タグ別アーカイブ: ルワンダ

ルワンダICT、神戸情報大学院大学、などなど

201611kic

日経ビジネスオンラインで「鮫島弘子のアフリカビジネス入門2017」という特集があり、今回のテーマは「ルワンダICT」。自分のエチオピア時代の友人鮫島さんがルワンダICT特集でルワンダへ行き取材をしており、さらに出て来る方々がこれまた知り合いだらけで面白い。以下、紹介したいと思います。

  • 「ビニール袋禁止令」:これは知らなかった。一方、自分のいるガーナはビニールゴミだらけです(涙)アクラのビーチじゃ泳ぐ気が起きない・・・。
  • ICTビジネス振興:輸送コストがかかる内陸国故に労働集約型産業をしようにもコスパが悪いということから高付加価値ビジネスを目指しICTへ、という流れ。前回の投稿に記載した、「技術革新が進んで労働集積型産業から知識集約型産業へのシフトが起きている」という世界の流れを先読みした政策が凄い。
  • 新しく会社を立ち上げるまでに要する時間は平均5.5日:マジ・・・!? 驚きです。
  • 日本の支援:ルワンダのICT分野へは山中さんという超エネルギッキュなJICA専門家が地道な協力を続けて来たのでした。そして今も。自分もかつて関わっていたので嬉しい限りです。また、ルワンダから多くの留学生が日本で勉強しており、とりわけICT系の学生は神戸情報大学院大学に留学してます。
  • ICTベンチャー:K−Lab、FabLabなどの場所からモバイルアプリ開発などのベンチャーが育ってます。アツい!

などなど、詳しくは日経ビジネスオンラインへ。

そして、ここで紹介されている神戸情報大学院大学(KIC)で自分は講師をやらせてもらっています。20〜30人の学生の大半はアフリカからの留学生。毎年、最後の授業ではゲストスピーカーとして協力な知人・友人にも協力してもらってもおり、学生からも大好評(なはず!)。

ちなみに今年度は、e-Education代表でForbes UNDER30にも選ばれた三輪さん、ガーナでのFabLab活動で東大総長賞をゲットした青木さん、このブログの共同運営者でもあり最近「投資家と企業のためのEGS読本」という本も出してる橋爪さん、とかなりの豪華ゲストでした!冒頭の写真はそのときの記念撮影。

さて、この自分の授業では最終課題として、特定のICT4Dプロジェクトをケーススタディにして、その成功もしくは失敗の要因を分析して解決方法を提案するという小論文を書いてもらってます。そしてこの4年間で学生が提出する小論文の傾向に変化が出て来きました。

どういう変化かというと、ケーススタディに選ぶプロジェクトとして、以前は「失敗事例」を選ぶ学生が大半だったのに対し、最近は「成功事例」を選ぶ学生が増えて来たという変化。自分の授業のテーマは、基本的にRichard HeeksやKentaro TOYAMAの主張のように、「ICT4Dプロジェクトは失敗が多い。失敗理由は技術だけでなく政治、経済、社会、文化、感情、等等いろんな要因があるので、幅広い視点からプロジェクトを計画・実行するべし。ICTは万能じゃないよ。」というICTの導入にやや批判的な見方を身につけるというもの。それ故に、学生は最終課題として失敗事例を選ぶことが多かった。ところが、徐々に成功事例を扱ってくる学生が増え、今年は半々とまではいかないまでも、かなりの割合になってきた。どんな成功事例があるかというと、

  • iCow
    • 牛の情報(誕生日など含め)を登録すると、その牛の成長にあった有益な飼育関係の情報提供が受けられるというサービス。携帯電話で農業情報を農民に提供するeSokoのようなサービスと携帯電話での母子保健情報提供サービスを足して「牛」版にしたようなサービス。ケニアで開始され580,000ユーザを獲得しつつ、エチオピアとタンザニアも展開中。
  • mPedigree
    • 途上国ではなけなしの金で買った薬が偽物…!ということがある。例えば、2011年にナイジェリアで輸入されたマラリア予防薬の64%は偽物だったとのニュースもある。そこで、偽物を掴まされないように、薬のパッケージにシリアル番号を付け、その番号を携帯から入力してテキストで送ると、本物か偽物かがわかるサービス。製薬会社にとってもありがたいサービスであり、消費者と生産者の両方にメリットを生み出す仕組み作りが秀逸。ガーナとナイジェリアで展開中で、HPの支援なども受けている。
  • モバイルマネー系
    • 王道であるケニアのM-pesa、そこから派生したアフガンのm-paisa、ソマリランドのZaadなど。

冒頭に紹介したルワンダICT特集を見てもらうとわかるように、一昔前には成功すると思えなかったプロジェクトやビジネスが途上国でも成功するように成って来たんだと実感。そして、それが学生のケーススタディ選びにも反映されているのだと感じます。変化が激しい分野だけに、学生に置いてかれぬよう自分も頑張らねば。

世界初!ドローンでのデリバリーサービスはルワンダで

とうとうドローンを使った配達サービスが開始されました。しかもアフリカで!
The world’s first commercial drone delivery service has launched in Rwandaというニュースによると、米国のZiplineというロボット・ドローン製造の会社がUPSの資金面での支援($1.1 million)を受けて、ルワンダでの配達サービスを開始したとのこと。契約相手はルワンダ政府。田舎の医療施設へ輸血用の血を届けた映像が上記のもの。出産後に血が足りなくて亡くなってしまう産婦が多いルワンダ。看看護婦さんがSMSで輸血パックを発注すると、約30分でドローンが届けてくれるという。スゲー。

気になる値段は、明確な数字は公表されていないようだが、同じ距離をバイク便で配達するの同等とのこと。今後はワクチンなども配達対象になっていくようだ。

このニュースでは他のアフリカ諸国のドローン利用状況も説明しており興味深い。ケニア政府はテロ防止の観点から2015年1月に商用でのドローン利用は禁止。ガーナ政府は全てのドローンは、登録しライセンスを得ることを必須にし、違反した場合の厳しい罰則を作ろうとしている。ナイジェリア政府も同様のライセンス制度を検討中。南アフリカ政府は18歳以上なら遊びでドローンを飛ばすのはOKだが、商用となるといろいろな手続きが必要としている。

単純にスゲーというだけの投稿ですが、アフリカはテクノロジーの導入において先進国にひけを取らない独自路線を行っている点は嬉しい限り。一方、サービス提供は米国企業ということで、仕方ないけどちょいと残念。アフリカ発の企業がこういうサービスを展開し始めるともっと良いなあ。

Sensor for Development

先日投稿した“Sustainable Development GoalsとICT”のなかで、ここ最近ICT4D分野でも注目を集めている技術がどんどん新しいものになって来たことを感じる、といったことを書いた。ビッグデータとかド3Dプリンタとかドローンとか色々な技術が台頭してきている。ただ、そいうった新しい技術を「実際にどう途上国開発プロジェクトで活用しているのか?していけるのか?」という点は、自分もまだ勉強中。そんな中、センサー技術の活用について具体的な例を使って一定の示唆を示す投稿がICTWorksにあったので紹介したい。

“Sensors for MERL: What Works? What Does Not? What Have We Learned?”と題された投稿では以下3つの事例を取り上げている(以下、同サイトから写真をパクリつつ、「へー」と思った点だけ抜粋して書いているので、詳しくはぜひICTWorksを見てみて下さい)。

1.モンゴルのウランバートルでのストーブ利用状況モニタリング

Mongolia_Stove_lighting

Temperature sensors to measure stove use behaviors in Ulaanbaatar, Mongolia (from ICTWorks)

MCC Energy-Efficient Stove Subsidy Programというウランバートル市で燃料(石炭)節約の型省エネなストーブを普及させるプロジェクトのモニタリングに、温度センサーを活用している例。ストーブと部屋に設置した温度センサーから、各家庭でいつどれくらいストーブが使われているのかがわかる(下の動画がそれです)。取得したデータから省エネストーブと従来型ストーブの利用状況を比較した結果、省エネストーブ利用者がきちんと省エネ機能を活用していない(省エネ機能を十分発揮させるにはストーブ利用開始時には燃料をどんどこ入れない方が良いのに、寒いから早く暖まろうとドンドン入れちゃっていた)ということが分かったそうな。

いやはや、面白い。

2.タンザニア都市部での給水状況モニタリング

Logger_Install

Pressure loggers to measure piped water supply intermittency in urban Tanzania (from ICTWorks)

Millennium Challenge Corporation (MCC) Tanzania Water Sector Projectというタンザニアでの給水プロジェクトの評価・モニタリングとして、水道の蛇口に水圧センサーを付けて、10分おきに水圧を計測するというもの。各水道の水道メーターからは利用した水量しか測れず、水圧が低くて水がチョボチョボとしか出てないとか、断水しているのかなどは分からない。でも、これだとちゃんとそいうことまでわかる。

3.ルワンダの地方でのハンドポンプ利用状況モニタリング

Rwanda_CellPump

Motion sensors to measure monitor hand-pump functionality in Rwanda (from ICTWorks)

CellPump project in Rwandaというこのプロジェクトでは、設置したハンドポンプの稼働状況をモーションセンサーから取得し、壊れて使われていないハンドポンプをタイムリーに見つけて修理部隊がすぐに駆けつけて修理するということをやっている。従来この手の給水ポンプ設置プロジェクトでは、修理部隊が巡回して故障状況を把握していたが、センサーを使った方法を取ることで無駄がなくなる。パイロットプロジェクトでは200個のセンサーを設置し、稼働率が以前の50%から91%に上がったと報告されている。

以上が3つの事例。こうやって実際の例を見ると、どんな風にセンサーが活用出来るのかについてちょっと具体的なイメージが持てる。ICTWorksではこられの事例に基づいて、センサーを使った開発プロジェクトに関していつかの示唆が書かれているが、その中から自分が特に共感出来る点も紹介したい。

  • どうやってローカルニーズをくみ取るか?

現地の人達はセンサー技術を使って何がしたいか?をどうくみ取るのかは課題。ICT4Dプロジェクト全般に言える事だが、技術を知らない人がその技術からどういうメリットを得られるのかを考えるってのは至難の技(インターネットを知らない人に「インターネットから何を得たい?」と聞いても分からん)。でも、現地の人達からのニーズなしにはなかなか成功するプロジェクトは作れない。

  • 評価・モニタリングと実施の境界が薄まる

事例3のようにセンサーを活用することでモニタリングとその対策(この場合は給水ポンプの修理)が同時平行で出来るようになる。うまく言えないけど、これまでのImplementationとEvaluation/Monitoringを融合したようなプロジェクトが出来るような気がする。

  • やっぱり人間が重要

センサーからとれるデータに基づいて支払いをするとか、評価をするとか、意思決定をするとか、そういうことが行われる場合、どんな基準でどんなデータをとるのか?どうデータを分析するのか?といったことが肝になる。「データにおまかせ」ではどっかで道を誤るリスク高し。

以上、自分の勉強も含めて書いて見ました。この分野に詳しい方、是非コメント下さい。

新しい価値観を伝えること

IMG_6565

10月上旬から神戸情報大学院大学(KIC:Kobe Institute of Computing)にて、客員講師という立場でICT4Dについての授業を持たせてもらった。昨日、最後の授業を終え、秋学期が終了。毎週日帰りで神戸まで行くのは正直結構キツかったものの、すごい良い経験をさせてもらえ、今回の機会を与えてくれたKICと、週1回職場を不在にすることを承認してくれた職場の上司に感謝、感謝です。

授業内容では、主に自分がマンチェスター大学のICT4D修士コースで学んだこと(Richard Heeks教授のフレームワークなど)を中心に、JICAでの経験(日本のODAにおけるICT分野の事例など)や、エチオピアでの経験、仕事やこのブログを通じて知り合えた諸先輩から教えて貰ったことなどを、アフガニスタンとルワンダからの留学+日本人学生に伝えてきた。

90分×15コマの1コースに、伝えたいことを盛り込んだので、ほぼ毎回時間をオーバーしてしまい学生さんたちにはご迷惑をかけてしまったかなと思う。不満を言わずに付き合ってくれた学生の皆さんにも感謝です。

そして昨日の最後の授業では学生から最終課題に関するプレゼンをしてもらった。ケニアのM-PESA、アフガニスタンのM-Paisa(Paisaっていうのはアフガニスタンの言葉で「お金」という意味。PESAがスワヒリ語の「お金」なので、同じ理屈のネーミング)、OLPC、e-Government、防災警報システム、といったテーマについて、各自が調べた内容を発表してくれた(上の写真)。

また、スペシャルゲストとしてJICA国際協力専門員、ICT系開発コンサルタント、民間ICT企業の方々などにもご参加いただき、有意義なコメントを頂くことが出来た。ゲストの皆さん、どうもありがとうございました!そして、ゲストの方々にもプレゼンをしてもらったのだが、とりわけ東大の青木さんによるFabLab活動のプレゼンは先進的でとても興味深いものだった(下の写真)。

IMG_6567

学生とゲストのプレゼン&それに関する議論を通じて、「価値観をどう伝えるか(理解してもらうか)」というのが、ICT4D、途上国ビジネス一般にいえる共通課題であると感じた。
アフガニスタンのM-Paisaのプレゼンからは、(アフガニスタンという国の背景もあり)国民のなかにはモバイルバンキングという仕組み自体を信用しない層が少なからず存在するといった課題(=つまりモバイルバンキングという見えない送金の仕組みを理解・信頼してもらうことが出来るか?)や、OLPCのプレゼンからは、Windows製品 vs OSS(オープンソース・ソフトウェア)という議論(=先進国よりもWindows製品が市場を圧巻している途上国でOSSを採用することの是非など)が盛り上がった。また、FabLabについては、このムーブメントが発展しているのは、モノづくりの新しい価値観が先進国・途上国を問わず広く受け入られているからだと感じる。

また、ちょっと前に知人を通じて、See-Dコンテストのメンターをやりませんか?とお声がけいただき、メンバーなるものをやらせてもらった。See-Dコンテストは、日本の技術力と途上国のニーズをつなげ、途上国が抱える課題を解決する製品をより多く生み出すことを目的としたプロダクト&ビジネスコンテスト。以前、このブログで紹介した東ティモールでの格安運送サービス「TranSMS」もSee-Dコンテストから生まれている。そこで色々なチームのビジネスプランを聞かせてもらう機会を得ることができた。担当したチームの方々にどこまで自分が貢献できたかは正直あまり自信がないものの、この経験でも非常に多くを学ばせてもらった。

色々なビジネスアイデアを聞いていると、共通している課題は、やはり「新しい価値観をどう理解してもらうのか」という点。これまでなかったサービスを受入れてもらう(お金を払ってもらう)には、それが必要である。KICの授業でJICAバングラデシュ事務所のKanot(このブログの管理人の一人)に、バングラデシュでJICAが支援したバスカード導入プロジェクトについて紹介してもらった。そのときも、これまで現金でしか運賃を払ったことがない人達(乗客も運転手側も)に、どうやってスイカとかパスモみたいなカード利用のメリットを理解し受入れてもらうかが一つの課題であったという話になった。他の途上国開発プロジェクトを例にすれば、これまで手洗いの習慣がなかった人達に、公衆衛生について理解してもらうとか、蚊帳を使うことがなかった人達に蚊帳の効果・価値を理解してもらうとか。もっと別の例を挙げると、コーラって見た目おいしそうに見えないのに、あれをここまでポピュラーなドリンクにしたコカコーラ社とペプシ社はすごいと思う。飲めば美味しいのはわかるけど、あの黒い液体は、コーラを全く知らない人から見たら、飲みたい意欲はわかないんじゃないだろうか。

ここ最近の経験を通じて、この「価値観をどう理解してもらうのか?」って点に非常に興味が出てきた。特に新しいサービスを提供するICT4Dの分野では、この重要性は高いと感じる。さて、自分がKICで教えた講義では、学生の皆さんにちょっとでも新しい価値観を提供出来ただろうか。今まで知らなかったモノの見方や考え方を少しでも伝えることが出来ていたら良いけど、どうだったかな。

1位はウガンダ首相、2位はルワンダ大統領、これ何だ?

Twitter0

この円グラフ、何のデータでしょう?

 Number of Accountと書いてあります。ヨーロッパが一番多くて、次がアジア、3番手はアフリカ・・・。
これは政府(省庁とか)のTwitterアカウント数なのです。193ある国連加盟国のうち3分の2以上の政府がTwitterアカウントを持っているとのこと。Twitterのデータ分析をしているTwiplomacy という会社が世界中の政府のTwitter使用状況をリサーチした結果を公表していました。”The Best connected World Leaders on Twitter“というタイトル。アフリカが3番手につけているってのに驚きました。でもまぁ、国の数は多いですしね。

Twitter1

上の「Best Connected World Leaders」では、スウェーデン外務大臣が1位に。

他にも興味深いデータ分析結果がありました。ウガンダ首相が1位、ルワンダ大統領が2位というこのデータは何か?

Twitter3

これは、ツイート返信率の高さでランキングした結果(Conversationalは「話し上手な」という意味)。ルワンダは大統領だけでなく、外務大臣もベスト5に入っている。これは彼らが凄いのか、それとも気軽返信する国民性とかもあるのだろうか?

しかし、こういうデータに結構アフリカが入っているってことに、勢いを感じます。9月に2年ぶりにエチオピアへ帰省するので、どんな変化があるのかネットカフェとか言って見てきたいと思います。ちなみに2年前の帰省では、USBモデムの普及にビックリしました。今度は何があるか楽しみです。

ルワンダでのオフショア開発がわかるサイト

以前、縁あってお知り合いになった会社「レックスバート・コミュニケーションズ」がすごく良いサイトを開設されたので、ご紹介します。その名も、「ICT Business with Rwanda 」。

レックスバート・コミュニケーションズ株式会社については、以前このブログでも紹介しましたが、ルワンダでオフショア開発をしている日本の会社です。ルワンダは内陸国で国土も小さいし、アフリカでは珍しく資源に乏しい国。そんな環境もあって、ルワンダ政府は国の発展にICTを活用することをうたっています。国中に光ファイバーケーブルを整備し、ICT環境はアフリカではかなり高いレベルにあると言えます(と、言いつつ、残念ながら自分はまだ行ったことがないのですが・・・)。ジェノサイドの影響で、知識人、有識者が国外(アメリカなども)へ移住してしまったものの、政治が安定してきた今、アメリカなどでICTビジネスに関わってきた人材が帰国し、ルワンダ国内産業の振興に一躍買っているといいます。首都キガリにはk-Labというオシャレっぽいインキュベーションセンターがあったり、ICTパークが出来たり、アメリカのカーネギーメロン大学が出来たり、先日のTICADでもICT関連イベントを開催していたりと、着々とICT立国への道を進んでいるのです。

そういえば、マンチェスター大学のICT4Dコースにもルワンダ人の女性がいました。ルワンダはジェノサイドで大量の知識人、有識者がいなくなったために、国内での若者の人材育成だけでは足りないと考え、国の政策として、インドなどの大学へ多くの留学生を送り出したそうです(欧米はお金がかかりすぎるので、多くの者はインドへ送られたという)。彼女もその一人でインドの大学を卒業し、ルワンダで社会人経験を積んだ後、マンチェスター大学に来たと言っていました。彼女は非常に真面目で頭が良く、そしてクールでした。彼女からこの話を聞いたときに、「なるほど、国を背負っているんだなぁ・・・」と彼女の勤勉さに納得がいきました。

そんなルワンダと日本のIT企業がビジネスを展開しているというはうれしい限りです。「ICT Business with Rwanda 」サイトでも、そんなルワンダ人の真面目さについて書いてありました。ルワンダ人IT技術者の人物紹介なんかもあり、面白いです。「アフリカ」と聞いて、ICTを思いつく人はまだまだ少ないですが、ある意味、こいいうサイトでアフリカの新しい一面を知る機会が増え、「アフリカ=貧困」みたいなネガティブなイメージが変わるといいなぁと思います。

 

アフリカでオフショア開発

アフリカのICTビジネスというと、モバイル・バンキングをはじめとする携帯電話サービスを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。でも、携帯だけでなく、ヨーロッパなどからはコールセンター事業を請け負っているケースもあり(特に仏語圏アフリカでは欧州仏語圏からの受注に向けて積極的な様子)。そして、オフショア開発の可能性も。例えば、ガーナでは「eGhanaプロジェクト」としてICT分野で世銀から4000万ドルの支援を受け、BPOサービスの促進を図っているという。

そして、なんと日本企業でもアフリカでオフショア開発を実施する企業がありました。最近、オフショア開発というとチャイナリスクから、ベトナム、マレーシアやミャンマーといったアジア諸国の話が良く日経コンピュータなどに掲載されていましたが、アジアを飛び越えアフリカへ。レックスバート・コミュニケーションズ株式会社というIT企業がルワンダでのオフショア開発事業に取り組んでいるのです。以前、このブログでもルワンダがIT立国を目指しているという話は掲載したことがありましたが、日本企業との連携が出来るとは、なんとも嬉しい話。私の第二の故郷エチオピアでもIT企業が日本企業と連携する日が来ることを願ってます。そう遠くない未来かも。