タグ別アーカイブ: Fablab

「キッチン3Dプリンター」と「自助具データベース」

1月28日の日経新聞(夕刊)を見ていたら、2つの記事が目に留まった。「アップル4期連続減益」と書かれた記事の横に「食べられる器 家で作る」という記事があった。“3Dプリンター米粉を使用”って文字が囲みになっていた。記事を読んでみると、3D プリンターで米粉を固めて、器を作る装置「キッチン3Dプリンター」を慶應義塾大学が開発しているという。紙皿や紙コップの代わりに、食べられる器が出てくる日も近いか。

これを開発している慶應義塾大学の田中浩也准教授は、以前このブログでも紹介したFabLabの日本における第一人者です。面白いことやっているんだなぁ。

もう1つの記事は、「「自助具」広く知って 製法などネットで共有」というもの。自分もはじめて知った「自助具」とは、障害がある人に便利な生活用具のことで、例えば、木材を爪切りに貼り付け指先に力の入らない人でも簡単に使える台付き爪切り、みたいなもの。

大量生産されている商品もあれば、各自が特注したり自作したりしているものも。「テクノエイド協会」という団体が、そんな自助具の特注品、その生産者(工房)、販売元、そして製作方法までをデータベースにしてWebで公開しているという記事でした。

想像するに障害の種類や度合は人それぞれだし、体系とか癖とかも異なるので、本当に自分にマッチした自助具をゲットするには、既製品から探すよりも特注したり自作したりするのが良い方法と思える。こういうデータベースが公開されて、しかも製作方法もオープンになっているというは、特注・自作へのハードルをすごく下げてくれるのだろう。

そして、この記事を読んでFabLabの活動を想い出した。FabLabから誕生した製品として有名なものに「FabFi」アンテナがある。FabFiについてのWikipediaの説明を紹介すると以下のとおり。

“FabFiとは都市規模での無線メッシュネットワークを構築するオープンソース・システムである。このシステムは中央のプロバイダから町や都市に渡り無線インターネットを共有するための安価なフレームワークである。当システムは元はジャラーラーバードのファブラボによりアフガニスタンの同地の一部に高速インターネット回線を提供するため開発され、ホップ数が大きくても高パフォーマンスを維持できるよう設計されている。”

FabFi

FabFiの写真(「発展途上国にDIYで無線インターネットを提供するオープンソースプロジェクト「FabFi」」から)

FabFiは、作り方がWebで公開されており、設計や必要なプログラムなどもすべてオープンになっている。そして、各自が改良を加えれば、その改良方法もアップされて共有されている。そんなWebサイトがfabfi.fabfolk.comだ。

このようにモノつくりがオープン化されて、3Dプリンターなどを活用して誰でも簡単にモノづくりが出来るようになっているソーシャル・ファブ(モノづくり2.0)の動きと、先ほどの自助具のデータベースの記事がリンクした。自助具のような特注品のニーズが高い製品(逆に言えば、大量生産には向かない製品)は、これから自分で作るのが流行になっていくのかもしれない。そして、「特注品のニーズが高い製品(逆に言えば、大量生産には向かない製品)」ってのは途上国市場にも結構あるんじゃないかと思う。

【追記】
コメントでatuchanさんに教えて貰った3Dプリンターでビザを作るという映像がYoutubeにあったので、これも載せます。キッチン3Dプリンターでピザを作る研究開発にNASAが投資しているっていうのも非常に興味深いですね。

新しい価値観を伝えること

IMG_6565

10月上旬から神戸情報大学院大学(KIC:Kobe Institute of Computing)にて、客員講師という立場でICT4Dについての授業を持たせてもらった。昨日、最後の授業を終え、秋学期が終了。毎週日帰りで神戸まで行くのは正直結構キツかったものの、すごい良い経験をさせてもらえ、今回の機会を与えてくれたKICと、週1回職場を不在にすることを承認してくれた職場の上司に感謝、感謝です。

授業内容では、主に自分がマンチェスター大学のICT4D修士コースで学んだこと(Richard Heeks教授のフレームワークなど)を中心に、JICAでの経験(日本のODAにおけるICT分野の事例など)や、エチオピアでの経験、仕事やこのブログを通じて知り合えた諸先輩から教えて貰ったことなどを、アフガニスタンとルワンダからの留学+日本人学生に伝えてきた。

90分×15コマの1コースに、伝えたいことを盛り込んだので、ほぼ毎回時間をオーバーしてしまい学生さんたちにはご迷惑をかけてしまったかなと思う。不満を言わずに付き合ってくれた学生の皆さんにも感謝です。

そして昨日の最後の授業では学生から最終課題に関するプレゼンをしてもらった。ケニアのM-PESA、アフガニスタンのM-Paisa(Paisaっていうのはアフガニスタンの言葉で「お金」という意味。PESAがスワヒリ語の「お金」なので、同じ理屈のネーミング)、OLPC、e-Government、防災警報システム、といったテーマについて、各自が調べた内容を発表してくれた(上の写真)。

また、スペシャルゲストとしてJICA国際協力専門員、ICT系開発コンサルタント、民間ICT企業の方々などにもご参加いただき、有意義なコメントを頂くことが出来た。ゲストの皆さん、どうもありがとうございました!そして、ゲストの方々にもプレゼンをしてもらったのだが、とりわけ東大の青木さんによるFabLab活動のプレゼンは先進的でとても興味深いものだった(下の写真)。

IMG_6567

学生とゲストのプレゼン&それに関する議論を通じて、「価値観をどう伝えるか(理解してもらうか)」というのが、ICT4D、途上国ビジネス一般にいえる共通課題であると感じた。
アフガニスタンのM-Paisaのプレゼンからは、(アフガニスタンという国の背景もあり)国民のなかにはモバイルバンキングという仕組み自体を信用しない層が少なからず存在するといった課題(=つまりモバイルバンキングという見えない送金の仕組みを理解・信頼してもらうことが出来るか?)や、OLPCのプレゼンからは、Windows製品 vs OSS(オープンソース・ソフトウェア)という議論(=先進国よりもWindows製品が市場を圧巻している途上国でOSSを採用することの是非など)が盛り上がった。また、FabLabについては、このムーブメントが発展しているのは、モノづくりの新しい価値観が先進国・途上国を問わず広く受け入られているからだと感じる。

また、ちょっと前に知人を通じて、See-Dコンテストのメンターをやりませんか?とお声がけいただき、メンバーなるものをやらせてもらった。See-Dコンテストは、日本の技術力と途上国のニーズをつなげ、途上国が抱える課題を解決する製品をより多く生み出すことを目的としたプロダクト&ビジネスコンテスト。以前、このブログで紹介した東ティモールでの格安運送サービス「TranSMS」もSee-Dコンテストから生まれている。そこで色々なチームのビジネスプランを聞かせてもらう機会を得ることができた。担当したチームの方々にどこまで自分が貢献できたかは正直あまり自信がないものの、この経験でも非常に多くを学ばせてもらった。

色々なビジネスアイデアを聞いていると、共通している課題は、やはり「新しい価値観をどう理解してもらうのか」という点。これまでなかったサービスを受入れてもらう(お金を払ってもらう)には、それが必要である。KICの授業でJICAバングラデシュ事務所のKanot(このブログの管理人の一人)に、バングラデシュでJICAが支援したバスカード導入プロジェクトについて紹介してもらった。そのときも、これまで現金でしか運賃を払ったことがない人達(乗客も運転手側も)に、どうやってスイカとかパスモみたいなカード利用のメリットを理解し受入れてもらうかが一つの課題であったという話になった。他の途上国開発プロジェクトを例にすれば、これまで手洗いの習慣がなかった人達に、公衆衛生について理解してもらうとか、蚊帳を使うことがなかった人達に蚊帳の効果・価値を理解してもらうとか。もっと別の例を挙げると、コーラって見た目おいしそうに見えないのに、あれをここまでポピュラーなドリンクにしたコカコーラ社とペプシ社はすごいと思う。飲めば美味しいのはわかるけど、あの黒い液体は、コーラを全く知らない人から見たら、飲みたい意欲はわかないんじゃないだろうか。

ここ最近の経験を通じて、この「価値観をどう理解してもらうのか?」って点に非常に興味が出てきた。特に新しいサービスを提供するICT4Dの分野では、この重要性は高いと感じる。さて、自分がKICで教えた講義では、学生の皆さんにちょっとでも新しい価値観を提供出来ただろうか。今まで知らなかったモノの見方や考え方を少しでも伝えることが出来ていたら良いけど、どうだったかな。

FabLabはエチオピアにもあるのか?

昨日に続くエチオピア関連ネタです。以前、FabLabについて投稿しました。途上国も含めて世界中にFabLabがあります。んじゃ、エチオピアにもあるんかな?と思ってググってみたら・・・。

あった!

Untitled-1

首都アジスアベバにあることがわかりました。今回のエチオピア訪問時に言って見ようかと思っています。どんな感じのモノ作りしているのだろうか。何か「これは!」と光るネタがあったら面白い。

そんなときには、こんなビジネスコンペにトライしてみようか。

40億人のためのビジネスアイデアコンテスト そのアイデアは世界をちょっと変えるかも

開発コンサルタント会社のアイ・シー・ネット株式会社が実施するビジネスコンペ。応募締切は11月10日。豪華な顔ぶれの審査員のなかに、おっ、andu ametの鮫島さんが!このブログでも紹介したことがあるエチオピアの革製品ビジネスで奮闘している友人です。ちなみに自分、先日、六本木ヒルズにある期間限定のandu ametショップで店番ボランティアを半日してきました。ミャンマー出張から帰国して六本木ヒルズに行ったら、エアコンが床から冷気が出る仕組みになっていることに何故か非常に感銘を受けました。半日いたけど、それが一番記憶に残ってる…。

さて、この一週間毎日ブログを更新してみました。約5年間やっているブログで一週間続けて更新したのは初めて。e-Education三輪さんのブログで、「楽しいから続けるのではなく、続けるから楽しくなる」という話を読んで「なるほど~」と思ったのがきっかけ。エチオピア旅行中は毎日更新は不可能かと思いますが、出来る限り頑張ってみようかと思います。

「ソーシャルファブ」、「モノのロングテール」、「途上国開発」

先日の勉強会で登壇いただいたハイパーネットワーク社会研究所の会津先生から、イベント紹介の連絡をもらいました。「ソーシャルファブ・カンファレンス2013 in Tokyo」(8月31日です。直前の紹介ですいません・・・)というもの。ソーシャルファブと途上国開発がどうつながるのか?という点について、ちょっと考えてみました。

これまでの物づくりは、基本的には工場とかある程度の施設・設備を必要としており、そのための投資を回収するには、それなりの大量生産をしないといけないということになります。なので、大量生産・大量消費ってモデル。それに対して最近は、3Dプリンターとか旋盤とかレーザーカッターといった工作機の値段が下がり、一般人でも利用できるようになってきました。そして、だれでも工作機を使える場としての工房も各地に出来つつあります(時間いくらとか1つの物を作るにいくらとかで、使用料を払えば使える)。そういった一般市民が使える工房の代表格が「ファブラボ」。日本にもあるし、世界中50カ国200カ所以上にあります(途上国も含まれます)。ファブラボの紹介として、スペインにあるDisseny Hub Barcelona (DHUB) が作成したアニメーションを以下にのっけます。

じゃ、途上国にそういった工房が出来たとして、どういう効果があるのか?
この点については、田中浩也さん(ファブラボ鎌倉)による本『FabLife – デジタルファブリケーションから生まれる「つくりかたの未来」』の中から以下の部分を引用させて頂きます。

“その土地に必要なものを、その土地の素材で、その土地の人が生産することができる。途上国においては、生産者となるための手段を提供することこそが、「もの」を提供することよりも大きな支援となる場合が多い。先進国では、大量生産、大量廃棄のデザインを成立させてきた文脈とは異なる新領域となってゆく。原発を稼働させるよりもソーラー発電へ、熱帯雨林の伐採から国産の間伐材の使用へ、輸入食材から地元の食材へ、といった循環型コミュニティが形成される中で、FabLabを通じた「デザイン」の地産地消も充分に考えられる。”

ただ、途上国においてモノづくりのために必要な設備(ハード)が気軽に使えるようになっても、設計とかの知識・技術(ソフト)がなければ、効果は出ないのでは?という疑問はあります。この点は上記のアニメーションにあるように、Webに公開されているオープンな図面等を引っ張ってくることが出来たり、SNSなんかでつながった先進国の技術者に依頼をするなど、「ソーシャル」なテクノロジーが補完してくれる可能性は期待できるんじゃないかと思います(というか期待したい!)。東京で設計した製品の図面がメールでエチオピアへ送られて、エチオピアで製造されて販売される、みたいな。

ちなみに、Fablab JapanのWebにガーナのFablabを訪問した様子がレポートされています。

もう一つ、「ロングテール」で有名なクリス・アンダーソン氏の本『Makers 21世紀の産業革命が始まる』もソーシャルファブをテーマにしており、そのなかで、「モノのロングテール」という言葉が使われています。この言葉、自分的には結構イイなぁと感じました。大量生産・大量消費・マス広告じゃなくて、その土地、その人に合った製品を作るというのは、途上国において彼ら自身が自国のマーケットを開拓する手段になりえる可能性を感じます。

そういえば、以前このブログでも紹介した「AMP Music」の取り組みは、「モノのロングテール」とアマゾンドットコムのような流通業のロングテールとを組み合わせているのだと思います。ケニアのスラムで若者が音楽を作る(CDを作る)のは、「モノのロングテール」的な要素を含むし(大規模な録音・編集スタジオがなくてもPCで編集もCD作成も出来るようになった)、それをiTunesで販売するというのは、流通・販売のロングテール的な要素を含んでいるのだと。

マンチェスター大学のHeeks教授が「ICT4D1.0からICT4D2.0へ」という表現で言っている「情報の発信者やシステムの作り手が先進国ではなく、途上国の人々になってきた」という現状と、上記で述べたモノづくりにおけるソーシャルファブの動きというのは、同じなんだと感じます。いずれも、「テクノロジーの力によって、途上国の人々が主役になれる機会が増えている」ということなんだと。

「ソーシャルファブ」はICT4Dって括りにはおさまらない大きなテーマですが、非常におもしろそうです。