タグ別アーカイブ: ビジネス

アフリカビジネスニュース

アフリカビジネスニュースというWebサイトがあります。その名のとおり、アフリカビジネスに関連する情報が日々更新されています。
ICTに特化しているわけじゃないけど、見ていると思いのほかICT関連のニュースが多い!残念ながら、その大半は日系企業ではなく欧米の通信事業者(特に携帯電話)の取り組み紹介だったりするのですが、非常に面白いです。日本語でこんなに情報が取れるサイトがあるのは、かなり便利。参考までに最近掲載されていたICT関連ニュースをピックアップしてみますと・・・

どうでしょ?タイトルを見ただけでも、思っているよりもアフリカのICTって進んでる!って思いませんか?

FOSSビジネスについて

OSS2012@チュニジアに行ってきました(写真は自分のプレゼンじゃないです)。ICT4D分野に興味を持ちつつも、FOSSというテーマについてはそれほど関心がなかったのですが、今回の会議に参加してみて、改めてFOSSも非常に奥の深いテーマなのだと実感しました。会議では、Google、マイクロソフト、Samsungからの発表者もいて、民間企業もこの分野には関心が高いのだと改めて感じました。あまり多くのセッションに出席したわけではないのですが、いくつか出たセッションを通じて感じた点を以下ご紹介。

複数のセッションのテーマでビジネス×FOSSというテーマが取り上げられていました。特にこの分野ではアフリカやカリブ諸国といった途上国という背景でのFOSSビジネスについての発表がありました。

確かにFOSSはライセンス料の問題がないし、オープンソースなのでビジネスを始めるハードルが低いと言える。なんとなく初期費用が少なくて済むICT分野での小規模ビジネスで、さらにFOSS関連のビジネスならば、途上国のICT産業を盛り上げるドライバーになる可能性は考えられそう。とはいえ、問題はある。
FOSSは一部のサーバ製品を除いてはあまり普及していない。そのため、「普及していない→(FOSSユーザ企業が少ないので)ビジネスにならない→(ビジネスにならないので)FOSSを扱うベンダーが誕生しない→(FOSSベンダーが少ないので)FOSSユーザ企業が増えない→普及していない」というスパイラルが存在し、これが問題である。一部の国では、政府がFOSS利用を推奨する政策(政府自身がFOSSユーザとなるなど)をとっている国もあるが、途上国では政府がFOSSを利用するように推奨しても、対応可能なベンダーが限られていれば、普及も限られてしまう。結局、ICT産業においてどうやってFOSSビジネスクラスターを育成・熟成出来るかが途上国でのFOSSを利用のポイントである。今回、その解決策については、政府の政策次第という話しか聞けなかったが、これが上手いこと出来れば途上国のICT産業発展においてFOSSビジネスが果たす役割は大きく、また、これまで先進国にはなかったモデルとして発展したら面白いと感じた。

これまでFOSSというテーマは技術的分野だと思っていたけれど、途上国のFOSS利用というのは、このように政策的な要素が強いということに気づけた点をはじめ、この分野の日本人研究者の方々とお知り合いになれたことなど、今回の会議に参加出来て非常にためになりました。

アフリカの携帯アプリについて

ケニアの庶民の足として使われているのはマタツというミニバス。ワゴン車にギュウギュウ詰めになるほどお客を乗せて、ナイロビを走る。そんなマタツがひしめくナイロビ市内は、なかりの渋滞らしい(←マタツについて書いてある、あるブログより)。自分はナイロビに行ったことがないので、実際には知らないのですが、エチオピアのアジスアベバでも同様に庶民の足はミニバスで渋滞もかなりのもの。なんとなくイメージはわく。

そんなマタツをどう乗り継げは効率的に目的地に行けるか?というニーズに応えてくれるスマホアプリがある。その名も、マタツ・ナビゲーション・システム「MATNAVI」。なるほど、便利そうだなぁ。アジスアベバで同様なアプリがあったら使いたいところだ。

そういえば、以前このブログでもケニア政府がローカルコンテンツ作成支援をしているという記事を書いたが、そんな政府の支援もこういったアプリの誕生の背景にはあるのかもしれない。また、低価格のスマホが普及したのもケニアは早かったのだろう。さらに、これまた以前に紹介したネタですが、ケニアに住むウガンダ人が開発したiCheki(スワヒリ語でI seeという意味)という、タクシーの場所がわかる機能を持つ携帯アプリが、2010年にヨーロッパでの携帯アプリコンテストで賞をとったこともある。ケニア、やるなぁ。

現地ならではの便利アプリってのは、探してみたら色々ありそうで興味深い。それぞれの国独自の社会・経済・文化といった面が反映されているのだろう。そのうち、「携帯アプリから紐解くお国文化」的な研究をしたら、本でもかけそうですな。ちなみにエチオピアでは、独自のカレンダー(エチオピア暦)が使われており、1年は13ヶ月、新年は9月11日。さらに西暦2012年の現在はエチオピア暦では、2004年。このグレゴリ暦とエチオピア暦を変換するアプリ(携帯用じゃないけど)がありました(エチオピア人じゃなくて日本人が作ったのかな・・・)。

と、そんな感じで各地域特有のアプリは面白いなぁと思っていたら、携帯電話会社のOrangeがアフリカでスマホアプリコンテストをやっているというニュース“Apply now for the Orange African Social Venture Prize”を発見。優秀者には10,000〜25,000ユーロの賞金と6箇月間の事業支援サポート(事業化コンサルやIT専門家からの支援)が付くというもの。昨年度は、以下の3件がWinner。

  • Horticultural Tele-Irrigation: a Nigerien project that puts mobile technology in the hands of horticulturalists
  • Agasha Business Network: a Ugandan community-based e-commerce platform that promotes small African businesses to the global market
  • Kachile: an Ivory Coast e-commerce start-up for African craft products

アフリカ進出を検討する日本企業も増えてきたというような話を耳にする。そして、進出したいけどどこから手を付けるべきか・・・と悩んでいるケースもあるようだ。特にアフリカ×ICTという一見ありえなそうな分野ではなおさらリスクがありそうで敬遠されがちかも。でも、進出を検討する際には、このようなアプリコンテストとかビジネスプランコンテスト的なものから入っていくのも、ローリスクな始め方としてありじゃないかと思った。

アフリカでの携帯アプリコンテストは、世銀やグーグルなんかもやっているので、新しくはないけど、逆にいえば、それだけ受入られ易いと言える。例えば、アフリカ進出の取っ掛りがほしい日本のICT企業は、携帯アプリコンテストを実施すれば、応募してくるアプリやビジネスプランの種類や質から、現地のことを知ること(マーケティング情報を得ること)が出来るし、Orangeのように優秀者のビジネスを支援することで、その人(優秀賞をとった起業家や学生など)を現地ビジネスのパートナーに育てられるかもしれない。また、そいったコンテスト&支援を会社のCSR活動として位置づけてやれば、それなりのアピール効果もあるかもしれない。さらに、ターゲットとして想定している国の政府機関(経産省とか商工会議所みたいな機関)を巻き込んで実施出来れば、色々な面でより効果的かもしれない。実際に、Orangeやグーグルをはじめ欧米企業が取り組んでいるけれど、日本企業にとってもこういった小さく始める方法も可能性としてありだと感じた。

【本紹介】アフリカビジネス入門

最近、仕事環境が変わったため、なにかと忙しくブログ更新をサボっておりました。久々の投稿です。
アフリカビジネス入門」という本を読んだ。著者は以前このブログでも紹介した東アフリカ・ソーシャルベンチャー・プロジェクトを展開している芝陽一郎氏。Rising Africaというアフリカの今を伝えるWebサイトもやっている方です。昨年実施したオフ会でお会いしたときに、そのうちアフリカビジネス本を出版すると言っていたので、発売後、早速買って読んでみました。

アフリカ滞在経験があり、さらにアフリカビジネスに興味がある自分にとっては非常に面白くためになる内容でした。特に、ICT分野に関する情報が多く、
“IT大国インドのインターネット利用者数8100万対して、アフリカは1億1093万人と、利用者数はアフリカ全土の方が多く、利用者の成長率もインドを上回っている。(p47)” とか、
“情報通信分野については民間資金からの流入も相次いでおり、同分野の民間の投資割合は46%と他業種に比べて圧倒的に大きい。(p158)”
といった分かりやすい記述で、様々なデータを用いてアフリカの可能性を説明しているところが素晴らしい。色々なメディアで、アフリカの可能性や携帯電話の急速な普及に代表されるアフリカのICT分野の可能性といったことを耳にしているけれど、まとまったかたちで裏付けとなる最近のデータとともに分かりやすく説明されている本は日本語ではなかなかないんじゃないだろうかと思った。

もう一つ読んでいて共感出来た&勉強になった点としては、アフリカでビジネスをやる「厳しさ」についてだ。ケニアナッツカンパニー創業者からの「絶対に騙されると思え!」という言葉や、著者自信がケニアでのビジネスに取り組むなかで経験した厳しい現実(→“アフリカで投資をする場合に考慮しなければならないのは、貧しさゆえの底なし沼的な恐怖だ。(p192)”という表現が印象的だった)についての内容だ。

自分はビジネスをしたことはないけれど、エチオピアにいた頃にエチオピア人にお金(現地人にしては高額)を貸したり(勿論、まだ返ってこない)、土地を購入したり(役所への賄賂や前地主との交渉で揉めたり)、家(現地的な家ですが…)を立てたり(仕事を依頼した現場監督と揉めたり)、とお金に絡む難局(本に書かれているような規模と比べれば、かなり小さな話ですが…)を経験したことから著者の主張に非常に共感出来たし、そこで成功をおさめるためには相当の覚悟が必要なのだと改めて感じた。

この本を読んで、もっと考えさせられたことは沢山ある。例えば、(この本のオビにちょっと前に読んだ「援助じゃアフリカは発展しない」(ダンビザ・モヨ著)という本の紹介が書いてあったこともあり、)アフリカの発展にとって援助とビジネスのどっちが重要かやそれぞれの役割、関係性などについてなど。でも、自分のなかでも整理が出来ておらず書くととりとめがなくなってしまうので、この辺で。

最後に、援助でも全く同じことが言える点が2つあったので、ご紹介。
“相手とは前提を共有していないという事実を理解し…(p228)”
“自国のサービスモデルを持ち込むのではなく、徹底的に顧客の声に基づいたボトムアップでビジネスをデザインすることが重要(p224)”

大変ためになる本でした。

アフリカのビジネスのいまを伝える情報サイト

以前開催したオフ会にご参加頂いたShibaさんという方が、アフリカビジネス情報を集めたWebサイトをオープンしたのでご紹介。Shibaさんは東アフリカ・ソーシャルベンチャー・プロジェクトというケニアで中古車販売Webサイトを運営するケニア企業への支援なども行っている正にアフリカビジネスの実践者。

今回オープンしたWebサイト「Rising Africa」とは・・・
(以下、Rising Africaより)

かつて貧困大陸であったアフリカ諸国は、近年、目覚しい経済発展をしています。サブサハラ各国では、中産階級の拡大に伴う消費の拡大、急速な携帯電話の普及、新興国への資源提供、農業産物の輸出拡大がいまのアフリカ経済の現状です。

これらのアフリカのビジネスの躍動は日本ではいまだ情報が少なく、いまだ貧困と紛争地域と理解されていることも少なくありません。このサイトでは、サハラ 砂漠以南のサブサハラ諸国から、北部のマグレブ諸国まで含めたアフリカ大陸各国のアフリカのICT、ベンチャー、PEファンド、自動車産業、金融市場と時 事ニュースについて、現地のニュースサイトとの提携と独自調査によって、情報を発信していきます。
(Rising Africaより)

自分もアフリカとICTというキーワードの情報を日々ウオッチしていますが、アフリカの情報が日本語でタイムリーに得られるWebサイトはなかったんじゃないかと思います。「日本語で」というところが便利!

そういえば、このブログはICT4D関連情報が日本語では少ないと思ったのが始めたきっかけでした。これまで、アフリカの情報というと日本語では非常に少なく、あっても「貧困」とか「HIV」とかネガティブな情報に偏っていることが個人的にとても残念でした。援助する側される側という視点ではなく「ビジネス」という同じ目線での情報発信によって、現在のアフリカがより正確に、さらにはポジティブに日本で理解されていけば良いなと感じます。Rising Africa、BOPビジネス、ICT4D、アフリカビジネスといったことに興味ある方は必見のWebサイトです。