タグ別アーカイブ: M4D

携帯電話の開発インパクトをどう評価する?

携帯電話がアフリカなどの途上国で普及し、その活用が開発に大きなインパクトを及ぼすようになったのは良く聞く話。バングラデシュのグラミンフォンからケニアのM-PESAを初めとする携帯電話を使ったモバイル送金まで、途上国開発における携帯電話活用事例は多くなるいっぽうだ。農村において、携帯電話により市場価格がわかるようになったことで、それまでのように仲買商人の言い値で農作物を売らなくてすむようになり、収入が増えた農家の話などは、「ああ、なるほど」と思えるM4D (Mobile for Development)の代表例だろう。

「携帯、便利だなぁ」ということは誰もが知っていることだけど、「じゃ、どんなインパクトがあるか?」というと、上記に述べたような事例話になる。他にも、M-PASEによって銀行口座が持てない人でも送金サービスが使えるようになるとか、“携帯の普及が10ポイント上がる毎にGDPが1.2ポイントあがる”というインドの調査結果があるとかってのも分かりやすい。でも、こういう説明は多々あるインパクトの一側面でしかなく、「全体像」がわからないモヤモヤ感がある。

と、そんな風に思っていたら、Heeksのブログに“Understanding Mobiles and Livelihoods”というタイトルで面白いフレームワークが提案されていたので紹介したい。

まず最初に、このフレームワークは、Sustainable livelihood Framework というもの(下の図:IDRCのWebサイトから引用)がベースになっているので、その簡単な説明から。

このSustainable Livelihoods Frameworkというのは、自分も100%理解出来ているわけではないのですが、シンプルにいうと、貧困層の人々の生活を把握するために、彼らの生活に大きな影響を及ぼす要因とそれらの関係性をフレームワークにしたもの。貧困層の持っている資産(Asset)を5分野(Human Resource, Social Resource, Natural Resource, Physical Resource, Financial Resource:五角形のところ)にカテゴリして整理しているのが特徴。開発プロジェクト計画時などで、プロジェクトがこの全体のどこに介入し、その結果がどう影響するのかということを考えるのに使ったり出来る(参考:http://www.ifad.org/sla/index.htm)。

前置きが長くなってしまいましたが、このSustainable Livelihoods Frameworkをベースにして、M4Dのインパクト分析のために作られたフレームワークがこちら。

変更点がいくつかあるのですが、まず、自分が「なるほど」と思ったのは、三角形のところ。オリジナルのSustainable Livelihoods Frameworkでは五角形となっている資産(Asset)を、携帯電話の活用に関連する資産ということで、以下の3つのカテゴリに分けて整理している。

  • Resource-based assets (RBA) that are tangible (physical, financial, natural capital)→目に見えるもの。これは単純で分かりやすい。
  • Network-based assets (NBA) that derive from connections (social, political, cultural capital)→携帯で人と繋がることで得られるメリット。確かにあるよね。これ重要。
  • Cognitive-based assets (CBA) comprising human and psychological capital including competencies (knowledge, skills, attitudes)→情報を得ることで増える資産。

こういう整理をすると、なんとなく「携帯電話、便利だなぁ」という点が、より明確に理解出来るようになる。
次に、もう一つの変更点である図の下の部分(Outputs→Outcomes→Impactsという3つの四角)。携帯電話によって送金サービスが使えたり、人脈ネットワークが広がったり、情報が増えたりするけれど、そのインパクトを以下3つのレベルで示した図になっている(この部分は、同じHeeksが提案している“ICT4D Value Chain”という別のフレームワークからの抜粋になってます)。

  • Outputs: the micro-level behavioural changes associated with technology use.→主に定性的な変化。
  • Outcomes: the wider costs and benefits associated with ICT.→収入が増えたとか、定量的にもわかる変化。
  • Development Impacts: the contribution of the ICT to broader development goals.→MDGs達成への貢献とか。

以上のように、このフレームワークを見てみると、携帯電話の開発インパクトを考える上で一定の全体像が示されている感があり、なるほど何かの折に参考に使えるなぁと感じた。また、何も携帯電話に特化しなくても、Webの利用とか、SNSの利用とか、ICT活用のなかでも「Communication」に重きを置くサービス活用には応用可能なフレームワークであるとも思える。

そういえば、昨日友人と話していたら、「そもそもICTって何?」という質問をされた。確かにICTって、意味するものが広すぎる用語だ。そしてICT4Dという分野も同様にかなり広い。これまではICTを途上国開発に活用するというアイデア自体が新しいものだったから、ICT4Dでも良かったのかもしれないけれど、PCとか携帯電話とかラジオとかの「機器別」のアプローチとか、SNSとかSMSとかの「サービス別」のアプローチとか、遠隔教育とか遠隔医療とか「分野別」のアプローチというように、これからはより細分化して考えていく必要性が高くなるだろう。

以下、参考Webサイト:
ICTs for Development Understanding Mobiles and Livelihoods
ICTs for Development  The ICT4D Value Chain
IFAD The Sustainable Livelihoods Approach 
IDRC A Sustainable Livelihoods Approach for Action Research on Wastewater Use in Agriculture

南アフリカの携帯SNSとHIV予防

SNSというとMixiやFacebookが思いつくけ。自分はやっていないが最近は、携帯電話のSNSもある。携帯SNSの特長はGIS機能と連動して、友人のAさんが近くに居ますみたいな情報も提供出来る点のようだ。

そんな携帯電話のSNSを使って、HIV予防やAIDS治療へのアクセスを向上させる試みが南アフリカであるという記事(MediaUpdate)を読んだ。
南アフリカで携帯電話事業をするVodacomのGridというのがそのSNSサイト。このサイトのユーザーは約11,000ヵ所にあるHIV関連のサービスを提供している施設の位置を知ることが出来る。実際使ったことがないのであくまで想像だけれど、きっとSNSで「今あなたのいるところから一番近いHIV検査センターは・・・」みたいなメッセージや地図が見れるのだろう。

SNSのユーザーは主に若者。そしてHIV関係の情報を発信するときの主な対象も若者。ということで、このサービスはHIV予防に貢献するものと期待される。実際、このサービスは南アフリカのHIV予防を支援するUSAIDのサポートを受けている。

ICT4H(Health)、M4Hってことですかね。携帯電話SNSというプラットフォームは、色々な可能性がありそうです。

本紹介”BOPを変革する情報通信技術” バングラデシュの挑戦

Blogサボってました。すみません。。。。。

さて、久々ですがICT4D関連の本の紹介です。

本紹介”BOPを変革する情報通信技術” バングラデシュの挑戦

かの有名なグラミン銀行のムハマドユヌスのグラミングループの通信系の会社と

日本の九州大学による面白いICT4Dの取組みがとっても分かりやすく書いてあります。

テレセンターとか電話貸し等、昔からのICT4Dの話題も含めつつ、

実際に保険分野での適用事例などは面白い。

BOP関連の本や調査研究はいっぱい出ているけれど、ICTにフォーカスして、

しかも、日本語でこの手のテーマの本がでるのってめずらしいんじゃないだろうか?

読みやすいのでお奨め。

ウガンダの携帯電話

ウガンダで携帯電話が農民の生活を改善するのに役立っているという話がguardian.co.ukに載ってました。

これまで田舎の農民達は、十分な交通手段が整備されていないため、遠く離れた町に行き農作物の市場価格をチェックするのが極めて困難。それゆえ町からくる仲買人の言い値で農作物を販売しざるを得ない状況に。「もうジャガイモは値崩れしてる」とか「トウモロコシは市場でダブついている」などと言われると、確かな情報がない&情報の確認手段がない農民達は、安値で仲買人に買い叩かれてしまうという状況。

ところが、携帯電話の普及によって、農民達も町に電話を一本いれて市場価格の確認がとれるように!でも携帯の充電に必要な電気がない村も。。。しかし、そんな村には車のバッテリーを利用して充電サービスを提供する業者が。さらに、携帯の通信コストが高いウガンダの状況を考慮して、通話料節約のためにテキスト(携帯メール)で主要農作物の市場価格を発信するサービスがNGOによって実施されています。

「10年前には、2008年に携帯電話の契約者数が5000を超えるなんて誰も想像していなかった。でも、現在、その数は5,000,000近くに上っている。」と、Celtelのセールス&マーケティングディレクターのErostus Nsubuga氏は語っています。実際、アフリカの携帯電話普及速度はものすごい勢いで、コンゴ(人口約60百万人)では、固定電話契約者数が10,000に対し携帯は1,000,000という数字。さらに、チャド(アフリカの中で下から5番目の発展途上国)では、3年間で携帯電話契約数が10,000から200,000までUp。アフリカ全体でも2007年末時点で、携帯普及率は30.4%(280百万人以上が携帯を利用)という数字も。

いやー、携帯のインパクトはスゴイなぁと思っていたら、そう話は簡単でもなく、「テキストで農作物の市場価格を配信しても、文字の読めない農民には効果がないという識字率の問題がる」という点や、通信料金が高すぎる点が指摘されていた。それでも、ないよりはあったほうが数段良いということで、African Medical and Research Foundationという団体がBarclaysなどの支援を受けて携帯を配るプロジェクトをやっているそうだ。

確かに自分が居たエチオピアでもかなりの田舎まで携帯の電波が入ったし、携帯の普及速度はスゴイものだった。そのうち、携帯でインターネットも出来るようになってくるとMobile for Development (M4D)の可能性は益々上昇するだろう。そのときに日本の企業が利益を得つつも、少しでもその役に立つような、そんな仕事が出来たら良いと思う。

Mobile for Developmet

ICTlogyというICT4D関連のブログ(by Ismael Pena-Lopez氏)を読んでいたら、面白い記事を発見。

携帯電話が途上国開発のツールとして注目を集めていますが、Development Cooperation 2.0: II International Meeting on ICT for Development Cooperation という会議でも携帯電話に関する議論が。

Microsoft Research Indiaの日本人、Kentaro Toyama氏は、
「ICT4Dプロジェクトでも、まず一番の目的として「人間の開発」があるべきで、「テクノロジーの利用」は、あくまでも二番手の目的であるべき。それがどうしてか、M4D(Mobile for Development)の試みでは、まず「テクノロジー利用ありき」というふうに、優先順位が逆転してるのではないか?技術じゃなくて人間の開発が目的でしょ。それなのに、15年前にテレセンタープロジェクトがもてはやされたように、今は携帯電話神話がはびこっており、携帯電話を利用したM4Dプロジェクトに資金が費やされている。」といった発言をしています。

テレセンタープロジェクトはドナーが資金を費やして実施したのに、その多くが失敗に終わっています。その失敗の教訓は、「テクノロジーありき」では、開発プロジェクトは失敗するということだったのに、どうして携帯電話を利用したプロジェクトでも、同様の失敗を犯すのか?というのがToyama氏の投げかけ。さらに、Toyama氏は、テレビやラジオといったツールの方が、より普及しているしコストも安い。そういったツールにももっと注目しても良いだろうとも提案してます。要は、M4Dには「過大広告」がついているということ。

それに対して、世界銀行のOleg Petrov氏は、
「昨今のM4Dの盛上がりは、「過大広告」ではなくて「大きな期待」なんです。携帯電話も数あるツールのひとつで、テレビやラジオと同じだけど、新しいから今はどうやったらその新ツールを上手く使えるのかを調査する試みが必要なのです。だから、教育や保健といった様々な分野でM4Dプロジェクトが実施されているのですよ。」というような返答。

また、W3CのStephane Boyera氏は、

「人間に注目した開発ありきで考えるのが開発業界の人々の性であるように、テクノロジー業界の人は「テクノロジー利用ありき」と考えるが自然とも言える。要は、これまでは開発に興味のなかったテクノロジー業界の人たちが、開発分野にも進出してきたこということで、M4Dへの期待は「過大広告」ではない。テクノロジー業界の人たちは、人間を無視しているのではなく、テクノロジーを通じて人間に注目しているのだ。」といった発言。

一方、NokiaリサーチセンターIndiaのJan Blom氏は、
「インドのタクシー運転手が、携帯電話を使用してGPSで地図情報を得られるようになったけど、地図の見方を知らない運転手には何の役にも立たない。」といった話を披露。

Technologyありきじゃ駄目、まずはHumanに注目しないと本当のニーズを知ることや、本当に役に立つIT利用を実現することは極めて困難と良く良く言われていますが、開発業界人間ばかりでは、「どういうTechnologyが選択肢として使用可能なのか」がわからず、もしかしたら不適切なTechnologyを選択してしまうかもしれないというリスクもある。結局、どちらの視点も必要で、そのバランスを取ることが重要になってくるのかと思う。