タグ別アーカイブ: 学校

Class for Everyone

先日、縁あって「Class for Everyone (C4E)」というNPOの代表高濱さんとお会いすることが出来ました。C4Eの活動はその名からも分かるように、一言で言えば日本で不要になったPCを途上国の学校等へ提供するというもの。

企業等から不要だけど使えるPCを供与してもらい、リユースに必要な作業(再インストールとか)を行った後で、途上国へ輸送するという事業を主にやっている団体です。

最初、ハードの提供を中心に行っている事業という点で、正直、その活動にちょっとネガティブなイメージを抱いていました。というのは、このブログでも何度か取り上げているように、ICT4Dプロジェクトではハードだけ提供してもダメで、むしろICTよりも”4D”の部分(for Educationとかfor Agricultureとか)の根本的な問題を的確に捉えた上でICTを「どう使うか?」が重要というのが自分の根っこの考え方だから。

しかしながら、高濱さんと会ってすぐ分かったのが、そういう点はきちんと理解した上で、「どう使うか?」を教えられる人材がいる学校等(例えば、青年海外協力隊が活動している学校とか)にのみPCを提供しているということ。そして、単なるハードの提供が目的じゃなく、その先にもっと大きな視野を持っているということでした。細かくは書かないですが、高濱さんとお話させてもらった中でも特に面白いなと自分が感じた点があったので書いてます(あくまでも自分が感じた内容なんでC4Eや高濱さんの方針や考え方と必ずしも同じゃないかもしれません…)。

それは、「PCを使って◯◯をする」ということ(例えば教育とか)を支援するという目的ではなく、「PCを使える環境を作る」という大きな目的を見据えている点。

「PCを使える環境を作る」とは、まるで当たり前のインフラの1つとして誰もがPCを使えるような環境を作るということ。

ICT4Dと一言でいうと、そういう分野が確立しているような感じですが、結局は「for ・・・」の部分が重要で、ICT4Dという分野のなかに教育や農業というサブセットがあるんじゃなく、教育とか農業といった分野のなかに「ICTを使う」というサブセットがあると言えます。だからこそ、PCを学校に配るだけじゃダメで、むしろPCを使った教授法を教師が身に付けたり、カリキュラムをきちんと整備するといったソフトコンポーネントの部分が重要というような議論が多いです。

一方、ICTインフラというと通信網に目がいくけど、「PCを使える環境」ってのもインフラなんだと気づかされました。それをどうつかうか?は勿論重要だけど、そもそもインフラがないんじゃ話が始まらん、というのが途上国の厳しい現実。そして、「for・・・」の部分という限られた分野を支援するのではなく、リユースPCの提供を通じてどの分野にも裨益する事業を行っているという点が新鮮でした(今は教育機関へのPC供与が主だけども、その対象は広げて行く可能性を語られていました)。確かに、今はPCなしには出来ないことだらけで、教育に限らず、どんな分野でもPCが必要。20年前にはPCがない職場が当たり前だったけど、今はあえりえない。そいう視点でインフラとしてのPC供与という発想に、共感出来るものがありました。

さらに、電力共有をどうするかという視点やリユースPCが利用された後の廃棄処理やリサイクルについての構想や無料でリユースPCを提供するのではなく、供与先にも一定の負担を課すというシビアな姿勢なども含めて、C4Eの活動は、単純に日本で不要になったPCを途上国へあげるという安直な事業とは全く違う!ということを知ることが出来ました。もっと広い視野で電力共有から使用後の処理までを含めた「PCを使える環境を作る」という事業スケールでした。

また、高濱さん本人の熱い思いが伝わってくるようなお話の仕方も印象的で、お会いして色々と教えてもらったり刺激を貰うことが出来たので、忘れぬように書いてみました。

 

ウガンダの学校にソーラーパワーでPC整備

2009年8月、ウガンダの学校(52校)にPC教室を設置するという入札があった。しかし、ほとんど学校は田舎に位置しており、電気が通ってない地域。この入札を落札したInveneoという企業は、ソーラーパワー装置を用いて、この3月に52校へのPC教室設置を完了した。

Inveneoという企業は、まさにアフリカにおけるICT4D分野をターゲットにしている企業であり、CNNでも紹介されている(以下の動画)。途上国「も」ターゲットにしているICT関連企業は結構あるけれど、途上国「を」ターゲットにしている企業っていうのが面白い。

学校へのICT投資は無駄?

“Most investment in technology in schools is wasted.”(学校へのICT投資のほとんどは無駄?)という題名で、InfoDevがディスカッションを行う。4月21日に行われるこのディスカッションは、Webでも見られるとのこと。インドを含む南アジアの学校におけるICT投資の効果について、プライスウォーターハウスクーパーズ・インディアがレポートをまとめた。このレポートもディスカッションのときに紹介されるそうだ。

主な議題は次の通り。

  • 南アジアの教育システムは大規模なICT利用に向いているのか?
  • もし、そうだとしたら、ICT利用を成功に導く為の組織面・資金面での前提条件は?
  • 教育システム、教育現場、その監理においてどんな変化が必要か?
  • どのように成功を評価するのか?
  • 今後の参考となるグッドプラクティスは?

ディスカッションの最初と最後に観客が「学校へのICT投資のほとんどは無駄?」に対してYes、Noを投票する仕組み。どんなディスカッションになるのだろうか?面白いかも。
しかしながら、この手のディスカッションは、結局お決まりの結論になるのではないかという予感も。つまり、「ICT導入そのものが問題解決でない!それをどう使うか、ITリテラシー、教師のスキル・モチベーション向上、インフラ環境、政府の教育ポリシー、といった諸々の諸事情を考慮して、ホリスティック(総合的・全体的)な対策を取ることで、ICTは教育の質・量の向上に大幅に貢献する」みたいな結論。2~3年前から、ICT for Education関連のジャーナル記事や国際機関のレポートを見ているが、正直、上記のような結論から進歩があまりない気がする。実際、自分も2年前に修士論文で同じようなことを書いたけど、それから自分のなかでICT4Eについてのアイデアに進歩もないわけで・・・。今回のディスカッションでは、新たしい意見が出てくるだろうか。

アフリカ向けコピー機

週刊「東洋経済」1月9日号のタイトルが、「アフリカ ―地球上最後の新興市場― の衝撃 徹底解明!」というものだったので、思わず買ってみた。そこでも携帯電話普及率の話などが書いてあったが、ICT4Dっぽいネタもあったのでご紹介。

理想科学工業という会社が、アフリカの学校向けにコピー機(正確には孔版印刷機)販売でシェアを伸ばしているという。理想科学工業は、先進国向けの孔版印刷機モデルから機能を絞って価格を抑えた「アフリカモデル」(20万円台)をリリースし、南アフリカの小・中学校市場においてかなりのシェアを占め、さらにナイジェリアやエチオピアへも進出する予定らしい。でも、中国企業が競合製品をより安い価格(10万円台)で販売してきているということも書かれていた。さすが、中国。

確かに自分がいたエチオピアの田舎の高校でも、テストの度に手回しのガリ版印刷機で何百枚ものテスト用紙をすっていた覚えが。コピー機感覚で使えるものがあれば、超ラクになるなぁ。と、ニーズがあるのは納得。アフリカ市場で頑張っている日本企業がいることが嬉しい。是非、中国企業に負けないで日本ならではの、「長持ち」&「高品質」といった点で、アフリカ市場を開拓して欲しいです。