タグ別アーカイブ: 仕事

ICTという分野はあるのか?

スクリーンショット 2017-12-28 22.35.55

前回の投稿で紹介したInternational Development Youth Forumが実施した勉強会「ICT × 国際開発を考える講演会・ワークショップ」に参加してきました。前半の講演会は、アジア開発銀行で相殺首席補佐官を務める池田洋一郎氏、JICAの篠原雄之氏による話。後半は参加者でのディスカッション。色々と勉強になったので、備忘録的に。

  • ICTという分野はあるのか?

ICT4Dの話をすると、どうしても「ICTの前にBHNじゃないのか?」とか「ICT分野は民間がやるからODAでやらんでも良いだろう」という話題が出る事が多い。なので、池田氏に「公的資金をつぎ込む場合、ICT分野の優先順位はどう考えるのか?」という質問をしてみました。回答はとても明快で「ICTって分野はない」というもの。ICTはツールなので◯◯分野で何かを効率的に実施するために必要なら使うということ。以前からあるICTのメインストリーム化という観点と同じだと理解しました。じゃ、「教育分野で先生のトレーニングをした方が良いのか、それともICT教材を導入した方が良いのか?」のようにツールとして具体的に wiht or without ICT?となると判断は分野や個別案件で異なるのだろうと感じつつも、「ICTという分野はない」という点は最近Kanotとも話していた話題でもあり、ストンと落ちるものでした。

  • アジア開発銀行の高度技術信託基金(High-Level Technology Fund)

スマートシティやリモートセンシング技術などの高度なテクノロジーを途上国で活用するためのファンドが設立され、2017年5月のアジア開発銀行の第50回年次総会では日本政府が2年間で4,000万ドルを拠出するとの発言もされていたのでした。知らなかった。JICAではICT案件の比率はかなり低いですが、国際的にはSDGsに絡んだSTI (Science, Technology, and Innovation)やこういう動きもあるのだと改めてICT4D熱が高まっているかも、と感じます。

  • ICTの普及は途上国にとって良いの悪いの?

AIやIoTなどICTの普及が進むと人間の労働がICTに取って代わられてしまうとか、ICTを十分利用出来る人と出来ない人の格差が広がる…といった議論もありました(ある意味、王道の議論)。答えはないのですが、公的機関の役割としては、プラットフォームやデータの支配者による独占が起きないように法的枠組みを作ること、という話があり、まさにそうなんだよなと同感しつつも、一方で規制によって民間企業のイノベーション促進に足かせをしてしまわないか…?という懸念も。この辺りの議論は世銀のWDR2016にも書かれていましたが、独占を禁止し公正な競争を促進するとう法的枠組みをどう作って行くのはセキュリティの課題とともに、大きなテーマだと再認識しました。

  • 質問力を鍛えねば

後半のディスカッションのテーマは、「ICTの普及によって若者の失業率は高まる?我々の働き方はどう変化する?生活はどう変わる?」的なものでした(正確じゃないけど、ざっくり言うとこんな感じのテーマでした)。答えがないテーマだからこそ面白いものの、哲学的な問いにも発展する内容。池田氏からは「より具体的且つ身近なテーマの方がディスカッションし易いよ」とのコメントがあり、確かにそうだなあと感じました。自分も神戸情報大学院で講師をしているときに、ついつい漠然とした問いを学生へ投げてしまうことがあるのですが、今回自分自身が参加者となったことで、「質問力を鍛えねば…」と自戒したのでした。また、答えのない課題について、どう自分なりの答えを持っておくのか?という点も、もっとちゃんとせねば…と思いました。

他にも色々面白いICT4D事例の紹介などがJICAの篠原さんからあったり、ディスカッションではキレのある発言があったりと、得るものが沢山あったのですが、全部は書けないのでこのへんで。

UNDP人間開発報告書2015からのICT4Dトピックス(その1)

最近、UNDP人間開発報告書「人間開発のための仕事」(2015年度の日本語版)を読んだ。第3章の「変化する仕事環境」という章に、思いのほかICT関連のトピックスが含まれていて面白かったので、2回に分けて内容を紹介したい。今回はこの報告書に書かれていたICT4D関連の事例をいくつか紹介し、次回はICTが仕事環境に及ぼす影響的なトピックスを紹介したい。

「技術革新」とか「デジタル時代の仕事」といった副題のついた内容のなかから面白いと思った点を以下記載します。まずはどんだけICTが世界(特に途上国)にも普及しているのか?という点。

  • 世界の携帯電話加入契約者数は、70億件を超え23億人がスマホを利用し、32億人がインターネットに繋がれている。(P101)
  • サハラ以南アフリカでは、2013年時点で3億1100万人だった携帯電話の』利用者数が2020年には5億4000万人にまで増える見通し。(P102, GSMS2014から)
  • 国際通話におけるスカイプの割合は、2005年の5%未満から2013年には約40%まで増加した。(P102, マッキンゼー調査から)

次に、ICT(携帯電話)の効果についてのざっくりした事例。

  • インドでは、農家や漁師が携帯電話を使って天候情報、気象情報の入手、卸値の比較をするようになり、収益が8%増加する一方で、情報へのアクセス向上により消費者価格はあ4%低下した。(P102)
  • ニジェールでは携帯電話の利用によって国内各地の市場における穀物の価格差が10%縮減した。(P102)
  • マレーシア、メキシコ、モロッコなど、さまざまな国において、インターネットを利用する中小企業は取引費用と市場参入障壁の縮減により、全体の平均値で生産性が11%上昇した。(P103)
  • 開発途上国におけるインターネットアクセスが先進国と同等の水準になれば、合計2兆2000億米ドルの国内総生産(GDP)と1億4000万人超えの新規雇用(うち4000万人はアフリカ、6500万人はインドにおいて)が生み出されるとの推計もある。開発途上国における生産性は長期的に25%押し上げられる。(P104)

続いて、クラウドソーシングの話からインパクソーシング事例を2つ。以前このブログでも紹介したSamasource以外にも上手く成功している事例があるんだなあ。3つめはおまけ。

  • Cloud factoryは、ケニアとネパールに約3000人の登録者を抱え、登録者の厚遇を通じてのサービス向上に取り組んでいる。(P107)
  • MobileWorksも同様の方針をとり、2010年にLeadGenusというプラットフォームを立ち上げ、50カ国にフルタイムの働き手を数百人抱えている。同社は退役軍人から難民まで不利な立場におかれた集団や社会的に排除されている集団に的を絞っている。(P107)
  • 国連ボランティアのオンライン・ボランティア・サービスは、2014年の数字で1万887人のボランティア(うち60%が女性)が自らの技能を通じて開発に関する仕事に貢献することを仲立ちした。(P111)

そして、3Dプリンターの話。

  • 世界最大級の3Dプリンター共有サービスの1つは、110カ国にある9000台の3Dプリンターをつないで時間貸しをしている。(P93)(どこの会社かまで書いてないけど、世界156カ国にある2万9000台の3Dプリンターを運営する3Dハブズという会社のことかと憶測。この会社のサービスについては、Newsweekのニュース「3Dプリンターがアメリカの製造業を救う」が面白い!)
  • 3Dプリンターで義肢を製作する世界初の3Dラボが南スーダンにある。この「プロジェクト・ダニエル」は、爆撃で両腕を失った少年ダニエル・オマーに義手を提供するために2013年に始まった。(P94) 冒頭の動画はこの「プロジェクト・ダニエル」紹介動画です。すげーな、3Dプリンター。

以上、事例紹介でした。「人間開発のための仕事」というテーマだけに、こういうテクノロジーがどう仕事に影響を与えるのか?というのが本題で、上記の事例はその前段的な位置づけ。1年前の報告書だけど新しい発見もあり面白かった。きっと今ならドローンについての記載も載るだろうな。

次回は、技術革新によって、従来の資本集約型・労働集約型の仕事から知識集約型の仕事へ変化してくことで、途上国の人達は仕事を失うのか?的な議論を紹介します。

ICT4Dの仕事を探すなら

ICT4D関連の仕事って、なかなか見つけるのが難しいと感じている。そもそも、ICT分野がまだ途上国開発のなかでその他の分野よりもメジャーじゃないという感じがする。特に日本では。

そんなICT4D分野のお仕事探しサービスの紹介。その名も“ICT4D Jobs and Career Forum”。メール登録すると、求人情報が送られてくるという無料サービスと、月5ドルでキャリアサービスも受けられるサービスの2種類。月5ドル払うことで、本気度を証明出来るというメリットがあるので、月5ドルなら有料サービスを受ける人も結構多いかもなぁ。

ちなみに、以前からちょくちょく見ていたサイトで、DEVNETJOBS.ORGというサイトもある。ここも意外とICT4D関連の求人情報が載ってる。

これらの情報がICT4Dのお仕事探しに役立ては幸いです。

ICT4Dの仕事

ICT4D分野で仕事を見つけるのは結構大変だと思う。実際、自分自身も大学院卒業後に日本でICT4D分野の仕事を探してみたけれど、ドンピシャな仕事は皆無に等しかったことを思い出す。

世銀等でICT4Dコンサルタントを勤めるWayan氏のWebサイトに、「How to Get an Amazing ICT4D Dream Job in 2011」というタイトルの投稿があった。どうしたら、ICT4D分野の理想的な仕事に就けるのか?
この投稿は、Wayan氏がWeb上で運営しているいくつかのコミュニティサイトの管理人を半年間無償で務めることで、その後、2011年にはWayan氏がICT4D Dreaming Jobを紹介してくれるというもの。勿論、コミュニティサイトを盛り上げるために色々と工夫して、仕事が出来る人間であることを最低限アピールする必要はあるのだろうけど、半年後にICT4Dドンピシャの仕事に就けるチャンスがあるのは魅力的だ。自分が大学院卒業時なら、トライしたかったかも。日本人の方でICT4Dの仕事に就きたい方は、是非、このWayan.comを覗いてみて下さい。しかし、一つ難点が・・・・。Wayan氏がWeb上で運営しているコミュニティサイトの管理人をする為には、ワシントンDCに定期的に行くことが条件になってる。日本人には難しいよなぁ。

やっぱ、地道にICT4Dについての仕事紹介Webサイトなどでチェックするしかないのかな、と思った方は、こちら(http://devnetjobs.tripod.com/ictnetjobs.html)をご覧下さい。ある程度、ICT4Dの仕事が紹介されているサイトです。