タグ別アーカイブ: Worldbank

Development Impact Bondを活用した雇用促進&起業家支援

年末に世銀のWebでDevelopment Impact Bond(以下、DIB)を活用した
 “Finance for Jobs”というパレスチナにおける起業家支援+雇用促進を目的とした
雇用開発や教育訓練などを行う事業記事があった。
前にSocial Impact Bondに触れた記事をUpしてみたが、最近個人的にこのインパクトボンドに関心ありまして、以下の二点について考えてみた。
①DIBを活用した事業スキーム
②「ICT」の雇用への影響
———————————-
まずは①について。DIBを活用した事業スキーム
その前に、、、改めてDIBとは? 以下、ちょっとくどい説明、、
「投資家がドナー/途上国政府の事業に出資し、その事業実施者が行った事業成果に基づき、ドナー/途上国政府から投資家に対して成功報酬が支払われる」
今回の世銀案件でおきかえると、
「投資家が世銀/パレスチナの事業に出資し、その事業者が雇用促進事業を行った結果、パレスチナの雇用環境において事前に定めた目標に達成した場合、ドナー/途上国政府から投資家に対して成功報酬が支払われる」
ことになる(注1)。
 つまり一般的な開発事業にビジネスの仕組みを組み込み、より投資対効果が求めるスキームということだ。もちろん成果を貨幣換算するのは難しいし、関係者間の「成果」への合意形成は大変そうだが、SDGs達成に必要な資金の多くが民間資金を充てにしていることやインパクト評価の重要性の高まりを鑑みれば、今後は他ドナーでもこうしたDIB案件の組成が増えてるんでは。そのためにもこの第1号案件がどうなるか今後注目したい。投資家の存在や成果報酬といったビジネス的なやり方だからこそ、成果を数値で見易い民間セクター開発のような案件にはフィットし易いんだろうな。
———————————-
次に②について。「ICT」と雇用
この事業において、雇用促進の為の職業訓練には、「ICTスキル」向上が含まれ、雇用促進の対象セクターの一つに「ICTセクター」が含まれている。当たり前のようだけど「ICT」と雇用について考えるとき「ICTスキル」と「ICTセクター」は分けて考えたほうが整理し易い。
ICTの普及は「ICTセクター」の直接的な雇用増加に対して正のインパクトは実はあまり大きくない。その雇用はスキルを有する少数人材に限られているからだ。例えば、ICTセクターの雇用は発展途上国の平均では全体の雇用の1%でしかない。OECD加盟国ですら、たった平均3-5%だ(P14,WDR2016)。よりインパクトが大きいのは「ICTスキル」を得ることによって可能となる雇用情報の取得や、ICT以外の他セクターでICTスキルを必要する雇用機会へのアクセスだ(下図参照, WDR2016)。
WDR Table2.2
もちろん、その地域の「ICTセクター」の発達なしには、一般人の「ICTスキル」の取得は進まないのでどちらか一方だけというわけにはいかないだろうけれども。
この世銀案件は、起業家支援も目標としているが、「ICTスキル」を身につけ、
マイクロワークを手にした人々が次に向かう目標はイノベーション&起業なんだろう。例えば、インパクトソーシングの起業家たちなんかはまさにその典型ともいえる。こう考えると、WDRにあった以下の図がしっくりとくる気がしてきた。
WDR Figure07
ICTによる雇用への影響に関しては、正のインパクト(生産効率の工場、雇用情報へのアクセス、イノベーション促進等)だけでなく、負のインパクト(ICT化による失職等)もWDRでは多く言及されている。結局、結論はケースバイケースで一概には言えない、のでWDRがあんなに分厚くなっちゃうんだろうな。
とりとめない文章ですが、、以上。
———————————-

世界銀行がITを2016年の主要テーマに

世界銀行によるWorld Development Reportが2016年1月に発行された。2016年のタイトルは「Digital Dividends(デジタル化の恩恵)」となっており、「経済開発におけるITの役割」がレポートのテーマになっている。
注1:「デジタル化の恩恵」という訳は筆者の意訳なので、以降はDigital Dividendsという言葉をそのまま使う。

下図はレポートから抜粋した「とある1日の世界におけるネット利用状況」である。
Screen Shot 2016-01-16 at 18.10.58

World Development Reportは世界銀行が毎年発行しているレポートで、毎年1つのテーマが選ばれる。ここ数年は以下のとおり。
2012年:Gender Equality(ジェンダー平等)
2013年:Jobs(雇用)
2014年:Risk and Opportunity(リスクと機会)
2015年:Mind, Society and Behavior(心理、社会、行動)
2016年:Digital Dividends(デジタル化の恩恵)
2017年:Governance and Law(ガバナンスと法律)

このテーマに選ばれていることはICTがホットなトピックの一つと認識されていることの証であり、個人的にはこのテーマが選定されたことは嬉しい。また、非常に多くの数字・グラフを使ったレポートになっているので、ITと経済開発に関するドナーの動き等についての数字的な裏付けが欲しい時などに使えると思われる。

さて、内容についてだが、概要を以下のようにFAQ形式で紹介したい。全文も公開されているので、興味ある方はアクセスしてみて欲しい。

Q1. このレポートは何のためのもの?
インターネットや携帯、そして関連する技術の経済開発へのインパクトを調査したものである。Part 1ではデジタル技術のポテンシャル(大半は未だポテンシャルのまま)、Part 2では政策などへの提言をまとめている。

Q2. Digital Dividendsとはいったい何?
デジタル化によって受け得るメリット・利益・恩恵などのこと。成長・雇用そしてサービスがデジタル化の最も大きなリターンになりうる。それに基づき、このレポートではビジネス・人・そして政府におけるデジタル化の役割について説明している。

Q3. デジタル技術はどのように開発を促進し、Digital Dividendsを生むのか?
情報コストを減らすことで、IT技術は会社・個人そして公的機関の経済的そして社会的なコストを下げることができる。レポートでは革新性、効率性、包括性といったキーワードについて解説している。

Q4. なぜこのレポートではDigital Dividendsの広がる速度が不十分だと言っているのか?
1つ目の理由は、いまだ60%の人たちはインターネットを使える環境になく、デジタル経済に参加できていない。また、ジェンダー、地理、年齢や収入による情報格差(デジタル・デバイド)も大きい。
2つ目の理由は、インターネットにも新しいリスクがある。不安定な規制やデジタルプラットフォームの未成熟などが問題を引き起こす可能性があるし、雇用にも影響が出てくるだろう。このようにインターネットが世界の不平等を助長する懸念がある。

Q5. これらのリスクを和らげるため、各国は何をするべきか?
インターネットに繋がることがまず必要。しかしそれでは十分では無く、「アナログ・コンポーネント」が重要になってくる。アナログ・コンポーネントとはネットなどの適切な制度設計、技術を持つ人材の育成、そしてそれを実施していく組織などであり、それらをきちんと整備していくことでデジタル化の恩恵を正しく受けられる環境が整う。

Q6. 繋がっていない人たちを繋げるために何が必要か?
民間中心の部分としては、市場での競争、官民連携、インターネットや携帯電話環境の整備などが重要。それに加えた公的機関の次のステップとしては、サイバー犯罪への対策やプライバシーの問題、そしてオンラインの監視などが必要になってくる。

Q7. このレポートの結論は?
デジタル開発戦略やICT戦略より広い視点が必要である。すべての人が繋がること(Connectivity)は重要かつ挑戦的な目標である。しかし、各国は技術が効果的に使われるための土台を作る必要がある。アナログ・コンポーネントが不十分であると、開発効果は大きく減少する。逆にアナログ・コンポーネントが正しく整備されれば、大きくデジタル化の恩恵、すなわち成長の加速化、雇用創出、よいサービス、を受けることが可能になる。

世界銀行「開発のためのアプリケーション」国際コンテスト 詳細

以前Tomonariの記事にもありましたが世銀のApps for Developmentの募集の詳細がでました。(詳細は以下参照です。)

世銀といえば先週7日~8日にかけてOpenForumというWeb上での参加型のオンライン会議を実施していた。そのうちの一つのセッションがOpen Development Solutionsというタイトルだったが、既に政府や援助機関が公開しているデータやソリューションをうまく組み合わせて開発の為に何かできないか、ということをオンラインでディスカッションが行われた。

ちなみに世銀は既にhttp://data.worldbank.org/というサイトにて色々なデータを可視化できるアプリを提供しています。先日tomonariの記事にもあったようなウシャヒディなんかもまさにこれ。これは組織としても応募できるのでBOPビジネスを目指すICTセクターの企業やNGOにはとっても面白いんじゃないかと思う。まさに今新しいスマートフォンや新しいタブレットPCを次々に開発、発売している日本企業からも面白い提案がでればいいのに、とつい思ってしまう。

\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\

世界銀行、ソフトウェア開発者がオープンデータを活用して貧困削減のためのツール設計を競うコンテストを開催

ワシントン、2010年10月7日 – 世界銀行グループは、世界初の試みとなる「開発のためのアプリケーション」と銘打ったコンテストを開始し、ロバート・B・ゼーリック総裁がソフトウェア開発者や各国の専門家に対しコンテストへの参加を呼びかけた。申し込みは2011年1月10日まで受け付けられる。

このコンテストでは、ソフトウェア開発者による、ウェブ上やモバイル機器、ショート・メッセージ・サービス(SMS)、スマートフォン、デスクトッ プ、タブレット型PCなどで使えるソフトウェア・アプリケーション、ツール、データ視覚化や「マッシュアップ(組み合わせによる新サービス)」の設計を競 う。

コンテスト要件

申し込みは2011年1月10日まで受付。参加のための要件は、世銀データ・カタログOuterLinkから入手可能なデータを最低一つ使用すること、ミレニアム開発目標(MDGs)OuterLinkの8つの目標のいずれかの達成を目指すものであること、の2点。

優勝賞金4万5000ドル。組織としての応募は「企業の認知度賞」へのエントリーも可。入賞者は世銀グループのウェブサイト上で紹介。

コンテストの詳細と申し込みは以下のサイトを参照:

http://www.worldbank.org/appsfordevelopment(英語)

Kivaの新たな競合?

前にP2P(Person-to-Person)レンディングの記事を書きました。
そのときにKivaにもちょこっと触れましたが、最近のニュースをこの辺で。。

1. Kivaの新たな競合?? (worldbankのPSD Blog 6/15のpostから。)

WebをつかったP2P融資の先端を行くKivaに対し、
Mobile Movement
というあらたなP2Pサイトの紹介がされている。
Web経由でMicrofinanceをするというコンセプトは一緒なのだけど、
筆者が指摘する二つのP2Pサイトの違いは、、、

LenderがBorrowerとのOne-to-Oneの関係を持ちたくないなら→Kiva
LenderがBorrowerとのOne-to-Oneの関係を持ちたいなら→Mobile Movement

確かにKivaではBorrowerの顔やなりは分かるけど、そこまで深いコミュニケーションはとれない。
”自分が投資をしている”感を得るには、Mobile Movementの発想は面白い。よりSNS的発想というか。

だったらFacebook上のDonationのアプリケーションでも、、とも思ってしまうけれども、それはいいとして。

とはいれ、、マイクロファイナンスにありがちな、LenderとBorrowerのトラブル回避とかを考えればKivaのほうが、よりお手頃、というか、ビギナー向けだと思う。LenderとBorrowerの間のコミュニケーションをやりたいかorやりたくないか、ということなのかな。

end

“ICT is both an icon and an engine of innovation”

前の投稿で紹介した世銀のICT4EducationのBlogより、キャッチーなタイトルだったので紹介します。執筆はMichael Trucano氏。世銀のWebsiteにて、今月ICT4Eに関するオンラインのディベートがあった。”教育への投資においてICTっていうのはベストなのか?”Are ICTs the Best Educational Investment?がテーマ。

コンピュータなどのハードウェアに投資をするのがよいのか、教員のキャパシティの向上に投資をするのがよいのか、過去にも何度も聞いたことがあるようなディベートがすすむ中、Ed Gaible 氏はこういう。

”教育におけるICTの活用というのは、アイコン(偶像)であり、イノーベーションのエンジンである”、と。なんとも上手い言い方をするじゃないか、、というMichaelさんのコメントに納得。

確かに、”ICTが使えるようになる”という事は、途上国の人たちに実際のスキルを移転するだけではなくて、”ICTが使える” とか ”自分にもできる”っていう自信とモチベーションを与えてくれると思う。

定量的な結果が求められる時代で、莫大なお金を積んだプロジェクトの結果が裨益者の”モチベーションアップ!”だけでは、通用しないのは百も承知だけれども、

開発の効果を出すにはそのモチベーションがなければ、よい結果がうまれないのも周知の事だとおもう。

(end)

FYI: World Bank Blog on ICT use in Education

少々間があきました・・失礼しました。

ご存知かもしれませんが、

世界銀行が、教育にフォーカスしたICT4Dブログをたちあげています。

Resourceに加えましたので、今後チェックしていきたいとおもいます。

Click>http://blogs.worldbank.org/edutech/