タグ別アーカイブ: ICT4E

OLPCは失敗例の見本なのか?

OLPCから学べる教訓は?というのが、Educational Technology Debateの議題になっていました。OLPC (One Laptop Per Child)プロジェクトの進め方と、理想的なプロジェクトの進め方を比較し、OLPCは理想的なプロセスの真逆であると指摘し、“学べる点は「どうしたらいけないのか」という悪い点だけ”という痛い評価。

良いICT4Eプロジェクトにするには、PC供与だけに予算をつぎ込むのではなく、カリキュラムの見直しやインフラ整備、故障対応といった必要な要素にバランス良くお金を使うことが必要。さらに、教師や生徒の親、コミュニティリーダーを巻き込み、パイロットプロジェクトの実施・評価を通じて、段階的に規模を拡大し、パイロットプロジェクトが学んだことを考慮して、州レベルでその地域に合ったハード・ソフトを選択する。こういった方法が失敗しない正攻法。

一方OLPCはというと、どんどん100ドルPC(XO)を児童へ配布することに資金を注ぎ込み、その他のこと(パイロットプロジェクトの評価、カリキュラム見直しやインフラ整備、故障対応など)はボランティア頼りで、配慮が不十分。ハード・ソフトの選択肢はなく、どのエリア、どの国でも、同じPC。結果、(ごく稀な好事例を除いて)せっかく供与されたPCを授業で活用できない(しない)教師、家ではゲームしかしない生徒、壊れたままのPC・・・といった散々な結果が現状。

と、上記のようにかなり厳しい評価が述べられてました(まぁ、議論するための問題提起なんだと思いますが)。

それに対して多くの意見が書き込まれていて賛否両論。そのなかで、自分が賛同できるコメントがあったのでご紹介。Clayton R. Wrightという方が、こんなコメント書いてました。

「そもそも、PC配るだけじゃなくて、カリキュラム見直しやインフラ整備、故障対応といったそれ以外の要素が成功には必要だということは最初っから誰もがわかっていたことだろう。色々な要素が一緒にならなければ、教育の向上はありえない。だた、OLPCプロジェクトが全部を出来る訳じゃない。OLPCは「PC供与」をやるプロジェクトだ。それ以外のことは、政府がやったり別の団体がやればいい。現実、それをやった国とやらなかった国があるだけ。」

その通りなんだと思った。OLPCが注目され始めた頃から、「PC配るだけじゃ駄目」的な意見は色々なところで言われていた。問題は、やらなきゃいけないとわかっているのに出来ない点。
前回の投稿で、ICT4Eプロジェクトについて、「ICT導入そのものが問題解決でない!それを どう使うか、ITリテラシー、教師のスキル・モチベーション向上、インフラ環境、政府の教育ポリシー、といった諸々の諸事情を考慮して、ホリスティック (総合的・全体的)な対策を取ることで、ICTは教育の質・量の向上に大幅に貢献する」みたいなことが数年前から言われているが、それ以上の進歩がない、と書いた。

結局、技術的な課題やら組織的な課題やら、多岐にわたる課題に同時にメスを入れていかないと駄目なことはわかっているけれど、色々な関係者が、「まずは自分が出来るところ・得意なところ・やりたいところ」から始めてしまい、誰もそれを統率出来ていないのが問題なんだと思う。NGOや企業が何もしないより出来ることから支援することに対し、援助機関から「援助するな」と制御は出来ないし、「自分の金でやってんだから文句言うな」と言われればそれまで。第一、途上国の人々は、カリキュラムの見直しなんかがなしだとしてもノートPC欲しいと思うし。(実際、自分がエチオピアにいたときも、教員配置の目処がなくとも新しい学校建設を欲する地域住民や、薬や電気が確保出来ないのにクリニックに冷蔵庫を設置したがるNGOと一緒に仕事をしてました。)

理想としては、当事者である途上国のリーダー(政府の偉い人だったり、プロジェクトを牽引する担当者だったりNGOだったり)が、多岐に渡る課題(ITリテラシー、教師のスキル・モチベーション向上、インフラ環境、政府の教育ポリシーなど)にどうやって同時にメスを入れていくのか、その辺のバランスを取れるだけの能力を持てれば良いと思う。

とは言え、先進国でもITプロジェクトが上手く行く可能性は高くはないという現実を見ると、この意見も「理想はそうだが実際はね・・・」の域を出ないなぁ。。。

エチオピアのOLPC調査結果

One Laptop Per Child NewsにエチオピアでOLPCに携わってきたThomas氏が、その印象について投稿していました。

内容はそんなに詳しくは書いていないのですが、面白かったのが、「エチオピアに来たこともない人や3週間しか滞在してない人達が、100MBのWi-Fi環境の自宅から、エチオピアのOLPCの現状についての評論投稿をしているのは、ちゃんちゃらおかしい」というようなことを訴えている点。どうもThoms氏は2006年からエチオピアに滞在している方らしい。自分も、首都アジスアベバでも計画停電があるエチオピアでのネット環境等は想像がつくので、この皮肉っぽい物言いが、すごくおかしく感じた。

本題の調査については、オランダの大学「Universigy of Groningen」が2年間の現地調査をやっているとのこと。最初の4ヶ月の調査結果から、Thomas氏が以下5点を指摘してます。

1. 児童はOLPCを学習道具としてみている
2. 児童の学習時間がOLPCによって増加した(主に自宅での学習時間)
3. OLPCによって児童の論理的思考や空間把握能力が劇的に向上した
4. OLPCは児童が学校へ行くモチベーション強化に貢献した(特に田舎)
5. 4ヵ月後の学習能力は次のように向上している
OLPCを使用しているすべての学校の平均では3%の向上
特に大規模にOLPCを活用している学校では13%の向上

こんな調査をやっている大学があるとは、すごく羨ましい。でも、自分は参加出来ないので、時間があればOLPCのWikiで何か書き込んでみようかと思ってます。

“ICT is both an icon and an engine of innovation”

前の投稿で紹介した世銀のICT4EducationのBlogより、キャッチーなタイトルだったので紹介します。執筆はMichael Trucano氏。世銀のWebsiteにて、今月ICT4Eに関するオンラインのディベートがあった。”教育への投資においてICTっていうのはベストなのか?”Are ICTs the Best Educational Investment?がテーマ。

コンピュータなどのハードウェアに投資をするのがよいのか、教員のキャパシティの向上に投資をするのがよいのか、過去にも何度も聞いたことがあるようなディベートがすすむ中、Ed Gaible 氏はこういう。

”教育におけるICTの活用というのは、アイコン(偶像)であり、イノーベーションのエンジンである”、と。なんとも上手い言い方をするじゃないか、、というMichaelさんのコメントに納得。

確かに、”ICTが使えるようになる”という事は、途上国の人たちに実際のスキルを移転するだけではなくて、”ICTが使える” とか ”自分にもできる”っていう自信とモチベーションを与えてくれると思う。

定量的な結果が求められる時代で、莫大なお金を積んだプロジェクトの結果が裨益者の”モチベーションアップ!”だけでは、通用しないのは百も承知だけれども、

開発の効果を出すにはそのモチベーションがなければ、よい結果がうまれないのも周知の事だとおもう。

(end)

FYI: World Bank Blog on ICT use in Education

少々間があきました・・失礼しました。

ご存知かもしれませんが、

世界銀行が、教育にフォーカスしたICT4Dブログをたちあげています。

Resourceに加えましたので、今後チェックしていきたいとおもいます。

Click>http://blogs.worldbank.org/edutech/

学校でのPC活用

以前、このブログでも話題に上がったOLPC (One Laptop Per Children)。
色々と議論のある中で、ちょっと感じることを書いてみます。

前回のMakiの投稿にもあったように反対派の意見としては、

◆わざわざOLPCやんなくとも、もっと高性能なノートPCがもうちっと金出せば買えるレベルにあるじゃん。

とか、

◆途上国にノートPCを導入することで「テクノロジーを第三世界へ!」みたいな偉そうなこと言うのは勘違いだろ?

アフリカの田舎でもみんな携帯電話使ってるっての!

さらに、

◆そもそも学校教育でPC使っても、簡単には教育の改善につながらないって!

といった意見が。
特に最後の「そもそも論」的なところに関して、世銀のPrivate Sector Development Blogにこんな投稿が。

学校教育にPCを活用するコロンビアのプロジェクト(OLPCではない)の事後評価では、
各学校のPCの数は増えたが、生徒のテストの点数、勉強時間、生徒同士の関係、学校の印象等には殆ど影響が見られなかった。
Smackdown of the OLPC Smackdown: by Ryan Hahn

貧しい子供達にPC購入補助として金券を配布したルーマニアのプロジェクトの事後評価では、
PC購入後に、子供達の勉強時間が減り、しかも成績がほかの子供よりも下がる傾向にあったことが指摘された。
Xbox for the Developing World?:by Ryan Hahn)

と、Hahn氏の辛口意見炸裂。

でも、こういうのって、きっと一概には言えなくて、教室でのPCやOLPCがハマる地域や学校があるのも確か。
PC導入のおかげで、教育へのアクセスが改善されたというレポートも沢山あるし。
失敗例のみを取り上げて「だから駄目」ってのは、ちと違うかと。
結局、どんな状況だと上手く言って、どんな環境だと上手くいかないといった傾向を事後評価から得ることが大切なんだろう。
そして、その結果を次に活かす!と。

しかし、ハイチでのOLPCのインパクト調査をInter-American Development Bankがやるらしいが、その費用が、なんと・・・・、

5,100,000USD!!だとか。

うーん、なんか考えちゃいますね。。。

One Laptop for Child

OLPC(One Laptop for Child,)の最近のニュースが世銀のPSDblogにUpされました。オリジナルはカナダのBlog、WALRUSからの引用を用いています。

タイトルは”OLPC Smackdown”。OLPCにお灸!ってことですが・・・。

つまりは、最近のモバイルPCの軽量化、低価格化の流れがあるのに、そもそもOLPCという独自の機種の開発を続け、途上国の子供たちに”一人一台のノートPCを”普及させる意味がほんとにあるの??と問いかけてます。WALRUSの Jon Evansは、かなり、根本的なOLPC反対論者のようです。曰く、

  1. It was a bad idea to begin with.  そもそもOLPCのアイディアがいけてない!
  2. The XO laptop is a piece of crap. XO(OLPCのコンピュータ名)はクズ同然!

と、ボコボコです。ICT4Dの最たるプロジェクトともいえるOLPC、開始当初からその賛否をめぐって、論議がかわされてきましたが、今後どうなるんでしょ。確か各メーカーがだしてる小型モバイル、価格的にはOLPCに近くなってきてるし、新たなHW,SW,OSをわざわざ開発しなくちゃいけない、理由がちょっと不明瞭です。

それでも、途上国の現場の一部では、OLPCによって、情報にアクセスできた子供たちの喜びの声が聞こえきているのは確か。

今後もウォッチします、OLPC。

——————————————————–

*そもそもOLPCって、、、?

“OLPCは、世界中、特に開発途上国の 子供たちに革新的な教育理論に基づく学習の手段を提供することを目的として活動しているNPOである。このプロジェクトの実践にあたり、必要となるハード ウェア(”XO”と呼ばれるラップトップ)・ソフトウェア(“Sugar”と呼ばれる親しみやすいユーザインタフェースや”(Squeak) Etoys”など)、そしてこれらを学習コミュニティとしてつなぎあわせるメッシュネットワークやコンテンツの開発、コンテンツを提供するスクールサーバ の開発などが現在世界中のボランティアの力を得て、進行中である。”
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』