タグ別アーカイブ: ZTE

Nokia、フィンランド、infoDevのパートナーシップ

 久しぶりの投稿のTomonariです。引越しやら仕事が変わるやらで、ドタバタしてました。。。
 InfoDevのWebサイトに、ノキアとフィンランド政府と共に、11,900,000ユーロ(約14.5億円)のプログラムが開始されるという記事がありました。この3者のパートナーシップは、携帯電話を途上国(アフリカ、アジア、欧州・中央アジアの3地域)の開発に活用していくということをテーマにして発足。主な計画は以下の通り。

  • 3地域に携帯電話アプリケーション開発の研究所を設立し、各研究所で10個のアプリを開発する
  • 3地域に、携帯電話、起業、各種産業の情報交換の場としてのソーシャル・ネットワークを構築する
  • モザンビーク、タンザニア、ベトナム、カンボジア等の国々で、農業とICT分野における小規模ビジネスの育成促進、技術的支援を行う
  • ベトナム、カンボジアにおける女性企業家の市場競争力の強化を支援する
  • 欧州・中央アジアにおいて、国境を跨いだインフラ整備や民官連携を促進させる
  • 第四回InfoDevグローバルフォーラム(2011年)の開催
  • 農業や村落開発におけるICT活用のための資料やツールを作成する

 盛り沢山な内容ですね。携帯電話と途上国開発を見事にビジネスとしているノキア。そして、それをサポートするフィンランド政府。以前、このブログでも紹介した、中国の通信業者ZTEと資源外交でアフリカに進出する中国政府をふと思い出しました。途上国開発、BOP、民官連携ってのは、切っても切れない関係になって来た感がありますが、特にICT4D分野では顕著な傾向になってますね。

中国企業ZTEによるエチオピア携帯電話網構築

一昨日、このブログに書いたNHKの番組を見た。基本的には、ICTに特化した番組ではなく、中国がアフリカ諸国との関係を深めつつ、9億人のマーケットであるアフリカでのビジネスに力を入れているといったことを伝える内容だ。でも、ZTEという中国企業によるエチオピアの携帯電話通信網構築が事例のひとつとして取り上げられていた。

番組によるとZTEはエチオピア国内の携帯通信網構築を一社で独占して、現在事業にあたっている。一国の通信網構築を一社で独占するというは非常に珍しいことで、この成否が今後の中国とエチオピアのみならず、他のアフリカ諸国との付き合いにも影響してくるという。エチオピア政府とは、来年3月までにエチオピア全土の90%以上をカバーする携帯通信網を完成させる約束を結んでおり、約1000人の技術者を中国から動員し、うち半数が農村部で工事を進めている。

興味深かったのは以下の点;

  • 中国国家開発銀行がエチオピア政府に約20億ドルを融資しており、それ故ZTEが一社独占しているという点。
    中国国家開発銀行は世銀など他のドナーとちがって、政策には口を出さない点、また、融資までの手続きが迅速である点がエチオピア政府に気に入られている。いわゆるひも付き援助だけど、国際的な批判は気にしないのだろうなぁ。しかし、口出ししないで融資だけすることが本当に開発につながるのか・・・。
  • ZTEは今後、エチオピア国内での携帯電話機製造にも乗り出すことを考えている点。
    エチオピアに居た頃、PC工場とか、携帯工場とかがエチオピアに出来ればよいのになぁと感じていた。日本企業じゃないのが残念だが、エチオピアに精密機器の工場が出来るのは、大きな前進だと思う。
  • 10年後のマーケット獲得を目指して、採算が取れなくてもエチオピアでの事業を成功させようとしている点。
    目先のことだけでなく、10年先の9億人マーケットをターゲットに精力的に仕事をしている中国企業がかっこよく見えた(つい事業仕分けでキリキリやってる最近の日本と比べちゃいますね)。

他の事例として挙げられたザンビアの鉱山開発でも同じように思ったが、結局、手っ取り早く資金をGetし、自国の開発を進めたいと考えているアフリカの政治家と、アフリカを手中に入れたい中国政府&中国企業の利害が一致しているということなんだろう。中国は、アフリカ30カ国以上に合計80億ドル以上の融資をしており、今後も力を入れていく予定という。

アフリカの開発が進むのは良いことだが、一方で、この中国のやり方が本当にアフリカの将来のためになるのかはちょっと疑問も残る。中国は他のドナーとの強調よりも、自国の方針・利益に重きを置いている。例えば、上記の中国国家開発銀行のやり方は、本当に適切な方法なのか?と感じるし、実際、エチオピア人の多くは中国のやり方に賛同していない気もする。例えば、ZTEについては、ETC(Ethiopia Telecommunication Corporation=エチオピアの国営電話公社)を賄賂で見方につけているなんていうニュースもあるし、自分の滞在中(4年間)で、エチオピア国内で中国人労働者が良く言われているのを耳にしたことが殆どない。また、エチオピアでインフラ工事を実施している日本企業の方から聞いた話では、中国は資材から労働力まで、全部自国から持ってくるので、エチオピア人に落ちる仕事やお金が他国の企業が請け負う場合に比べて非常に少ないという。もしかしたら、ZTEも1000人の労働者(ちなみに番組によると給料は月12万くらい)を自国から動員するよりも、エチオピア国内で優秀な人材を雇うほうが、エチオピアの開発に貢献するのでは?という疑問も浮かぶ。

しかしながら、中国独自のアフリカ支援政策批判はさておき、中国のパワーはとにかく凄いと感じた。

中国企業によるエチオピア携帯電話事業

NHK総合テレビで、中国企業によるエチオピアの携帯電話事業について放送される。放送は11月29日(日)午後9時45分から10時34分。

自分がエチオピアにいた2003年から2007年の間に、確かに中国のプレゼンスはぐんぐん上がって行った気がする。道路工事や通信インフラ構築等、いろいろな点で中国企業の名前を聞いたし、中国企業の名前の入ったトラックやショベルカーなんかを田舎へいく幹線道路でよく目にした。こと通信インフラについていうと、ZTEという中国企業がエチオピアの通信インフラ構築を実施している。この番組、是非とも見てみたいところです。

ところで、とうとうこのブログの投稿記事が50を超えました。投稿記事が100を超えると、ブログが一過性のものでなくある程度の知識の蓄積として価値が出てくるというのをどこだかで聞いたことがあります。やっと半分。とりあえず、100を目指してやってこうと思います。