タグ別アーカイブ: e-Education

外山健太郎氏のGeek Heresy出版記念講演

51YSGz3GEuL._SX329_BO1,204,203,200_

ICTDに関連する研究者である外山健太郎(Kentaro Toyama)氏(ミシガン大学のAssociate Professor)の著書「Geek Heresy: Rescuing Social Change from the Cult of Technology」の出版記念講演が2015/10/28にミシガン大学であった。外山氏は米国Microsoft Researchでの勤務やガーナでの教員経験後にMicrosoft Research Indiaの設立メンバーの一人として2004年からインドに駐在し、その後カリフォルニア大学バークレー校の研究職を経て今に至る。著書「Geek Heresy」についてはtomonaritが以前レビューしている。

講演の内容を簡単にまとめると以下のとおり。

——————————————————

まず、ICT(情報通信技術)は貧困削減に貢献しているのか? というシンプルな問いを考える。アメリカの例を考えてみる。インターネットの導入後、Google, iPhone, Facebook, Twitterなど社会の仕組みそのものを変えうる技術が出てきている。実際にこれらの技術は人の生活を変えるインパクトを与えてきた。では、その貧困削減へのインパクトはどうだったのか?

実はアメリカの貧困率はここ45年程度は変わっていない。このことから、実はICTは貧困削減に貢献していないのではないか、という仮説が出てきた。技術が社会を大きく変えたことは間違いないが、技術で人を変えることはできない。

2004年にMicrosoft Research Indiaを設立するためにインドに行った。そこで見たICT活用事例の実態は、埃をかぶったPC、パーツを盗まれて動かなくなった供与機材、メンテナンスをすることができず放置されたPCなど、実際に期待されていた教育目的には使用されていないものが大半であった。

その反省もあり、PCからtext messageなどのシンプルな技術を活用するようにシフトすることなども行った。新しい技術を住民レベルに入れるには研修などが不可欠であり、なかなか持続的なものとはならない。

そこから出た結論は、技術自体はソーシャル・チェンジは起こせない、というものである。では技術は無意味か?それは違う。技術は人間に実力、そして意志のある活動をamplify(増幅)させるものである。

例えば、ある会社の活動を改善したいといった課題があるとする。解決方法として思いつくのは、リーダーを変える、技術力を高める、財務状況を改善する、などが思いつく。いずれも正解になりうる。それでは、この課題解決の方法として、iPadを支給する、データセンターを構築する、といったものはどうだろうか?それは解決にならない、というのは皆容易に想像がつくであろう。しかし、そのロジックに近い形で途上国のNPOや学校などにICTの供与が行われてきた例は非常に多い(そして今も続いている)。

次に、インターネットを例にあげる。例えば、インターネットという世界のどこからでもアクセスできる技術が民主化を進めたと言えるのであろうか?

まず、北朝鮮ではインターネットはあるものの、国外のサイトへのアクセスは難しく、孤立している。中国でも30万人が監視の仕事をしていて、ロシアでも似たような状況である。これらのことから言えるのは、(政府がその意思を持たない限り)インターネットが民主化を進める原動力にはならないということである。逆に民主化するという意思を政治が持っている場合は、それをamplifyしていくということは十分あり得る。(意思を持った国民が政治を変えることも可能)

コンピュータ科学の研究者としてこれまで関わってきたが、技術はガバナンスを改善しないし、民主化も進めない。不平等も改善しない。MOOCsなど教育を根本から変える技術が出てきたと話題になったが、主に恩恵を受けているのは貧困層ではなく大学を卒業したサラリーマンなどの上位層である。

私が信じるのはPositive human forceがある前提で技術を活用することである。ただし、ICTの世界は民間企業が引っ張っていることも忘れてはいけない。Facebook, googleなど、素晴らしい活動もしているは事実であるが、彼らの第一目的は利益であり、開発ではない。

エジプトの革命がFacebookがきっかけになったのは事実。でもそれが根本的な原因だったのか?その後シリアやリビアではネットを遮断したが、革命派は戦い続けた。逆にサウジアラビアやバーレーンでは抗議をFacebookなどで起こそうという活動があったが、市民社会が成熟しておらず、革命には導かなかった。やはり技術はamplifyしかできないと考える。では技術では不十分なら、どうやって革命を起こしていくのか。そこにはPositive human forceなど、意思を持った人たちが必要である。

——————————————————

技術ありきでそれを開発に当てはめようとするとうまくいかない、そんな当たり前のことが世の中では日々起きすぎている。ということへの警告と理解しました。

また、ICTは民間主導と言いながらも、企業は長期的に顧客になりうる層を当然狙ってアプローチしてくるわけで、民間ではアクセスできない部分も必ず出てくるんだろうと思う。そういったところに対しては、Positive human fourceがある前提で国際機関や二国間援助機関、そしてNGOなどが技術を用いて住民の意思をamplifyすることが重要なのだと思う。

プレゼンの極意「7S」

あなたのプレゼンを魅力的にする7つの「S」から始まるキーワードは何でしょうか?

神戸情報大学院での授業の中で、NGO e-Educationプロジェクト代表の三輪さんにゲストスピーカーとして2回プレゼンをして頂きました。e-Educationプロジェクトそのものの活動内容やそこから導き出された教訓など、その内容はとても勉強になるものでしたが、個人的には、三輪さんの「プレゼン力」そのものの高さにも感銘を受けました。そこで、ICT4Dというテーマからはちょっと外れますが、その三輪さんが説いているプレゼンの極意「7S」を紹介したいと思います。

「お、俺のプレゼンがうけない・・・(涙)」という経験は誰でもあるかと思います。でも、ご心配なく、95%のビジネスプレゼンテーションはつまらない、とういう調査結果もあるので。

自分も留学時代に欧米人のプレゼンと日本人のそれまで自分が慣れ親しんできたプレゼンに大きな違いがあるなぁ、と感じました。それは、プレゼン資料内の情報量の多さ。日本人の場合、基本的に紙で配って、後から見直してもらうことを前提にしているので、超沢山の情報がプレゼンのパワーポイントスライドに入ってます。誰しも、自分が参加したセミナーとか講習会でもらってきた資料を同僚に回覧したりしますよね。そのときに参加してない人が見てもある程度内容がわかるような情報量だったりします。また、社内でのプレゼン資料もそれがプレゼンを聞いてない重役にそのまま共有されても大丈夫なように必要な情報が全部入ってる。後から重役に「XXXについてはどうなのか?」と聞かれたときに、「ちゃんとプレゼン資料のココに書いてあります」って言えるように。ある意味、パワポ自体がレポートなんだと言えます。

一方、欧米人のプレゼンはパワポ内の情報量が超少ない。写真だけドン!、「WHY?」とかキーワードだけドン!、ってな感じ。なので、「この写真は何?」ってな感じで話に集中するしかないし、シンプルで話について行き易い。

今回聞かせてもらった三輪さんのプレゼンは後者のタイプで、聞いてて面白かったです。必ずしも後者のタイプが常にベターであるとは言いませんが、こういうプレゼンスキルも会得したいなぁと思います。

留学時代、授業の課題でグループプレゼンの制限時間が5分ってことが何回かありました。最初は、「超、短けぇ・・・。たどたどしい英語でしゃべるだけで日本語よりも時間がかかるってのに。トホホ。」と思いましたが、やってみると、その短い時間で話すこと・話し方を工夫するのでかなりポイントがしぼられて洗練された内容になっていくのがわかりました。そして、課題では、プレゼン資料とは別にハンドアウトを提出することが求められており、そっちのハンドアウトがいわゆる日本風プレゼン資料の役割でした。なるほど、後から読んでもらうものとプレゼン用資料は別物なんだな、と気づきました。

さて、冒頭の質問の回答です!それは・・・

  1. 「Simple」
  2. 「Short」
  3. 「Story」
  4. 「Smile」
  5. 「Slow」
  6. 「Surprise」
  7. 「Study」

それぞれの説明は三輪さんのブログを参照してみて下さい。最後にそのブログでオススメされていた魅力的なTEDのプレゼンを紹介します。この動画、3分ですが超面白い。自分も見てみて凄い勉強になりました。

ICT4Dセミナー@JICA関西を終えて

Exif_JPEG_PICTURE

14日にJICA関西でICT4Dに関するセミナーにて登壇させて頂きました。ご参加頂いた皆様、どうもありがとうございました!そして、話が長くなってしまい最後の質疑応答時間を食ってしまい、申し訳ありませんでした・・・。ご参加された方で時間がなくて質問出来なかった方がいれば、遠慮なくブログを通じてご質問下さい。

どんな話をするのが良いか?と悩んだあげく、この様なセミナーに足を運んでくれる方々は、将来ICT4Dプロジェクトを立ち上げたいとか、携わりたいという考えを持っている方達だろうと考え、その時に少しでもお役に立つような話が出来れば・・・、と思い敢えてメリットよりも課題にフォーカスした内容にしてみました。

終わってみて、受けたかどうかは微妙だったかなぁ(もっとICT4Dの良い面をアピールするほうがポジティブで良かったかなぁ・・・)と思いつつも、プレゼン資料をslideshareに掲載してみました。お時間ある方は是非、見てみて下さい。

そして、今回一緒に発表されたe-Educationの牧浦さんのパワフルなプレゼンに感心するとともに、神戸情報大学院大学の炭谷学長の落ち着いたプレゼンも非常に勉強になりました。また、この様なイベントが出来たら良いなと思います。

 
 
 

ICT4Dセミナー ~情報通信技術が開発援助の世界を変える~ @JICA関西

ICT4DセミナーinJICA関西

JICA関西で上記のイベントがあります。「バングラデシュでドラゴン桜」で有名なe-Educationと、ICT4Dイノベーション修士コースを開設する神戸情報大学院大学が独自の取り組みを紹介します。そして、自分も登壇させてもらい、ICT4Dについてこれまで学んできたことやJICAプロジェクトの紹介をします。これまでも、SVP東京さん日本エチオピア協会さんのイベントでICT4Dについての話をさせてもらいましたが、今回は今までで一番時間をもらったので、来ていただいた方達と一緒になって、ICT4Dプロジェクトの課題などを議論出来るような内容にしたいと考えています。関西方面でICT4Dに関心のある方には、是非、お越し頂けれと願っています!