タグ別アーカイブ: 遠隔教育

エチオピアの遠隔教育 その後②

昨日の続きです。

マムラカロード外観

2003年から2年間、青年海外協力隊で活動したデッセイという地方都市の学校(上の写真)に訪れました。全然ボロくなっておらず、きれいなままでなんだか安心しました。早速、通称「プラズマ」と呼ばれている遠隔教育について、元同僚の先生に聞いてみました。

マムラカロード1

上記の写真の左上に移っているのがプラズマディスプレイのケース。鍵がかかってて、使うときだけあのケースから横にスライドさせてディスプレイをもっと中央に持ってきて使う。「今も活用されている?」という質問に対しての返事は、「Yes」でした。コンテンツが配信されている科目ではちゃんと使われているとのことで、故障して使われていないとう雰囲気はなかった。とはいえ、IT教科は、この遠隔教育を使わない数少ない教科の一つであり、自分が質問したIT教科の先生がどこまで現状を把握しているかは?ですが、それでも「故障して使ってない」という回答でなかったのは嬉しい。

さらに、「Plasma Control Room」なる部屋(下の写真)に訪問。

プラズマコントロールルーム

「この部屋で校内の遠隔教育のシステムを管理しているんだ」との説明。2003~2005年の自分がいた当時はなかったなぁ。具体的に何しているのかを聞いたところ、首都アジスアベバから配信される授業をダイレクトで各教室で見ていると、停電やこの学校や地域特有の理由で授業がなかった場合、その日の授業が受けれないまま次の授業を受けることになるので、そうでなく、この学校内ではPlasma Control Roomから授業を配信するように試みているとのこと。下の写真のような授業DVDを使って配信することで首都からの配信スケジュールに左右されない授業進行が可能になる。

遠隔教育DVD

この学校は先進的な取組としてこういったことをしているそうで、他の学校ではここまでやっているわけではないという。モデル的にこの学校で上手くいったら、他の学校にも展開出来るという話でした。確か、5年前くらいに他の地域の学校でも、首都から配信されたコンテンツをハードディスクに保存して同じようなことをしていると聞いたが、それはどうなったのか・・・?とか、なんでもっと早く(むしろ当初から)DVDでコンテンツ配らなかったのか・・・?と疑問に思いつつも、活用されていて良かった。

そしてついでにということで、インターネットルームも見せてもらいました。British Councilの支援で教員向けインターネット環境が構築されて、数名の教員がケニアでの研修に参加したという。ちなみに、自分の元同僚(写真)も参加してました。

インターネットルーム

インターネットをどう使うか?(以前、先生達はゲームをダウンロードしてハイスコアを競うことに熱中したり(ハンパなく真面目に競ってました・・・)、転職情報を入手したり、と教育の質の向上とは無関係なことにネットを使っていた・・・)という課題はありますが、なかなかこの学校はICT環境は恵まれている方なんだろうと思います。

最後に、昔自分が教えていた懐かしのコンピュータルームへ(下の写真。椅子が散乱しているのは、PCを使わない別の会議で使ったため)。それなりに当時のPCもまだ現役で残っていたものの、砂埃がすごい。二階建ての二階だけど、みんな土足なので結構砂ぼこりが。PCルームに入るときはスリッパに履き替えましょう的なことが出来れば良いが、そういう習慣はない(お掃除のおばちゃんは結構頻繁に来てくれるけど)。

PC教室1

PC教室2

先日の遠隔教育は上手くいっていないとの話とは異なり、この学校では遠隔教育が活用されている点は嬉しい発見でしたが、それでも改めて日本から来てPCルームを見ると、こんなに埃っぽかったことに驚き。機器が故障しないように管理出来るかなぁという点は不安が残ります。遠隔教育とかインターネットとかのコンテンツの議論の前に、まずは精密機械の管理方法を徹底しないといけないという、非常に初歩的な点が最も気になりちょっとモヤモヤしつつ、懐かしの学校を後にしました。

エチオピアの遠隔教育 その後①

エチオピア遠隔教育

昨日に続き、エチオピア里帰りでのことです。

バハルダールという地方都市で青年海外協力隊として活動する方に、「エチオピアの遠隔教育は上手く活用されているのか?」という点を伺ってみました。エチオピアの遠隔教育(School-Net)については何度かこのブログでも触れていますが、簡単にいうと、首都アジスアベバから教育テレビ的な動画を各地の中学・高校へ配信するもの。全国500以上の学校の教室にプラズマディスプレイが設置されて、それで生徒は見ています。主要教科(当初は6科目でした)がカバーされており、実験道具などがない田舎の学校でも、画面を通じて実験の様子を見ることが出来たりするので、教材の充実度や教員の質など都市部と地方部の格差をなくすことが出来、2003年に導入されました。詳しくはこちらをご覧ください。

さて、その隊員の方の回答はというと、

ほとんど使われていないと思います

とのこと。

その方が知る限りでは、故障が原因で現在は使われておらず、時にPCとつないでパワーポイント等を見せるスクリーンとしてプラズマディスプレイが使われている程度という。うーむ、非常に残念な結果に・・・。故障の原因は、エチオピアの不安定な電源供給にあるようで、電圧の変動によって電源系が故障するパターンが多いと思われるとのこと。納得。誰もが懸念するストーリーが実際に起きていたとは…。

さらに、遠隔教育とは別のプロジェクトでは、援助機関が学校内ネットワーク構築を支援し、PC、ハブ、ルータなどの機器を用いて校内LANを構築しインターネットも整えたものの、プロジェクト期間(=インターネット費用もプロジェクトがカバー)が終了すると、学校がインターネット費用を払えないということでネット環境がなくなったり、機器が故障して使えなくなったりということも起きていると話してくれました。(勿論、中には学校がインターネット費用を払い続けている学校もあるけれど、)やはり、機器だけ供与してもダメってことを絵に書いたような話。

一方、故障した機器を修理するスキルがある教師がいないのか?と思いきや、必ずしもそうとも言えないよう。スキルがあっても、わざわざ残業して直したところで自分の給料は変わらないので、敢えてやろうという姿勢もないともいえる。これは自分が協力隊として活動していたときにも感じた点で、「問題は変わらないなぁ」と感じた。機材だけでもダメ、予算面の問題、人材育成しても必ずしも持続性が担保できるとも限らない…、と結局、ICT4Dプロジェクトと言っても、ICTで解決出来ない点がネックになるのは普遍的な課題。ICT4Dプロジェクトというタイトルを被りつつも、どこまでそれ以外に食い込んだ支援をするのかが重要なのだと改めて感じました。

上記の貴重な話を聞かせてもらった翌日。自分はかつて協力隊時代の任地デッセイへ行きました。当時の配属先の学校では遠隔教育としてプラズマディスプレイが20~30台くらい導入されていたので、もし同じ状況だとしたら、とても残念だと心配しつつ、当時の配属先の学校へ行って見ました。故障中なのか、それとも活用されているのか・・・?(「エチオピアの遠隔教育 その後②」へ続く)

南太平洋に広がる衛星を使った遠隔教育の環

フィジーに南太平洋大学という大学があるのをご存じだろうか。

南太平洋にはフィジーをはじめ、ツバル、トンガ、サモアなど小さな島国が沢山ある。
それらの国は人口数万人~数十万人ということもあり、独自に高等教育機関は持てていない国が多い。
そこで、周辺国12か国がお金を出し合って1968年に設立したのが南太平洋大学である。
その南太平洋大学に、JICAはオーストラリア・ニュージーランドと共に援助を行ってきており、フィジーの本校での授業を、衛星を経由して加盟12か国の首都にあるキャンパスに送り、遠隔で講義を受講できるようになっている。
人口も少ない島国にとって、遠隔とはいえ大学教育を留学せずに受けられる唯一の手段として、まさにICT4E(教育へのICT活用)の典型である。

やや専門的な話になるが、現在は講義の送受信にはC-bandという帯域を使って衛星通信を行っている。
この帯域は、通信は比較的安定しているのだが、4m級のパラボラアンテナが必要になり、輸送、費用ともに大変である。
そこで現在JICAでは、Ku-bandという帯域を使った衛星通信設備を供与し、それを使える人材を育成するというプロジェクトを実施している。
Ku-bandに帯域を変えることで何が変わるかというと、受信のパラボナが2m弱の物でも受信可能になり、一台20万円程度で買えるようになる。

すると何が起こるかというと、現在首都でしか受信できていなかった講義が、離島などで受講できるようになり、利便性が非常に高まるというものである。
また、衛星経由でインターネットも受信できるため、様々な応用が考えられる。

アジアやアフリカと違い、海と海とで隔てられた大洋州では、費用対効果からも光ファイバーの敷設は望めない。
仮に首都に光ファイバーが来たとしても、そこから国の予算で無数にある離島に光ファイバーを引くことなど不可能である。
そういった環境においては、衛星技術を用いた遠隔教育やインターネット接続、この可能性ははかりしれない。
情報通信の利点を最大限生かしたものであり、情報通信でなければできないことである。

まさにICT4D冥利に尽きるプロジェクトであり、 この衛星技術が今後どのように応用されていくのか楽しみである。

e-Education×グラミン in バングラデシュ

前回のKanotの投稿が遠隔教育でしたが、今回も遠隔教育についてです。「国際開発ジャーナル」って雑誌に、バングラデシュの田舎で遠隔教育を実施しているグラミングループのプロジェクトが紹介(タイトル:「“インターネット”ד遠隔地”=教育イノベーション」)されていました。

バングラデシュでは、大学進学のためには殆どの者(あるアンケート結果では8割以上)が高校卒業後に3~4ヶ月間、予備校に通うそうだ。そうでもしないと合格出来ない狭き門(国立大学入学の競争率は約30倍)。しかも、首都ダッカにしか良い予備校・優秀な講師がいないため、田舎に住んでいる学生は、わざわざダッカに下宿しないといけない。当然、お金がない家庭では、そんなこと出来ず必然的に大学進学が出来るのは裕福な家庭の子供に限られる。そんな構造になっている。

そこで、早稲田大学の学生である税所篤快氏が立ち上げたのが「e-Education予備校」である。グラミン銀行で有名なグラミングループの協力を得て、ダッカの優秀な講師の授業をインターネット経由で田舎でも受講できる予備校を開始した。日本の予備校がやっているサテライト授業と同じことだ。初年度の今年は30名の生徒のうち、1名がダッカ大学に合格したという。

前回の投稿「オープンエデュケーションの可能性」で、大学の単なるオープンエデュケーションには実際に大学教育が提供する同級生と刺激をし合って勉強したり、議論したりといったメリットがないことが懸念点として上げられていたけれど、受信できる授業を集団で受講するスタイルであれば、実際の学校には及ばないまでも、ある程度同様の効果が期待できるだろう。また、特に大学受験予備校的な勉強であれば暗記系なので、遠隔教育に適している気がする。

それでも、このe-Education予備校の30人の生徒のうち5人は途中で来なくなってしまったということもレポートされいた。事前に十分なやる気があるかを家庭訪問等を通じて審査したにもかかわらずだ。そして、その原因は、予備校を無償にしたことと考えれており、来年度以降は小額でも授業料を取る方向に変えていく方針だという。

このプロジェクトを日本人の方がやっているのを非常に嬉しく思う。そして、自分が協力隊エチオピアの遠隔教育システム導入を目の当たりにしたときに、同様の試みにチャレンジしなかったとこに対する後悔もある。インフラは十分揃っていたのになぁ。。。
でも、もしチャレンジしていたら、電力の安定供給や電気代、講師への謝金、機器のメンテナンス、場所代、人件費、などなど、これまでも一般的にICT4Dプロジェクトで失敗要因(=サステイナビリティが確保出来ない)として指摘されている障害をどう克服できただろうか?という思いも。「国際開発ジャーナル」の記載では、そういった点については言及されていなかったので、このe-Education予備校が上記のようなハードルをどうやって克服している(or していく)のかについては、非常に気になるところだ。

Mobile for Learning

世界銀行がICT4Dのなかでも特に教育分野でのICT利用に的を絞ったブログ「EduTech」というのを開始した。
そこでこんな議事が「What do we know about using mobile phone in Education?」。携帯電話技術を学校で上手く活用している例としてtext-2-teachというフィリピンのプロジェクトが映像で紹介されている。

教室でビデオをつかった講義をしている風景の映像なのだが、先生が必要に応じたビデオ番組をテキスト(携帯メール)でリクエストすることで、どの番組を使うのかを選べるという仕組み。

エチオピアの遠隔教育は、決まりきった内容の講義(衛星放送)が首都から一斉に各学校へ配信されていたため、教室で先生が直接教える時間がなく、この遠隔教育システムにより教師の威厳や役割が奪われてしまうケースもあった。一方、このフィリピンの映像を見てみると、先生がビデオと黒板の両方を上手く使い、生徒を巻き込んで指導している。上手いなぁ。

やはりITをツールとして、先生が主導権をもって授業を進める方が楽しそうな授業である。この映像をエチオピアの同僚に見せたらきっと「そうだ、こうだ!」というと思う。昨年夏にエチオピアを訪れた際に、一部の学校では配信される講義を録画して利用できる仕組みが導入されつつあった。録画できれば、先生が好きなところだけ使うことが可能になるので、一方的に流しっぱなしの放送よりもはるかに期待できる。今はどうなっているのだろうか。