タグ別アーカイブ: ITU

ICT4D in ルワンダ

数年前からICT4D関連ニュースで、ルワンダがICTに非常に力を入れているというトピックを良く見かける(例えば、ルワンダのICT政策についてのこんなブログ記事もあった)。そして、この10月にルワンダがITUの評議会に選ばれたというニュースがルワンダ政府のICTに対するポジティブなコメントとともに、All Africa.comというサイトに掲載されていた。

ルワンダというと、マンチェスター大学の同級生に一人ルワンダ人がいた。当時、OLPCが話題になり始めた頃で、その女性はOLPCにも凄くポジティブな期待を抱いていた。自分は、「PC配るだけじゃ駄目でしょ?」とOLPCにネガティブな意見を持っていたので、その女性とディスカッションしたときに、「こんなにOLPCに期待してるんだなぁ」とちょっと驚いた。

コースワークの一環でクラス全員でインドのバンガロールへ行ったとき、彼女があまりにインドに詳しいので、聞いてみたら、バンガロールの大学に留学していたとのこと。なんでインド留学したのか?と聞いてみると、シリアスな回答でズンときた。

映画「ホテルルワンダ」で有名なルワンダ内戦によって、多くの知識者層が亡くなったり国外へ脱出していった背景から、ルワンダ政府は未来の知識者層育成のために、優秀な学生を積極的に海外留学させたという。しかし、イギリスやアメリカは多くの学生を送るには物価が高すぎる。そこで、インド留学が選択され、彼女にもインド留学の機会が与えられたとのこと。

「そうか、この人って自分の国の未来を背負ってんだなぁ。」と感じた。

ケニアと共にルワンダが東アフリカでのICT産業の中心地になろうと頑張っているという記事がGardian.co.ukのブログでもトピックになっていた。期待がかかる一方で、脆弱なインフラなど心配材料も多々ある点が指摘されており、「ナイロビで開かれた東アフリカICTサミットのなかで、インターネットによる地域発展についてスピーカーが話している最中に、停電になるという皮肉な事態に陥った」といった厳しい現実も書かれていた。

最近、ルワンダは外国に移住したルワンダ人達を自国に引き寄せ、欧米流ビジネスを学んだ彼らが経済発展に貢献しているという。ルワンダのICTによる発展が、自分の同級を含むそういった人達により成功することを願いたい。

世界で一番ブロードバンドが高価な国は?

BBCニュースで、面白い記事があった。“UN reveals global disparity in broadband access”というタイトルのこの記事では、ITUが発表した「プロードバンドアクセスがいくらで利用可能か?」についての国別ランキングを紹介している。

ランキングではその国の平均月収の何%でブロードバンドアクセスが利用できるかを指標としている。その価格が最も高い国は、中央アフリカ共和国。なんと、平均月収の約40倍の料金を支払わなければブロードバンドアクセスが利用出来ない。高っ!

一方、最もお安い国はいうと、マカオ(澳門)で、平均月収の0.3%だ。超安い!

BBCのインタビューに対して、ITU代表のDr Hamadoun Toure氏は、MDGsの達成にはICTが有力なツールであると主張している。また、水や食料といったものとICTを比較してどっちが必要か?という問いに関しては、「どっちかではなく、ICTは水や食料を得る為のツールである」というのが彼の見解。さらに、政府がやるべきことは、適切なIT政策を実施することであり、そうすれば、後は民間企業が安くて高品質なサービスを提供してくれる、といったことも言っている。

平均月収の40倍と0.3倍の差。この差が埋まれば、途上国と先進国の差も埋まるのだろう。それとも、単に先進国になるとブロードバンドが安くなるということか。ちなみに、私の第二の故郷、エチオピアは中央アフリカ共和国に次いで2番目にブロードバンドが高価な国でした。平均月収の約21倍!エチオピアでICTを利用したビジネスが出来るのは、まだまだ先の話か・・・。

ICT4Dはrealistic (現実的) それとも hype(課題広告)?

最近、以前登録したっきりつかっていなかったtwitterにつぶやきを書いてみた。そして、twitterにICT4Dという名前を発見して、そこのつぶやきをちょっと見てみた。そして、Global Voice Onlineというブログサイトを発見。そこに、The Future of ICT for Developmentという書き込みのシリーズがあった。このシリーズは色々とICT4D関連テーマについて書いてある。まだあまり読めてないけど、ちょっと読んでみたい記事がいくつかあった。

目を通したトピック中の一つに、Can ICTs aid small-scale farmers?という題名で、情報共有を促進するWeb2.0ツールにより農民が農業技術や天候などを知ることが容易にり、生産性を向上できるといったことなどが書いてあった。でも自分の興味をひいたのは、ICTのメリットそのものよりも、最後の方に述べられている「本当に農民がICTの活用で裨益するのか?」という点。「ICTの可能性は認めるが、途上国の田舎に住む農民は、ICTにアクセスできる環境にない者が大多数である。」という指摘などが紹介してあった。

確かにその通り。自分はエチオピアで、かなり多くの田舎に訪問したが、正直、田舎の農村に暮らす人々がパソコンやインターネットに触れる機会なんてないに等しい。以前このブログで紹介したように、実際、アフリカ諸国のなかにはICT普及率が極めて低い国も少なくない。エチオピアの田舎風景を思い出してみると、最貧国と呼ばれる国では未だにICT4Dというはhype(過大広告)なのかも?と思えてくる。

しかし、こんなデータがあった。マンチェスター大学でICT4Dを教えるRichard Heeksのブログに、面白いトピックが。このGoogle Motion Chartでここ10年の各国の携帯普及率が表わされている。ITUのデータをHeeksが入力したものだ。このチャートの下にあるつまみを左から右に移動すると、年を追うごとに携帯普及率があっていくのがわかる。残念ながらエチオピアなど一部のアフリカ諸国の携帯普及率の上昇傾向は低いが、それでも多くの開発途上国でも携帯電話の普及率がここ10年でかなり上昇していっていることがわかる。

ICT4Dはまだ現時点では、最貧国と分類される国やその農村地域においては「過大広告」かもしれない。けれども、このようなデータを見ると、そう遠くない未来にICTが開発に本当に役立つ時代が来るような気がする。

IT業界の”創造的破壊”

いっつも見てる世銀のPSD-Blogのポスト“Creative destruction in ICT”から。
なんだ日本語訳にするとお堅いタイトルになっちゃった。

そもそも”創造的破壊” とは、オーストリアの経済学者、シュンペターという人が唱えた考え方で、非効率な古いものは効率的な新しいものに、順次入れ替わりながら経済が発展していく考えで、そのプロセスをこう呼んでいます。その中では景気の悪化っていうのも、創造的破壊に必要なプロセスだといわれています。

POSTで引用されているレポートで、ITUによる昨今の経済危機がIT業界に与えてきた影響についてが論じられています。コチラ>>

歴史振り返ると、IT業界が経験してきた”創造的破壊”にはこんなものが。もちろんもっといろんなものがあるとは思うけれども。

1998年のアジア経済危機:Googleが誕生
2003年のドットコムバブル崩壊:Skypeが誕生

不況という現実を乗り越えるために、新しいテクノロジーを活用しながら過去のサービスの壁を打破して現在の姿があるっていうことで、確かに納得。

このITUのレポートの著者は新しいマーケットへの参入と言う意味では途上国のマーケットのほうが、起こり得易いといっている。近年の途上国の貧困層を一大マーケットとして考える、という”Bottom of Pyramid”の発想の流行(もうすたれてきた?)を考えると、それも確かに。とも思う

100年に一度と言われるこの経済危機が終わる頃にはGoogleやSkype級サービスが登場するorもう登場しているのかと思うと結構面白いかも。