タグ別アーカイブ: ITEE

情報処理技術者試験をバングラデシュに

担当案件が大きな局面を迎えるので紹介したい。実は日本の情報処理技術者試験をバングラデシュの国家資格として導入するというプロジェクトを実施している。JICAの技術協力プロジェクトという形で、経済産業省、情報処理推進機構(IPA)の支援も得ながら導入を進めている。

SEの方はご存知と思うが、日本では情報処理技術者試験という資格試験があり、大手IT企業を中心に取得が推進され、毎40万人規模の受験がある巨大なIT試験である。そして実はアジア域内11カ国で相互認証されている資格でもある。

それをバングラに導入してしまおうという挑戦的なプロジェクト、その開始経緯から今までをまとめた記事がアップされた。関係者の思いが集約されており、ぜひご一読いただきたい。

原石を宝石にー世界に通用するIT人材を育成ー
http://www.jica.go.jp/bangladesh/office/others/human/06.html

そして導入には2回のトライアル試験を成功裏に終わらせる必要があるとIPAより指定されており、その待望の第一回が2013年10月27日に実施される。選挙に向かって政情が悪化しているものの、無事終わることを祈って止まない。

日系コンサルがバングラにて人材育成ビジネスを開始

最近エチオピア関連が続いているので、負けじとバングラデシュネタをアップ。

バングラビジネスパートナーズという日系の企業が、バングラデシュの教育機関とタッグを組み、海外で活躍出来るIT人材育成をビジネスとして行うことを調印したという記事を紹介する。

http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20131002/508502/?ST=china

JICAの行っているIT資格試験プロジェクトのことにも触れていただいており、今バングラデシュにはこのようにIT人材を育てたいという日本人、バングラデシュ人に日本語教育を行いたいという日本人、そして我々のようにIT資格を導入しようとする日本人と集まってきている。皆ITというキーワードで日バの架け橋とろうという思いは同じであり、うまくWin-Winで連携して行ければと思う日々である(もちろんこの記事の岡崎さんとも何度か意見交換済み)。

バングラ×IT×日本の情報のハブになりたいと日々思っているので、このキーワードで来バされる方がいましたら、ぜひご連絡・JICA事務所へご来訪いただければと思います。(連絡先はブログ著者紹介のページにあります。)

バングラデシュのIT産業の可能性

先日バングラに出張し、IT産業関連の出張をしてきましたので、問題ない範囲で共有したいと思います。

皆さんバングラとITってイメージありますでしょうか?
中国、インド、ベトナムと来てその次のオフショア先を探している皆さん、ダークホースかもしれませんよ。

まず、非常に親日。大学生にとった好きな国アンケートでは、日本が過半数を取りダントツ1位だったそうです(意外ですよね)。そして人口は1億5千万人と世界第7位。ソフトウェアの企業団体の登録社数だけで500社。毎年5千人以上がIT系の学校を卒業するそうで、急拡大しています。もちろん大国インドにはまだまだ及びませんが、民間企業もいくつか見せていただいたところ、とても可能性を感じさせるものでした(そういう所を見た、という言い方もできるかもしれませんが)。

参考までにそのうち2社だけ紹介します。

1. BJIT (Bangladesh Japan Information Technology)
 バングラのIT企業で数少ない日本にも拠点を構えている会社です(ということで、日本語でオフショア出せます)。創業者のアクバル社長(http://www.sailing-master.com/?p=470)は日本での駐在経験が長く、日本語堪能。バングラ人だけでインドのInfosysのような企業を作るのが夢だ、と語っており、例え多少遠回りとなろうとも、現地で採用したバングラ人を日本市場で活躍できるレベルまで育成しようとしていると語るその目は非常にキラキラしていました。日本にもよくいらしてるようですので、ご興味あればご紹介します。

2. Graphic People / Software People
 ソフトウェア企業というよりは、Webデザインなどを中心に業務を行う会社ですが、驚いたのはオフィス環境。「Googleか?ここは?」と見間違うような先進的なレイアウト・内装(ちなみにビルの外見は普通のバングラのビル)、とてもバングラにいるとは思えない空間を作っていました。社長は留学経験がない中このような先進性をどう身につけたのか、興味は深まるばかりでした。日本語ができないのが残念ですが、ご興味あれば紹介することは可能です。

いい企業もある、規模もある、じゃあ一気に日本のオフショアが伸びるか?というと、そう簡単には見通せない状況です。ネックはずばり、日本語とインフラ、でしょう。

まず、日本語については、これができないとオフショア先の検討はできない、と考える日本の企業は多いでしょう。ベトナムがフィリピンに比べ伸びているのはこの日本語への親和性があるものと思います。逆に英語だけでいいのであれば、現在のバングラのIT取引の過半数はアメリカですし、すぐにも投資は可能と思います。
次に、インフラについては、遠い日本と仕事をするのであれば、ブロードバンドは必須ですが、まだまだですし、停電も頻発しているようで、IT企業のスタッフの机にはほとんどUPSが設置されていました。

バングラへの日本企業の進出としては、IT企業以外ですがUNIQLOが進出し、先日は和民も出店を発表しました。
勢いがあるのは間違いなく、今後の発展が楽しみな国です。

<おまけ1>
バングラに赴任している青年海外協力隊のコンピュータ技術隊員が、日本のIT資格制度である「基本情報処理技術者試験」のコンテストをバングラで実施しました。
先方政府の大臣、日本大使館からは大使も駆けつけ、非常に盛り上がったようです。
この資格制度を本格的に取り入れたら、日本企業が進出する一つのきっかけになるでしょうか??
ITEEコンテストに関するコンピュータ隊員のブログです。

<おまけ2>
SOFT EXPOという大きなイベントをやるので、日本からの投資を考えている会社があったらぜひ来てほしい!と業界団体(BASIS)の代表が言っていましたので、宣伝しておきます。来年の2月だそうです。場所はダッカです。

ITスキル標準であるITSSとECDL

各国のIT人材育成といったことを調べたりしていると、どういった標準を使っているのかという話題になったりすることがある。

そこで、ちょっと趣きは違う2つの標準なのだが、日本で使っているITSS(ITスキル標準)と、欧米でよく使われているECDLについてちょっと比較してみる。皆さんはこの違い、ご存知だろうか?ちなみに私は恥ずかしながらECDLというものは今年になるまで知りもしなかった。

まず、ITSS(IT Skill Standard)は経済産業省(およびその傘下の情報処理推進機構)が定めているITスキル標準であり、ITのレベルごとに求められる技術・知識などをまとめたものである。
ITSSのサイトはこちらWikipediaはこちら
日本のIT業界ではもっとも有名な試験である、情報処理技術者試験などは各試験のレベルがITSSのレベルとマッピングされていて、自分がどのレベルの試験を受けているのかがわかるようになっている。また、最近は日本だけでなくアジアへの導入を目指した取り組みも行われている。

一方のECDL、こちらはEuropean Computer Driving Lisenceの略で、欧米を中心に導入されているITのリテラシーを測る資格である。
ECDLサイトはこちらWikipediaはこちら

詳しくは両者の各リンクを見ていただき、ここでは詳細は省略するが、一見似たようにも見えるIT技術水準についてだが、大きく違うと感じる点がある。

ECDLは実践的で、ITSSは理論的ということである。

EDCLは一般的な情報技術知識のみならず、ワープロソフトや表計算ソフトの使い方などのテクニカルな部分に注力していて、資格は様々あるのだが、「この資格を持ってると、具体的にこういうことがソフトを使って出来ます。」といいやすい資格である。つまり、仕組みよりも使い方重視。

一方、ITSSは結構理論的という印象である。情報処理技術者試験を受けたことがある人はわかると思うが、例えば高度(ネットワーク)に合格したとしても、すぐネットワークを組めるかというとそういうことではなく、ネットワークの仕組みを理解しているという証明に近い気がする。当然こちらのほうが応用性は高い(が即戦力とは限らない)。

まぁどちらがいいというわけではなく、日本という限られた中で、いかにIT技術を体系化するかに特化してきたITSSと、欧米以外への戦略的進出も視野に入れて、よりわかりやすく実践的にしたものがECDLというイメージか。

というわけで、 特にどうこうという意見があったわけでもなく、自分の知識の整理としての投稿でした。