タグ別アーカイブ: XO

OLPCは名前を変えないと

このブログでもときどき取り上げているOLPC(One Laptop Per Child)。“100ドルPC”プロジェクトとして知っている方も多いかと思いますが、最新モデルはLaptop PCじゃなくて、タブレットになりました。ラスベガスで開催された「2012 Internationl CES」でというイベントで発表されたこのモデル、なかなかカッコイイなぁ。ウルグアイとニカラグアのOLPCプロジェクトからすでに7万5千台を受注済みとのことです。

ICTWorksブログにこの最新のOLPCについての記事“Is the OLPC XO-3.0 the Right Education Tablet for Schools in Africa?”がありました。
「途上国支援に関わる人達がラスベガスの「2012 Internationl CES」にどんだけ来るのだろうか?」という皮肉や、「アフリカでの携帯電話通信網の広がりを考慮すれば、3G対応していれば家でも使えてもっと良かったなぁ」という意見が述べられていて面白い。また、その記事の最後に、アフリカでのOLPC成功のための5つの提案があった。

  1. 携帯電話キャリアと連携すべし:Safaricomが35万台のスマートフォンを6ヶ月で販売したように、3G対応にして携帯電話キャリアと組めば、OLPC普及ももっと促進出来るだろう。
  2. 現地NGOや政府と連携してコンテンツ開発・配信に注力すべし:対応コンテンツを充実させるために地元NGOや途上国政府(教育省など)と協力してソフトウェア技術者のコンテンツ開発能力を強化すれば、ニーズにあったコンテンツが豊富になる。
  3. 小さく初めて大きく育てるべし:アマゾンのKindleがそうであったように、小さく実験的に初めて見て、ニーズがあることが分かってから本格的に。
  4. OPLCという名前を変えるべし:←これは説明不要でしょう。もうPCじゃないからね。
  5. ソーシャル・ビジネスに変えるべし:ハードウェアビジネスとしてチャリティーでやっていくのは困難。

いずれもなるほど感のある提案である。特に自分が賛同出来る点は、1番目と2番目の点。タブレットになったということは、文書を作成したりという入力機能よりも、閲覧機能重視の使い方に向かっていると思う。そして、タブレットは結局閲覧するための端末の位置づけなので、その裏にあるコンテンツがより重要性を増す。iPadの裏にAppStore、Androidの裏にAndroid Market、Kindleの裏にAmazon.comがあるように、OLPCの裏にも豊富なコンテンツを簡単に提供する仕組みが必要である。

インドの35ドルタブレットとか、最近生産が開始された25ドルPCとか、途上国向けの格安ハードがどんどん出現してきましたが、OLPCがそいうった他のハードと差別化出来て成功するかは、その裏にある仕組みが構築出来るかにかかっているのかもしれない。それとも、ハードやOSの壁を超える“途上国向け教育クラウトド”的なプラットフォームが出現するのが先でしょうか。と、こんなことを考えていたら自分もタブレットが欲しくなってきた。iPadかAndroid端末かどちらにしようか・・・。スティーブ・ジョブズを失ってもAppStoreは今後も期待出来るのか、それとも、途上国市場も視野に入れて活動しているGoogleのAndroid Marketが今後の勝ち馬か?悩ましいなぁ。

(参考:過去のOLPC関連投稿)
One Laptop Per Child
OLPCは失敗例の見本なのか
エチオピアのOLPC調査結果
エチオピアのOLPC

Children as a Mission or a Market ? OLPC続編

前の投稿でもOLPCにはついては何度もふれてますが、
少し前のアメリカのIT系ニュースサイトZDNetの記事を紹介します。

”OLPC responds to Intel breakup”

インテルがOLPCを脱退したときの記事です。
OLPCネグロポンテ会長は、

”インテルはXOの開発にあたり、一行のコードさえも貢献しなかったばかりか、子供たちをMissionとしてではなく、自分たちのMarketとして見ている”

といって、非難している。

以前,コチラのBlogで廉価型PCに押されつつあるOLPC記事もありました。けれどもNGOでもNPOでもなくて、一民間企業としての活動を継続していくには、社会貢献的な活動も視野にいれつつ、ビジネスとしても成立させていかなければ、というBoP(Bottom of Pyramid)向けビジネスの考え方からすれば、

”子供=ミッション&マーケット”っていう考え方は、別に間違っはていないと思った。
(もちろん、細かい経緯ややりとりがあったことは抜きにして。)

One Laptop for Child

OLPC(One Laptop for Child,)の最近のニュースが世銀のPSDblogにUpされました。オリジナルはカナダのBlog、WALRUSからの引用を用いています。

タイトルは”OLPC Smackdown”。OLPCにお灸!ってことですが・・・。

つまりは、最近のモバイルPCの軽量化、低価格化の流れがあるのに、そもそもOLPCという独自の機種の開発を続け、途上国の子供たちに”一人一台のノートPCを”普及させる意味がほんとにあるの??と問いかけてます。WALRUSの Jon Evansは、かなり、根本的なOLPC反対論者のようです。曰く、

  1. It was a bad idea to begin with.  そもそもOLPCのアイディアがいけてない!
  2. The XO laptop is a piece of crap. XO(OLPCのコンピュータ名)はクズ同然!

と、ボコボコです。ICT4Dの最たるプロジェクトともいえるOLPC、開始当初からその賛否をめぐって、論議がかわされてきましたが、今後どうなるんでしょ。確か各メーカーがだしてる小型モバイル、価格的にはOLPCに近くなってきてるし、新たなHW,SW,OSをわざわざ開発しなくちゃいけない、理由がちょっと不明瞭です。

それでも、途上国の現場の一部では、OLPCによって、情報にアクセスできた子供たちの喜びの声が聞こえきているのは確か。

今後もウォッチします、OLPC。

——————————————————–

*そもそもOLPCって、、、?

“OLPCは、世界中、特に開発途上国の 子供たちに革新的な教育理論に基づく学習の手段を提供することを目的として活動しているNPOである。このプロジェクトの実践にあたり、必要となるハード ウェア(”XO”と呼ばれるラップトップ)・ソフトウェア(“Sugar”と呼ばれる親しみやすいユーザインタフェースや”(Squeak) Etoys”など)、そしてこれらを学習コミュニティとしてつなぎあわせるメッシュネットワークやコンテンツの開発、コンテンツを提供するスクールサーバ の開発などが現在世界中のボランティアの力を得て、進行中である。”
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』