タグ別アーカイブ: 青年海外協力隊

青年海外協力隊訓練所③ + 2035年までに途上国は無くなる?

ガーナへの転勤を目前に引越し準備中のTomonaritです。昨日、エチオピアつながりの友人に壮行会を開いて頂き、久しぶりにエチオピア料理をたらふく食べました。エチオピア料理を食べながら友人と、「20年後も今のような援助は続くのか?」ってな話をしました。

トジョウエンジンに“世界の貧困”の間違った固定概念を壊す! ゲイツ財団の年次レターの中身を全てご紹介というタイトルで、ゲイツ財団が主張する「世界の貧困は改善されつつあり、2035年までに途上国と呼ばれる国は無くなる。」という説明が日本語で掲載されています。

この説明を読むと、「確かに・・・」と思える点は多くあります。自分が初めてエチオピアへ行った2003年から比較するとエチオピアもこの10年でとても発展したと思います。一人当たり名目GDPで比較すると、約120USD(2003年)から約533USD(2013年)になってます。アジスアベバも当時はエレベータがある建物は1つしかなかった(自分の知る限り)けど、今では写真のようなガラス張りのショッピングモールが山ほどあるし。勿論、都市部と地方部の格差は依然として大きいけれど、2035年までには「途上国」じゃなくなっているかもしれない。

一人当たりの名目GDP(USドル)の推移 - 世界経済のネタ帳

2013年9月アジスアベバ

20年後は、貧しい国を援助するというスタンスの援助は紛争中の国とか以外にはほぼなくなり、地球温暖化対策とかエネルギー問題とか感染症対策などの地球規模で対策を要する課題に絞られていくのかなぁと思ったりします。あと、日本企業のマーケット開拓、日本経済活性化に資する援助ってのも。一言でいえば、支援する側 vs される側の援助じゃなくてWin-Winの関係となる国際協力・連携になるのだろうと。すでに日本人が「途上国=支援される側」とイメージしている国でも、その国の人達はそんなふうに思っていない(援助を「もらう」のではなく、どの国との連携を強めようか?という援助を「選ぶ」立場であると思っていたりする)という国は沢山あると感じます。

ICT分野で考えてみると、よりその活用の場が増えてくる気がする。道路がない国に道路を作るとか、学校がない地域に学校を作る、といったようなゼロを1にするプロジェクトでは、1にするのが目的だからICT活用の場は限られるけれど、ETCを使って道路の利用効率を上げようとか、遠隔教育やデジタル教材やタブレット端末を使って教育の質を上げようといった1を10にするようなプロジェクトなら、ICT活用の場が増えるだろう(それをODAでやるのか、民間企業がビジネスとしてやるのかは状況次第)。

こんなことを考えつつ、引越し準備をしていると青年海外協力隊の訓練所で書いたレポート(以下)がまた目についた。こんな視点もあったなぁ、と忘れていた視点も思い出しました。

***ここから「国際関係と日本の国際協力」レポート***

2月24日(月)にジャーナリストで茨城大学人文学部教授の杉下先生により、「国際関係と日本の国際協力」というテーマにつき貴重なお話を聞かせて頂きました。杉下先生のお話は、

  1. 平和構築プロセスにおけるODAの位置(アメリカの対イラク攻撃に関する話題から始まり、なぜODAが必要なのかという点を非常にわかりやすくお話ししていただけました)。
  2. 日本のODAの現状と役割(日本のODAが国際社会でどういった評価・成果をあげているのか、また今度はどういった方向へ力を注いでいくべきなのかについて、NGOとODAの関係なども含めお話していただきました。
  3. 世界の経済協力政策における最近の動向(最近の話題を簡潔にまとめてお話しいただきました。自分は開発学や国際政治等を学んでこなかった人間なので、杉下先生のお話を聞き、自分も協力隊として任国へ行く前に、ある程度のことは勉強しておくべきだと改めて思いました。)

以上の3点につき、多岐にわたるお話を聞くことが出来、大変参考になりました。

特に、杉下先生は協力隊が日本のODAの中でも、非常に重要な役割を果たしているとお話してくれました。杉下先生のお話では、開発途上国の不満がまだ小さい段階で援助・協力をすることで、大きな不満が爆発する予防になっている、そして協力隊こそが、その小さな不満を解消することが出来るとおっしゃっておりました。私はその意見を聞き、非常に参考になりました。

私が協力隊へ参加することになったとき、まわりの人達からは賛成意見も反対意見もありました。反対する人のなかには、「協力隊の技術レベルが低い」とか「協力隊で草の根的な活動をしたところで、しょせん草の根、大した成果はあがらない」と言ったネガティブな意見を言う方もすくなからずおりました。私自身も協力隊に関するいろいろな本や資料を読み、確かにそういった意見があるのは否めないなぁと感じておりました。

しかしながら私が協力隊への参加を決めた理由は、たとえ協力隊としての活動が成果のあがらないもので終わってしまうかもしれないにしても、そういった厳しい環境の中で自分を試してみたいという思いからでした。逆に言えば、自分を試してみたいという気持ちが強く、国際協力やODA事業に関わる人間として、どういった役割を果たしたいのかといった理念やODA事業の詳細などをあまり知らない人間でした。

杉下先生のお話を聞き、協力隊が日本のODA事業のなかでどういった役割、そして成果をあげているのかが良く理解できました。これからの自分の活動が大きな視点でとらえたときに、国際平和の構築・維持に大きくかかわっている、紛争の予防となっているのだという自信を持つことが出来ました。

最後に、杉下先生が協力隊に対するネガティブな意見に対して、どのように感じておられるのか? 協力隊事業においてもっと改善すべき点は何なのか?等、質問したい点もあったのですが、時間の関係で質問出来なかったのが残念でした。

***ここまで***

自分の協力隊での活動が世界平和に貢献出来たのかは謎ですが、少なくともエチオピアの片田舎に親日派が増えたのは間違いないなぁ(笑)

青年海外協力隊訓練所②

先日紹介させてもらった、青年海外協力隊の訓練所で聞いた講話に関するレポート紹介その②です。「適正技術と協力手法(総論)」というテーマの講話についてのレポート。

2月7日、龍谷大学教授の中村尚司先生から「適正技術と協力手法(総論)」というテーマで貴重なお話をいただくことが出来ました。中村先生の第一印象としては、大学教授によくいる、つまらない話をするご老人かと思いきや、なんとも痛快な話しっぷり、歯に衣着せぬ物言いの、非常に尊敬できるお方でした。なかでも、「死ぬのが怖いなら、生まれてこなければ良い」などという台詞は私たち若者からみても素敵だと思えるものでした。現在、中村先生はスリランカのゲリラ団体と政府の間を行き来しているとのことでしたが、そのようなエキサイティングな仕事・生活を出来るように私も見習いたいと思います。

中村先生のお話になった内容は、多岐にわたっており、なかなかひとつのテーマに集約することは難しいと思ったので、講義中に出たテーマから特に私が感銘を受けた点を選んで、以下、私なりの意見をまとめてみました。

・科学者と技術者のどちらが偉いか?

科学者と技術者のどちらが偉いか?という話に関してですが、中村先生のお話では、科学者は自分の興味の探究のみを目的としているが、技術者は何かを生み出すこと、もしくは誰かに技術を伝えることを目的としている点で、技術者のほうが偉いとおっしゃられていました。私も中村先生の意見に同感しました。しかしながら、日本では(もしくは世界でも)どちらが偉いといえば、科学者のほうが偉いと思われる風潮が現実にはあるように感じます。それはそれで悪いこととは思いませんが、これから開発途上国に行き協力隊として現地に根ざした技術支援活動をしてくる身としては、注意しなければならないと感じる点がありました。

私も現地に行き色々なことを経験し時に悩んだりすると思いますが、そんなときに、頭で考えた理屈にこだわり、「どうせ自分が技術を教えてみたところで、開発途上国の問題は政治的な問題と複雑に絡み合っているから、大した成果には繋がらない」とか、「この国の人達には、自分の教える技術よりも、明日の食料の方が大切だから、自分のやっていることは無意味だ」とか、そういう理屈を重ねて、活動のモチベーションを下げてしまうことが十分に考えられます。しかし、それは現実から離れた場所で、自分の頭の中だけで物事を考えている科学者と同じになっているということであり、自分に求められている技術者としての活動とは違うものです。現地の人達が欲しているのは役に立たない科学者でもなく役に立つ技術者であり、自分の仕事も技術教育であるという点を見失わないようにしたいと思いました。また、中村先生のお話は、なにかあるとすぐ科学者になりたがる人々に対するアンチテーゼとしても受け取ることができ、さりげなく日本社会そのものを皮肉っているのかも?と感じました。

・開発⇒発展⇒交流 (対立⇒戦闘⇒平和)

「開発⇒発展⇒交流」についても、中村先生のお話は興味深いものでした。「開発」とは自分以外の人に対して行う行為であり、発展とは自分に対して行う行為であると中村先生は区別しておりました。言葉の定義に関してもなるほどと思いましたが、それよりも、開発⇒発展⇒交流の順番に私は興味を覚えました。まずは「開発」があり、次に「発展」、そして最終的な目的が「交流」となっています。開発途上国への援助ということを考えると、「開発」が最終的な目的のようにも思えますが、最終目標は「交流」というのが中村先生の意見です。

自分は開発途上国への援助を目的に協力隊として派遣されます。しかし、「開発」(すなわち、他人を教育する。あるいは、他人を指導する)を目的としているうちは、本当の成果を上げることは出来ないと思います。自分を含め、協力隊や先進国の人間が偉いわけではないにもかかわらず、「開発」するという姿勢で活動に臨んでしまうことがあります。これでは現地の方達から見れば、ありがた迷惑という風に受け取られてしまう可能性が大でしょう。前回の金子局長による講話でも感じましたが、現地の方と一緒に生活をする、一緒に仕事をするという行為が開発途上国への援助には必要であると私は考えております。中村先生の考えも最終目的が「交流」となっています。やはり開発途上国の問題は、技術支援や金銭的な支援ではなく、「交流」(すなわち、お互いをよく理解すること)によって、初めて解決出来るのだと改めて感じました。

・JOCVについて

 最後にJOCVについて、中村先生のおっしゃっていたことに関しての感想です。中村先生は、「JOCVは今まであまり日の目を見ていない、その理由は、①女性が多い、②年功序列ではない、③終身雇用でない、④企業組合的団体がない」との4点を挙げておりました。また、「これからの日本では、JOCVのような活動がもっと評価されるはずだ」ともおっしゃっていました。

 私も中村先生の意見に同感です。これまでの日本では、男社会、年功序列、終身雇用といった戦前・戦後の常識が通用してきました。しかし、時代が変わり今やその常識は崩壊しつつあります。私自身も今回JOCVに参加するにあたり、今の仕事を続けていたほうが良いなどと反対されもしました。私はそういった忠告を十分理解した顔をしながらも、内心では、中村先生と同じように、今更そんな古臭いことを言っても仕方ないと思っておりました。私たち平成14年度3次隊が帰国するころには、JOCVの社会的評価がもっと上がっていることを確信しつつ、自分も評価に値する活動をしてきたいと思っております。中村先生のお話だけでなく、生き方(危ないと言われてもスリランカで活動を続けている、声帯を失っても障害者手帳をもらわずに自分の道を進んでいる)そのものが、これから協力隊として開発途上国に行く私達には良い刺激となった、そんな講話だったと思います。

以上

読み返して見て、「開発 ⇒ 発展 ⇒ 交流」って点になんか忘れていたものを思い出しました。あと、自分はこのブログでもICT4Dについてかなり「科学者」的なことばかり書いているなぁと反省…。いかんいかん。

青年海外協力隊訓練所①

あけましておめでとうございます。Tomonaritです。
お正月ということで、実家に帰省しています。食べて寝る!といいう正月を過ごしていたところ、母から「これ捨てても良い?」と、青年海外協力隊の訓練所にいたときに書いた昔のレポートを見せられました。2003年1~3月、二本松にある青年海外協力隊の訓練所で語学訓練(←これが中心)や異文化理解や途上国開発に関する講義を受けたりしてました。当時、いくつかの講義を受けた後に、その内容に関する感想文的なレポートを提出していたのですが、どういうわけか未だに、そのいくつかが実家に保管されていたのでした。

読み返してみると、10年以上前にも関わらずやはり今の自分の考えていることの根っこになっているようなことが書いてあったり、一方で忘れかけていた思いや視点が書いてあったりと面白かった。ICT4Dとはあんまり関係ないのですが、「コンピュータ技術」という職種であったこともあり、これから協力隊に行ってみようかなとか、興味あるという方の参考になればと思い、いくつか紹介したいと思います。ってことでタイトルに①とつけてみました。そいでは、以下、「青年海外協力隊事業の理念」っていう講義についてのレポートです。

1月10日、金子局長から貴重なお話をいただくことが出来ました。主な内容は、「青年海外協力隊を支える環境」、「開発援助における国際的な歴史」、「実際に我々が任国に行きやってほしいこと」、「協力隊の成果について」、「任国での環境の厳しさ」、「任国での安全の問題」等でした。私はその中でも特に、「実際に我々が任国に行きやってほしいこと」についての話に感銘を受け、自分なりに改めて考えることとなったので、この点について、以下、考えをまとめてみました。

「エチオピアに行き、現地の高校でコンピュータの使い方を教える」ということが、私の要請内容でした。去年8月に要請内容を初めて見た時から、12月の補完訓練、そしてここ二本松訓練所に来るまで、その要請内容にいかにきちんと応えるかが、私にとっての目的でした。12月の技術補完兼研修で「学習指導計画」というものを作成したのですが、そのときも、やはり私の関心はどうやったら効率良く生徒に操作指導が出来るかや、生徒の技術レベルを計るためにはどうしたら良いかという点であり、上記の要請内容に応えることが最大の目的でした。

しかし、金子局長の話を聞き、考え方が少し変わりました。正確には変わったというよりも、新しい視点からも任地での活動目的を考えられるようになったという感じです。金子局長は、我々が実際に任地に行ったときにやってほしいこととして、「住民と生活・労働を共にすることで社会の一員となる」ことを重要視していました。そして、任地の社会の一員となることで、実際の問題点、その解決方法が見えてくると教えてくれました。また、「教えに行くのではなく、一緒に働きに行くのだ」という言葉にも考えさせられました。

確かに、今まで自分が考えていたように要請内容に応えることは大切だと思います。しかし、今の自分が持っている知識・常識をベースに活動してみたところで、それはあくまで日本での常識にすぎず、それは日本という整った環境の中でしか通用しないことであると改めて気づかされました。さらに、「何事にも必ず根拠がある」、「Working with people, not for people」という言葉も非常に参考になりました。

具体的に考えてみますと、私の派遣先の高校では、IT教育用としてコンピュータが21台あるものの、教師の技術力不足のため使用しておらず、授業は紙テキストのみで行っているという状況です。これを単純に「教師の技術力不足」が原因と考えて、教師の技術力UPを目指した活動をすることは簡単に思いつきます。(今までの自分がそうでした)しかし、本当は理由ではなく、「教師は公務員で給料が安いのでITスキルをUPしようとするモチベーションが低い」とか、あるいは「21台のコンピュータを同時に起動出来るだけの電源設備が整っていない」とか、考えられる要因は数多くあると言えます。

そう考えると、「本当の問題点、それに対する解決方法」というものは、実際に任国の人々と一緒に生活・労働してみないとわからないものなのだと気づきしました。また、現地の住民と共に生活・労働するためには、コミュニケーション能力が重要なので、これから残りの訓練期間に語学の勉強には特に注力したいと強く感じました。

私はこれまで3年間ほどコンピュータシステムの営業をやってきました。コンピュータ業界では、一昔前までの「売るだけ」の営業は生き残れなくなり、今はソリューション(問題解決)提案が出来なければ営業としても良い成績が出せなくなってきています。金子局長の話にあった「問題が何かを発見できた時点で、すでに問題の半分は解決出来ている」という言葉には、共感出来るところが多いです。お客様と真剣に向き合って話し、お客様の環境・現状・将来の希望等総てを正確に把握できなくては、問題点を発見することは出来ないし、さらに、その問題点に対するソリューションを提供することも不可能です。このことと任国での協力隊としての活動は同じなんだなと感じました。自分にとって任国での問題発見→問題解決という活動は、これまで目指してきた営業スタイルと同様なので、「教える」ということではなく、一緒になって生活・労働することから本当の問題点を探し出し、その解決方法を提案し、一緒になって実行していくといった活動をやっていきたいと思います。

まずは、どんな風にすれば任国でも社会の一員となれるのか、コミュニケーションが上手く出来るのかという点をこれからは念頭において学習指導計画や活動計画を考えていきたいと改めて感じました。

最後に、「青年海外協力隊を支える環境」、「開発援助における国際的な歴史」、「協力隊の成果について」、「任国での環境の厳しさ」、「任国での安全の問題」等のテーマについても、自分では知っているつもりでも、あまり良く理解していなかった点もあったので、この訓練中にきちんと理解し、任国で、あるいは日本国内(家族や友人、会社の方)でも他人に正確に説明できるようにしたいと思いました。

読み返して見て驚いたのですが、こういうことを書いたというのを全く覚えていませんでした…。そして、「Working with people, not for people」って言葉に改めて「そうありたいな」と感じました。今年は海外転勤となりそうなので、改めて協力隊に参加したときの思いを想い出して、初心に帰るつもりで新しい環境に臨みたいと思います!

アムハラ語・日本語自動翻訳システム

2年ぶりにエチオピア里帰り行ってきました。そこで感じた点を書いてみます。リアルタイムに毎日現地で更新できたら良かったのですが、田舎に滞在していたものでネット環境がなかったので、リアルタイムじゃないですが、現地で書留めたものを何回かに分けて掲載します。

アジスアベバに着いて、青年海外協力隊の方数名に会ってどんな活動をされているのかお話を伺わせてもらいました。「協力隊のOBでコンピュータ隊員でした。今、エチオピア人の奥さんと里帰り中なんです。」と挨拶したら、「ちょうど良い。アムハラ語・日本語の自動翻訳システムを作ってるんで、ちょっと見て感想聞かせて下さい。」と言われて見せてもらうことに。そんなものを作っているとはすげーなー!と思い見てみると、アムハラ語から日本語に普通に自動翻訳出来てる!!感動しました。

アムハラ語・日本語翻訳システム

何に感動したって、システムそのものもさることながら、その隊員の方がごくごく普通にアムハラ語で文書入力してたこと。自分が隊員時代には、みんなアムハラ語は喋れても、書ける人は限られていたのに、今の人は書ける(PCで入力できる)ってのに感心しました。しかも自動翻訳システムまで開発しているなんて。

また、自分の隊員時代はPower Geezというソフトを使ってアムハラ語入力をしていたのですが、今はWindows7から標準で入力出来るようになったので、Power Geezは不要になってます。これはエチオピア人にとっては嬉しい機能強化だろうなぁ。エチオピアでのICT普及が進んだのでWindows標準になったのか、それとも今後を見越してそうなったのか?いずれにしても嬉しいことです。今回の里帰りでは、結構普通の人達が携帯でFacebookを使っているのを見てちょっと驚きました。すごいネットワーク遅くて、ちょっと田舎に行くと繋がりが劇的に悪くなるのですが、それでも結構使ってるのでした。町中で売ってるアムハラ語と英語併記のPCマニュアル本にもFacebookの使い方の章があったし。

この隊員の方が開発した自動翻訳システムは、Web版もリリースされているので、エチオピア関係者は是非どうぞ!って言っても、日本語からアムハラ語への翻訳ではなく、アムハラ語から日本語への翻訳なので、アムハラ語が入力出来ないと使えませんので要注意。詳しくはエチオピア協力隊員のブログをご覧下さい。