タグ別アーカイブ: Kiva

カッコいい途上国開発援助

FacebookにDonate Now(今すぐ寄付)ボタン機能がついた。結構いろんなニュースで取り上げられていますが、Techcrunchの記事「Facebook、NGO向けに「今すぐ寄付」ボタンを導入。支払い情報収集効果も」が詳しい説明がついててよかったです。クラウドファンディングの雄であるKivaやUNICEF、OXFAMなどを含む19のNGOがまずはこの機能を使えるとのこと。今後、他のNGOにもサービス展開をしていくという。

screenshot-2013-12-16-at-11-45-23-am

ふと、大学生の頃に国際援助関連の授業で書いたエッセイを思い出した。
自分は非常に不真面目な大学生で授業もまともに行かず雀荘にばかり行っていた。そして当時は国際協力に「なんとなく」興味はあったものの、やる気で入った国際協力サークルも、ものの数週間で全く行かなくなるといった程度のものだった。

それでも授業では「国際援助論(確かこんな名前だったと思う)」という講義を取っていた。1回しか授業は行かなかったけど、エッセイを提出すれば単位が取れるらしいということで、最後のエッセイだけ書いた。(当時、パソコンを持っておらず、手書きで書いたエッセイを姉に頼んでワープロ(←懐かしい・・・)でタイプしてもらった記憶があるが、時代を感じるなぁ。)

まぁ、ろくに授業に出ていなかったので、書ける内容はあくまでも自分の考えていることのみ。なので、当時思っていたことを書いた。それは、「援助とか国際協力って、真面目で道徳的な人達がやってて、カッコよくないイメージだ。もっとカッコいい援助や国際協力のスタイルがあれば良いのに・・・」というもの。例示したのは、渋谷とかにあるお洒落なフェアトレードショップでした。1995年頃の話なんで、まだ今ほどフェアトレードとかがメジャーじゃなかったんだと思う(もしくは、自分が知らなかっただけかも)。まぁ、「真面目な人がやっている=カッコよくないイメージ(ダッセーみたいな感覚)」という思い込み自体が今から思うと非常に間違っているのだけれど、当時はそう思っていた。真面目に途上国開発を語って「だからあなたも寄付しなさい」みたいなことを言われると、ウゼーって思ってました。
そいで、もっとお洒落にスタイリッシュにカッコ良い援助・国際協力ってのがあれば良い、そういう選択肢が少なすぎる、というようなことをエッセイに書いた。んで、大学時代の成績の超レアなA評価をもらった。それもあって、大学時代に書いた課題エッセイの内容なんてほとんど覚えていないのに、何故かこのエッセイだけは良く覚えている。

このFacebookのDonate Now機能のニュースを見ていたら、当時の自分でも「カッコいい」と思うような援助・国際協力の方法が、かなり広がったなぁという気がした。クラウドファンディングとかBOPビジネスとか。
そして、自分がICT4Dを専門に選んだ理由もこの「カッコいい」途上国開発がしたいという思いからだったと気づいた。SVP東京さんでの登壇などでも述べさせてもらったように、「ICTが途上国にホントに必要?保健とか水とか教育とか、もっと重要なものがあるんじゃない?」とう質問に対して自分が思うのは、「ICT、カッコいいから途上国の人だって欲しいじゃん」ってこと。金がなくてもたばこや酒を買っちゃう人がいるように、「必要なもと欲しいものは必ずしも同じじゃない」。途上国で携帯が爆発的に普及したのは、プリペイドなどいろんな理由があるけどれ、やっぱりカッコいいからという要素は強いと思う。そして、そこからモバイルバンキングとからモバイルヘルスといった開発に資するサービスが生まれている。

ICTを活用して、さらに多種多様なカッコいい援助・国際協力のオプションが出てくるといいなぁと改めて思った。しかし、大学時代はホントに勉強しなかったなぁ・・・。

Social Networking for Development

最近、ICT4Dの幅広い分野でも、特にソーシャル・ネットワーキングを活用した途上国支援に興味を感じる。

TwitterがKivaと連携して、Twitter上でもKivaに紹介されている途上国の企業家達に一口25ドルの融資が出来るようになった。Kiva上の途上国の企業家情報がTwitterにも掲載されて、そこで融資も出来る仕組み。ますます、Kivaを通じて普通の人々から途上国への融資が増えるだろう。こんなことが出来るようになるなんて、4、5年前には全然予想できなかったんじゃないかと思う。

また、こんなソーシャル・ネットワーキングもある。“Refugees United

greenz.jpにわかりやすい説明が載っていたので、以下引用させてもらう。

“「Refugees United」は、いわば難民のための「Facebook」。 誰でも無料でプロフィールを登録したり、登録されているデータの中から自分の「尋ね人」を検索することができ、ウェブサイト上で、メッセージをやり取りす ることができます。もちろん、実名を公表することに抵抗がある人はニックネームでの登録もOK。出生地や育った場所、家族構成・カラダの特徴など、家族や 親しい人しか知りえない情報を一緒に登録しておけば、これらを手がかりに、家族や友人に自分を見つけてもらいやすくなります。また、このソーシャルネット ワークサービスは19言語に対応。より多くの難民たちが、言語の障壁なく、スムーズにコミュニケーションできるようになっています。”

なるほど、確かにありそうでなかった仕組み。凄いなぁ。
ソーシャル・ネットワーキングってことでいうと、上記2例のようなWebサイトそのものでなくても、その繋がりによって発生するムーブメントも大きな途上国開発ドライバーだと思う。以前紹介したUshahidi構築のストーリーなどがその代表。ソーシャル・ネットワーキングを通じて、途上国の人達と先進国の(技術を持った)人達が繋がることで、そこから途上国の役に立つWebサイトなりアプリなりが生まれる。

Online AfricaというWebサイトに、「One year of following African ICT news」というタイトルでアフリカのICT関連ニュースの一年間の統計情報が掲載されていた。その調べによると、1年間で最も取り上げられたトピックは「Mobile」かと思いきや「Broadband」である(←1番多く付けられたタグが「Broadband」ということから、そのように考えた)。この辺りからも、インターネットへの期待感=繋がることへの期待感を感じる。近い将来、途上国開発や援助のメインアクターは、政府援助機関や国連だけでなく、普通の人々に移行していくのかも。是非、そうなって欲しいところである。

ICT4Dにおける政府の役割とは

10月1日のRichard Heeks教授による公開勉強会を通じて、「ICT4Dにおける政府の役割とは?」ということを考えてみた。個人的には、以下の点から、政府の役割はインフラ的な部分を整備することだと考えている。

ICT4D→Network4D
ICT for Developmentという言葉でICTを利用した途上国開発を考えるとき、学校にPC教室を整備するといったプロジェクトよりも、携帯電話やインターネットを利用した途上国の人々が裨益するサービスの方が遥かに可能性・効果があると思う。OLPCのようにハードを整備したり、ネットワークに繋がらないスタンドアロンのIT機器を利用することにも勿論効果や意味があるけれど、M-PESAにし、Kivaにしろ、Ushahidiにしろ、ICTによって途上国開発に今までなかった方法を生み出しているのは、ICTの効果の中でも特にネットワーク機能を利用しているものである。また、Richard Heeksの言うところのDevelopment2.0は、人人が繋がることで可能となる類のものと言える。

「ツールとしてのICT」→「インフラとしてのICT」
「ICT4D→Network4D」への変化は言い換えると、ICT4DにおけるICTの位置づけが「ツールとしてのICT」から「インフラとしてのICT」に変化したとも言えよう。そして、インフラとしてのICTが意味することは単にネットワークが繋がるインフラではなくて、みんなが使っているという点でインフラとしての機能しているということだ。例えば、携帯電話とインターネットを比較すると、明らかに携帯電話を利用したICT4Dプロジェクトや試みが注目を集めている。PCとインターネットで出来ることの方が多いにもかかわらずだ。これは、途上国でも携帯は一定数の人々が使っているけど、インターネットユーザー数はまだまだ低いからと考えられる。ネットワークで繋がることが出来るユーザー数が多くなければ、メリットはない。そして、一定数以上のユーザー数を確保し「インフラとしてのICT」化するには、みんなが使えること必要であり、その為には、安定した電力供給、通信インフラ、手頃な使用価格、などが前提条件である。

政府の役割は基盤整備
電力や通信インフラの整備、適切な価格競争を導く為の市場開放(国営独占でなく民間企業の参加など)、さらには、ユーザーが安全にインターネットや通話を利用出来るためのセキュリティ対策といったことがきちんと行われることが、ICTを活用した新しい途上国開発を実現・促進させるための基盤であり(仮に“ICT4D基盤”と呼ぶ)、これらの分野は民間では実施し難いエリアだろう。したがって、このICT4Dの基盤といえる分野を整備することが政府の役割と考えられる(以下の図)。逆に、こういった基盤部分が適切に整備されていれば、オープンソースのソフトを利用したり、Googleなどが提供するツールを利用して、個人でも様々なICT4Dアプリケーションやサービスを作り出せるし(例えば、Ushahidi)、NGOや民間企業による様々な取り組みが可能となる(例えば、P-MESAやKivaなど)。

上記の図では、ICT4D基盤の上に、色々な途上国開発に貢献するサービス(仮に“ICT4Dサービス”と呼ぶ)が成り立つという意味で、ピラミッド型で表示しているが、一方で、この基盤をきちんと整備出来れば、多くのICT4DサービスがNGOや民間企業のBOPビジネスやCSR活動によって作られると考えると、下記の図のようにも表示できる。

正確には若干異なるかもしれないが、イメージとしては、上の層に行くほど色々なアクターが様々な取り組みが出来る可能性が広がっていると考えられるんじゃないかと感じている。それため、上の層(=地域やセクターにあったICT4Dサービスを作り出すこと)は、NGOや民間企業に自由にやってもらい、下の層(ICT4D基盤)の整備を政府が力を入れてやるという住み分けが良いのではないかと考える。

また、援助機関に関しても、個別にICT4Dサービスを支援することをやるよりも、いっそのこと、ICT4D基盤の整備にもっと力を注いだら結果としてICT4Dサービスの支援になるのではないか?とも思う。勿論これでも、電力や通信インフラといった分野における支援は長年やってきているが、社会経済基盤整備の支援という視点に加えて、ICT4D基盤の整備でもあるという視点から、通信事業の民営化やセキュリティ対策といったことろまで包括的に支援することが重要だろう。

最後に付け足すと、ICT4D基盤としては言及しきれていない要素もある。それは、識字教育や情報リテラシーといったものもだ。ICT4Dサービスを利用するためには、識字能力(場合によっては英語力も)をはじめ、得た情報を知識化する能力や情報の真偽を見極める能力も必要で、つまり教育もICTを活用するには不可欠ということになる。教育を含めて、ICT4D基盤を整備することが出来れば、「インフラとしてのICT」が途上国開発の大きなトリガーになると期待できる。

Vittana 途上国への奨学金支援

ネットを通じた途上国へのマイクロファイナンスと言えば、Kivaが有名。そのKivaと同じような仕組みで、途上国の学生に奨学金を貸すVittanaというサイトがあるという記事を、TechCrunchで見つけた。

VittanaはAmazon.comの元社員が始めたNPOで、Kiva同様にWeb上に掲載された奨学金貸与候補者の中から、「彼になら!」とか「彼女になら!」と思える人に一口25USDの奨学金を貸与する。候補者は、自分への融資額の合計が希望額に達したら、その奨学金を受け取れる(実際には、現地のNGOを通じて、本人に奨学金が渡される)。奨学生となった者は、その資金で大学なり専門学校なりに入学し、卒業後にお金を返済していく仕組み。Kivaと同様だけど、対象がビジネスでなく教育という点が違う。

“昨年の5月にベータを開始したVittanaは、これまで世界中の200名近くの、学位取得を目指す学生たちに、総額11万ドルあまりを貸し付けている。現在Vittanaが事業展開をしている国は、モンゴル、ニカラグア、パラグアイ、ペルー、ベトナムなどで、インドやアフリカへの展開ももうすぐ始まる。 Vittanaから融資を受けた学生たちの返済率は97%である。”(TechCrunchの記事から)

Vittanaにしても、Kivaにしても、自分が最も驚く点は、ネットを使っている点ではなく、この返済率をどう担保しているかという点。
自分もエチオピアに居たときに、ムハマド・ユヌス気取りで信頼出来ると思えるエチオピア人に融資したことがある。最初はもっとも仲の良い友人の若者に4万円程を融資した。彼はそれでレンタルDVD屋を始めたが、結局ビジネスは上手くいかずに終わった。結局、彼の家にDVDプレイヤーと沢山のDVD映画が残ったのみ。
二度目は、やはり信頼出来る女性に、美容院を始めるための融資をした(ちなみに、彼女は既に美容院で何年も働いていた実績があり、顧客もそれなりにいた)。12万円くらい。彼女はしっかり稼いでコツコツ返すことを誓い、その旨を約束する書類も作ってサインもした。けれでも、結局、家賃の値上がり等で美容院は上手くいかず、オイラの12万円は帰って来ず・・・。

こんな経験から、小規模ビジネスなり教育なりに融資して、その金がちゃんと返済されるということの凄さに感心する。とても。ネットを使ってお金を集める仕組みも凄いが、現地で信用出来る融資先を見つけて、きっちり取り立てをしている現地NGOの腕力も凄い。それとも、単にオイラの運が悪かったのか・・・。

Google年間検索ランキング、ソーシャル・ネットワーク、マイクロファイナンス

「Googleの年間検索キーワードのランキング2009年版が発表されたら、SNS(ソーシャル・ネットワーク・サービス)関係のキーワードが多くを占めていた」という話を聞いた。早速、ググッてみると、なるほどその通り。上位5位は以下の通りでした。

1. マイケルジャクソン
2. Facebook (みんな知ってるアメリカ発のSNS)
3. tuenti(スペインのSNS)
4. twitter(最近話題、蓮舫も使ってる「つぶやき」用ソーシャルサイト)
5. sanalika(トルコのSNS)

1位のマイケルは、まぁ流石という感じですが、2位から5位は全部SNS関係。日本でもSNSは知名度が上がってきたけど、世界はもっと凄いのだと感じる。トルコまでもが・・・。

以前このブログでも紹介したGlobal Voices Onlineに、ソーシャル・ネットワーク・サイトがマイクロファイナンスを促進するという記事があった。ネットを介したマイクロファイナンス融資というと、これまで自分はKivaくらいしかしらなかったけど、この記事では、中国の農民へ融資をするためのWokaiというサイトや、貸し手としてヨーロッパの人達をターゲットにしたフランスのBabyloanというサイトの紹介もされていた。どれも貸し手と借り手がつながれるだけでなく、貸し手同士もネットワークを作れる仕組みになっている。単純にこういうのは面白いからユーザーもアクセスするし、アクセスするから融資も増えるのだろう。

自分がICT4Dに興味を持ち始めた5年前には、SNSを通じた途上国の貧困層への融資なんてことは毛頭考えも及ばなかった。と、思うと、これからICTを活用した途上国支援の可能性って、凄いありそうだなぁと感じるです。

Kiva Japanの説明会に行ってみた

このブログでもちょこっと紹介したことのあるKiva。このKivaの活動を日本でも広めていこうというのがKiva. Japanの活動。
Kiva本家のサイトは日本語ではないため、Kiva. Japanはそれを日本語に訳したサイトを作成して、英語が苦手な日本人にも門戸を広げようとしている。

この説明会で始めて知ったが、大和証券がマイクロファイナンス機関への融資を使った金融商品を取り扱い始めたという。驚いた。

また、驚いたこととしては、説明会に来ていた方々の多くが開発業界以外からだった点(あくまで感じた限りですが)。一定数はIT業界の方だったし、質問も「投資」としてKivaを見た場合のものが多かった気がした。マイクロファイナンスやBOPに続いて、「ICT4D」って概念も来年あたり来るなぁ。

開発業界からの方が少ないと感じた理由の一つは、マイクロクレジットの仕組みについて、「あるかなぁ」と思った質問がなかった。それは、マイクロクレジットは無担保で融資するけど、返済の仕組みは結構シビアだという点。

多分色々な方法があると思うが、自分が知っているマイクロクレジットの仕組みはこんな感じ。お金を出す機関(MFIと総称される)は、融資するときに借り手にグループ(4~5人)を作るように指示する。そして、そのグループのメンバーが順番に融資を受けるようにする。グループのメンバーは、他のメンバーが借金を踏み倒した場合、その借金を肩代わりする決まりになっている。ここがポイント。つまり、借り手である貧困層にある人々は、返済能力のない者とグループを組もうとは思わない。なので自然と、貧困層のなかでも、ある程度返済能力のある者同士がグループを組むことになる。(→返済不履行の可能性が減る)

また、グループのメンバーが融資を受けるのは順番で、前のメンバーがきちんと返済しない限り自分の番が来ない。つまり、仲間内でシビアなモニタリングの目が光り、さらに、融資を受けたメンバーは「返済しなきゃ!返済できなかったら仲間から恨まれる・・・。」とプレッシャーを感じて、頑張れるというわけだ。(→返済不履行の可能性が減る)この仕組みは、モノ(土地や家畜など)を担保にしない代わりに、「人間関係」を担保にしているとも言われる。

しかしながら、批判もある。そもそもある程度返済能力があるもの同士がグループを組むわけなので、本当に困っている者はグループに入れない可能性が高い。そしてそれは、貧困層の中での格差を生むのでは?といった点だ。また、返済に困ったときに、仲間からのあまのプレッシャーに耐え切れず自殺した借り手がいるという話を、グラミン銀行について書いたある論文で読んだことがある。

ここで言いたいのは、マイクロクレジットが悪いってんじゃなく、マイクロクレジットにも良い点・悪い点の両方があるということ。そして、マイクロクレジットの結果がどう転ぶかは、現場のMFIに大きく左右されるという点。(Kivaも貸し手を増やすよりも、現場の方へ注力する方針であるらしい)

説明会では上記のようなマイクロクレジットの負の点は、特に質問であがらなかったので、開発業界からの参加者は少数派だったのかと感じた。Kivaの仕組みは凄くすばらしい。大和証券のような会社が上記のような金融商品を取り扱い出したのも、貧困層への融資という考え方が一般的に注目を浴び始めたことが関係しているだろうし、そういった意味でもKivaの効果ってのは凄いプラスだと思う。でも、上記で述べたような側面があるという点は、ちょっと知っておいたほうが良いかと思う(貸し手と借り手をつなぐ役目であるKivaの課題ってよりも、マイクロクレジット自体の課題だけどね・・・)。あと、やっぱり色んな取り組み(ビスネス、チャリティー、ODA、etc)のコンビネーションが貧困削減には重要だと思うッス。

しかし、Kiva Japanの活動は凄い頑張っていて好感がもてた。自分もなんかやんないとね。。。

Kivaの新たな競合?

前にP2P(Person-to-Person)レンディングの記事を書きました。
そのときにKivaにもちょこっと触れましたが、最近のニュースをこの辺で。。

1. Kivaの新たな競合?? (worldbankのPSD Blog 6/15のpostから。)

WebをつかったP2P融資の先端を行くKivaに対し、
Mobile Movement
というあらたなP2Pサイトの紹介がされている。
Web経由でMicrofinanceをするというコンセプトは一緒なのだけど、
筆者が指摘する二つのP2Pサイトの違いは、、、

LenderがBorrowerとのOne-to-Oneの関係を持ちたくないなら→Kiva
LenderがBorrowerとのOne-to-Oneの関係を持ちたいなら→Mobile Movement

確かにKivaではBorrowerの顔やなりは分かるけど、そこまで深いコミュニケーションはとれない。
”自分が投資をしている”感を得るには、Mobile Movementの発想は面白い。よりSNS的発想というか。

だったらFacebook上のDonationのアプリケーションでも、、とも思ってしまうけれども、それはいいとして。

とはいれ、、マイクロファイナンスにありがちな、LenderとBorrowerのトラブル回避とかを考えればKivaのほうが、よりお手頃、というか、ビギナー向けだと思う。LenderとBorrowerの間のコミュニケーションをやりたいかorやりたくないか、ということなのかな。

end