますよ」というサービスは世界中に多数存在する。しかし、それがバングラデシュの企業にとって、バングラデシュ発のサービスであることのメリットが確かに存在する。そのうち幾つかを挙げてみる。

1.その国で主に使われている送金システムは??
 世界的にメジャーなものはVISA, Masterであるが、国によって他にも必要不可欠なものがある。例えば日本だとJCB、ケニアだとM-PESAなど。このバングラデシュでもBRAC Bank Debit Cardなどバングラデシュにしかないが普及しているものがあり、世界統一サービスで展開していてはそれらのニーズを全て満たすのは非常に困難である。

2.サイトの信頼性などの確保
 技術的にサイトに決済システムを組み込むことなどは簡単であるが、そのサイトの信頼性などの審査等々は遠隔地から行うことはなかなかに難しい。バングラデシュのサービスであれば、ベンガル語のサイトであれ審査を行うことが可能になる。

3.治安などによるニーズの違い
 記事ではバングラデシュなどで現金を持つことによる強盗リスクなどが普及の一員になっているとあり、確かに高額な送金のための決済や、治安リスク回避のための決済など、国・地域によって求められるサービスは変わってくる。

インターネットの普及によりボーダレスな時代に突入はしているものの、やはり国ごとの事情が異なることによるサービスの違いというのは依然として存在することを改めて感じた。特に言語の壁がある国(日本・中国など)ではよりそれが顕著であろう。

バングラデシュでようやく3G化に向けた動き

先進国では最近は4GやらLTEやらで盛り上がっているが、ここバングラデシュではまだ2Gサービスしかやっていない。しかし、ようやく3G化に向けた動きが出てきている。
日本の総務省にあたる省庁の次官によると、年内にはガイドラインを作成し、2013年1月か2月にはアクションを取るとのこと。
具体的な周波数帯や価格についてもグラミンフォンやバングラリンクなどの携帯キャリアと協議を始めている模様。

新聞だと、これによりビデオトークやブロードバンド通信が可能に!とあるが、先進国はすでに次のステップに移っていることもしっかりと認識して欲しい。

バングラデシュの携帯電話がほぼ一億に

本日はバングラデシュにおける携帯電話の話を書きたい。
現地紙によると、バングラデシュでは携帯電話ユーザが急増しており、2012年9月時点で約9,500万とのこと。昨年12月より一年足らずで約1,000万増えており、驚くべきスピードと言える。

この数字については、ユーザ数ではなくSIMカード販売数とのことではあるが、8割のユーザは一つのSIMしか持っていないとのことなので、7〜8,000万人程度は携帯電話を持っていることになる。バングラデシュの人口が1億6,000万人くらいなので、実普及率50%といったところか。

最貧国と言われるバングラデシュですらこの程度普及しているという携帯電話。BOPビジネスとして、これまでの最も成功したものであるだろうし、今後これを越えるBOPビジネスは出ないであろう。逆に言うと、携帯電話ユーザをターゲットにしたビジネスというのは可能性は大きいのではないだろうか。

話がややそれたので、バングラデシュの携帯電話に戻す。
9,500万契約のキャリアごとの内訳だが、以下の通り。
一位 グラミンフォン 41.67%
二位 バングラリンク 26.95%
三位 ロビ 21.09%
この上位三社で、シェアの9割程を占める。

ここで驚くのが、三社とも民間企業であり、国営のTeletalkは完全にシェアを失っているということである。通常どこの国でも、(元)国営企業が既得権を守り、シェアのトップにいるケースが多い。そうじゃないのがバングラデシュらしい。

トップのグラミンフォンは、社会起業家の憧れ、モハメドユヌス氏が作ったグラミン銀行の子会社である。グラミン銀行の説明は関連HPも無数にあるであろうと思われるので割愛するが、農民や貧困層にターゲットを当てた銀行である。

グラミン銀行では、携帯電話を農民支援のツールとして昔から注目をしていて、グラミンフォンについても農民に携帯電話を持たせ、公衆電話のように利用してもらうサービスなどを行い、貧困層の所得向上に貢献してきた。そのような草の根の活動の成果もあってか、現在のシェアまで上り詰めている。

ICT4Dを志す私としても、このようなグラミン銀行の先見性、携帯電話の活用などは興味あるところであり、今後も成功の秘訣など調べて行きたい。