タグ別アーカイブ: P2P

FOSS4Development

FOSS4Dって何だ?と数年前に初めてこの略語見たときは「?」だったけれど、これが、最近では、ICT4D(Information Communication Technology for Development)やM4D(Mobile for Development)に並んで結構目にするようになった。この“Free Open Source Software for Development”について、来年、国連大学が本を作るということでちょっと前に、寄稿募集“Call for Book Chapters”が出ていた。

FOSSについては、あまり調べたことがなかったもののちょっと興味があったので以下のような文脈で寄稿募集に出してみた。

1.背景
FOSSを途上国開発に利用するという話になると、FOSSはコストが安い、ベンダーロックイン(ベンダーに囲い込まれること)を避けられる、違法コピー使用を避けられる、ソフトの中身がわかるので安心、ソフト開発を通じてスキルUp出来る、といったメリットがある。

2.現状の問題点
開発援助機関などがFOSSの利用を推奨しているが、実際に途上国でFOSSがそんなに使われてはいない。何故か?それはFOSSのメリットの捉え方がズレているから。以下のように、商用ソフトとの比較でのメリットは実はそれほどないのではないか。

  1. FOSSはコストが安い⇔でも、私企業も導入後の運用・保守で儲ける方針でソフトをかなり低価格で供給することもある。また、そもそも違法コピーが主流の途上国でソフトのコストは関係ない。
  2. ベンダーロックインを避けられる⇔FOSSか商用ソフトかに関係なくベンダーはあの手この手でロックインしようとする。組織内で内製(自社開発)しない限りベンダーロックインの可能性はある。
  3. 違法コピー使用を避けられる⇔違法コピーを避けようとしていない人がほとんど。途上国では関係ない。
  4. ソフト開発を通じてスキルUp出来る⇔そこまでスキルがある技術者は限られてい

3.改善案
FOSS利用を推奨するときに、安いとかベンダーロックインを避けられるとか、商用ソフトとの比較でFOSSのメリットをアピールするのは辞めて、FOSSならではのメリットである「ソフトウエア開発に参加出来る」という点をもっと強調するべき。ICT4D1.0からICT4D2.0へのシフト(途上国の人々を受動的な情報の受け手(=consumer)として考えるのではなく、情報の作り手(=producer)として考えるという前提条件の変化)の観点から見ても、FOSSならばソフト作りにproducerとして参加出来る点がもっとクローズアップされるべきである。

とはいえ、2.の4つ目で指摘したように、途上国にそこまでスキルのある技術者は限られているのが現状。ではどうするか?先進国の技術者と途上国の技術者が一緒になってソフトウエア開発をする仕組みを作ればよい。リナックスに代表されるFOSSプロジェクトがボランティアの技術者によって促進されていることを考えれば、途上国のニーズにあったソフトウエア作りを支援したいと思う先進国の技術者はいるだろう。その両者が一緒にソフト作りを出来るWeb上のプラットフォームがあれば良い。さらに、途上国の技術者だけでなく、ニーズを感じているテクニカルでない人達も、ニーズや要件を訴えることが出来る場となれば、技術者以外も一部producerの役割を担うことが出来る。ケニアのUshahidiが技術者ではない弁護士の方がブログで要望を書いたことがきっかけで創られたのが良い例だ。これからは、途上国の人のニーズを受けて、先進国の技術者が指導しつつ途上国の技術者と共に本当に現場のニーズにあったソフトウエアを開発していくことが出来るのではないだろうか。

4.今後の展望
KivaのようにP2Pで途上国と先進国の個人が繋がる仕組みが当たり前になっている。FOSS4Dの分野でも、ニーズのあるソフト開発案件がリスト化されてて、参加したいと思う技術者(先進国、途上国問わず)が「参加する」投票をして、ある一定のリソースが確保されたらプロジェクト開始みたいな、Kivaのソフト開発プロジェクト版のようなサイトが登場して来たら面白そうだ。また、これまで途上国開発に参加していなかったアクターの参加が可能となることのインパクトは大きいし、個人レベルで途上国と先進国の人達が共同作業をする場が出来たら、それは単なるFOSS4Dという枠を超えて、途上国開発のあり方自体に変化をもたらす素晴らしいことだと考えられる。援助機関がそういう場を設ける試みをしても良いだろう。

5.まとめ
FOSS利用を途上国で進めていくためには、商用ソフトと比較してFOSSのメリットをアピールするのは程ほどにして、FOSSが先進国のこれまで途上国開発と無縁だったであろう人々を巻き込むための、新しい仕組みを提供するツールになりえるという点にもっと注目していくことが大切である。

以上が簡単なアウトライン。思いつくままに書いてみたけど、果たして自分の思っていることが正しいのかはあまり自信がないのが正直なところです。「なんとなく」的感覚で、2.で「実際に途上国でFOSSがそんなに使われてはいない」と想定してる点や、4.で述べているKivaのFOSS開発版みたいなサイトってのも、もしかしたら、既にあったりするのかもしれない。。。

で、実際に寄稿募集に応募した結果が先日届き、「Abstractは面白そうだから、Full Chapter書いて提出下さい」という返事が!おおっ、通った!!でも、Full Chapter(7000~9000 words)を書き上げて送った後にまた選考があるので、これからもっとブラッシュアップして、色々と調べなくては。。。と、いうことで、上記のアウトラインについて、改善点や駄目な点など、お気づきのことがあったら遠慮なくコメント頂ければ幸いです。

Kivaの新たな競合?

前にP2P(Person-to-Person)レンディングの記事を書きました。
そのときにKivaにもちょこっと触れましたが、最近のニュースをこの辺で。。

1. Kivaの新たな競合?? (worldbankのPSD Blog 6/15のpostから。)

WebをつかったP2P融資の先端を行くKivaに対し、
Mobile Movement
というあらたなP2Pサイトの紹介がされている。
Web経由でMicrofinanceをするというコンセプトは一緒なのだけど、
筆者が指摘する二つのP2Pサイトの違いは、、、

LenderがBorrowerとのOne-to-Oneの関係を持ちたくないなら→Kiva
LenderがBorrowerとのOne-to-Oneの関係を持ちたいなら→Mobile Movement

確かにKivaではBorrowerの顔やなりは分かるけど、そこまで深いコミュニケーションはとれない。
”自分が投資をしている”感を得るには、Mobile Movementの発想は面白い。よりSNS的発想というか。

だったらFacebook上のDonationのアプリケーションでも、、とも思ってしまうけれども、それはいいとして。

とはいれ、、マイクロファイナンスにありがちな、LenderとBorrowerのトラブル回避とかを考えればKivaのほうが、よりお手頃、というか、ビギナー向けだと思う。LenderとBorrowerの間のコミュニケーションをやりたいかorやりたくないか、ということなのかな。

end

P2P lendingの今後

WorldbankのPSD Blog面白い投稿を発見。
”P2P lending, coming soon to an OECD country near you”

P2PってつまりPerson-to-Person ってこと。
途上国開発、ICT4Dの世界においては、やはりKiva.org *1がその先駆けだけれども、その仕組みを先進国であるドイツのSmavaという企業が一般人向けにはじめるそうです。

各国の規制が異なるから当分は先の話ではあるけれど、そのうちFacebookのような匿名性のないSNSとかを通して、電子マネーやポイントサービスをうまく組み合わせれば簡単に、P2P lendingができる世の中にそのうちなるのかなぁと、思う。このまえもう一人の管理人tomonariの記事もご参考に。>>SNSの可能性

*1 Kiva
世界初のP2PマイクロファイナンスのWebプラットフォーム。発展途上国の企業家に対して、世界中のパートナーが小口の融資を行い、事業が成功した際には、きちんと返金されるという仕組みを提供している。

英語ですがKivaのYoutubeの説明がありました。コチラ>>