タグ別アーカイブ: ボランティア

韓国のICTボランティア派遣制度

ICT分野の途上国支援を見ていると、韓国は結構プレゼンスが高い。「e-Governmentランキング1位」という看板を武器にアジア、アフリカなどでICT分野の支援を実施している。また、国際機関との共同でイベント的な催しなどにも積極的な印象がある(例えば、InfoDevと一緒にEvokeというオンラインゲームを実施するなど)。

そんな韓国のICT分野支援オプションに面白い取組があったので紹介したい。“World Friends IT Volunteers Program of NIA”という名前で、韓国National Information Society Agency (NIA)という組織がIT系ボランティア短期派遣をやっている。主な派遣先は途上国の政府機関、大学、NGOなどで、派遣期間は短くて約1カ月、長くて2~3ヶ月。短期派遣の場合は、各機関でIT研修などを実施するのが主な活動。ボランティアの多くは学生らしい。長期派遣の場合は、ITプロジェクト支援やコンサルティングサービス支援が主な活動。2001年からこれまで70ヶ国に5000人以上のボランティアを派遣している(下記の表)。

KIVCountries

JICAがやっている青年海外協力隊の短期派遣みたいな感じだが、面白いのは、ICT4D系のNGOのサイトなどを通じて途上国側の受け入れ希望機関へ宣伝しているところ。今回、この取組を知ったのは、telecentre.orgのサイトにこの募集が掲載されていたから。昨年は、Global Knowledge Partnership Foundation (GKP)のサイトにも募集が掲載されていたり。

また、受入れ機関の決定から派遣までのプロセスが早い。2月半ばに受入れ希望機関の募集を締め切って、派遣は7月頃。3ヶ月の活動でも受入れ希望機関の募集締切から1年以内に終わる。このスピード感は応募する受入れ機関となる途上国側と韓国の若者であるボランティア側との双方にとって好都合だと思う。派遣されてみたら要請内容と状況が変わっているなんていうリスクが軽減されるだろうし、さらに、この1~3ヶ月という短さもボランティア側には「行って見よう」とおもうハードルが低そう。インターン気分で途上国にボランティアしに行く感じか?

勿論、2年間ガッツリ活動してくる青年海外協力隊のメリットもあるので(そして、やはり2年間くらい現地に住んで初めて見えてくるものはあると自分は思うので)、こいう短期のパッと行けるボランティア制度の方が優れているとは思わないけれど、選択肢としてこういう制度もあっても良いと思う。受入れ側も参加するボランティア側も、こういう軽いフットワークで出来る制度があると利用し易いだろう。

LinkedInのVolunteer Marketplace機能開始から考えるICT4D

LinkedInVolunteer

LinkedIn が新しいサービスを開始したというニュースを見た。Volunteer Marketplaceというサービスで、ボランティア業務が検索可能になるというもの。CSR的な目的や職探しをしていない人達でもLinkedInを使うようにしてユーザを引き付けるなどの意図があるようだ。自分はあまりLinkedInって使っておらす、LinkedInでは既にそういうことはやっていたのかと思っていたので、このニュースを聞いて「へー、今までやってなかったんだ」と少し驚いた。そして、そういえば、似たようなサービスをやっているWebサイトがあったなぁと思い出した。

ウィリアム・イースタンリーの「傲慢な援助」に、そのWebサイトは紹介されていたGlobalgiving.comである。このブログでも「Gameと国際協力」というポストで以前少しだけ紹介したことがあったけど、改めてご紹介。

一言で言えば、様々なプロジェクトに対する資金集めのクラウドファンディングのWebサイトである。掲載されているプロジェクトに寄付出来る点は当たり前だけど、Globalgiving.comではGift Cardを送るサービスもやっている。例えば、10ドル分を贈り物として友人に送り、その友人が10ドルをGlobalgiving.comに掲載されているプロジェクトのどれかに寄付出来るといったものだ。なかなか面白い。

そして、LinkedInのニュースで何故思い出したかというと、Globalgiving.comではWebサイトからお金を集めるだけではなく、プロジェクトにボランティアとして参加するためのボランティア業務の募集も沢山掲載されている点が特徴的だからだ。どんなボランティア業務があるのかパッと見てみたら、現地の活動を支援するボランティアもあれば、現地に行かずともFacebookやTwitterでの活動を支援を行うSocial Media Volunteerなんてのもある。

「傲慢な援助」での紹介を読むと、「援助の出会い系サイト」という比喩が使われており、資金集めだけでなく専門家と援助の仕事をマッチングさせるような点が結構強調されいるけど、実際にGlobalgiving.comのサイトや紹介ビデオ(上記)を見ると、そこの部分はそれほど力が入っているわけじゃないのかな?と思う。ボランティア業務の紹介も、Volunteermatch.orgという別サイトへのリンクとなっているし。

先日取り上げたFacebookのDonate now機能やLinkedInのボランティア業務検索機能といったように、途上国援助に関わるためのハードルはICTによってどんどん低くなって来たなぁ、と感じる。これは間違いなくICT4Dの大きな効果の1つだと思う。人(ボランティアのマッチング)と金(クラウドファンディング)は確保できる仕組みが出来てきたから、次はモノか? 「売ります・買います」サイトみたいのの世界版・・・、なんか違うな。さて、次はどんな新しいサービスが出てくるのか?もっともっと途上国援助に関わるためのハードルを下げられるような仕組みや、以前このブログに書いたアイデア(下記のもの)のような取組みも出てくるかな?

KivaのようにP2Pで途上国と先進国の個人が繋がる仕組みが当たり前になっている。FOSS4Dの分野でも、ニーズのあるソフト開発案件がリスト化されてて、参加したいと思う技術者(先進国、途上国問わず)が「参加する」投票をして、ある一定のリソースが確保されたらプロジェクト開始みたいな、Kivaのソフト開発プロジェクト版のようなサイトが登場して来たら面白そうだ。また、これまで途上国開発に参加していなかったアクターの参加が可能となることのインパクトは大きいし、個人レベルで途上国と先進国の人達が共同作業をする場が出来たら、それは単なるFOSS4Dという枠を超えて、途上国開発のあり方自体に変化をもたらす素晴らしいことだと考えられる。