タグ別アーカイブ: India

Modi首相のアメリカ訪問に見るインドの存在感

sundar-pichai-narendra-modi-google

アメリカのIT分野におけるインドの存在感が増している。そしてインド側もそれを強く意識している。それを象徴するイベントが、2015年9月のインドModi首相のアメリカ訪問であった。(写真中央はModi首相、右がPichai Google CEO。AP/Photoより)

まずModi首相について簡単に触れると、現在インドのIT化政策である「Digital India」を強く推し進めている人であり、首相自身がTwitterなどで積極的にフランクな発言をするなど、国民と新しい形のコミュニケーションを取って人気を博している。そのModi首相が2015年9月にアメリカを訪れたのだが、その訪問先はワシントンではなくシリコンバレーとニューヨークであった。

主要訪問先の一つであったGoogleでそれを迎え入れたのもCEOのSundar Pichai氏(インド人)。政治的な繋がり以上に産業界におけるアメリカとインドの繋がりを強く意識した訪問であり、インドのIT分野における存在感を強く感じた訪問であった。

その存在感の内訳としては非常に双方向なもので、一つはオフショア開発先としてのインド、一つはシリコンバレーで多くのインド人が働いているという現状、そしてもう一つは今後のマーケットとしてのインドの大きさである。

実際に私の大学でも驚くほど多くのインド人留学生が理系を中心に学んでいて(アメリカへのインド人留学生数は13万人(2014年)、[参考]日本人留学生は2万人(2012年) )、その多くはシリコンバレーでの就職を目指しており、優秀な人材供給源としてインド・アメリカで対等なパートナーとなりつつあると感じる。

一方の日本では、海外のSEを取り込もうといった動きはあるものの、あくまでアウトソーシング先や、現地法人運営に向けた人材育成といった面が強く、対等なパートナーシップではない企業が多い。もちろんインド人が英語がネイティブなので語学のハードルが低いというのはあるだろうが、アメリカで主要スタッフとして働ける可能性(実際にGoogleではCEOまで上り詰めた例がある)と比べると、日本のIT企業を目指すというのはあまりに魅力的でなく、優秀な人材がアメリカを目指すのも頷ける。

世界中の頭脳を集めて(アメリカ人ではなく)アメリカという国を強く保とうとするアメリカ、日本人を強く保つために外国のエンジニアを使おうとする日本、どちらがいいかという話ではないが、産業の発達という観点ではどうしてもアメリカに分があるように感じてしまう。

どうする、e-waste(電子電気廃棄物)?(その2)

かなり久しぶりに投稿します(++),,

昨日うちのマンションのゴミ捨て場にPCが投げ捨ててあったらしく、受付の掲示板に管理人からのクレームがあった。
「PCの公共集積所では捨てられませんので引き取りに来て下さい。来ない場合は業者に連絡してPC内の情報を確認し所有者を特定させて頂きます。」 それが本当にできるかはおいて置いて、、、
先日のTomonariの記事、”どうする、e-waste(電子電気廃棄物)?” を読んで少し追加。

大学院の時、インドのICTセクターにおけるCSRと開発というテーマで卒論を書いた。
ICTセクターといっても ハードからソフト、インドだといわゆるIT-BPO(Business Process Outsourcing)とか、ITES(IT-Enabled Sector, コールセンター等) などなど色々サブセクターの分類があるけれども、その中でHW関連するCSRの話といえば、このe-wasteだった。 もちろんイ ンドに進出している米系の有名なHW系ICT会社は、立派なCode Of Conductをもっていて、下請メーカーに環境負荷の低い部品を使うように規定を定め、そこから外れる業者とは契約しない。でも 問題なのはそうした環境対応にもコストがかけられる大企業ではなく、いわゆるコストぎりぎりの中小零細企業(SMEs)。サプライ チェーンの先の、そのまた先までいくとどこまでチェックできているのか正直誰にもわからないというのが正直なところ。e- wasteの問題は既にtomonariの投稿でも書いてあったけど、結局最終的にはSMEsのその先の廃棄物処理業者(不法)がいて、不法に投棄された e-wasteから少しでも金銭になる部品を取り出そうと、それが有毒であることを知らない貧しい人々が病気になってしまうという悲しい仕組み。

昔読んだ資料の情報だ と2005年には146810トンのe-wasteは2012年には800,000トンになる見込みと書いてあった。この凄い成長に対応すべく、インドの CPCB(Central Pollution Control Board)は2008年にe-wasteのガイドラインを出していて、そこに関わるステークホルダーを、生産者、収集者、運送者、解体業者、リサイクル 業者、その他のe-wasteを扱う人に分けている。なるほど。これだけ関わる人がいる、というかe-wasteビジネスがあるわけだ、、。

当時、色々な文献を漁っている時にExtended producer responsibility (EPR)という言葉にたどり着いた。
Wiki
によれば「(OECD)が提唱した概念であり、「製品に対する生産者の物理的および(もしくは)経済的責任が製品ライフサイクルの使用後 の段階にまで拡大される環境政策上の手法」と定義がある。日本語に訳すと””拡大生産者責任”。(ちょっと固め)そのときは2008年だったのでこの単語 は”CSR”よりもあと数年したら流行るかもしれない!と、当時思ったけど、そこまでは流行らなかった・・。

最後に明るい話、かのグリーン ピースが ”indian guide to greener electronics” というのを(おそらく)毎年出していて、2008年に見たときには”インド企業の対応は他の先進諸国に比べて劣っている”とい う結論だった。最近みてみたら、どうやらインド企業、特にWiproなんかの取組みはかなり進んでいるみたい。一方東芝、デル、サムスンはマイナスポイン ト、、という記事もあった。頑張れ、インド企業!

インドのITセクター概観

maki@久々登場です。。

Univ. Manchester のICT4DのブログにインドのITセクターの統計がでていた。
表やグラフはこのLinkに示されるとおりであり、Prof.Heeksのまとめの2点の直訳は以下。

・インドのソフトウェア産業の伸びはこの直近10年の平均で30%以上の数値をみせており、輸出の伸びは2008年度で360億ドルを超えるということ。

・インドのソフトウェア産業の輸出の伸びは国内市場のそれと比べて非常に大きな伸びを見せていること。その結果、1991年度に市場の19%であったもの輸出の割合が2008年度には69%のシェアとなったこと。

丁度、大学院の卒論でもインドのITセクターについて扱ったので少しだけ補足&蛇足コメント。

確かに、インドのIT産業、特にソフトウェア輸出の伸びは凄い。でもグラフを見ると確かに直近10年の伸びは30%以上だけれども、昨年度に関しては、伸び率は5%をきってしまった。これは欧米への輸出に大きく頼ったITセクターの歪な構造故に、リーマンショックによる不況の影響を大きく受けた結果だ。(もちろん、そんな世界不景気の中でも伸びを見せることは凄いことなのだけれども。)インドのITブームの要因の一つとして、Y2k対応のために、欧米の大企業がソフトウェア対応が間に合わずにインドへ外注したことから始まったとされる文献をいくつか読んだ。その影響もあってか、2002~3年頃のITバブル崩壊のときも、きちんとITセクターのグラフはへこんでいる。たまに読むMLでYahooグループにeGovINDIA@yahoogroups.comというのがある。投稿が活発なので正直全部読めていないけれども、「なぜ外国に対しては最先端のITシステムを提供しているのに、国内ではちゃんと利用できていないんだ?」っていう投稿をちらほら見かける。でもBOP的観点でインド全体を見回せば、国内市場の爆発的な伸びはこれからどっと押しよせて、このいびつな輸出vs輸入の構造もまた逆転していくんだろうか、とも思った。

携帯電話の普及が所得にあたえるインパクトとは?

tomonariのウガンダのニュースに続き、ICT4Dの宝庫、インドからMobile for developmentのニュースです。

インド国際関係研究所は先月、携帯電話の普及がインドの一人当たりの所得に与えたインパクトについてのレポート発表しました。

インドの各州の個人のGDPと携帯の普及率を調査したところ、”普及が10ポイント上がる毎にGDPが1.2ポイントあがる”ということが記述されている。これまでもたくさんのICT4D文献で携帯の効率性、や開発への効果が研究されてきた。このレポートの面白いところは、携帯の普及率とGDP拡大の相関関係は、”単なる”比例ではなく、その効果が十分に発揮されるには、普及率が一定量をこえることを条件としている。インドのマーケットにおいては、これは25%なんだそう。なるほど。。。

Hi-tech or Low-tech? ICT and Microfinace

ちょっと古いけど、この記事をICT4Dプロジェクトのテクノロジーとはどうあるべきなのかを考えた。

“Leading Indian MFI Cashpor Adopts ClassifEye Secure Mobile Transactions Solution”
http://www.allbusiness.com/banking-finance/banking-lending-credit-services-electronic/11682159-1.html

概要:インドのCashporとい比較的大きなうマイクロファイナンス機関が、業務効率化やセキュリティの強化のため、Biometricsを利用した携帯電話のカメラを利用したアカウント認証システムを導入したということ。

たしかに取り扱い金額が少ない輪に割には、入出金が多く、トランザクションコストのかかるマイクロファイナンスのオペレーションにおいてはICTの活用による業務の効率化は妥当かもしれない (Pichai and Ganesan, 2006)。けれども本当にその効果は高いIT導入費用に見合っているんだろうか、とIT会社にいたときの感覚を思い出す。思えば、初期のICT4Dプロジェクトの失敗の原因の多くは、通常の先進国でのビジネスと同様な方法で途上国相手に同じ”ICT”を当てはめようとしたことにあるんじゃなかったっけ?

これとは正反対に、世界のNo.1IT企業のMicrosoft Researchを訪問したときのケーススタディは面白かった。

“An assessment of Pradan’s ‘Computer Munshi’ intervention to improve microfinance accounting operations
http://research.microsoft.com/apps/pubs/default.aspx?id=78275

概要:PRADAN  はSelf-Help Group(女性の相互扶助グループ、SHGs)に対するマイクロファイナンスのサービス提供を実施しており、これまでに90,000人ものクライアントを支えてきた。兼ねてより問題であった、SHGs内のあいまいな金銭レコードの管理や財務データの不整合性を解決するたMicrosoftと共同で、オペレーションのワークフローの改善を実施した。実施内容と効果は以下の通り。

実施内容:1.SHGsを取りまとめる組織(Federation)に会計係とPCを設置する、2. 会計係はレコードの管理と計算、及び支出をプリントする. 3.SHGsからFederationに対して、定期的にデータを(紙)持ち運ぶ仕組みをつくる

効果:1.SHG内の毎週のミーティングの時間はほぼ半分になり、計算の正確性または、紙でアカウント状況を把握することにより、メンバー間の信頼が増した 2.金融機関との連携にあたり、レコードが管理されたSHGsは信頼性を得やすい。3.MFIsとしての評価の実施がより正確にできる。

これって、、すんごいローテク。この研究者のRatanさんと話したときも”ローテクが重要なのよ!”!って豪語してた。要するには、Beneficiaries(受益者)にあったものをということなのだけれど、IT業界天下のマイクロソフトのハーバード卒の研究者が言うセリフだと思うとつい面白かった。

一方では生態認証にカメラ付ケータイ。もう一方では、エクセルでつくったプリントを自転車ではこぶ。

個人的には後者のほうが好きだな~。

*Pichai, H. & Ganesan, S. (2006) Study of Delivery of Financial Services in Rural Areas through ICT, Indian Inst i tute of Management , Bangalore