タグ別アーカイブ: PC

Class for Everyone

先日、縁あって「Class for Everyone (C4E)」というNPOの代表高濱さんとお会いすることが出来ました。C4Eの活動はその名からも分かるように、一言で言えば日本で不要になったPCを途上国の学校等へ提供するというもの。

企業等から不要だけど使えるPCを供与してもらい、リユースに必要な作業(再インストールとか)を行った後で、途上国へ輸送するという事業を主にやっている団体です。

最初、ハードの提供を中心に行っている事業という点で、正直、その活動にちょっとネガティブなイメージを抱いていました。というのは、このブログでも何度か取り上げているように、ICT4Dプロジェクトではハードだけ提供してもダメで、むしろICTよりも”4D”の部分(for Educationとかfor Agricultureとか)の根本的な問題を的確に捉えた上でICTを「どう使うか?」が重要というのが自分の根っこの考え方だから。

しかしながら、高濱さんと会ってすぐ分かったのが、そういう点はきちんと理解した上で、「どう使うか?」を教えられる人材がいる学校等(例えば、青年海外協力隊が活動している学校とか)にのみPCを提供しているということ。そして、単なるハードの提供が目的じゃなく、その先にもっと大きな視野を持っているということでした。細かくは書かないですが、高濱さんとお話させてもらった中でも特に面白いなと自分が感じた点があったので書いてます(あくまでも自分が感じた内容なんでC4Eや高濱さんの方針や考え方と必ずしも同じゃないかもしれません…)。

それは、「PCを使って◯◯をする」ということ(例えば教育とか)を支援するという目的ではなく、「PCを使える環境を作る」という大きな目的を見据えている点。

「PCを使える環境を作る」とは、まるで当たり前のインフラの1つとして誰もがPCを使えるような環境を作るということ。

ICT4Dと一言でいうと、そういう分野が確立しているような感じですが、結局は「for ・・・」の部分が重要で、ICT4Dという分野のなかに教育や農業というサブセットがあるんじゃなく、教育とか農業といった分野のなかに「ICTを使う」というサブセットがあると言えます。だからこそ、PCを学校に配るだけじゃダメで、むしろPCを使った教授法を教師が身に付けたり、カリキュラムをきちんと整備するといったソフトコンポーネントの部分が重要というような議論が多いです。

一方、ICTインフラというと通信網に目がいくけど、「PCを使える環境」ってのもインフラなんだと気づかされました。それをどうつかうか?は勿論重要だけど、そもそもインフラがないんじゃ話が始まらん、というのが途上国の厳しい現実。そして、「for・・・」の部分という限られた分野を支援するのではなく、リユースPCの提供を通じてどの分野にも裨益する事業を行っているという点が新鮮でした(今は教育機関へのPC供与が主だけども、その対象は広げて行く可能性を語られていました)。確かに、今はPCなしには出来ないことだらけで、教育に限らず、どんな分野でもPCが必要。20年前にはPCがない職場が当たり前だったけど、今はあえりえない。そいう視点でインフラとしてのPC供与という発想に、共感出来るものがありました。

さらに、電力共有をどうするかという視点やリユースPCが利用された後の廃棄処理やリサイクルについての構想や無料でリユースPCを提供するのではなく、供与先にも一定の負担を課すというシビアな姿勢なども含めて、C4Eの活動は、単純に日本で不要になったPCを途上国へあげるという安直な事業とは全く違う!ということを知ることが出来ました。もっと広い視野で電力共有から使用後の処理までを含めた「PCを使える環境を作る」という事業スケールでした。

また、高濱さん本人の熱い思いが伝わってくるようなお話の仕方も印象的で、お会いして色々と教えてもらったり刺激を貰うことが出来たので、忘れぬように書いてみました。

 

途上国向けPCカスタマイズ

ガーナに転勤になったTomonaritです。ガーナに赴任して一週間が経過しました。早いもんだ。このブログでも今後は、ガーナのICT事情を紹介することが増えると思いますが、今回はちょっと違って、とあるサイトの紹介です。

協力隊・途上国向けかんたんPCカスタマイズ」というサイト。ネット速度の遅い途上国などで、Gmailを軽くして使うなどといた方法の紹介や、協力隊が職場で「なんじゃこりゃー、PCがウイルスだらけじゃん!」ってなときも想定して、フリーのウイルス対策を使うと方法などが紹介されています。どうも2010年に協力隊員の方々が作成したサイトでした。これから途上国に行かれる方々は参考になるかと思います。

そいうえば、以前、このブログでも“BOP市場に向けたFacebook、Operaの戦略”というタイトルで、ネット速度の遅い途上国でFacebookを使う方法の紹介がありました(Opera miniについては友人に紹介してとても喜ばれました)。こういう情報って、日本にいると知る機会がないですね。

SamsungのソーラーパワーPC

Samsungがケニアでなかなか魅力的なPCをリリースしたらしい。Samsung unveils the world’s first solar powered laptop in Nairobi, Kenya.という記事からの抜粋です。

カバーがソーラーパネルになっているこのPC、10.1インチモニタでスタンバイ状態で14時間ももつという。アフリカマーケットをターゲットとしたPCということで、バッテリーも3年間はもつ想定。省エネなグリーンITという点では、時流に乗っているとも言え、今後はロシア、アメリカ、ヨーロッパ、韓国なんかでも販売される予定。

携帯に押され気味のPCマーケットだけど、こういった商品ならまだまだ可能性がありそう。単純に自分も「これ欲しいなぁ・・・。」と思ってしまいました。

どうする、e-waste(電子電気廃棄物)?(その2)

かなり久しぶりに投稿します(++),,

昨日うちのマンションのゴミ捨て場にPCが投げ捨ててあったらしく、受付の掲示板に管理人からのクレームがあった。
「PCの公共集積所では捨てられませんので引き取りに来て下さい。来ない場合は業者に連絡してPC内の情報を確認し所有者を特定させて頂きます。」 それが本当にできるかはおいて置いて、、、
先日のTomonariの記事、”どうする、e-waste(電子電気廃棄物)?” を読んで少し追加。

大学院の時、インドのICTセクターにおけるCSRと開発というテーマで卒論を書いた。
ICTセクターといっても ハードからソフト、インドだといわゆるIT-BPO(Business Process Outsourcing)とか、ITES(IT-Enabled Sector, コールセンター等) などなど色々サブセクターの分類があるけれども、その中でHW関連するCSRの話といえば、このe-wasteだった。 もちろんイ ンドに進出している米系の有名なHW系ICT会社は、立派なCode Of Conductをもっていて、下請メーカーに環境負荷の低い部品を使うように規定を定め、そこから外れる業者とは契約しない。でも 問題なのはそうした環境対応にもコストがかけられる大企業ではなく、いわゆるコストぎりぎりの中小零細企業(SMEs)。サプライ チェーンの先の、そのまた先までいくとどこまでチェックできているのか正直誰にもわからないというのが正直なところ。e- wasteの問題は既にtomonariの投稿でも書いてあったけど、結局最終的にはSMEsのその先の廃棄物処理業者(不法)がいて、不法に投棄された e-wasteから少しでも金銭になる部品を取り出そうと、それが有毒であることを知らない貧しい人々が病気になってしまうという悲しい仕組み。

昔読んだ資料の情報だ と2005年には146810トンのe-wasteは2012年には800,000トンになる見込みと書いてあった。この凄い成長に対応すべく、インドの CPCB(Central Pollution Control Board)は2008年にe-wasteのガイドラインを出していて、そこに関わるステークホルダーを、生産者、収集者、運送者、解体業者、リサイクル 業者、その他のe-wasteを扱う人に分けている。なるほど。これだけ関わる人がいる、というかe-wasteビジネスがあるわけだ、、。

当時、色々な文献を漁っている時にExtended producer responsibility (EPR)という言葉にたどり着いた。
Wiki
によれば「(OECD)が提唱した概念であり、「製品に対する生産者の物理的および(もしくは)経済的責任が製品ライフサイクルの使用後 の段階にまで拡大される環境政策上の手法」と定義がある。日本語に訳すと””拡大生産者責任”。(ちょっと固め)そのときは2008年だったのでこの単語 は”CSR”よりもあと数年したら流行るかもしれない!と、当時思ったけど、そこまでは流行らなかった・・。

最後に明るい話、かのグリーン ピースが ”indian guide to greener electronics” というのを(おそらく)毎年出していて、2008年に見たときには”インド企業の対応は他の先進諸国に比べて劣っている”とい う結論だった。最近みてみたら、どうやらインド企業、特にWiproなんかの取組みはかなり進んでいるみたい。一方東芝、デル、サムスンはマイナスポイン ト、、という記事もあった。頑張れ、インド企業!

ウガンダの学校にソーラーパワーでPC整備

2009年8月、ウガンダの学校(52校)にPC教室を設置するという入札があった。しかし、ほとんど学校は田舎に位置しており、電気が通ってない地域。この入札を落札したInveneoという企業は、ソーラーパワー装置を用いて、この3月に52校へのPC教室設置を完了した。

Inveneoという企業は、まさにアフリカにおけるICT4D分野をターゲットにしている企業であり、CNNでも紹介されている(以下の動画)。途上国「も」ターゲットにしているICT関連企業は結構あるけれど、途上国「を」ターゲットにしている企業っていうのが面白い。